宝島社『証言 長州力』発売に際して金沢克彦氏が苦言「歴史的な事実関係だけは絶対に捻じ曲げてはいけない」

pick up ▼ニュース 【新日本】6・5両国大会での大サイン会に柴田勝頼が登場/鷹木がグレシャムを下して無傷の8連勝! 石森も1敗を守ってピタリとマーク 5.29名古屋┃【シードリング】マーベラスの彩羽匠が高橋奈七永を破り王座奪取 ▼情報&コラム ビビる大木&三遊亭円楽、プロレスラー・ヨシタツの自叙伝にコメント寄せる┃6月1日(土)13時10分頃&14時50分頃 取手競輪場「メインスタンド2階ステージ」蝶野正洋トークショー/6月28日(金)16:30福岡大学内8号館831教室『蝶野正洋によるモチベーションアップ法』 ▼格闘技 【RIZIN.16】6・2(日)神戸試合順が決定┃【DEEP】キン肉マン作者の息子・中井光義vs映画『ザ・ファブル』で殺し屋演じた水野竜也が実現/アウトサイダー王者・伊藤裕樹がわずか15秒でTKO勝利「てっぺんを取りに行きます」┃井上尚弥の争奪戦勃発か 英マッチルーム社も獲得名乗り「イノウエと契約したい」

 6月に2度目引退を控えた長州力。このタイミングで宝島社が『証言 長州力 「革命戦士」の虚と実』を発売した。


★new! 証言 長州力 「革命戦士」の虚と実 【5月27日発売!6月26日に引退をするプロレスラー長州力の実像に迫る! 盟友、ライバル、フロントなど「革命戦士」と濃密な関係にあった19人が語る、タブーなしの証言集。アマレス時代に天下を獲った男が雌伏の時を経て、“噛ませ犬発言”でブレイク。時代の寵児となり、その後もプロレス界の「ど真ん中」に立ち続けた不世出のレスラーが関係したエポックな事件の真実。新日本プロレスクーデター事件、ジャパンプロ設立、前田日明との遺恨、現場監督で本黄金期、WJ旗揚げ、そして猪木との愛憎――。黙して語らない“最強レスラー”の虚と実】

AD

 宣伝フレーズ、証言者顔ぶれをみるだけで、長州の歩みの濃さを実感する。

 取材を受けた“長州番”金沢克彦氏が同書をブログで紹介している。
・ 証言 長州力 金沢克彦オフィシャルブログ「プロレス留年生 ときめいたら不整脈!」Powered by Ameba

この本のオビにある通り、長州力を語った人間は計19人。
それぞれの長州との関わり、長州へのメッセージを忌憚なく語っている。

最後に名前が出てくるワタクシ金沢もその一人。
言わば、マスコミ代表の立場から長州を語っている。

この一冊に関しては、読むも読まないも読者の自由である。
また、読んで長州力という稀代のスーパースターに対する認識が変わるとは思えない。

まあ、私自身がこの一冊を読んでみて感じたことを言うなら、
反・長州、あるいは長州の天敵と思われていたレスラーたちの証言が興味深いこと。

金本浩二、西村修、谷津嘉章、宮戸優光といった面々が、
歳月を経て、長州との関係、思い入れを純粋に語っているのがグッとくる。

一方で、これは取材したライターさんの知識不足、取材不足に手伝って、
エピソードの内容が20年以上も前の話題とあって、
記述された内容に明らかな事実誤認、記憶誤認の部分が数ヵ所あったことが気になる。

こういった事実誤認が訂正されることなく一冊の本として世に送り出されることにより、
それが誤った事実ながらファンに認識されてしまうこと、
そこが私としては何とも残念すぎることなのである。

長州力が好きか嫌いか?
それはその人たちがそれぞれ抱く感覚であるが、
歴史的な事実関係だけは絶対に捻じ曲げてはいけない。

そういう意味でも、この本で語られたことを100%信用しないこと。
あくまでも、長州力を知る上での参考文献にしていただきたいと思う。
まあ、機会があれば正確な事実関係は、私が証言したいと思っている。

それが、どれだけ本人から批判されようとも長州力には感謝の気持ちしかない――
そう言いきれるワタクシ金沢克彦からの回答でもあるのだ。

 昭和&平成プロレスに関しての証言本がブームである一方で、事実誤認も拡散されていく。もともとプロレスラーは“思い込み”で語ることも多い。それを食い止めるように、一定以上の知識を持った聞き手・編集者が必要だということ。“仕事をもらう”立場でもある金沢氏があえて鳴らした警鐘には耳を傾けていきたいところ。

 証言者・編集者にバリエーションが求められる中で、“質”があやしくなってしまうところはあるんでしょう。

 ボクらにもまた、“これは違うでしょ”といった観点が必要になる。なんでも鵜呑みにするんじゃなくて“えっ、そうなの”と踏みとどまって考えるというか。対象となるプロレスラーとボクらの間に繰り広げられてきたキャッチボールの積み重ねも問われるなぁ。

 

ポチッと応援(↓)お願いします
>> 各種SNSも更新中 Twitter/Facebook/YouTubeチャンネル
>> 宝島社の公式サイト 宝島チャンネル


AD

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あわせて読みたい