清宮海斗がGHC戴冠! 杉浦貴を猛虎原爆固めで破った緑タイツの22歳、三沢光晴没後10年となる来年のノア主役に名乗り

 16日、ノア横浜文化体育館にて清宮海斗が杉浦貴保持のGHCヘビー級王座に挑戦。タイガースープレックスで勝利した清宮が、同王座での史上最年少での戴冠を果たした。

・ 清宮の最年少GHC戴冠を拳王が痛烈批判「会社の台本通り」-ファイト-デイリースポーツ online

 GHCヘビー級選手権試合は挑戦者の清宮海斗が王者の杉浦貴を破り、丸藤正道の最年少記録26歳を更新する22歳、潮崎豪の最速記録4年11カ月を更新する3年0カ月で同王座を奪取した。

 同王者史上最年長の48歳、6度防衛中の杉浦が繰り出す厳しい攻めに圧倒された清宮。だが、ファンの声援を受けながら耐え抜き、終盤、杉浦が試みた雪崩式五輪予選スラムを雪崩式リバースDDTで返してチャンスをつかむ。原爆固め、猛虎原爆固めなどの大技連発で杉浦を追い詰めると、最後はエメラルドフロウジョン、この日3度目の猛虎原爆固めを繰り出して33分の激闘にピリオドを打った。

 だが試合後、清宮がリング上でのインタビューに答えているところに、拳王が現れ、「今日もテメエの試合、面白くなかったな。誰とでも心に響く試合ができる杉浦が相手でも心に響かなかったな。会社が描いた、お前をノアの顔にするという台本通りに進めて何の刺激があるんだよ」と痛烈に批判。「テメエらに聞くぞ、いや、会社に聞くぞ。こいつがチャンピオンでいいのか。オレはダメだと思う。だから、そのベルトに挑戦させろ」と挑戦者に名乗りを上げた。

 1月に同王者だった拳王に挑戦して敗れている清宮は「拳王さん、あなたに負けたからボクはここまで来れたんですよ。今までのオレじゃない。次の試合であなたの心に響かせますよ」と、その場で受諾。拳王に「テメエが今年の初めにオレに挑戦してきたよな。来年1月6日、後楽園(ホール)、オレが挑戦させてもらう」と提案されると、「やりましょう。次の試合で必ず倒して見せます」と答え、対戦が決定的となった。

 最後に、若き王者は、ファンに向かって「ここが出発地点です。どこまで行けるかボクも分かりません。でも、今日みたいな応援があれば、どこまででも行けると思っています。プロレスリング・ノア、新しい顔はオレだ」と高らかに宣言した。

 観戦できなかったが、文字で読んでいるだけでもなかなか熱い流れではないか! 新日本プロレスのオカダ・カズチカ、全日本プロレスの宮原健斗に続けとばかりに若い力が台頭となった。

AD

 三沢光晴に憧れてレスラーとなった緑タイツの22歳、三沢没後10年となる来年のノア主役に名乗り(さらに再来年の2020年はノア旗揚げ20周年)。ノア生え抜きの若き王者には、当然のようにまわりからのジェラシーも生まれていく。拳王による早速のマイクいじりも面白いし、これからの展開に期待だ。

 他試合のトピックス。
・ 潮崎を血だるま葬!火野&谷口が悪逆非道のGHCタッグ奪取-ファイト-デイリースポーツ online
・ 原田がGECジュニア奪取でラーテルズ解散回避もYO-HEY裏切り-ファイト-デイリースポーツ online

 全試合結果。4タイトル戦は全て王座移動。
・ GREAT VOYAGE 2018 in YOKOHAMA vol.2 12月16日(日)16:00~横浜文化体育館

 テレビ放映情報。初回は「12月22日(土)19:00~23:00」。
・ プロレスリング・ノアSP プロレス CS放送 日テレジータス(日テレG+) 日テレがお届けするCSスポーツチャンネル

 

ポチッと応援(↓)お願いします
>> 各種SNSも更新中
Twitter/Facebook/YouTubeチャンネル

>> プロレスリング・ノア公式


AD

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あわせて読みたい