平成最後の奇跡はBI砲再合体! これまで没後公式行事に絡まなかった猪木が20年目で決断、馬場追善興行2・19両国に来場へ

pick up ▼ニュース 【新日本】マディソン・スクエア・ガーデン大会、日本国内からの“観戦ツアー”日程/4.6MSG大会前に2つのファンイベントが決定┃川田利明が黒潮“イケメン”二郎と抱腹絶倒トーク戦┃55歳の本田多聞が井上雅央とコンビ復活「おら!」 ▼情報&コラム 2月24日(日)15:00山梨『オギノリバーシティショッピングセンター』田口隆祐イベント┃テレビ東京「ひらがな推し」にキン肉マンが!?┃週刊ファイト’19年02月14日号オメガAEW 寒波WWE 仙女 P’s Party Rise HATASHIAI Quintet 馬場4 ▼格闘技 【RIZIN】柔術世界王者ホベルト・サトシ・ソウザ参戦、北岡悟と激突/柔道五輪金メダリスト内柴正人参戦の可能性も┃引退の“野獣”松本に「和製ロンダ」への道はあるか

 8日、東スポが2・19両国国技館『ジャイアント馬場没20年追善興行~王者の魂~アブドーラ・ザ・ブッチャー引退記念~さらば呪術師~』へのアントニオ猪木来場をスクープした。

・ 猪木2・19両国・馬場さん興行行く!79年オールスター戦以来のBI砲合体(東スポWeb) – Yahoo!ニュース

“世界の16文”こと故ジャイアント馬場さん(享年61)の「没20年追善興行」(19日、東京・両国国技館)に“燃える闘魂”アントニオ猪木氏(75=参議院議員)が来場することが、明らかになった。馬場さんと猪木氏が同時にリングに立ったのは、1979年8月26日に日本武道館で開催された伝説の「夢のオールスター戦」(東京スポーツ新聞社主催)が最後。追善興行は名実ともに「平成最後のオールスター戦」の様相を呈してきた。

 歴史的な「真夏の夜の夢」が、約40年の歳月を経て鮮やかによみがえる。この日までに猪木氏の来場が緊急決定。猪木氏は「馬場さんと一緒だった1979年のプロレスオールスター戦を今でもよく思い出します」とのメッセージを寄せた。

 数々の歴史的名勝負を実現してきた猪木氏をして「よく思い出す」と言わしめた夢のオールスター戦。当時、全日本プロレスと新日本プロレスを率いていたBI砲が約8年ぶりの復活を果たし、アブドーラ・ザ・ブッチャー、タイガー・ジェット・シンの“最凶コンビ”を迎撃。見事な連係で勝利を決めて日本中のファンを号泣させた。

 断るまでもなく馬場さんと猪木氏は、日本プロレス時代の同期。いずれも60年4月に入門し、同年9月30日の台東区体育館大会でデビューを果たした。しかし馬場さんは元巨人軍投手という輝かしい経歴を誇った上、5歳も年上。そのためプロレスの祖・力道山の扱いも自然と馬場さんが上になり、ブラジルでスカウトされた猪木氏とは待遇に差が出た。若き日の猪木氏がライバル心を燃やすのも当然の流れだった。

 日本プロレスを支えた2人が、BI砲として本格的に発進したのは67年10月31日のインターナショナルタッグ戦(大阪府立体育会館)。カウボーイ・ビル・ワット、ターザン・タイラー組に奪われていた王座を奪還した。日本プロレスの看板王座だったこのベルトはBI砲の代名詞となり、合計4回戴冠を果たし、防衛回数は実に通算29回を誇った。

 しかしマット界を襲った時代の激流は、2人をそれぞれの道へといざなった。71年12月7日の札幌大会でザ・ファンクス(ドリー・ファンク・ジュニア&テリー・ファンク)に敗れて王座から転落するや、猪木氏はこの試合を最後に日プロを退団。翌72年3月に新日本プロレスを旗揚げした。馬場さんも72年7月に退団し、同年10月に全日本プロレスを旗揚げした。

 79年のオールスター戦では「一騎打ち」の約束も交わしたが、結局は夢のまま終わった。80年代にはいわゆる「外国人引き抜き合戦」が起きて両団体の関係は一時、険悪なものとなるが、今大会で実行委員を務める坂口征二・新日本プロレス相談役(76)が社長となった89年以降は雪解けムードとなり、90年4月13日に東京ドームで開催された新日本、全日本、WWF(現WWE)による合同興行「日米レスリングサミット」実現に至っている。

 その後、都内のホテルで偶然に顔を合わせ、食事を共にする機会は何度かあったものの、猪木氏は99年1月31日の馬場さん没後、葬儀や命日などの公式行事に姿を見せることは一切なかった。それだけに今回の来場は「英断」と言える。馬場さんの名前を冠とした大会は今回でラストになる可能性が高く、これが最後の“共闘”となりそうだ。

 猪木氏は「こうして多くの団体が揃ってプロレスの大会を行うことは業界にとってもよいことだと思います」と前向きに語った。大会にはかつてのライバル、スタン・ハンセン、ドリーの歴代PWF会長も来場。BI砲最後の相手、ブッチャーの引退セレモニーも行われる。あらゆる意味で時代を象徴する最高の「オールスター戦」となることは間違いない。

 平成最後の奇跡はBI砲再合体! これまで没後公式行事に絡まなかった猪木が20年目で決断、馬場追善興行に来場へ。

 開催発表と同時に期待された猪木来場だが、何が猪木の背中を押すのかは誰にもわからない。そんな中で、この働きかけを行った関係者に感謝したい。馬場は天国で見守っての参加とはなるが、揃い踏みは「プロレス界はひとつ」を最大限に感じさせるトピック。

 記事中ではシレッとドリー・ファンク・ジュニア来場も明かされた。馬場・猪木とともに盟友たちが揃う日に、いったい何が起きるのか。これもまたプロレスそのものだ。ただ猪木の場合・・・ちょっとくらい馬場やプロレス界に向かってチクリとやってくれた方が安心できたりもする(笑)。

 ここのところは車椅子姿だったり、座ったままのテレビ出演となっていた猪木。歩く姿を披露できるのか、座っての登場となるのかは気になります。

 

※10:35追記

 猪木の登場が正式に発表された。オープニングになるとのことだが、アブドーラ・ザ・ブッチャー引退セレモニー(第4試合前)には絡まないのかな?

AD

※追記ここまで

 おまけ。日テレジータスより。

 「馬場&猪木」の回あり、要チェック。
・ 徳光・古舘のプロレス自慢できる話 プロレス CS放送 日テレジータス(日テレG+) 日テレがお届けするCSスポーツチャンネル

 2月はBI砲特集。
・ 至高の昭和プロレス名勝負列伝 ~力道山・BI砲 伝説の貴重映像一挙公開~ プロレス CS放送 日テレジータス(日テレG+) 日テレがお届けするCSスポーツチャンネル

* * *

 馬場追善興行2・19両国は全カードが決定している。

・ 1-31【G馬場追善興行】メインは「棚橋&ヨシタツvs宮原&関本」 2・19両国全カード出揃う…プロレス格闘技DX

☆2/19(火)東京・両国国技館『ジャイアント馬場没20年追善興行~王者の魂~アブドーラ・ザ・ブッチャー引退記念~さらば呪術師~』17:00開場、18:30開始
[CSサムライTVが生中継]

◇第1試合◇
▼ジャイアント馬場追善記念バトルロイヤル
[出場選手] キム・ドク
百田光雄
ジョー・ディートン
菊地毅
垣原賢人
井上雅央
MEN’Sテイオー
本田多聞
相島勇人
TARU
土方隆司
ヤス・ウラノ
※レフェリー:マイティ井上

◇第2試合◇
野村卓矢
橋本大地
橋本友彦
宮本和志
vs
成田蓮
野村直矢
岡林裕二
本間朋晃

◇第3試合◇
▼ストリートファイト・トルネードバンクハウス8人タッグデスマッチ
佐藤光留
石川修司
長井満也
グレート小鹿
vs
保坂秀樹
鈴木秀樹
ケンドー・カシン
大仁田厚

◇第4試合前◇
▼アブドーラ・ザ・ブッチャー引退セレモニー
[特別ゲスト] スタン・ハンセン
初代タイガーマスク
武藤敬司
新間寿
ほか

◇第4試合◇
TAKAみちのく
金丸義信
タイチ
vs
青柳優馬
藤原喜明
渕正信

◇第5試合◇
▼3WAYタッグマッチ
吉田綾斗
海野翔太
vs
岩本煌史
ジェイク・リー
vs
BUSHI
SANADA

◇第6試合◇
シュン・スカイウォーカー
望月成晃
vs
新崎人生
丸藤正道

◇第7試合◇
西村修
永田裕志
小島聡
vs
太陽ケア
大森隆男
秋山準

◇第8試合◇
NOSAWA論外
カズ・ハヤシ
(1/60)
ドス・カラス
ミル・マスカラス

◇第9試合◇
関本大介
宮原健斗
vs
ヨシタツ
棚橋弘至

※川田利明、田上明、小橋建太来場

 

ポチッと応援(↓)お願いします
>> プロレス格闘技人気ブログランキング
>> 各種SNSも更新中
Twitter/Facebook/YouTubeチャンネル
>> 全日本プロレス公式

 


▼new! KAMINOGE 86 2月1日発売!那須川天心[キックボクサー]選ばれし者の“宿命”と“チャンス”。メイウェザー戦とはなんだったのか? 浅倉カンナ[総合格闘家]私はまだ完成されていない。ただ、ずっと普通の人でいたい。 UZI[ヒップホップMC] 桜井“マッハ”速人[総合格闘家] 望月成晃[DRAGON GATE] “全日本プロレス中継・名実況”倉持隆夫 変態座談会


▼new! 『週プロ』黄金期 熱狂とその正体 活字プロレスとは何だったのか? 2月20日発売!眠らない編集部が発信し続け、「業界」を震撼させた“活字”の正体とは さまざまな形で『週プロ』に関わった21名の証言


▼new! 夜の虹を架ける 四天王プロレス「リングに捧げた過剰な純真」 2月6日発売!命がけの闘いを見つめ続けた元週刊プロレス全日本担当記者が当事者たちへの取材で解き明かす、四天王プロレスの真実


▼new! 【実録】昭和・平成女子プロレス秘史 1月28日発売!生き馬の目を抜くプロレス興行の世界で、ロッシー小川は何を見てきたのか。女子プロレスの名伯楽が初めて明らかにする、知られざる昭和・平成の女子プロレス史!


▼new! KENNY OMEGA – Ω(OMEGA) BOUTS – [DVD] 1月25日発売!世界的人気を誇るプロレスラー、ケニー・オメガの激闘をノーカットで収めたDVD。飯伏幸太と組んで田口隆祐とプリンス・デヴィットに挑んだIWGPジュニアタッグ選手権、オカダ・カズチカと名勝負を繰り広げたIWGPヘビー級選手権ほかを収録


▼new! パパはわるものチャンピオンDVD(通常版) 3月6日発売!栄光のトップレスラーから悪役になったレスラーが男として、父として、真の強さとは何かに目覚めていく様を描いた本作は、 棚橋弘至の熱演が絶賛を集め、ぴあ映画初日満足度ランキング(2018年9月21日、22日公開)1位を獲得。 人生を戦い続けるすべての人に贈る、感動の物語


▼new! 闘魂三銃士×全日本四天王Ⅱ~秘蔵外国人世代闘争篇~ DVD-BOX6枚組 3月27日発売!90年代の全日本プロレス、新日本プロレス、両メジャー団体を牽引した7選手(武藤敬司、蝶野正洋、橋本真也、三沢光晴、川田利明、田上 明、小橋建太)の名勝負集第2弾。今回はDVD初収録となるレアな試合、外国人レスラーとの死闘や激しい世代闘争をDVD6枚に収録。映像特典は、現役で活躍するレスラーや関係者にインタビュー、この7選手への憧れや影響を語る


▼new! 1964年のジャイアント馬場 (双葉文庫) 文庫本になって1月9日発売!大谷翔平がアメリカ中を熱狂させた2018年。そのおよそ半世紀前、同じ「ショーヘイ」の名を持つ男が全米にその名を轟かせていた。男の名前は、ショーヘイ・ババ。マットの上で人生を戦い抜いた男の旋風ノンフィクション


▼new! ジャイアント馬場 王者の魂 VOL.1 [DVD] 1月31日発売!日本プロレス界の巨人・ジャイアント馬場が全日本プロレス時代に遺した数多の試合から名勝負を厳選したBOX第1弾。初DVD化試合を多数収録【1981年10月9日 蔵前国技館ジャイアント馬場&ブルーノ・サンマルチノvsタイガー・ジェット・シン&上田馬之助まで】


▼new! ジャイアント馬場 王者の魂 VOL.2 [DVD] 5月2日発売!日本プロレス界の巨人・ジャイアント馬場が全日本プロレス時代に遺した数多の試合から名勝負を厳選したBOX第2弾。初DVD化試合を多数収録【1981年12月13日蔵前国技館スタン・ハンセン乱入以降】


▼new! 証言 橋本真也vs.小川直也 「1・4」の真実 12月14日発売!90年代のプロレス業界において“最大の謎”といわれるのが1999å¹´1月4日、新日本プロレス・東京ドーム大会で行われた橋本真也vs.小川直也の一戦。この試合から20年。深層を当事者、関係者が証言する。


▼ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン キャップ(ブラック×レッド)


▼new! The Legend of 2nd U.W.F. vol.1 [DVD] 11月20日発売!第2次UWF全試合をノーカットで収録した永久保存版DVDを、熱い期待に応えて復刻。「STARTING OVER Vol.1」(1988.5.12後楽園ホール)「STARTING OVER Vol.2」(1988.6.11札幌中島体育センター)


▼new! The Legend of 2nd U.W.F. vol.2 [DVD] 11月20日発売!第2次UWF全試合をノーカットで収録した永久保存版DVDを、熱い期待に応えて復刻。「真夏の格闘技戦」(1988.8.13有明コロシアム)「FIGHTING NETWORK 第1弾」(1988.9.24博多スターレーン)


▼new! The Legend of 2nd U.W.F. vol.3 1998.11.10愛知&12.22大阪 [DVD] 12月20日発売!後に一時代を築く才能が集まり、様々な記録を打ち立てた第2次U.W.F.の全試合を収めたシリーズ第3巻。1998年の「FIGHTING NETWORK 第2弾」と「HEART-BEAT U.W.F.」から宮戸成夫vs中野龍雄、安生洋二vsマック・ローシュ、前田日明vs高田延彦ほかを収録


▼new! The Legend of 2nd U.W.F. vol.4 1989.1.10武道館&2.27徳島 [DVD] 1月19日発売!プロレス界に革命を起こしたU.W.F.。旗揚げから2年目に入り、ついに日本武道館に進出。初めてのクローズドサーキットで札幌、名古屋、大阪、福岡での同時中継も行われたビッグマッチ。さらに唯一の四国進出となった徳島大会をカップリング。その試合を収録した永久保存版DVDを復刻


▼new! The Legend of 2nd U.W.F. vol.5 1989.4.14後楽園&5.4大阪球場 [DVD] 2月20日発売!後に一時代を築く才能が集まり、様々な記録を打ち立てた第2次U.W.F.の全試合を収めたシリーズ第5巻。1989年の「U.W.F. CORE」と「U.W.F. MAY HISTORY 1st」から、安生洋二vs鈴木実、前田日明vs山崎一夫、前田日明vsクリス・ドールマンほかを収録


▼16dコレクション 新日本プロレス 内藤哲也 ノンスケール ソフトビニール製 塗装済完成品フィギュア


▼16dコレクション 新日本プロレス ケニー・オメガ シルバーVer. ノンスケール ソフトビニール製 塗装済完成品フィギュア


AD


▼new! 16dソフビコレクション006 新日本プロレス 棚橋弘至 ノンスケール ソフトビニール製 塗装済み完成品フィギュア


▼new! 16dソフビコレクション005 新日本プロレス オカダ・カズチカ ノンスケール ソフトビニール製 塗装済み完成品フィギュア


▼new! 16dソフビコレクション004 WWE 中邑真輔 ノンスケール ソフトビニール製 塗装済み完成品フィギュア


▼もちねこ ぬいぐるみ ハチワレ (L) 高橋ヒロムのパレハである愛猫の“高橋ダリル”。一緒に観戦しながら復帰願いを

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あわせて読みたい