世界Jr.王者・青木篤志がバイク事故死 3日夜のニコプロ名物『毒演会』スタジオに向かう首都高にてトンネル壁に衝突

 全日本プロレスが青木篤志の死去を4日に発表した。3日の深夜にバイク事故を起こし、搬送先の病院で亡くなった。


写真は全日本プロレス公式より

・ 事故死の青木さん「全日本の中心に」熱い思い胸に…(日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース

 全日本プロレスの世界ジュニアヘビー級王者青木篤志さん(41)が、交通事故で急死したことが4日分かった。青木さんは3日午後10時半ごろ、東京都千代田区北の丸公園1の首都高速道路、三宅ジャンクションのトンネル内で250CCのバイクを運転中に事故にあった。その後搬送先の都内の病院で死去した。

青木さんは3日はオフだったが、月1回放送で午後10時開始のニコニコ生放送「青木篤志の毒演会」に出演予定だった。番組開始に青木さんが現れないため、スタッフが携帯に連絡を入れたが出なかったという。家族の意向で事故の詳細は明かせないというが、事故が午後10時半ごろだったことから、何らかの理由で遅れた青木さんが、急いで向かっていた可能性もある。

事故を受けて、全日本の秋山準社長が会見した。青木さんは自衛隊を辞めノアに入団した05年、秋山社長の付け人としてプロレス人生のスタートを切った。秋山は「あいつのことを見てきたのはオレだけだと思うので。あいつはボクと似ているところがあって、ピンチの時は、パッと現れて助けてくれましたね」と声を震わせた。

レスラーとしては遅い28歳でこの世界に飛び込んだ青木さんは「何か1つ人に負けないものを持とう」と、人の何倍もの練習で強靱(きょうじん)な肉体を作り上げた。デビューから1度も試合を休まなかった。秋山とともにノアから移籍した後は、道場長として若手の指導にあたり、秋山を支えた。

先月20日の後楽園大会では、王者岩本煌史に挑戦し、4度目の世界ジュニアヘビー級王座戴冠。「もう1度オレが全日本の中心になる」と強い決意を示していた。プロレスへの熱い思いと、リングを離れたときの温かい笑顔が印象的だった。デビュー14年。プロレス界にかけがえのない人が逝ってしまった。

◆青木篤志(あおき・あつし)1977年(昭52)9月25日生まれ、東京都大田区出身。高校時代はアマレスで活躍し、卒業後に陸上自衛隊入り。05年5月にプロレスリング・ノアに入団。同年12月24日に、三沢光晴、田上明組とのタッグ戦でデビュー。10年12月に丸藤と組んでGHCジュニア王座を初戴冠。13年1月に、秋山準らと全日本に移籍。14年5月に世界ジュニア王座を獲得。今年5月までに4度同王座を獲得した。170センチ、85キロ。得意技はアサルトポイント。

 事故の詳細については秋山は「聞いてはいますけど、ご家族のご意向もありますので話せません」としている。

AD

 3日午後10時開始の『青木篤志の毒演会』は本人不在ながら、青木の到着を待ちわびるファンの書き込みで進んだという。ついには2時間現れず“中止”となったとのことだが、視聴者にとってもこの展開は思いも寄らぬものとなっただろう。

 新日本プロレスもホームページで悼む。
・ 新日本プロレス、公式サイトで全日・青木篤志さん死去を悼む(スポーツ報知) – Yahoo!ニュース

 新日公式サイトは「青木選手は、2005年12月にプロレスリング・ノアでデビューし、生え抜きのジュニア戦士として活躍。2009年には新日本プロレスにも参戦し、『BEST OF THE SUPER Jr.XVI』にエントリー。初出場ながらベスト4に進出する躍進を見せた。また2010年7月には、当時・王者だったプリンス・デヴィット選手の持つIWGPジュニアヘビー級王座に挑戦、敗れるも好勝負を展開した」と経歴を紹介。「青木選手のご冥福をお祈りいたします」と名選手の早すぎる死を悼んだ。

 もちろんプロレスラーも交通事故に逢う確率はあるわけだが、「こんな死に方があるのか!」との思いに駆られる。言葉が出ないし、悔しすぎる。

 ただ、ただ、実力派レスラーがせめて天国でやすらかに眠っていることを祈りたい。

>> 全日本プロレス公式

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あわせて読みたい