奥の手の応酬となった石井戦をケニーが制す! 飯伏とチグハグ会話「そうか、約束があったんだね」早すぎる再戦はある?ない?

pick up ▼ニュース 長州力の独特の言い回しに、棚橋弘至「どういうことですかね(笑)」┃SEAdLINNNG初のシングルNo.1が決まる! 初代シングル王者決定トーナメント┃アクトレスガールズの新設王座を巡る初代王者決定トーナメント1回戦組み合わせ ▼情報&コラム チケット申込開始! 2019年1月12日(土)18:30座・高円寺2「新春FULLSWINGトーク」天龍源一郎vs.前田日明┃9月16日(日)は藤波辰爾も来店! 伊勢丹浦和店「藤波家の食卓」販売イベント┃【新日本】内藤がみのる“島流し”宣言┃誰もが主役になれるKING OF DDTトーナメント、生き抜いたのはカリスマだった(三田佐代子)┃「チケット持ってますか」の屈辱が、「有刺鉄線デスマッチ」を生んだ┃ミスター高橋著『知らなきゃよかった プロレス界の残念な伝説』10月24日発売 ▼格闘技 【UFC】マーク・ハントが一本負け、2連敗を喫する┃メイウェザー&パッキャオ「再戦合意」12月決戦も

 15日の新日本プロレス広島大会を振り返ります。

・ 大会結果 DESTRUCTION in HIROSHIMA 9月15日(土)18:00 広島・広島サンプラザホール

AD

■新日本プロレス DESTRUCTION in HIROSHIMA
日時:9月15日(土) 18:00
会場:広島・広島サンプラザホール 観衆3,761人(札止め)

<第1試合>
SHO
YOH
●ロッキー・ロメロ
(7分14秒 タイガースープレックスホールド)
KUSHIDA
〇タイガーマスク
獣神サンダー・ライガー
[KUSHIDA「“(高橋)ヒロムの思いを背負って”。その文字で、その文字だけで、肩を並べられるほど、実力が拮抗するほど、そんな甘いモンじゃねぇぞ。(BUSHIは)もうちょっと自分の立場をわきまえたほうがいいんじゃねぇのか!?」]

<第2試合>
〇バッドラック・ファレ
(2分46秒 グラネード→体固め)
●トーア・ヘナーレ
[ファレ「BULLET CLUB OGはまだメンバーを募集している。入りたいヤツは誰だ? CLUB入りしたいヤツはどこにいる?」]

<第3試合>
〇デイビーボーイ・スミスJr.
ランス・アーチャー
(8分53秒 キラーボム→エビ固め)
●吉田綾斗
マイケル・エルガン
[スミス「K.E.Sが戻ってきたぞ。俺は今まで以上に、そしてこれまでにないほど凄くなってな」]

<第4試合>
●チェーズ・オーエンズ
高橋裕二郎
飯伏幸太
(9分50秒 ストロングゼロー→エビ固め)
ウィル・オスプレイ
チャッキーT
〇バレッタ
[飯伏「やっぱり、このシリーズ闘って来て、ちょくちょくオスプレイに、まあ、絡まれるというか。『意識されてるんだろうな』っていう気はしてるんですけど。ちょっと…ちょっとですけど、まあ、気になるかな?と」]

<第5試合 NEVER無差別級6人タッグ選手権試合>
[挑戦者組] 田口隆祐
●デビッド・フィンレー
ジュース・ロビンソン
(11分27秒 エイプシット→片エビ固め)
石森太二
〇タンガ・ロア
タマ・トンガ
[第18代王者組] ※トンガ&ロア&石森が初防衛に成功
[石森「BULLET CLUBはいま、新たな人材を“リクルート”している。だから俺たちの、Twitter、Instagram、Facebook、いいなと思ったヤツの情報をよこしてほしい。そして、次のシリーズ、ジュニアタッグリーグ(『SUPER Jr. TAG LEAGUE 2018』)、俺が新たなパートナーを連れて来るから、お前ら、楽しみにしとけよ」]

<第6試合>
●金丸義信
飯塚高史
タイチ
(10分42秒 反則)
外道
矢野通
〇後藤洋央紀
[試合後、タイチがラストライドで後藤をKO!ベルトを掲げ王座奪取をアピール!]
[タイチ「昨日、会社に全部言ったよ。内藤もこう言ってる。俺もこう言ってる。後藤はどう思ってるか知らねぇ。試合順、替えてくれって。みんなも一致してるって言ったよ。だけど、どうなってんの、いま? 発表の時点で。替わらない!?」]

<第7試合>
エル・デスペラード
●TAKAみちのく
ザック・セイバーJr.
鈴木みのる
(12分12秒 マジックキラー→片エビ固め)
BUSHI
SANADA
〇EVIL
内藤哲也
[試合後、場外にて鈴木がスリーパーで内藤をKO! ]
[試合後、リング上ではEVILとザックの因縁勃発……!? ]
[みのる「俺が内藤とやる理由? G1を一戦一戦見逃さずに、中継見てたプロレスファンと同じこと言ってんな、お前な。俺があいつを殴る理由、目と目が合ったからだ。俺の前に立ったからだ。それ以外の理由なんかあるか。(中略)別府、内藤、お前そこで、お前の被ってるそれ、そのツラの皮、全部剥ぐぞ。そして、ニセモノのカリスマ、内藤、化けの皮すべて剥いで、俺、次いく。そう、次と言ったら、あそこだ……」]

<第8試合>
ジェイ・ホワイト
●YOSHI-HASHI
オカダ・カズチカ
(12分14秒 首固め)
本間朋晃
真壁刀義
〇棚橋弘至
[誤爆から敗戦を喫したYOSHI-HASHIがオカダと仲間割れ……!? ]
[ジェイ「タナハシ、お前は俺にまだ勝ってないんだぞ。『G1(CLIMAX)』ではオカダにもYOSHI-HASHIにも勝ってるんだ。本来なら俺がその権利を持ってるはず」]

<第9試合 IWGPヘビー級選手権試合>
[挑戦者] ●石井智宏
(30分55秒 片翼の天使→片エビ固め)
〇ケニー・オメガ
[第66代王者] ※オメガが2度目の防衛に成功
[ケニー「イブシ、自分はベストは、全てお前のおかげだ。だからさ、大阪城ホール終わってから言ったんですよ。いつでもどこでもいいですよ」 飯伏「ケニー、俺らの約束を果たそう」 ケニー「そうか、約束があったんだね。だからさ、どこに行っても、どこの国に行くとしてもゴールデン☆ラヴァーズが同じ気持ちで同じ心で闘っていきたいと思います」]
[ケニー「タナハシ、ちょっとだけ待ってほしい。先に強いオカダを倒して、今度その相手を倒して、それでこの俺様、このプロレスのシンボルに挑戦ができる。その時だけ、お前のIdeology(イデオロギー)が正しいと言えるんだ。それじゃネクスト・タイム。グッバイ、タナ。グッバイ、シンニホン。グッバイ、世界のすべてのファンのみんな。グッナイト。Bang!」]

 ケニーが場外鉄柵超えダイビングフットスタンプを繰り出せば、石井は雪崩式フランケンシュタイナー&ケニー流Vトリガー。奥の手の応酬となったIWGPヘビー級戦はケニーが制す。されど生き様を伝えた石井には大感動、予想を上回る一戦となった。

 ケニーは飯伏と試合後にマイクで会話。ケニー「いつでもどこでもいいですよ」飯伏「ケニー、俺らの約束を果たそう」ケニー「そうか、約束があったんだね」。会話はチグハグであり、ファンも「約束ってどの話だよ」と心の中で突っ込む。再戦したいのかタッグ出陣したいのかもハッキリしない。公式サイトは「“盟友”飯伏と再戦を約束!!」などと強引にまとめた。

 約束の中身は東スポさえわからない!?
・ 【新日】ケニー・オメガが石井を下しIWGP王座V2 次は盟友・飯伏との“約束”果たす(東スポWeb) – Yahoo!ニュース

 試合後のリング上で盟友・飯伏幸太(36)に介抱されたケニーは「俺はベスト。世界一だぞ。でも本当のことはそうじゃない。本当は、飯伏、自分がベストなのは、全てお前のおかげだ」と感謝。その一方で「(IWGPベルトを取った)大阪城ホールが終わってから言ったんですよ。いつでも、どこでもいいんですよ」と、挑戦を促すコメントを残した。

 これを受け飯伏は「俺たちの約束を果たそう」と短い言葉で返答。ケニーは“約束”の具体的な中身には触れないまま「そうか、約束があったね。どこに行っても、どこの国に行くとしても、ゴールデン☆ラヴァーズが同じ気持ちで、同じ心で戦っていきたいと思います。どんなベルトよりもG☆Lを大切にしている」と盟友との絆を強調しつつ、決めゼリフの「グッドバイ&グッドナイト」で大会を締めくくった。

 ケニーのG1での黒星は石井・矢野・飯伏の3戦であり、まずは石井分を清算。介入絡み試合の矢野分を例外とすれば、残る未清算は飯伏分となる。

 両国のほか9・30ロス大会、11・3エディオンアリーナ大阪大会というビッグマッチもある。また、みのるが内藤戦勝利の先にIWGP戦があることを示唆しているともとれる。23日までの戦況によっても変わるため、発表待ち。

 みのるに「G1を一戦一戦見逃さずに、中継見てたプロレスファンと同じこと言ってんな、お前な」と言われそうなことをクドクド書いてしまったが、展望を想像しながら待ちましょう。最後に当面の日程おさらい。

【煽りVTR】内藤哲也vs鈴木みのる【新日本プロレス 2018.9.17 DESTRUCTION in BEPPU】

【煽りVTR】後藤洋央紀vsタイチ【新日本プロレス 2018.9.17 DESTRUCTION in BEPPU】

▼9月17日(月祝)大分・別府ビーコンプラザ『DESTRUCTION in BEPPU』18:00

<第8試合 NEVER無差別級選手権>
[挑戦者] タイチ
(1/60)
後藤洋央紀
[第19代王者] ※後藤2度目の防衛戦

<第9試合>
鈴木みのる
(1/60)
内藤哲也


▼9月23日(日)兵庫・神戸ワールド記念ホール『DESTRUCTION in KOBE』16:00

<第8試合 IWGPジュニアヘビー級王座決定トーナメント1回戦>
BUSHI
(1/60)
KUSHIDA
※勝者は決勝戦(10・8両国)進出

<第9試合 東京ドーム・IWGPヘビー級王座挑戦権利書争奪戦>
[挑戦者] オカダ・カズチカ
(1/60)
棚橋弘至
[権利書保持者/G1 CLIMAX 28優勝者]


▼9月30日(日)アメリカ・WALTER PYRAMID(カリフォルニア州ロサンゼルス)『FIGHTING SPIRIT UNLEASHED』17:00

<IWGPジュニアヘビー級王座決定トーナメント1回戦>
マーティー・スカル
(1/60)
ウィル・オスプレイ
※勝者は決勝戦(10・8両国)進出

<IWGPタッグ選手権試合>
[挑戦者組] タンガ・ロア
タマ・トンガ
(1/60)
ニック・ジャクソン
マット・ジャクソン
[第80代王者組] ※マット&ニック2度目の防衛戦

<IWGP USヘビー級選手権試合>
[挑戦者] Cody
(1/60)
ジュース・ロビンソン
[第3代王者] ※ロビンソン初防衛戦


▼10月8日(月祝)東京・両国国技館『KING OF PRO-WRESTLING』17:00

カード未発表

 


AD

>> カクトウログ(最新RANKING/Facebook
/Twitter/YouTubeチャンネル)
>> 新日本プロレス公式

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あわせて読みたい