権利証戦か? 3WAY戦か? 両国ベストバウト投票10日(水)24時まで/ドーム正式決定「ケニーvs.棚橋」会見は異例の1時間超

pick up ▼ニュース 【全日本】故・輪島大士さん追悼セレモニー、最強タッグ出場チーム発表 10・10後楽園試合順決定&直前情報┃【WRESTLE-1】10.24東京・後楽園全カード ▼情報&コラム 【全日】諏訪魔“オーバーホール”終了 両ヒジのネズミ除去し大暴れ宣言┃【2週連続オンエア!】10月24日(水)&31日(水)26時14分~日本テレビ『浜ちゃんが!』真壁刀義が出演 ▼格闘技 ラスベガスの「QUINTET3」で桜庭和志が伝えたかったこと┃元横綱輪島氏が死去 「黄金の左」で優勝14回/横綱へスピード出世から金銭問題で退職 プロレスラー時代には伝説も

 権利証戦か? 3WAY戦か? それとも? 10・8両国国技館大会ベストバウト投票を10日(水)24時まで実施しています。よろしければご参加を。
※1スマホ・1パソコンから1票のみ有効。やり直しも可(最新投票の内容に上書きされます)。

 アスリートプロレスvs.棚橋プロレスとの図式がある中で、両国ベストバウト投票自体が“前哨戦”ともなった。途中経過では棚橋の権利証戦が大きくリードしている。

* * *

 両国大会から一夜明け、1・4東京ドーム大会第1弾カード「ケニー・オメガvs.棚橋弘至IWGPヘビー級戦」が正式決定。

AD

 ケニーと棚橋による会見。お時間がある方は全文を。
・ 【WK13】異様な緊張感!「棚橋では世界は変えられない」「ケニーのプロレスには“品”がない」早くも“イデオロギー闘争”全開!!【1.4東京ドーム会見】

 大まかに確認したい人は東スポなどを。
・ 【新日】1・4正式決定!王者ケニーVS棚橋 1時間超の舌戦展開(東スポWeb) – Yahoo!ニュース

 新日本プロレスは9日、都内で会見を行い、年間最大興行、来年1月4日の東京ドーム大会のメインカードとして王者ケニー・オメガ(34)と挑戦者・棚橋弘至(41)のIWGPヘビー級選手権を発表した。

 今夏のG1クライマックスを制し、3年ぶりに東京ドームのメインに立つ棚橋は、現王者とは相容れぬイデオロギーを持つ。前日(8日)の両国国技館大会でケニーが飯伏幸太、Codyとの3WAY戦を制しV3に成功した試合も酷評してみせた。

「ビジュアル、運動能力…全てにおいて3選手とも隙がなく、素晴らしかったんですけど。IWGPの権威、IWGPの扱い…IWGPのベルトはアクセサリーじゃないから。昨日の試合に関して言えば、飯伏もCodyも仲間で、握手で始まった試合なのに、テーブルとか使う必要があったのかな。俺はプロレスを広めたいと思ってやってきた。プロレスを初めて見る人に疑問があってはいけない。(ケニーの試合には)初めて見る人に理解できない『WHY』が多い」

 さらに両国大会のリング上で「賞味期限切れ」と挑発したことの真意について「ケニーのプロレスが食傷気味なんですよね。プロレスに品がないんです」と容赦なく言い放った。

 一方のケニーは棚橋を“時代遅れ”と決めつける。「驚くべきことに、また東京ドームのメインに戻ってきた。それは素晴らしい。棚橋は新日本を支えてきた張本人かもしれないが、今この団体を引っ張っているのは誰か。それはお前ではない。かつて日本のプロレスをけん引していたのかもしれないが、棚橋では世界は変えられない」とバッサリだ。

 両者の唯一のシングル戦は2016年2月の長岡大会でケニーが勝利を収めている。「それから2年で俺は進化を遂げ、プロレスも進化した。棚橋は取り残された。これが棚橋にとってキャリア最後のチャンスということも分かっていると思う。スポーツとしてはどうか分からないが、このレジェンドが息絶えるストーリーはプロレスとして完璧だろう?」とニヤリ。「もしも棚橋がトップに返り咲けることがあったら、この団体はおしまいだ。未来はない。俺の努力が全て無になる」とまで言い切った。

 互いに相容れぬ主張を繰り広げた両雄の舌戦は、何と1時間超にも及んだ。レッスルキングダム史上最長の会見時間でも平行線をたどった両雄が、東京ドームのリングで雌雄を決する。

 両国を会場観戦したけれども、権利証戦にしても、3WAY戦にしても、ザ・プロレスだなと。「よくそこまでやるよ」といい意味で脱帽したくなった! 細かいツッコミどころは当然あるわけだが、ボクは十分面白かったですよ。

 水戸黄門の印籠ばりに、棚橋は勧善懲悪での逆転勝利劇場に導いた。棚橋が負けるかもしれないと思うから盛り上がる? いや、もちろんそうですよ。まったく悪くない。それでも、ここ一番で躍動を、反撃に反撃を、工夫に工夫を重ねて勝つ棚橋が最高ではないか。棚橋vs.AJスタイルズ戦のオマージュもあったが、それも含めて“棚橋が戻って来た”感さえした。

 一方で、メインの3WAY戦は「プロレスの可能性」を見せていく試合。“共闘する”場面がありつつも、コンビネーション攻撃が崩れたとたんに“勝ちを取りにいく”心理もわからなくもない。仲間でもあるが、それぞれが目指すドームメイン。揺れ動く心情が表現されていく試合。ビギナーファン中心に「そういう攻防になっちゃうのね」と楽しめたのではないか。

 権利証戦が定番なら、3WAY戦は脱・定番とも言える。

 どっちもプロレスにあっていいわけなんだから、棚橋とケニーの会見舌戦も平行線となって当然。1時間どころか何時間でも語れそう。ただ、棚橋は対立を煽りたい側で、ケニーは冷静に自信を漂わせた。昨今の支持を盾に棚橋からの「品がない」批判にケニーが反論するところなんか、なかなかのもの。

 というわけで、3か月弱、こんな感じの対立でドームまで進んでいくのでみなさん覚悟を(笑)。

 ほか発表事項。
・ 来年1月3日(木)『大プロレス祭り2019』は新木場・STUDIO COASTで開催! 入場券は10月25日(木)よりローソンチケットで発売開始!【WK13】
・ 『WRESTLE KINGDOM 13』のキャッチフレーズは「プロレス!冬フェス!イッテンヨン!!」!! イメージテーマソングはレゲエパンクバンド「SiM」が制作!!【WK13】
・ 【『SUPER Jr.TAG』の出場チーム決定!】BUSHI&鷹木!KUSHIDA&セイビン!ボラドール&ソベラーノも来襲!
・ 【11月3日(土・祝)大阪大会の主要カード決定!】ジェリコvsEVILのIC王座戦!内藤vsザック!タイチvsオスプレイのNEVER戦も実現!

 8日の試合後深夜に「辞めないといけない」とツイートして騒がせた飯伏幸太。ファンの間では、その後のツイートやケニー・オメガの補足によって“引退撤回”ムードとなっている。これはもう、また改めて本人に真意を語ってもらうしかないでしょう。
・ 飯伏幸太、IWGPヘビー級戦敗北後の“引退発言”撤回「すべては信用で成り立っているのです」(スポーツ報知) – Yahoo!ニュース

 ケニーがプライベートジム構想。
・ 【新日本】1・4東京ドームで棚橋と激突のケニー 母国カナダに5000万円以上かけプライベートジム建設(東スポWeb) – Yahoo!ニュース

 


AD

>> カクトウログ(最新RANKING/Facebook
/Twitter/YouTubeチャンネル)
>> 新日本プロレス公式

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あわせて読みたい