ケニー・オメガ「またいつか、ベストバウトを獲りたい」東スポプロレス大賞授賞式での日本語スピーチ動画、ここまでのまとめ

 スタン・ハンセン以来の外国人選手としてのベストバウトを獲得した2010年に、ケニー・オメガは日本の言語の勉強をスタートしたんだという。ケニーはプロレス大賞2018授賞式において、日本語で自らの状況を説明しようとした。その内容は衝撃的なものだった。

Kenny Omega started studying Japanese language in 2010, when he won the best bout as a foreign wrestler since Stan Hansen. Kenny tried to explain his situation in Japanese at 2018 prize ceremony of the pro-wrestling grand prize, which shocked everyone.

 東スポによるまとめ。

・ 【プロレス大賞授賞式】ベストバウト賞ケニー・オメガ 世界でデカくなって帰ってくる(東スポWeb) – Yahoo!ニュース

 今年の1月4日東京ドーム大会で棚橋に敗れ、翌5日の後楽園大会に不出場。その後の本紙の取材で、新日プロとの契約が満了する今月限りで日本マットを離れる決意を明らかにした。今回初めて、公の場で意思表示をしたことになる。

 10年以上に及ぶ異国での活動にひと区切りをつけるという気持ちは、流ちょうな日本語に表れていた。2010年度のプロレス大賞で、スタン・ハンセン以来となる外国人選手によるベストバウト受賞を果たし「他の外国人ができないことをやってやろう」と日本語の猛勉強を開始。それから8年後のステージで、自ら決断を語ることになった。

 新天地は米国の新団体AEWか、世界最大団体のWWEが噂される。AEWについて「(主要メンバーが)友達の団体だからもちろん興味あるよ」と話すが、今後のスケジュールは白紙。2月以降に本格的な動きがありそうだ。

 1・4東京ドーム大会の翌日には、新日本・ROH・AEWの3社による提携が検討されたとされる。会談の結果、AEWは提携に加わらないことになった。この結果は「ケニーが1月末で新日本を退団する」との主旨で、東京スポーツが7日にスクープした。さらに17日のプロレス大賞受賞式では、ケニーが「来年また、このステージに立てないかもしれない」と口にする。転出先がAEWなのかWWEなのかは明らかにされていない。

 新日本プロレスでは、棚橋・オカダ・内藤・ケニーがビッグ4とされてきた。ファンにとっては、2016年に中邑真輔が転出した以降のショッキングな出来事となった。中邑退団後にはケニーと内藤がブレイクしたものの、今後の楽観視はできない。ケニーの今後が具体的になるのは、新日本との契約切れとなる1月末以降と見込まれる。

The next day of Tokyo Dome Games, NJPW,ROH and AEW was dicussing future alliance. As a result of the talks, AEW will not participate in the alliance, which means “Kenny will leave the NJPW at the end of January”, The Tokyo Sports News scooped on the 7th. Kenny also mentioned that he might not be this stage anymore at the award ceremony on the 17th. However it is not clear whether his destination is AEW or WWE.

In NJPW, Tanahashi, Okada, Naito and Kenny has been considered as Big 4. For the fans, it was a very shocking news for fans since Nakamura moved out in 2016. Kenney and Naito became a super star after Nakamura moved out, but we can’t be optimistic about NJPW’s future. Kenny’s distination would be revealed after end of January,to be expired contract with NJPW.

* * *

【プロレス大賞授賞式】ケニー・オメガ「またいつか、ベストバウトを獲りたい」

AD

▼スピーチ(日本語)
「新日本プロレスのケニー・オメガです。ベストバウトありがとうございました。今年ですね・・・悲しいことは言いたくないんですけど、来年また、このステージに立てないかもしれないですね。なんですけども、世界で活躍して、世界で活躍をみせて、また大きい会場でベストバウトを必ずみせますので、東スポの大賞はここで最後ではないんだと思うんですけど、またいつかはベストバウトか、MVPか、技能賞か何か獲りたいと思います。また会う日まで、グッバイ・アンド・グッドナイト、バン。サンキュー」

▼東スポ用動画メッセージ(日本語)
「お祝い(授賞式)は楽しかった。改めて・・・今年はケニー・オメガという姿がいなくなってしまうかもしれないんですけど、うーん、できるときにまた日本に出て、またすごいベストバウト的なパフォーマンスをして、できればね、そっちの(授賞式の壇上を手で示して)ステージを、また立つ、と思う。ありがとうございました」

▼囲み取材(各メディアより。15分以上に渡ったとされる)
・「(1・4ドーム棚橋戦)完全に負けたわけではない気がしている」と振り返り、「いつになるか分からないけど、また棚橋選手と戦いたい」と再戦を希望した。

・これまで常に全身全霊をかけて試合に臨んでいただけに、体だけでなく「メンタルも弱っていた」。しばらく、日本とカナダを行き来しながら心身を休める予定で、「また強い姿をみせたい」と元気にリングに戻ることを約束した。

・今後のスケジュールについて「言えないね」と複雑な胸中を明かしながらも、現時点で2月以降も新日本で試合をする可能性がないかと問われると、「そうですね。スケジュールはわざとつけていない」と話した。

・新団体オール・エリート・レスリング(AEW)について問われると、「グッドラックと言いたい。頑張って欲しい。すごいものになりそう」と参加する盟友にエールを送りながら、「友達の団体だから興味はあるよ。友達だからサポートするしかない(メディアによっては「サポートした方がいいとは思っている」)」と、協力する姿勢も示して、自身の参加の可能性も伺わせた。

【@KennyOmegamanX ‘s speech at the pro-wrestling grand prize ceremony.】

I do not want to say sad things, but … I do not think we can set up for this stage next year. I will surely show you the best bout of the bigger shape by active in the world, so I think that the pro wrestling grand prize is the last in this. I also want to take the best bout, MVP someday. Until we meet again, Goodbye & Good Night!

【Message to fans】

Celebrations were fun. This year Kenny Omega may be gone from the Japanese ring. However, someday I will go to Japan again and I want to do the best performance. I want to stand on the award ceremony stage again. Thank you very much!

【@KennyOmegamanX answered the question from the newspaper company.】

I did not completely lose to the Tanahashi. I do not know when it will be, but I also want to fight Tanahashi.

Not only the body but also the mental health were weakened because we were all in the game so far. For a while, I will rest my mind and body while coming back and forth between Japan and Canada. I also want to show strong figure.

The future schedule is blank.

I’d like to say Good Luck to AEW. I want you to keep up. It is going to be amazing. I am interested because it is a group of friends. Since I am a friend, I have no choice but to support.

 

ポチッと応援(↓)お願いします
>> 各種SNSも更新中 Twitter/Facebook/YouTubeチャンネル

>> 新日本プロレス公式
>> 東スポWeb – 東京スポーツ新聞社 今日の東スポ紙面をチェック!気になる今日の1面も見れます!

 


▼new! KAMINOGE 85 1月7日発売!佐山サトル[初代タイガーマスク] 嶋田隆司[漫画家] 前田日明[RINGS代表] 青木真也[総合格闘家] ターザン山本! [平成最後の落武者] ジェラルド・ゴルドー[ドージョー・カマクラ主宰] “炎の戦士”大谷晋二郎 変態座談会


▼new! パパはわるものチャンピオンDVD(通常版) 3月6日発売!栄光のトップレスラーから悪役になったレスラーが男として、父として、真の強さとは何かに目覚めていく様を描いた本作は、 棚橋弘至の熱演が絶賛を集め、ぴあ映画初日満足度ランキング(2018年9月21日、22日公開)1位を獲得。 人生を戦い続けるすべての人に贈る、感動の物語


▼new! KENNY OMEGA – Ω(OMEGA) BOUTS – [DVD] 1月25日発売!世界的人気を誇るプロレスラー、ケニー・オメガの激闘をノーカットで収めたDVD。飯伏幸太と組んで田口隆祐とプリンス・デヴィットに挑んだIWGPジュニアタッグ選手権、オカダ・カズチカと名勝負を繰り広げたIWGPヘビー級選手権ほかを収録


▼new! 闘魂三銃士×全日本四天王Ⅱ~秘蔵外国人世代闘争篇~ DVD-BOX6枚組 3月27日発売!90年代の全日本プロレス、新日本プロレス、両メジャー団体を牽引した7選手(武藤敬司、蝶野正洋、橋本真也、三沢光晴、川田利明、田上 明、小橋建太)の名勝負集第2弾。今回はDVD初収録となるレアな試合、外国人レスラーとの死闘や激しい世代闘争をDVD6枚に収録。映像特典は、現役で活躍するレスラーや関係者にインタビュー、この7選手への憧れや影響を語る


▼new! 1964年のジャイアント馬場 (双葉文庫) 文庫本になって1月9日発売!大谷翔平がアメリカ中を熱狂させた2018年。そのおよそ半世紀前、同じ「ショーヘイ」の名を持つ男が全米にその名を轟かせていた。男の名前は、ショーヘイ・ババ。マットの上で人生を戦い抜いた男の旋風ノンフィクション


▼new! 証言 橋本真也vs.小川直也 「1・4」の真実 12月14日発売!90年代のプロレス業界において“最大の謎”といわれるのが1999å¹´1月4日、新日本プロレス・東京ドーム大会で行われた橋本真也vs.小川直也の一戦。この試合から20年。深層を当事者、関係者が証言する。


▼new! 2019プロレスラー全身写真名鑑 (週刊プロレス別冊新春号) 12月17日発売!「新春号2019プロレスラー全身写真名鑑」


▼new! Gスピリッツ Vol.50 (タツミムック) 12月21日発売![独占取材]次代に受け継がれた“爆弾小僧”のレガシー ダイナマイト・キッドの甥がイギリスでプロレスデビュー!! [特集]BI砲時代の日本プロレス [インタビュー]アントニオ猪木 坂口征二


▼new! 俺たちのプロレス(13) (双葉社スーパームック) 12月21日発売!誰もが心躍らせた80年代新日本プロレスの怪物外国人選手特集!


▼ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン キャップ(ブラック×レッド)


▼new! The Legend of 2nd U.W.F. vol.1 [DVD] 11月20日発売!第2次UWF全試合をノーカットで収録した永久保存版DVDを、熱い期待に応えて復刻。「STARTING OVER Vol.1」(1988.5.12後楽園ホール)「STARTING OVER Vol.2」(1988.6.11札幌中島体育センター)


▼new! The Legend of 2nd U.W.F. vol.2 [DVD] 11月20日発売!第2次UWF全試合をノーカットで収録した永久保存版DVDを、熱い期待に応えて復刻。「真夏の格闘技戦」(1988.8.13有明コロシアム)「FIGHTING NETWORK 第1弾」(1988.9.24博多スターレーン)


▼new! The Legend of 2nd U.W.F. vol.3 1998.11.10愛知&12.22大阪 [DVD] 12月20日発売!後に一時代を築く才能が集まり、様々な記録を打ち立てた第2次U.W.F.の全試合を収めたシリーズ第3巻。1998年の「FIGHTING NETWORK 第2弾」と「HEART-BEAT U.W.F.」から宮戸成夫vs中野龍雄、安生洋二vsマック・ローシュ、前田日明vs高田延彦ほかを収録


▼new! The Legend of 2nd U.W.F. vol.4 1989.1.10武道館&2.27徳島 [DVD] 1月19日発売!プロレス界に革命を起こしたU.W.F.。旗揚げから2年目に入り、ついに日本武道館に進出。初めてのクローズドサーキットで札幌、名古屋、大阪、福岡での同時中継も行われたビッグマッチ。さらに唯一の四国進出となった徳島大会をカップリング。その試合を収録した永久保存版DVDを復刻


▼new! The Legend of 2nd U.W.F. vol.5 1989.4.14後楽園&5.4大阪球場 [DVD] 2月20日発売!後に一時代を築く才能が集まり、様々な記録を打ち立てた第2次U.W.F.の全試合を収めたシリーズ第5巻。1989年の「U.W.F. CORE」と「U.W.F. MAY HISTORY 1st」から、安生洋二vs鈴木実、前田日明vs山崎一夫、前田日明vsクリス・ドールマンほかを収録


▼new! RENA フォトブック RE:NA 12月21日発売!女子格闘技界で圧倒的な人気を誇るRENA、初フォトブック。2018年7月の休養宣言から再びリングで戦う決意にいたる間に密着。鍛えぬかれた肉体美から、チャーミングな素顔、そして感動のロングインタビューまで、男性だけでなく同世代女性にも届く一冊になっています。


▼16dコレクション 新日本プロレス 内藤哲也 ノンスケール ソフトビニール製 塗装済完成品フィギュア


▼16dコレクション 新日本プロレス ケニー・オメガ シルバーVer. ノンスケール ソフトビニール製 塗装済完成品フィギュア


AD


▼new! 16dソフビコレクション006 新日本プロレス 棚橋弘至 ノンスケール ソフトビニール製 塗装済み完成品フィギュア


▼new! 16dソフビコレクション005 新日本プロレス オカダ・カズチカ ノンスケール ソフトビニール製 塗装済み完成品フィギュア


▼new! 16dソフビコレクション004 WWE 中邑真輔 ノンスケール ソフトビニール製 塗装済み完成品フィギュア


▼もちねこ ぬいぐるみ ハチワレ (L) 高橋ヒロムのパレハである愛猫の“高橋ダリル”。一緒に観戦しながら復帰願いを

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あわせて読みたい