ジェイ・ホワイト初防衛戦がニューヨークMSG大会に決定、挑戦者はNJC覇者/2・11大阪大会ベストバウト投票受付は13日24時まで

pick up ▼ニュース 【DDT】2月16日マッスル両国国技館大会チケット販売期間/2月17日両国国技館大会チケット販売期間┃藤波VS藤原レジェンド対決実現、船木も参戦!3・18ASUKA解散興行┃スターダム・岩谷が米でWOH王座奪取!夢の新日本MSG大会で防衛戦だ ▼情報&コラム 大仁田厚が電流爆破戦乱発にクギ 商標登録出願/【超花火】TARUが電流爆破の商標登録出願を歓迎「大仁田の言うことは正しい」/40歳独身の高橋奈七永が新婚の世羅にかみつく┃蝶野正洋が振り返る平成プロレス 大仁田厚との電流爆破戦はパフォーマンスで対抗┃安田顕が「あさイチ」でプロレスにまつわる宝物語る 2月15日NHK ▼格闘技 有吉弘行がゲームで数百万円課金している格闘家を暴露

 新日本プロレス2・11大阪大会から一夜明け。12日、新王者ジェイ・ホワイトが会見に臨むとともに、当面大会の対戦カードが発表となった。

 1・4ドーム大会ビジョンでのビッグマッチ日程発表の段階から、ニューヨークMSG大会は「G1 SUPERCARD ~春の頂上決戦 王者vs覇者~」と銘打たれていた。この位置づけの大会は例年は4月の両国大会だったが、海を渡っての開催となる。ジェイは初防衛戦。なお、例年は『NEW JAPAN CUP』覇者は“好きなタイトルに挑戦できる”のだが、今年はIWGPヘビー級王座との指定が入った。

 世界屈指のアリーナ開催であり、カード自体が新日本を世界にアピールする役割を果たす。挑戦者(春の覇者)が誰になるかは、いつも以上に白熱しそうだ。

 ジェイ・ホワイトvs.棚橋弘至?

 ジェイ・ホワイトvs.オカダ・カズチカ?

 ジェイ・ホワイトvs.内藤哲也?

AD

 復帰となる飯伏幸太、飯伏を下しているウィル・オスプレイ、EVIL、SANADA、石井智宏、鈴木みのるといった面々も黙っていないだろう。

 会見でジェイは「トップに立った俺は、この会社にカネをもたらす存在になった」との言い回し。闘いたい選手としてオカダの名前は出なかったが、“元祖”レインメーカーであるオカダが大本命となろう。ドーム敗戦の借りを世界の舞台で返してのビッグカンバックはあるか?

 MSG以外の対戦カード情報。

 ROH勢との共催『HONOR RISING :JAPAN 2019』後楽園ホール2連戦もカードが決定した。
・ 【2月22日(金)後楽園全カード決定!】“新生”KINGDOMが棚橋&オカダ&リーサルと激突!コブvs後藤! オスプレイvsキャッスル!
・ 【2月23日(土)後楽園全カード決定!】2大タッグ王座戦! ブリスコ兄弟vsジュース&フィンレー! EVIL&SANADAにタマ&タンガが挑戦!

 ほか新日本関連。
・ 【2月13日(水)12:20~生放送!】NHK『旬感☆ゴトーチ!』に棚橋弘至選手が生出演!
・ ジェイが棚橋撃破でIWGPヘビー級王座初戴冠! 2.11大阪決戦を詳報!! 今週の『週刊プロレス』は2月13日(水)発売!
・ 【今日はレトルトカレーの日!】「カレーなる本棚®」でお馴染み「北野エース」と新日本プロレスがコラボ!”敏腕プロデューサー”矢野通プロデュースレトルトカレーが2月21日(木)より販売決定!
・ 2月16日(土)22時10分~テレビ朝日『陸海空 地球征服するなんて』に真壁刀義選手が出演!

* * *

 2・11大阪大会で初防衛にいきなり失敗した棚橋。

 東スポが舞台裏に迫っている。
・ 【新日本】棚橋 防衛「0」で屈辱のIWGP王座陥落(東スポWeb) – Yahoo!ニュース

 数々の負傷を乗り越え、昨夏のG1で復活Vを果たした。今年は3年ぶりに1・4ドームのメインを務め、IWGP王座にも返り咲いた。一方で古傷である右ヒザの負担が増加。2日の札幌大会のタッグ戦では、ジェイの裏足4の字固めにギブアップ負けし、不安が表面化した。本人も「動きが明らかに悪い」と認めざるを得ないところまできていた。

 この日の試合前も東京から担当医を呼び寄せ、痛み止めの注射を打つほど悪化していた。痛み止めを打ってリングに立ったのは昨夏のG1決勝、1・4ドームに続き、今回が3度目。決戦前日、棚橋は本紙に「すごいんです。マジ動けるんです。屈伸もできるし」とその効果を力説しつつも「痛みがなくなるので、普段動かない範囲も動かしてしまう。そうすると関節にダメージがくる。(効果は)12時間で消えるから、G1の夜と東京ドームの夜は悲惨でした。痛みで。自分で自分の選手寿命を縮めているってところもあるのかもしれない」と“副作用”の大きさを口にしていた。

 1・4での完全復活により、かつて考えていた21年ドームでの引退というプランを頭の中から払拭した。しかし、それはあくまでトップ選手としての実力を保持しているうちはという話だ。「刹那の瞬間に生きてますんで、プロレスラーは。明日も試合があるから今日はこれくらいでやめておこうというレスラーはいない。(自分も)決して下がらない。行けるところまで走りきりたい」と悲壮な覚悟を抱いて臨んだ一戦だったが、無残にも打ち砕かれた。

 試合後のバックステージでしばらく倒れ込んだ棚橋は、起き上がるとわずかに口を動かし控室へ。「もう無理だ」とつぶやいたようにも見えたが…。あまりに早すぎる王座転落により、再び大きな岐路に立たされた。

 棚橋には、決して万全にはならない自身の肉体との付き合い方を見出したとの昨夏報道もあったはず。また状況が変わって来たのだろうか? 数々の技こそ積極的に仕掛けているようには見えたが・・・。

 2・11大阪大会大会結果&ベストバウト投票はこちらで。
・ 大会結果 THE NEW BEGINNING in OSAKA 2月11日(月) 17:00 大阪・大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)

 あなたがよかったと思った試合を投票してください。2月13日(水)24時までの受付で実施します。
※1スマホ・1パソコンから1票のみ有効。やり直しも可(最新投票の内容に上書きされます)。

 

ポチッと応援(↓)お願いします
>> 各種SNSも更新中
Twitter/Facebook/YouTubeチャンネル
>> 新日本プロレス公式

 


▼new! KAMINOGE 86 2月1日発売!那須川天心[キックボクサー]選ばれし者の“宿命”と“チャンス”。メイウェザー戦とはなんだったのか? 浅倉カンナ[総合格闘家]私はまだ完成されていない。ただ、ずっと普通の人でいたい。 UZI[ヒップホップMC] 桜井“マッハ”速人[総合格闘家] 望月成晃[DRAGON GATE] “全日本プロレス中継・名実況”倉持隆夫 変態座談会


▼new! 『週プロ』黄金期 熱狂とその正体 活字プロレスとは何だったのか? 2月20日発売!眠らない編集部が発信し続け、「業界」を震撼させた“活字”の正体とは さまざまな形で『週プロ』に関わった21名の証言


▼new! 夜の虹を架ける 四天王プロレス「リングに捧げた過剰な純真」 2月6日発売!命がけの闘いを見つめ続けた元週刊プロレス全日本担当記者が当事者たちへの取材で解き明かす、四天王プロレスの真実


▼new! 【実録】昭和・平成女子プロレス秘史 1月28日発売!生き馬の目を抜くプロレス興行の世界で、ロッシー小川は何を見てきたのか。女子プロレスの名伯楽が初めて明らかにする、知られざる昭和・平成の女子プロレス史!


▼new! KENNY OMEGA – Ω(OMEGA) BOUTS – [DVD] 1月25日発売!世界的人気を誇るプロレスラー、ケニー・オメガの激闘をノーカットで収めたDVD。飯伏幸太と組んで田口隆祐とプリンス・デヴィットに挑んだIWGPジュニアタッグ選手権、オカダ・カズチカと名勝負を繰り広げたIWGPヘビー級選手権ほかを収録


▼new! パパはわるものチャンピオンDVD(通常版) 3月6日発売!栄光のトップレスラーから悪役になったレスラーが男として、父として、真の強さとは何かに目覚めていく様を描いた本作は、 棚橋弘至の熱演が絶賛を集め、ぴあ映画初日満足度ランキング(2018年9月21日、22日公開)1位を獲得。 人生を戦い続けるすべての人に贈る、感動の物語


▼new! 闘魂三銃士×全日本四天王Ⅱ~秘蔵外国人世代闘争篇~ DVD-BOX6枚組 3月27日発売!90年代の全日本プロレス、新日本プロレス、両メジャー団体を牽引した7選手(武藤敬司、蝶野正洋、橋本真也、三沢光晴、川田利明、田上 明、小橋建太)の名勝負集第2弾。今回はDVD初収録となるレアな試合、外国人レスラーとの死闘や激しい世代闘争をDVD6枚に収録。映像特典は、現役で活躍するレスラーや関係者にインタビュー、この7選手への憧れや影響を語る


▼new! 1964年のジャイアント馬場 (双葉文庫) 文庫本になって1月9日発売!大谷翔平がアメリカ中を熱狂させた2018年。そのおよそ半世紀前、同じ「ショーヘイ」の名を持つ男が全米にその名を轟かせていた。男の名前は、ショーヘイ・ババ。マットの上で人生を戦い抜いた男の旋風ノンフィクション


▼new! ジャイアント馬場 王者の魂 VOL.1 [DVD] 1月31日発売!日本プロレス界の巨人・ジャイアント馬場が全日本プロレス時代に遺した数多の試合から名勝負を厳選したBOX第1弾。初DVD化試合を多数収録【1981年10月9日 蔵前国技館ジャイアント馬場&ブルーノ・サンマルチノvsタイガー・ジェット・シン&上田馬之助まで】


▼new! ジャイアント馬場 王者の魂 VOL.2 [DVD] 5月2日発売!日本プロレス界の巨人・ジャイアント馬場が全日本プロレス時代に遺した数多の試合から名勝負を厳選したBOX第2弾。初DVD化試合を多数収録【1981年12月13日蔵前国技館スタン・ハンセン乱入以降】


▼new! 証言 橋本真也vs.小川直也 「1・4」の真実 12月14日発売!90年代のプロレス業界において“最大の謎”といわれるのが1999å¹´1月4日、新日本プロレス・東京ドーム大会で行われた橋本真也vs.小川直也の一戦。この試合から20年。深層を当事者、関係者が証言する。


▼ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン キャップ(ブラック×レッド)


▼new! The Legend of 2nd U.W.F. vol.1 [DVD] 11月20日発売!第2次UWF全試合をノーカットで収録した永久保存版DVDを、熱い期待に応えて復刻。「STARTING OVER Vol.1」(1988.5.12後楽園ホール)「STARTING OVER Vol.2」(1988.6.11札幌中島体育センター)


▼new! The Legend of 2nd U.W.F. vol.2 [DVD] 11月20日発売!第2次UWF全試合をノーカットで収録した永久保存版DVDを、熱い期待に応えて復刻。「真夏の格闘技戦」(1988.8.13有明コロシアム)「FIGHTING NETWORK 第1弾」(1988.9.24博多スターレーン)


▼new! The Legend of 2nd U.W.F. vol.3 1998.11.10愛知&12.22大阪 [DVD] 12月20日発売!後に一時代を築く才能が集まり、様々な記録を打ち立てた第2次U.W.F.の全試合を収めたシリーズ第3巻。1998年の「FIGHTING NETWORK 第2弾」と「HEART-BEAT U.W.F.」から宮戸成夫vs中野龍雄、安生洋二vsマック・ローシュ、前田日明vs高田延彦ほかを収録


▼new! The Legend of 2nd U.W.F. vol.4 1989.1.10武道館&2.27徳島 [DVD] 1月19日発売!プロレス界に革命を起こしたU.W.F.。旗揚げから2年目に入り、ついに日本武道館に進出。初めてのクローズドサーキットで札幌、名古屋、大阪、福岡での同時中継も行われたビッグマッチ。さらに唯一の四国進出となった徳島大会をカップリング。その試合を収録した永久保存版DVDを復刻


▼new! The Legend of 2nd U.W.F. vol.5 1989.4.14後楽園&5.4大阪球場 [DVD] 2月20日発売!後に一時代を築く才能が集まり、様々な記録を打ち立てた第2次U.W.F.の全試合を収めたシリーズ第5巻。1989年の「U.W.F. CORE」と「U.W.F. MAY HISTORY 1st」から、安生洋二vs鈴木実、前田日明vs山崎一夫、前田日明vsクリス・ドールマンほかを収録


▼16dコレクション 新日本プロレス 内藤哲也 ノンスケール ソフトビニール製 塗装済完成品フィギュア


▼16dコレクション 新日本プロレス ケニー・オメガ シルバーVer. ノンスケール ソフトビニール製 塗装済完成品フィギュア


AD


▼new! 16dソフビコレクション006 新日本プロレス 棚橋弘至 ノンスケール ソフトビニール製 塗装済み完成品フィギュア


▼new! 16dソフビコレクション005 新日本プロレス オカダ・カズチカ ノンスケール ソフトビニール製 塗装済み完成品フィギュア


▼new! 16dソフビコレクション004 WWE 中邑真輔 ノンスケール ソフトビニール製 塗装済み完成品フィギュア


▼もちねこ ぬいぐるみ ハチワレ (L) 高橋ヒロムのパレハである愛猫の“高橋ダリル”。一緒に観戦しながら復帰願いを

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あわせて読みたい