石森vs.田口が2・11大阪ベストバウト! ラスト3試合が新日本のグレードを見せるも、ファンは“ケニー後”新日本に戸惑い!?

pick up ▼ニュース 筋肉アイドル・才木玲佳がW―1入団「一層高みを目指したい」┃【馬場追善】2・19両国でのエース対決へ宮原が棚橋に最大級の敬意も「輝きでは負けない」┃“ラテンの黒豹”ペドロ・モラレスさん死去・76歳 ▼情報&コラム 新日本プロレスが世界で大人気!暗黒時代を経て復活できた理由┃岩谷麻優が王座奪取 「WOHxSTARDOM」モデルのマスク┃生活苦で妻が隠れてバイト プロレス界のファイトマネー変えた天龍、SWS契約金は?┃「ジョニー・パワーズ」猪木とNWF王座を争った新日草創期の看板外国人┃2月16日(土)9:00TBSラジオ「ナイツちゃきちゃき大放送」天龍源一郎が出演(11:00~)┃2月16日(土)10時~18時アリオ西新井店『飯伏幸太来館イベント&オリジナルグッズ数量限定品販売会』┃3月1日(金)20:00大阪カウント2.99『瑞希選手大阪初の単独イベント~ #らぶぴょん やんな?~』┃3月4日(月)19:00渋谷・東京カルチャーカルチャー『黒潮“イケメン”二郎のイケメンナイトフィーバー!』┃3月29日(金)18:00ヒューリックホール東京『祝!キン肉マン連載40周年 炎のMUSCLE SPRING FESTIVAL2019』 ▼格闘技 那須川天心「ドームを押さえろ!」武尊「東京ドームで会いましょう」ビッグマッチ実現か!?┃メイウェザー、天心戦の報酬は11億円で「ボーナスゲット」…90億円マッチのオファーも

 ちょうど333人のご参加をいただきました! ありがとうございます、結果を確認。

・ 新日本2・11大阪府立大会 ベストバウトは? – 投票/アンケート – 人気ブログランキング

 試合前からのSNSを含むやりとりで盛り上げた「石森太二vs.田口隆祐」がベストバウト獲得! セミとメインを上回る得票となった。石森の過去を巡るネタ、田口が“再生するのかどうか”といった伏線がしっかり効いた試合。もちろん試合も緊迫度のあるものだった。加えて、勝利した石森に呼び込まれた獣神サンダー・ライガーの痺れるマイク! それもひっくるめての作品という印象もした。

 次点はメインの「棚橋弘至vs.ジェイ・ホワイト」であり、Jr.王座戦に準じる得票数となった。時代ということなんだろうが、ジェイの魅力を疑問視する声がSNS上に充満している。票数が伸び切らなかったことにもつながった可能性もある。これはこれでファンの声ということなんだろうし、ケニー後の新日本への戸惑いはあって当然。

 一方で、ボクなんかは1・4ドームメインに向けて勃発した棚橋とケニー・オメガのイデオロギー論争の延長をみるようでかなり興味深かった。KUSHIDAも“目先の声援を欲しがる”スタイルに警鐘を鳴らしつつ旅立った。ジェイのスタイルには、プロレスラーは何のために闘うのかという問いへの答えが詰まっている。

AD

 感想再掲。
・ 飯伏幸太「僕はどこにも行きません」参戦継続にファン感涙! ケニー・オメガはツイート「またいつか。頑張って」 プロレス・格闘技の情報配信|カクトウログ ブログ

 ラスト3試合が秀逸。イデオロギー論争後ということなのか、セミとメインはプロレス原風景に戻したような闘いがあった。いわゆる目先の歓声を求め過ぎない、思わず力が入って見入ってしまうプロレス。どうだろう、アスリートプロレス寄り思考になってしまったファンには物足りないとなるのかな。

 メインの棚橋は攻めダルマ。得意技で畳みかけ、驚くほど強い棚橋が降臨した。これをジェイがやるのかと思っていたら逆だった。それでいて、ジェイが一瞬の切り返しで勝利。これも意表を突いたものであり、“先が読めない”新日本のグレードを堪能したのだった。棚橋とジェイというと、昨年10月のような“反則に反則でお仕置き”するような勧善懲悪マッチも想定されたが、ほぼ真っ向勝負というのもいい意味での予想外だった。

 金沢克彦氏が新日本公式のスマホコラムでジェイのスタイルを考察しているので参照していただきたい。腑に落ちる内容だった。

 補足するとすれば、プロレスの原点回帰のために棚橋はヒザを差し出した、犠牲にしたとさえ思える。自分たちのやっていることはプロレスなんだと。

 これからファンがジェイを見る目は変わらない点、変わっていく点、両方があるだろう。当初はオカダ・カズチカのレインメーカーぶり、内藤哲也のロスインゴぶりは新日本とって異物感そのものだった。その異物感が快感に変わっていくプロセスこそが一回性である。ジェイがどういう歩みを進めるかは楽しみでならない。もちろん潰れてしまう可能性だってゼロじゃない。ただ、内藤の言葉を借りるならば、ジェイは「一歩踏み出す勇気」をもって自身の闘いを展開しているのではなかろうか。

 

ポチッと応援(↓)お願いします
>> 各種SNSも更新中 Twitter/Facebook/YouTubeチャンネル
>> 新日本プロレス公式

 


▼new! KAMINOGE 86 2月1日発売!那須川天心[キックボクサー]選ばれし者の“宿命”と“チャンス”。メイウェザー戦とはなんだったのか? 浅倉カンナ[総合格闘家]私はまだ完成されていない。ただ、ずっと普通の人でいたい。 UZI[ヒップホップMC] 桜井“マッハ”速人[総合格闘家] 望月成晃[DRAGON GATE] “全日本プロレス中継・名実況”倉持隆夫 変態座談会


▼new! 『週プロ』黄金期 熱狂とその正体 活字プロレスとは何だったのか? 2月20日発売!眠らない編集部が発信し続け、「業界」を震撼させた“活字”の正体とは さまざまな形で『週プロ』に関わった21名の証言


▼new! 夜の虹を架ける 四天王プロレス「リングに捧げた過剰な純真」 2月6日発売!命がけの闘いを見つめ続けた元週刊プロレス全日本担当記者が当事者たちへの取材で解き明かす、四天王プロレスの真実


▼new! 【実録】昭和・平成女子プロレス秘史 1月28日発売!生き馬の目を抜くプロレス興行の世界で、ロッシー小川は何を見てきたのか。女子プロレスの名伯楽が初めて明らかにする、知られざる昭和・平成の女子プロレス史!


▼new! KENNY OMEGA – Ω(OMEGA) BOUTS – [DVD] 1月25日発売!世界的人気を誇るプロレスラー、ケニー・オメガの激闘をノーカットで収めたDVD。飯伏幸太と組んで田口隆祐とプリンス・デヴィットに挑んだIWGPジュニアタッグ選手権、オカダ・カズチカと名勝負を繰り広げたIWGPヘビー級選手権ほかを収録


▼new! パパはわるものチャンピオンDVD(通常版) 3月6日発売!栄光のトップレスラーから悪役になったレスラーが男として、父として、真の強さとは何かに目覚めていく様を描いた本作は、 棚橋弘至の熱演が絶賛を集め、ぴあ映画初日満足度ランキング(2018年9月21日、22日公開)1位を獲得。 人生を戦い続けるすべての人に贈る、感動の物語


▼new! 闘魂三銃士×全日本四天王Ⅱ~秘蔵外国人世代闘争篇~ DVD-BOX6枚組 3月27日発売!90年代の全日本プロレス、新日本プロレス、両メジャー団体を牽引した7選手(武藤敬司、蝶野正洋、橋本真也、三沢光晴、川田利明、田上 明、小橋建太)の名勝負集第2弾。今回はDVD初収録となるレアな試合、外国人レスラーとの死闘や激しい世代闘争をDVD6枚に収録。映像特典は、現役で活躍するレスラーや関係者にインタビュー、この7選手への憧れや影響を語る


▼new! 1964年のジャイアント馬場 (双葉文庫) 文庫本になって1月9日発売!大谷翔平がアメリカ中を熱狂させた2018年。そのおよそ半世紀前、同じ「ショーヘイ」の名を持つ男が全米にその名を轟かせていた。男の名前は、ショーヘイ・ババ。マットの上で人生を戦い抜いた男の旋風ノンフィクション


▼new! ジャイアント馬場 王者の魂 VOL.1 [DVD] 1月31日発売!日本プロレス界の巨人・ジャイアント馬場が全日本プロレス時代に遺した数多の試合から名勝負を厳選したBOX第1弾。初DVD化試合を多数収録【1981年10月9日 蔵前国技館ジャイアント馬場&ブルーノ・サンマルチノvsタイガー・ジェット・シン&上田馬之助まで】


▼new! ジャイアント馬場 王者の魂 VOL.2 [DVD] 5月2日発売!日本プロレス界の巨人・ジャイアント馬場が全日本プロレス時代に遺した数多の試合から名勝負を厳選したBOX第2弾。初DVD化試合を多数収録【1981年12月13日蔵前国技館スタン・ハンセン乱入以降】


▼new! 証言 橋本真也vs.小川直也 「1・4」の真実 12月14日発売!90年代のプロレス業界において“最大の謎”といわれるのが1999å¹´1月4日、新日本プロレス・東京ドーム大会で行われた橋本真也vs.小川直也の一戦。この試合から20年。深層を当事者、関係者が証言する。


▼ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン キャップ(ブラック×レッド)


▼new! The Legend of 2nd U.W.F. vol.1 [DVD] 11月20日発売!第2次UWF全試合をノーカットで収録した永久保存版DVDを、熱い期待に応えて復刻。「STARTING OVER Vol.1」(1988.5.12後楽園ホール)「STARTING OVER Vol.2」(1988.6.11札幌中島体育センター)


▼new! The Legend of 2nd U.W.F. vol.2 [DVD] 11月20日発売!第2次UWF全試合をノーカットで収録した永久保存版DVDを、熱い期待に応えて復刻。「真夏の格闘技戦」(1988.8.13有明コロシアム)「FIGHTING NETWORK 第1弾」(1988.9.24博多スターレーン)


▼new! The Legend of 2nd U.W.F. vol.3 1998.11.10愛知&12.22大阪 [DVD] 12月20日発売!後に一時代を築く才能が集まり、様々な記録を打ち立てた第2次U.W.F.の全試合を収めたシリーズ第3巻。1998年の「FIGHTING NETWORK 第2弾」と「HEART-BEAT U.W.F.」から宮戸成夫vs中野龍雄、安生洋二vsマック・ローシュ、前田日明vs高田延彦ほかを収録


▼new! The Legend of 2nd U.W.F. vol.4 1989.1.10武道館&2.27徳島 [DVD] 1月19日発売!プロレス界に革命を起こしたU.W.F.。旗揚げから2年目に入り、ついに日本武道館に進出。初めてのクローズドサーキットで札幌、名古屋、大阪、福岡での同時中継も行われたビッグマッチ。さらに唯一の四国進出となった徳島大会をカップリング。その試合を収録した永久保存版DVDを復刻


▼new! The Legend of 2nd U.W.F. vol.5 1989.4.14後楽園&5.4大阪球場 [DVD] 2月20日発売!後に一時代を築く才能が集まり、様々な記録を打ち立てた第2次U.W.F.の全試合を収めたシリーズ第5巻。1989年の「U.W.F. CORE」と「U.W.F. MAY HISTORY 1st」から、安生洋二vs鈴木実、前田日明vs山崎一夫、前田日明vsクリス・ドールマンほかを収録


▼16dコレクション 新日本プロレス 内藤哲也 ノンスケール ソフトビニール製 塗装済完成品フィギュア


▼16dコレクション 新日本プロレス ケニー・オメガ シルバーVer. ノンスケール ソフトビニール製 塗装済完成品フィギュア


▼new! 16dソフビコレクション006 新日本プロレス 棚橋弘至 ノンスケール ソフトビニール製 塗装済み完成品フィギュア


▼new! 16dソフビコレクション005 新日本プロレス オカダ・カズチカ ノンスケール ソフトビニール製 塗装済み完成品フィギュア


▼new! 16dソフビコレクション004 WWE 中邑真輔 ノンスケール ソフトビニール製 塗装済み完成品フィギュア


▼もちねこ ぬいぐるみ ハチワレ (L) 高橋ヒロムのパレハである愛猫の“高橋ダリル”。一緒に観戦しながら復帰願いを

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あわせて読みたい