メインは鷹木vs.オスプレイ、セミはジュースvs.モクスリー、セミ前に棚橋が復帰 新日本プロレス6・5両国国技館全カード

pick up ▼ニュース アントニオ猪木氏、年齢も考慮し今夏参院選不出馬か┃香川県・UDONプロレスの魔苦・怒鳴門がタッグ王座初挑戦も惜敗 ▼情報&コラム 引退目前の長州力が張り切っている。宮古島愛と“第2の石井智宏”育成┃長与千種さんが痴漢撲滅を呼びかけ。京成電鉄と千葉県警、Marvelousが6月11日に京成船橋駅で啓発イベント┃FLASH2019年6月18日号でキン肉マン特集 ▼格闘技 【ONE】青木真也「引退はしない」強い相手と闘い続けたい理由┃須藤元気氏が参院選出馬へ、立民とは“精神重なる”┃桜庭和志が秋田県スポーツ大使に就任。秋田県庁で「QUINTET」開催を打診┃亀田興毅氏が吠えた「天心くんを葬り去る」賞金1000万円のKO狙う

 4日、新日本プロレス6・5両国国技館大会の全カードが決定した。

・ BEST OF THE SUPER Jr.26 – 東京・両国国技館 <優勝決定戦> | 新日本プロレスリング(大会結果)

■新日本プロレス BEST OF THE SUPER Jr.26
日時:2019年6月5日(水)18:30
会場:東京・両国国技館
[CSテレ朝チャンネルで生中継]
[新日本プロレスワールドで生配信]
[オカダ・飯伏・石井・タイチ・ライガー・柴田による“大サイン会”]
[スマホサイト“新規加入者”に非売品A4パネル、“既存会員”に特大ポストカード]
[ヒロムの分身『もちねこ ナオル』登場]
[緊急発売!『ジョン・モクスリー Tシャツ(2種)』]
[情報まとめページ]

<第1試合>
成田蓮
ジョナサン・グレシャム
バンディード
(1/20)
海野翔太
ティタン
ドラゴン・リー

<第2試合>
ロビー・イーグルス
エル・ファンタズモ
石森太二
(1/20)
SHO
YOH
田口隆祐

<第3試合>
DOUKI
金丸義信
ザック・セイバーJr.
鈴木みのる
タイチ
(1/20)
タイガーマスク
獣神サンダー・ライガー
YOSHI-HASHI
矢野通
石井智宏

<第4試合>
BUSHI
SANADA
EVIL
内藤哲也
(1/30)
トーア・ヘナーレ
本間朋晃
真壁刀義
飯伏幸太

<第5試合>
ブロディ・キング
マーティー・スカル
(1/30)
ロッキー・ロメロ
オカダ・カズチカ

<第6試合 棚橋弘至復帰戦 スペシャルシングルマッチ>
ジェイ・ホワイト
(1/60)
棚橋弘至

<第7試合 IWGP USヘビー級選手権試合>
[挑戦者] ジョン・モクスリー
(1/60)
ジュース・ロビンソン
[第5代王者] ※ジュースが4度目の防衛戦

<第8試合 「BEST OF THE SUPER Jr.26」優勝決定戦>
[Aブロック1位] 鷹木信悟
(1/無)
ウィル・オスプレイ
[Bブロック1位]

 メインは鷹木vs.オスプレイBOSJ優勝決定戦、セミはジュースvs.モクスリー、セミ前に棚橋が復帰。

 いくつもポイントあるし、大阪城ホールやG1に続いていく流れも期待できる。とはいえ、ジュニアのシリーズの最終戦。鷹木vs.オスプレイにインパクトを残してほしい。いよいよ両国開催でのBOSJ決勝!

AD

・ 【新日本】鷹木 「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア」優勝決定戦で“隠し球”の解禁を示唆(東スポWeb) – Yahoo!ニュース

 史上初となる初出場での全勝優勝という公約は決して大言壮語ではない。それを証明するかのように「あれだけのことを言ったんだから、決勝までの戦いを研究されることはもちろん計算済み。だからこそ、このAブロックで使わなかった“隠し球”もまだあるし」と不敵な笑みを浮かべた。

 新日マットで未公開の技は複数ある。ドラゴンゲート時代の代表的な技だった「MADE IN JAPAN」(変型ドライバー)がその一つ。また「STAY DREAM」(雪崩式の変型デスバレーボム)も事実上の封印状態だ。約15年のキャリアはダテではなく、今回のような長期にわたるリーグ戦では、解禁のタイミングを見計らっていた可能性が高い。

・ 【新日本】オスプレイが「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア」優勝決定戦進出 熱望していた鷹木との一戦が実現(東スポWeb) – Yahoo!ニュース

 鷹木との対決を誰よりも楽しみにしていたのは他ならぬオスプレイだった。「彼がドラゴンゲートにいた時から興味があって、ずっと『いつか戦いたい』と思っていた」。昨年10月、鷹木がドラゲーを退団してフリーになるとすぐにSNSを通じて接触。「鷹木を母国のファンにも見せたい」との理由で英国での対決をオファーした。

 当時は実現に至らなかったが、その思いは忘れたことがない。「鷹木との対決まであと一歩のところまできたんだから、負けられない」という並々ならぬ闘志で田口戦に臨んだことで、最高の舞台は整った。熱望した男との大一番を制し、3年ぶり2度目の優勝を果たす。

 なお、高橋ヒロムの“分身”として新しい「もちねこ」である【ナオル -NAORU TAKAHASHI-】が両国で発売となる。“分身”が観客席に溢れるであろう両国の光景を“本人”はどこで見守るのか?

 ボクは6月は週末は1日しか休めないので、そのぶん今大会は会場観戦します。

 

ポチッと応援(↓)お願いします
>> プロレス格闘技人気ブログランキング
>> 各種SNSも更新中
Twitter/Facebook/YouTubeチャンネル
>> 新日本プロレス公式

 


★new! トランキーロ 内藤哲也自伝 EPISODIO 2 (新日本プロレスブックス) 6月16日発売!NO LIMIT分裂/震災から考えたプロレスの力/CHAOSからの追放/オマエ、もうプロレスやめろ!/念願のIWGPヘビー初挑戦/殺すぞ、テメー!/俺は武藤敬司のコピーじゃない/先行くオカダ、追う内藤/歴史に残る悪あがき/失意の長期欠場/リングに上がるのが怖い/「俺の居場所、あるのかな?」/奇跡の『G1』初優勝/“まずは”論争/「ヒザがどうなってもいい!」/ダブルメインのファン投票/鳴り止まないブーイング/「オマエのせいでセミになったんだ!」/主役じゃなく脇役/ロス・インゴベルナブレス加入/天才レスラーなんかいない/振り子の理論/「ナイトー、トランキーロ!」/ひとりきりの闘争の幕開け


★new! 証言 長州力 「革命戦士」の虚と実 5月27日発売!6月26日に引退をするプロレスラー長州力の実像に迫る! 盟友、ライバル、フロントなど「革命戦士」と濃密な関係にあった19人が語る、タブーなしの証言集。アマレス時代に天下を獲った男が雌伏の時を経て、“噛ませ犬発言”でブレイク。時代の寵児となり、その後もプロレス界の「ど真ん中」に立ち続けた不世出のレスラーが関係したエポックな事件の真実。新日本プロレスクーデター事件、ジャパンプロ設立、前田日明との遺恨、現場監督で本黄金期、WJ旗揚げ、そして猪木との愛憎――。黙して語らない“最強レスラー”の虚と実


★new! KAMINOGE 90 6月3日発売!〝孤高の天才〟田村潔司 長州力[革命戦士] ターザン山本![令和初の定義王] 佐野巧真[プロレスラー] 苫米地英人[認知科学者]×山城美智[沖縄拳法空手道沖拳会 第6代師範] 加藤大典[ゲームプロデューサー] 〝異能の戦士〟保永昇男変態座談会


★new! 驚天動地!!プロレス取調室 ~さすらいのアウトロー編~ 5月25日発売!反則覚悟の爆笑裏話、オンパレード! 生粋のプロレスマニア兼ファン代表の玉袋筋太郎らによるプロレスラー豪快インタビュー集、待望のアウトロー編ついに登場


★new! 証言「プロレス」死の真相 6月13日発売!橋本真也、三沢光晴、ジャイアント馬場…プロレスファンを熱狂させたレスラー達の「死の真相」を、選手・関係者が証言


★new! 逆説のプロレス(14) (双葉社スーパームック) 5月21日発売!プロレスファン垂涎のスキャンダル路線を徹底堅持。これまで語られることのなかった新証言によって氷解する“あの真相”!


★new! クーデター 80年代新日本プロレス秘史 5月27日発売!日本のプロレス・格闘技史における大きな分水嶺となった80年代新日本プロレスの分裂・移籍劇。初代タイガーマスクの引退、猪木の社長辞任、そして長州らの離脱とジャパンプロレスの設立、それらのすべてを知る立場にあった大塚直樹・元新日本プロレス営業部長が当時自身がつけていた「日記」をもとに真実を告白する。未公開の記述から初めて明かされるタイガーの引退、ジャパンプロレスの設立秘話などスクープ満載の書


★new! 平成スポーツ史4プロレス: B・Bムック 5月22日発売!1989~2019 多団体時代 平成プロレス 完全網羅 感動、激闘、混沌 闘絵巻三十年


AD


★new! さよならムーンサルトプレス 武藤敬司35年の全記録 5月12日発売!デビューからスペースローン・ウルフの衝撃、闘魂三銃士結成、グレート・ムタの覚醒を経て、nWoの席巻。そして全日本プロレス社長就任、WRESTLE-1の旗揚げまで。WEBで話題を呼んだ、スポーツ報知記者による同名連載を書籍化、200ページの大幅加筆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あわせて読みたい