Aブロはオカダ・KENTAが2連勝、棚橋・飯伏が2連敗! Bブロは内藤・ジェイが2連敗! 序盤4大会終了のG1は18日から後楽園3連戦

pick up ▼ニュース DDT来年6・7さいたまSアリーナでビッグマッチ/青木真也が男色ディーノと野獣のような熱いキス「ホントに舌が入ってきた」/赤井沙希と世志琥が打撃戦「嫁入り前の顔にどうしてくれんだ!」/“大鵬三世”納谷幸男に鈴木秀樹「やれば出来るじゃん」┃グレート・ムタ、1年4か月ぶり日本降臨…「ひと仕事終えて魔界に帰る」…7・14九州プロレス┃前田日明氏とキラー・カーン氏がSNS禁止ぶっちゃけトークショー┃元全日本の大仁田厚と元新日本の田中リングアナのトークバトルに元UWF山崎一夫氏が乱入┃【WWE】中邑が宝刀キンシャサ弾でIC王座初戴冠 ▼情報&コラム 桜庭和志が50歳に┃武藤敬司「昨日の自分に勝つ」と決めて練習するも、最近は年で…┃アントニオ猪木が政界引退の翌日に見せた「おぼつかない足取り」┃ビーレジェンドプロテインがキン肉マンとコラボ

 新日本プロレス真夏の祭典「G1クライマックス」は序盤4大会が終了となった。

・ 【G129】アイアンフィンガー炸裂!タイチワールドの前に内藤が撃沈! 石井はジェイに劇的勝利で2連勝!!【7.15札幌結果】 | 新日本プロレスリング
・ HEIWA Presents G1 CLIMAX 29 – 北海道・北海道立総合体育センター 北海きたえーる 2019-7-15 | 新日本プロレスリング

AD

 主だったところでは、Aブロックはオカダ・KENTAが2連勝、棚橋・飯伏が2連敗。Bブロックは内藤・ジェイが2連敗。優勝候補と目される顔ぶれが2連敗に名を連ねている。ここからの巻き返しの可能性も十分にある。後藤は1勝1敗。

 北海きたえーる大会が6,946人(札止め)、同会場での記録を更新した。都内の大田区体育館でさえ4,000人であるから、数字の大きさがわかる。この勢いが素晴らしい!

 G1は中2日の休みを経て18日から後楽園ホール大会3連戦に突入する。
・ 7・13大田区でG1国内開幕! めざせ8・12武道館決勝! ワンスクロールで見れる全公式戦日程、オープニングVTRまとめ プロレス・格闘技・ボクシングの情報配信|カクトウログ ブログ

 Aブロックのウィル・オスプレイが首の負傷で7・15北海きたえーるを欠場。後楽園の以降の出場可否はドクターチェックを経て判断される。
・ 【お詫びとお知らせ】ウィル・オスプレイ選手が首の負傷により、7月15日(月・祝)北海きたえーる大会を欠場、一部カード変更【G129】 | 新日本プロレスリング

 ほか新日本関連。
・ “真夏”の次は“真冬”の札幌に上陸! 2020年2月1日(土)&2月2日(日)北海きたえーる2連戦が早くも決定!! | 新日本プロレスリング

・ 「2番手投手」、ベース抱えて泣いた夏 棚橋弘至さん(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

・ <棚橋弘至選手>「体形はライフスタイルを映す鏡」 イケメンプロレスラーがダイエット指南(毎日キレイ) – Yahoo!ニュース

 

ポチッと応援(↓)お願いします
>> 各種SNSも更新中
Twitter/Facebook/YouTubeチャンネル
>> 新日本プロレス公式サイト

 

★new! Number(ナンバー)981号「プロレス総選挙 THE FINAL」 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー)) 6月27日発売!日本のプロレスは世界イチ。プロレス総選挙THE FINAL これが最後のプロレス総選挙! 果たして表紙を飾るのは最終中間速報1位の内藤哲也か、同じく2位で追う棚橋弘至か、それとも……!? 上位選手のインタビュー&特集記事も満載


★new! KAMINOGE91 7月1日発売!藤波辰爾[炎の飛龍] 〝ストリートの伝説〟朝倉未来 〝お祭り漢〟矢地祐介 越中詩郎[侍戦士] 青木真也[総合格闘家] 池田克明[青二プロダクション常務取締役] 〝ミスター・セントーン〟ヒロ斎藤 変態座談会 連載 TARZAN BY TARZAN ターザン・バイ・ターザン


★new! 東京12チャンネル時代の国際プロレス (G SPIRITS BOOK) 6月12日発売!第3団体を崩壊に追い込んだのは誰なのか?元『国際プロレスアワー』チーフディレクターが記した極秘資料「田中メモ」の封印を解く


AD


★new! 50歳で初めてハローワークに行った僕がニューヨーク証券取引所に上場する企業でゲストコーチを務めるまで 6月29日発売!KO大学非常勤講師になったカシンも50歳。リング内での闘争だけではない公私ともに複雑な事情に苛まれながらも、あのWWEからゲストコーチの打診を受けるなど、起伏の激しい日々を送っていた。そんなカシンも年齢相応にふと思うのは、みずからの来し方行く末。前作に書ききれなかった類まれなるレスラー人生を振り返りつつ、プロレス界を憂うのだった

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あわせて読みたい