拳王「おい、田村潔司、俺と真剣勝負してください」 田村潔司の1995年マイク「僕と真剣勝負してください」オマージュで挑発

 9日のノア大阪大会、メインで勝利した拳王がマイクで田村潔司を挑発した。その場に田村がいたわけではない。誌面でのコメントを受けてのもの。

AD

拳王「週刊プロレス増刊号。ノアの久々に出たよな。そこにあったレジェンドたちのインタビュー、お前ら見たか? 田村潔司、俺のことがムカついた? イラついた? レジェンド小橋建太、長州力は俺のことを誉めてくれてたぞ。だがな、オイ、田村潔司、俺のことがイラついた? そうだ、長州力の言葉を借りてお前に言ってやるよ。何がやりたいんだコラァ、誌面飾ってコラァ、噛みつきたいのか、噛みつきたくないのか、どっちなんだ、どっちなんだコラァ! おい、いいか、田村潔司、オイ、いいか、俺は命を懸けてこのプロレスリング・ノアに立ってんだ。プロレス嫌いで有名なお前がな、何がイラついただ。そんなことカンケーねぇんだよ。おい、田村潔司、俺と真剣勝負してください。いいか、俺はこの命を懸けてプロレスリング・ノアのリングをダイヤモンドのように輝かしていくんだ。おい、プロレスリング・ノアのレスラー、金剛のレスラーの試合、そして俺の試合、文句あるんだったらなぁ、いつでもこのリングで闘ってやるぞ」

 1995年8月18日、田村潔司は高田延彦に対して「僕と真剣勝負してください!」とマイク。田村のブランドイメージの一つとしてファンの記憶に刻まれている。拳王がこのセリフのオマージュで田村を挑発したことになる。

 対象の記事は「拳王が長州力をにらんだのなら許せない」との見出し。両国大会での清宮海斗vs.拳王の試合中に、拳王が本部席(長州力と田村が着席)に近寄る場面があった。田村からはそのように見えたということ。イラッとしたことを田村は大会総括の中で大々的に語っているのだ。


★new! NOAH 11.2 両国国技館大会詳報号 (週刊プロレス 2019 年 11/25 号増刊) 【11月6日発売!「NOAH the BEST 2019~美学のある闘い~」11月2日(土)東京・両国国技館 レジェンドの大会総括 [1]長州力「メインはボクの想像を超した。素晴らしい」 [2]小橋建太「新体制初の両国は可能性を感じる大会だった」 [3]田村潔司「拳王が長州力をにらんだのなら許せない」】

 ボクとしては拳王の試合でいうと9月の中嶋勝彦との蹴撃戦がインパクト大だったので、今週に入って週プロを見ながら「いやぁ、拳王と田村が蹴撃戦やったらシビれるなぁ。そういう展開ないかなぁ、難しいか、田村は試合なしでノアと(エグゼクティブディレクター)契約してるし」と妄想していたところ。

 試合が難しいことは承知で言いましょう。イラッとしたことをそのまま口にした田村の大人気のなさ最高。しっかり拾って業界の先輩を挑発した拳王、最高。裏で話ができてる・できてないはどっちでもいい。どっちでも、これはかなりの“真剣勝負”なのだから!!

 長州の言葉を借りた挑発もあったが、どこまで拳王はオッサンファンまでも引き込んでくるのか。面白すぎるだろ。田村の言動に大きな受け身を取ってくれてありがとう。

 ちなみに田村は“プロとしての練習はできているので現時点で引退はしていない”というスタンス。

 大阪大会の主な出来事は、現時点ではこちらの見出しなど確認を。

 
※11/10 8:30追記

 プロ格DXの無料配信記事、リンクを貼っておきます。
・ 11-9【NOAH】拳王が“リデット社田村潔司に突じょ宣戦布告 「俺と真剣勝負してください!」…プロレス格闘技DX

(バックステージ)

拳王「田村潔司! 噛みつきたいのか? 噛みつきたくないのか!? どっちなんだ!? どうなんだクラァ! …いいか? 俺のプロレスにケチをつけんじゃねえよ。俺はな、命をかけて、プロレスリング・ノアのリングをダイヤモンドのように輝かせようとしてるんだ。オメーみたいにな、プロレス嫌いで……なんなんだよ!? 小遣い稼ぎでリデット入ったのか!? お前なんかな、誰も望んでないんだよ! 文句があるんだったらな、さっさとリデットから去ってくれ。いいか…俺はな、このプロレスリング・ノアを命をかけてダイヤモンドのように輝かせていくからな。文句があるんだったら、俺のリングに上がってみろコノヤロー!」

・ 11-9【NOAH】“赤鬼谷口爆発で杉浦絞殺、11・26新潟でナショナル王座挑戦 潮崎は「藤田排除…プロレス格闘技DX

・ 11-9【NOAH】両国後も“RATEL’SvsSTINGER過熱 大阪1試合でタイトルマッチ3試…プロレス格闘技DX

・ 11-9【NOAH】ナショナル戦「杉浦vs谷口」、ジュニア王座戦3試合など正式決定 後楽園2大会&新…プロレス格闘技DX

 この日発表された11・16後楽園大会の変更カード、11・26新潟大会の全カード、12・3後楽園大会の決定分カードは以下の通り。

☆11/16(土)東京・後楽園ホール『STARTING OVER 2019』17:45開場、18:30開始

▼6人タッグマッチ
岡田欣也
大原はじめ
KAZMA SAKAMOTO
vs
田中稔
熊野準
宮脇純太

▼タッグマッチ
井上雅央
齋藤彰俊
vs
クワイエット・ストーム
モハメド ヨネ

▼8人タッグマッチ
クリス・リッジウェイ
鈴木鼓太郎
小川良成
vs
YO-HEY
タダスケ
HAYATA

▼6人タッグマッチ
稲村愛輝
マサ北宮
拳王
vs
Hi69
丸藤正道
清宮海斗

▼IPWジュニアヘビー級選手権試合
[挑戦者] 原田大輔
vs
小峠篤司
[第2代選手権者] ※小峠初防衛戦

▼6人タッグマッチ
イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.
鈴木秀樹
杉浦貴
vs
谷口周平
潮崎豪
中嶋勝彦

☆11/26(火)新潟市体育館『STARTING OVER 2019』17:45開場、18:30開始

▼6人タッグマッチ
岡田欣也
NOSAWA論外
大原はじめ
vs
宮脇純太
Hi69
田中稔

▼シングルマッチ
マサ北宮
vs
齋藤彰俊

▼タッグマッチ
クリス・リッジウェイ
小川良成
vs
YO-HEY
HAYATA

▼タッグマッチ
稲村愛輝
拳王
vs
クワイエット・ストーム
モハメド ヨネ

▼GHCジュニアヘビー級タッグ選手権試合
[挑戦者] 小峠篤司
鈴木鼓太郎
vs
タダスケ
原田大輔
[第37代選手権者]

▼GHCナショナル選手権試合
[挑戦者] 谷口周平
vs
杉浦貴
[初代選手権者] ※杉浦初防衛戦

▼中嶋勝彦&潮崎豪デビュー15周年記念6人タッグマッチ
井上雅央
丸藤正道
清宮海斗
vs
熊野準
潮崎豪
中嶋勝彦

☆12/3(火)東京・後楽園ホール『STARTING OVER 2019』17:45開場、18:30開始
▼GHCジュニアヘビー級選手権試合
[挑戦者] クリス・リッジウェイ
vs
HAYATA
[第40代選手権者] ※HAYATA3度目の防衛戦

▼シングルマッチ
イホ・デ・カニスルプス
vs
ドラゴン・ベイン

▼中嶋勝彦&潮崎豪デビュー15周年記念スペシャルシングルマッチ
潮崎豪
vs
中嶋勝彦

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あわせて読みたい