デストロイヤー追悼11・15大田区総合体育館大会が決定 ドリー「現在テリーには連絡しています」ファンクスでの来場目指す

pick up ▼ニュース 【新日本】全国12映画館がG1決勝8・12武道館をライブ・ビューイング/モクスリー無傷の5連勝 内藤返り討ち 7.28名古屋┃【ZERO1後楽園】“所属”火野が新鋭・岩崎退け火祭り初優勝/ライガーが引退前にZERO1初参戦 大谷、高岩にシングル要求/【NOAH】清宮がN-1不参加への覚悟を熱弁/選抜10選手のみ、ドラゲー望月出場 N-1公式戦日程┃【センダイガールズ】英国大会は超満員札止め 里村のリベンジは持ち越し ▼情報&コラム 恒例の福島でのトークイベントが無事終了@金沢克彦┃日経産業新聞の連載企画『仕事人秘録』で、メイ社長の連載がスタート┃7月26日(金)~8月12日(月)新日本プロレスが日比谷「ローチケ HIBIYA TICKET BOX」店舗をジャック┃8月15日(木)11:00&14:00みのりの里東金『永田裕志 炎のトークライブ』┃8月26日(月)新宿ちゃんす18:00『たこ焼きパーティー』大向美智子 玉田凛映 府川唯未 GAMI┃9月1日(日)21:30予定 大阪カウント2.99 上野勇希バースデーイベント ▼格闘技 【RIZIN】朝倉未来が矢地を判定で下し因縁に決着、ベラトールとの対抗戦へ向けエール/朝倉未来「フェザー級ならUFCでも」ライト級GPには興味なし/ライト級GPに興味無しの朝倉未来に「毎晩口説きます」=榊原代表/敗戦の矢地祐介、朝倉未来の試合巧者ぶりを評価も「とても悔しいです」/北岡悟が1R終了でTKO負け、ケースがライト級GPにむけ前進/川尻達也がグラウンドで圧倒、散打の名手アリに完封勝利┃アイドルで格闘家の川村虹花、NHK「みんなで筋肉体操」新シーズンに初の女性アシスタントとして出演

 ザ・デストロイヤー追悼興行の開催が29日に正式発表となった。11月15日、会場は東京・大田区総合体育館となる。

・ デストロイヤーさん追悼大会11月に開催決定 和田京平氏「誰もが楽しめる大会目指す」(東スポWeb) – Yahoo!ニュース

AD

 3月7日(日本時間同8日)に亡くなった“白覆面の魔王”ことザ・デストロイヤーさん(享年88=本名リチャード・ベイヤー)の追悼大会が本紙既報通り、11月15日に東京・大田区総合体育館で開催されることが29日、ザ・キャピトルホテル東急で正式発表された。「ジャイアント馬場没20年追善興行」(2月19日、両国国技館)を開催した株式会社H.J.T.Productionが主催する。

 この日の会見には大会主催者で故ジャイアント馬場さん(享年61)の夫人・元子さん(享年78)の又甥(またおい)に当たるHJT社の代表取締役・緒方公俊氏(32)、大会プロデューサーを務める全日本プロレスの和田京平名誉レフェリー(64)、ドラディションの藤波辰爾(65)、参戦を予定するドリー・ファンク・ジュニア(78)の日本代理人、大隅良雄氏(50)が出席した(大会プロデューサーの木原文人リングアナウンサーは所要のため欠席)。

 緒方氏が冒頭で開催を正式発表すると、日本プロレス時代に故人と初めて会ったという藤波は「子供のころにテレビで見たデストロイヤーさんと力道山先生の死闘が心に残る。最後にお会いしたのは、私が2015年にWWEの殿堂入りを果たした前後だったと思います。会えば直立不動になるようなオーラのある方だった。自分としても何らかの形でお力添えできればと思います。(選手としては)ベストな体調でリングに上がりたい」と大会の成功を熱望した。

 和田氏は「1973年に全日本プロレスに入った時に一番最初に出会った大物外国人選手がデストロイヤーさんだった。会場でマスクを一番最初に販売したのはデストロイヤーさんで、そのお手伝いをした思い出がある。よくスタッフを自宅に招いてバーベキューをごちそうしてくれた。馬場さんがお父さんなら、デストロイヤーさんは叔父さんのような存在でした」とエピソードを明かした。

 また来日できなかった長男のカート・ベイヤー氏(58)はビデオメッセージを寄せ「父と激闘を展開した力道山先生が眠る池上本門寺に近い、大田区総合体育館でメモリアルイベントを開催していただくことになり、心から感謝しております」と感無量の表情で話した。

 当日は元PWF会長のスタン・ハンセン氏(69)、徳光和夫アナウンサー(78)がゲスト参加。元PWF会長のドリーは代理人の大隅氏を通じて「デストロイヤーさんはよき戦友であり親友だった。メモリアルイベントには、可能であれば弟のテリーとのザ・ファンクスと(選手として)参戦したい。大田区でお会いしましょう」とメッセージを送った。ただしテリー・ファンク(75)の体調が優れないため、兄弟としての来日は現在調整中だ。

 さらに藤波は最前列のプレミアムシート(10万円)には、魔王が実際に試合で使用したマスクが付くことを知るや「僕も買おうかな?」と笑顔を見せた。

 大会概要について和田氏は「日本中が白黒テレビでプロレスを見ていた時代の分かりやすい、大人から子供までが楽しめる大会を目指します。たくさんのレスラーを呼びたい。7~8試合を考えている。どんどん名乗りを上げてほしい。プロレスって、ファンがその日の試合を語りながら帰るのが一番の楽しみ。それを目指したい。昔を思えば不思議ですが、この席に、全日本プロレスの和田京平と新日本プロレスの藤波さんが並んでいる。でもそれが現在のプロレスなんだと思います」と話した。

 今後、参加選手は随時発表されていく予定。2月の馬場さん興行に続く「昭和プロレスの一大イベント」となりそうだ。

 ジャイアント馬場没20年興行では単独での“ゲスト”来日だったドリー・ファンク・ジュニアが、ファンクスでの“選手”来日を目指す。弟テリー・ファンクとのザ・ファンクスは実現するか。

 ドリーからテリーに連絡中。
・ 7-29【デストロイヤーメモリアル】和田京平レフェリーが大会プロデューサー、藤波は試合出場を熱望 1…プロレス格闘技DX

 ドリー・ファンク・ジュニアのコメント「今回はファンクスとして皆様にお会いしたく、現在テリーに連絡しています。11月、皆様、日本で会いましょう!」

 どんな大会になる?

緒方代表「今回デストロイヤーさんにゆかりのあるレスラー、関係者の方が集まっていただいて、2月のジャイアント馬場追善興行のような同窓会になるような日を作れればと思っております。先ほど京平さんからもありましたけど、デストロイヤーさんがプロレス界に残したもので4の字、マスクマンがあります。それに関連したレスラーにも出ていただければと思っております。最後に私自身の使命としましては、天国で馬場さんとデストロイヤーさんが仲良く当日を見守っていただくような大会にするのが任務だと思っています」

 なるほど、単にレジェンドではなく、プロレスの未来を創っていくマスクマンが世代を越えて楽しませるとしたら面白い。レジェンド選手については、馬場追善興行時のミル・マスカラスのようにコンディションに不安が残る選手の出番も出てくるかも。昭和の顔合わせ再現となるゲスト集結は大歓迎だが、試合については事故回避で無理のない範囲でお願いしたい。

 チケット情報。

☆11/15(金)東京・大田区総合体育館『ザ・デストロイヤー メモリアル・ナイト〜白覆面の魔王よ永遠に〜』16:00物販開場、16:30開場、18:00開始

[主催] H.J.T.Production

[後援] 東京スポーツ新聞社、ベースボール・マガジン社

[協賛] 株式会社イープラス、株式会社リーヴライフ、トゥエンティーワン、株式会社大隅興業

[大会プロデューサー] 和田京平名誉レフェリー
木原文人リングアナウンサー

[当日来場ゲスト] ドリー・ファンク・ジュニアPWF会長
スタン・ハンセン氏
徳光和夫氏

[チケット料金] ▼ザ・デストロイヤープレミアムシート(試合用マスク付き・最前列):100000円
▼アリーナS(1列目から6列目):15000円
▼1FスタンドA:10000円
▼2FスタンドB:7000円
▼2FスタンドC:5000円
▼自由席(当日券のみ):3000円
▼小中高席(当日券のみ):1000円
※当日券は各席種500円増

[チケット発売日] ▼イープラス最速抽選先行受付
8月1日(木)12:00〜8月13日(火)
▼先着先行受付
8月19日(月)12:00〜8月26日(月)18:00
▼一般発売日
8月29日(木)10:00〜

[公式ホームページ] http://giant-baba.com/

 

ポチッと応援(↓)お願いします
>> 各種SNSも更新中 Twitter/Facebook/YouTubeチャンネル
>> ジャイアント馬場没20年追善興行~王者の魂~

 

★new! KAMINOGE 92 8月1日発売!長州力[吉田光雄] 大仁田厚[邪道] 田中ケロ[リングアナウンサー] 朝倉海[RIZIN無敗伝説] 佐藤光留[Uの末裔] “6時半の男”百田光雄 変態座談会 TARZAN BY TARZAN ターザン・バイ・ターザン


★new! Number(ナンバー)981号「プロレス総選挙 THE FINAL」 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー)) 6月27日発売!日本のプロレスは世界イチ。プロレス総選挙THE FINAL これが最後のプロレス総選挙! 果たして表紙を飾るのは最終中間速報1位の内藤哲也か、同じく2位で追う棚橋弘至か、それとも……!? 上位選手のインタビュー&特集記事も満載


★new! Gスピリッツ Vol.52 (タツミムック) 6月26日発売![特集]全日本プロレス スーパーレジェンド列伝 [巻頭ダブルインタビュー] “黒い呪術師”ザ・アブドーラ・ブッチャー“不沈艦”スタン・ハンセン [検証]“仮面貴族”ミル・マスカラス ドクトル・ルチャが選ぶ全日本時代の名勝負ベスト+α


★new! 50歳で初めてハローワークに行った僕がニューヨーク証券取引所に上場する企業でゲストコーチを務めるまで 6月29日発売!KO大学非常勤講師になったカシンも50歳。リング内での闘争だけではない公私ともに複雑な事情に苛まれながらも、あのWWEからゲストコーチの打診を受けるなど、起伏の激しい日々を送っていた。そんなカシンも年齢相応にふと思うのは、みずからの来し方行く末。前作に書ききれなかった類まれなるレスラー人生を振り返りつつ、プロレス界を憂うのだった


AD

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あわせて読みたい