フリッカージャブの打ち方、L字ガードのメリット『ボクシングの元日本王者が教える。ボクシングをはじめよう!』

pick up ▼ボクシング 井上尚弥、WBSS決勝は11月7日、さいたまスーパーアリーナ開催か┃ 井上岳志2回KOで王座返り咲き「また世界目指し」┃カネロのIBF王座はく奪┃竹迫司登が8回TKO勝ち 因縁リマッチは激戦┃井上尚弥と夢の1枚! 那須川天心の“最強の共演”に大反響┃<はじめの一歩>人気ボクシングマンガが初舞台化

カクトウログのYouTubeチャンネル『ボクシングをはじめよう!』

フリッカージャブの打ち方、L字ガードのメリット

今回は、ボクシング元日本ライト級チャンピオンの伊藤俊介がレクチャーするフリッカージャブの打ち方です。フェイントからのフリッカージャブの攻撃法やL字ガードのメリットなども解説しています。

AD

『ボクシングをはじめよう!』

●プロフィール

伊藤俊介

元ボクシング ライト級日本王者
現役時代はKO率77%のハードパンチャー(金子ジム出身)。デビューから中日本新人王、ライト級日本チャンピオン、S・ライト級1位で二冠王座目前で引退。引退から数年後に出場したおやじファイトではミドル級、S・ミドル級王座の二階級制覇(2014年は年間MVP)をして脅威の全勝のまま一戦を退く。引退後は現在のK1トップファイター 孤高の空手家 小宮山工介選手などのボクシング指導者でもある。

木谷卓也

(ボクサフィット代々木代表)
元ボクシング 元S・フライ級日本王者
現役時代(金子ジム出身)は、KO率75%をほこるハードパンチャー。プロ2戦目から14連勝後、世界を9度防衛して世界王者のまま引退した徳山選手とフルラウンドによる激闘。惜しくも判定2-0で敗れるも、その後、日本スーパーフライ級王者獲得。

引退後は金子ジムトレーナーからオザキジムジム会長を務め、オザキジム焼失後、ボクサフィット代々木を開設。日本ボクシング協会のエアボクシング検定ジャッジも務める。ボクサフィット(代々木)は、ボクシングの元王者たちによるボクシングの指導他、筋トレ、体幹トレ、加圧トレーニングなどができるパーソナル(個別指導)ジムです。

ポチッと応援(↓)お願いします
>> 各種SNSも更新中 Twitter/Facebook/YouTubeチャンネル

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あわせて読みたい