元ボクシング世界クルーザー級王者の西島洋介(マスター西)が語る。『ボクサー時代のライバルと現役最強のボクサーは』

pick up ▼ボクシング プロボクシング協会、他格闘技と両立を部分的許可へ┃田中恒成が一発計量パス V2戦は「最高の試合をします」┃伊藤雅雪 9・13再起戦はインドネシア王者マナカネ┃井上尚弥、“オーガ”になった広背筋に3万超反響拡大「背中に鬼神が宿ってる!」┃ゴロフキンはデレフヤンチェンコとIBF決定戦へ┃問題児ネリが組んだ「敏腕トレーナー」とは┃ウィークエンド・プレビュー コバレフの鉄拳、故郷で炸裂するか

カクトウログのYouTubeチャンネル『ボクシングをはじめよう!』

ボクサー時代に印象に残る相手と現役最強のボクサーは誰

元ボクシング世界クルーザー級王者 西島洋介(マスター西)のインタビュー企画 第3弾。もっとも影響を受けたボクサーからボクサー時代のライバル、そして西島洋介が思う全階級をあわせた現役最強ボクサーとは。是非、最後までご視聴ください!

AD

今回の話しにも登場するレイモン・ブリュースター。写真は2007年7月に行われたIBF世界ヘビー級戦でのウラジミール・クリチコ対レイモン・ブリュースター (Photo by Bongarts/Bongarts/Getty Images)

ボクシングの話し インタビュー内容
  • 最も影響を受けたボクサーとは?
  • ボクシングの試合で一番強かった相手
  • スパーリングで印象に残っている相手
  • お客さんにたいして試合で心がけていたこと
  • 他格闘技選手のボクシング企画参戦について
  • 一番強い格闘技は
  • 現役の最強ボクサー(全階級)は誰?
  • 井上尚弥vsノニト・ドネアの勝敗予想

『ボクシングをはじめよう!』

●プロフィール

西島洋介(マスター西)

元WBF世界クルーザー級王者
元OPBF東洋太平洋クルーザー級王者
元OPBF東洋太平洋クルーザー級王者

伝説のトレーナー フレディローチに称賛、指導された日本人ボクサー。数々のボクシングタイトルの獲得。引退後にはPRIDE、K1に電撃参戦。体重差30kg以上もあるマークハント、ピーターアーツといった異種格闘技のトップ選手に挑んだ試合はいまだに記憶されている方も多いはず。

マスター西に会える店

スポーツバーAN
千葉県柏市豊四季197-20 ヒルズ豊四季2F
TEL: 04-7197-6260
(定休日)日・月

木谷卓也

(ボクサフィット代々木代表)
元ボクシング 元S・フライ級日本王者
現役時代(金子ジム出身)は、KO率75%をほこるハードパンチャー。プロ2戦目から14連勝後、世界を9度防衛して世界王者のまま引退した徳山選手とフルラウンドによる激闘。惜しくも判定2-0で敗れるも、その後、日本スーパーフライ級王者獲得。

引退後は金子ジムトレーナーからオザキジムジム会長を務め、オザキジム焼失後、ボクサフィット代々木を開設。日本ボクシング協会のエアボクシング検定ジャッジも務める。ボクサフィット(代々木)は、ボクシングの元王者たちによるボクシングの指導他、筋トレ、体幹トレ、加圧トレーニングなどができるパーソナル(個別指導)ジムです。


AD
ポチッと応援(↓)お願いします
>> 各種SNSも更新中 Twitter/Facebook/YouTubeチャンネル

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あわせて読みたい