『ボクシングで手数の多い相手との3つの戦い方』ボクシングをはじめよう!

『ボクシングで手数の多い相手との3つの戦い方』

今回はボクシングの戦術編です。とにかく手数が多い相手との戦う場合、3つの有効な戦い方を木谷卓也(元日本S・フライ級王者)、伊藤俊介(元日本ライト級王者)の2人がレクチャーいたします。

手数の多い相手との3つの戦い方
  • 1.フットワークを使い相手をいなす(伊藤)
  • 2.目隠しストレート(伊藤)
  • 3.接近戦で距離をつぶす(木谷)

AD

『ボクシングをはじめよう!』

●プロフィール

木谷卓也

(ボクサフィット代々木代表)
元ボクシング 元S・フライ級日本王者
現役時代(金子ジム出身)は、KO率75%をほこるハードパンチャー。プロ2戦目から14連勝後、世界を9度防衛して世界王者のまま引退した徳山選手とフルラウンドによる激闘。惜しくも判定2-0で敗れるも、その後、日本スーパーフライ級王者獲得。引退後は金子ジムトレーナーからオザキジムジム会長を務め日本ボクシング協会のエアボクシング検定ジャッジも務める。

オザキジム焼失後、ボクサフィット代々木を開設。ボクサフィット(代々木)は、ボクシングの元王者たちによるボクシングの指導他、筋トレ、体幹トレ、加圧トレーニングなどができるパーソナル(個別指導)ジムです。
●お問い合わせはこちらまで

伊藤俊介

元ボクシング ライト級日本王者
現役時代はKO率77%のハードパンチャー(金子ジム出身)。中日本新人王。引退から数年後に出場したおやじファイトではミドル級、S・ミドル級王座の二階級制覇(2014年は年間MVP)。現役時代は魔裟斗さんのスパーリングパートナーも務め、引退後は現在のK1トップファイター 孤高の空手家 小宮山工介選手などのボクシング指導者でもある。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あわせて読みたい