三沢光晴「それでも、お前にはプロレスを続けてほしい」~事故2年前に“最後の対戦相手”に向けた手紙を友人に託していた

 あれから10年。あの男が亡くなったのは2009年6月13日のことだった。

 “教え子世代”が偉大さを振り返る証言。三沢光晴を取り上げた好コラムが話題に。
・ 命を絶つことも考えた選手に届いたミサワの遺言とは 没後10年、三沢光晴が遺した物 – LINE NEWS

逆風にさらされながらも、何とか自分の決断を貫こうとした。
そんな齋藤の背中を押したのは、一通の手紙だった。つづられたメッセージはなんと、亡くなった三沢さんからのものだった。

「その手紙のおかげで、僕はプロレスを続けることができました。10年たった今も、巡業用のバッグの中にいつも入れています。あまり人に見せたことはないのですが、今回は節目でもありますし…控室から取ってきます。ちょっと待っていてください」

「重荷を背負わせてしまってスマン」
手紙には、そうつづられていた。

事故の2年前、三沢さんは親しい友人に「もしも俺がリングの上で死ぬことがあったら、その時の相手に伝えてほしい」とメッセージを託していた。

――きっとお前は俺のことを信頼して、全力で技をかけてくれたのだと思う。

――それに俺は応えることができなかった。信頼を裏切る形になった。本当に申し訳ない。

託されたメッセージが書かれた便箋には、水がにじんだような跡が、無数についていた。
試合後の汗だろうか。それとも、涙だろうか。齋藤は無言で、紙をめくる。

――それでも、お前にはプロレスを続けてほしい。

――つらいかもしれないが、絶対に続けてほしい。

「三沢さんは、最後の対戦相手が自分のような苦しみに苛まれることを予見して、メッセージを残してくれていたんです。その思いには、応えないといけない。奮い立たされました」

事故からちょうど3カ月後の、2009年9月13日。
森嶋猛とのシングル戦に臨んだ齋藤は、天を仰ぐようにしてから、あの日以来封印していたあのバックドロップを決めた。
「前に進まなければならない。三沢さんのためにも。そう思いました」
封印を解いたが、大事な試合でしか使わない。
そんなバックドロップを放つたび、今も複雑な心境にはなる。

「やっぱり、あの時のことがよぎります。だから、決めた相手には『早く立ってきてくれ』と思ってしまう。一方で、三沢さんが立てなかった技だから、誰もが簡単に立ててはいけない気もする。すぐに立ってほしいし、すぐに立たないでほしい。どちらも本当の気持ちです」

 三沢「それでも、お前にはプロレスを続けてほしい」。事故2年前に“最後の対戦相手”に向けた手紙を友人に託していた!

 封筒の「齋藤彰俊様」は、当の友人もしくは仲介者が加筆したのだろう。

AD

 手紙の存在こそ他媒体で明かされていたが、手紙の詳細が明かされたのは初めてのようだ。激闘の裏で自身を案じていたのか、コンディションの下降が明らかだったのか。三沢は“最悪”が起きたときの相手への思いやりを、先回りして発揮していたことになる。

 この仲間を思いやる気持ちこそが、ノア設立を生んだ。全日本プロレスが分裂となったとき、ほとんどの選手が三沢に追随した。まさに、三沢光晴を象徴する逸話が飛び出した没後10年の衝撃。

 6月13日。故人の功績を称え、思い出を振り返る1日にしようではないか!

* * *

 13日は後楽園ホール大会に続いて『三沢光晴メモリアル2019』大会となり、大阪で開催される。

・ 【NOAH】6-13(木)エディオンアリーナ大阪(府立体育会館)第2競技場『GLOBAL Jr. T…プロレス格闘技DX

■GLOBAL Jr. TAG LEAGUE 2019 ~三沢光晴メモリアル2019 in OSAKA
日程:2019年06月13日(木)18:30
会場:エディオンアリーナ大阪 第2競技場
[三沢光晴メモリアルグッズ情報など]

◇献花台設置◇
会場内に献花台をご用意させていただきます。皆様よりご持参いただきましたお花、ご供物など承らせていただきます。

◇試合前◇
三沢光晴メモリアルVTR上映
※18:30〜

◇第1試合◇
岡田欣也
(1/15)
稲村愛輝

◇第2試合◇
井上雅央
齋藤彰俊
(1/20)
クワイエット・ストーム
モハメド ヨネ

◇第3試合◇
諸橋晴也
宮脇純太
クリス・リッジウェイ
熊野準
(1/30)
NOSAWA論外
大原はじめ
Hi69
田中稔

◇第4試合◇
小峠篤司
マサ北宮
拳王
(1/30)
タダスケ
原田大輔
清宮海斗

–休 憩(10分間)–

◇第5試合◇
▼「GLOBAL Jr. TAG LEAGUE 2019」優勝決定戦
[リーグ戦2位] YO-HEY
HAYATA
(1/無)
鈴木鼓太郎
小川良成
[リーグ戦1位]

◇第6試合◇
▼三沢光晴メモリアルマッチ
谷口周平
(1/30)
丸藤正道

◇第7試合◇
▼GHCタッグ選手権試合
[挑戦者] KAZMA SAKAMOTO
杉浦貴
(1/60)
潮崎豪
中嶋勝彦
[第49代選手権者] ※中嶋&潮崎組2度目の防衛戦

 

ポチッと応援(↓)お願いします
>> 各種SNSも更新中
Twitter/Facebook/YouTubeチャンネル
>> プロレスリング・ノア公式サイト

 

★new! トランキーロ 内藤哲也自伝 EPISODIO 2 (新日本プロレスブックス) 6月16日発売!NO LIMIT分裂/震災から考えたプロレスの力/CHAOSからの追放/オマエ、もうプロレスやめろ!/念願のIWGPヘビー初挑戦/殺すぞ、テメー!/俺は武藤敬司のコピーじゃない/先行くオカダ、追う内藤/歴史に残る悪あがき/失意の長期欠場/リングに上がるのが怖い/「俺の居場所、あるのかな?」/奇跡の『G1』初優勝/“まずは”論争/「ヒザがどうなってもいい!」/ダブルメインのファン投票/鳴り止まないブーイング/「オマエのせいでセミになったんだ!」/主役じゃなく脇役/ロス・インゴベルナブレス加入/天才レスラーなんかいない/振り子の理論/「ナイトー、トランキーロ!」/ひとりきりの闘争の幕開け


★new! 証言 長州力 「革命戦士」の虚と実 5月27日発売!6月26日に引退をするプロレスラー長州力の実像に迫る! 盟友、ライバル、フロントなど「革命戦士」と濃密な関係にあった19人が語る、タブーなしの証言集。アマレス時代に天下を獲った男が雌伏の時を経て、“噛ませ犬発言”でブレイク。時代の寵児となり、その後もプロレス界の「ど真ん中」に立ち続けた不世出のレスラーが関係したエポックな事件の真実。新日本プロレスクーデター事件、ジャパンプロ設立、前田日明との遺恨、現場監督で本黄金期、WJ旗揚げ、そして猪木との愛憎――。黙して語らない“最強レスラー”の虚と実


★new! KAMINOGE 90 6月3日発売!〝孤高の天才〟田村潔司 長州力[革命戦士] ターザン山本![令和初の定義王] 佐野巧真[プロレスラー] 苫米地英人[認知科学者]×山城美智[沖縄拳法空手道沖拳会 第6代師範] 加藤大典[ゲームプロデューサー] 〝異能の戦士〟保永昇男変態座談会


★new! 驚天動地!!プロレス取調室 ~さすらいのアウトロー編~ 5月25日発売!反則覚悟の爆笑裏話、オンパレード! 生粋のプロレスマニア兼ファン代表の玉袋筋太郎らによるプロレスラー豪快インタビュー集、待望のアウトロー編ついに登場


★new! 証言「プロレス」死の真相 6月13日発売!橋本真也、三沢光晴、ジャイアント馬場…プロレスファンを熱狂させたレスラー達の「死の真相」を、選手・関係者が証言


★new! 逆説のプロレス(14) (双葉社スーパームック) 5月21日発売!プロレスファン垂涎のスキャンダル路線を徹底堅持。これまで語られることのなかった新証言によって氷解する“あの真相”!


★new! クーデター 80年代新日本プロレス秘史 5月27日発売!日本のプロレス・格闘技史における大きな分水嶺となった80年代新日本プロレスの分裂・移籍劇。初代タイガーマスクの引退、猪木の社長辞任、そして長州らの離脱とジャパンプロレスの設立、それらのすべてを知る立場にあった大塚直樹・元新日本プロレス営業部長が当時自身がつけていた「日記」をもとに真実を告白する。未公開の記述から初めて明かされるタイガーの引退、ジャパンプロレスの設立秘話などスクープ満載の書


★new! 平成スポーツ史4プロレス: B・Bムック 5月22日発売!1989~2019 多団体時代 平成プロレス 完全網羅 感動、激闘、混沌 闘絵巻三十年


AD


★new! さよならムーンサルトプレス 武藤敬司35年の全記録 5月12日発売!デビューからスペースローン・ウルフの衝撃、闘魂三銃士結成、グレート・ムタの覚醒を経て、nWoの席巻。そして全日本プロレス社長就任、WRESTLE-1の旗揚げまで。WEBで話題を呼んだ、スポーツ報知記者による同名連載を書籍化、200ページの大幅加筆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あわせて読みたい