1. HOME
  2. プロレス
  3. GLEAT
  4. GLEATプレ旗揚げ感想 田村潔司と長州力のプロレス観という壮大実験
GLEAT

GLEATプレ旗揚げ感想 田村潔司と長州力のプロレス観という壮大実験

GLEAT

 リデットエンターテインメントがコロナ状況にもかかわらず手がける新プロレス団体『GLEAT(グレイト)』が、15日、後楽園ホールにてプレ旗揚げを果たした。試合の様子はTwitterでリアルタイム速報したが、ブログでも簡単に振り返り。

大会結果 GLEAT Ver.0 10月15日(木)19:00 後楽園ホール

■ GLEAT Ver.0
日時:10月15日(木)19:00
会場:東京・後楽園ホール 観衆612人(主催者発表)

 田村潔司がエグゼクティブディレクターで、長州力がオブザーバーを務める団体。田村が志向するのはUWFスタイルであるが、純プロレスと同居しながらのGLEAT内競争で構築されていくとされていた。全5試合の中でUWFルールは2試合。

<第1試合/【GLEATシングルマッチ】>
●NOSAWA論外
(7分00秒 片エビ固め)
〇カズ・ハヤシ

 GLEATはどんな色にもこれから染まっていく純白のリングだった。論外のラ・マヒストラルをカズが丸め込みで返して勝利。

 純プロレスマスターの2人がシングルマッチで見せた攻防。ベーシックな技術が強調されていた。バックステージでは論外がGLEAT離脱宣言。自らはノアに関わっているし、GLEATは船頭が多いのであとはおまかせといったところ!?

<第2試合/UWFルール【ダブルバウト】>
●伊藤貴則・大久保一樹
(10分33秒 スリーパーホールド)
〇船木誠勝・田中稔

 「ダウン!」「エスケープ!」懐かしい。伊藤が意地で船木から1ダウン奪うも、伊藤がスリーパーでギブアップ。田村がこれから育てるとした伊藤はなかなかの佇まいだったが、未知数にとどまったように感じた。

 Twitter速報でも触れた「大久保と稔が前田ゴルドーのオマージュ?」について。1988年・有明コロシアムでの前田日明vs.ジェラルド・ゴルドーのUWFマッチばりの「大久保が稔のキックをキャッチして足絡みから逆エビに捉える」動きがあった。2人が考えるUっぽさの象徴シーンなのだろうか。

<セミファイナル/UWFルール【シングルマッチ】>
〇朱里
(11分54秒 スリーパーホールド)
●優宇

 お互いにあと1ポイントと接戦。優宇がレスラーとしての意地か、コーナーアタック、セントーン。最後は朱里がグラウンドスリーパー。

 朱里の格闘スタイルというのは、まるでアニメから出てきたファイターであるかのようでカッコイイ。ぜひとも、スターダムとの二本立てで継続参戦してほしいところ。優宇の柔道殺法を切り返すという格闘技的アプローチを観客が見守った。次戦は同体重クラスの選手とキックや関節技でスピーディに渡りあうというのも見てみたい。

<メインイベント【GLEATシングルマッチ】>
●渡辺壮馬
(16分21秒 アキレス腱固め)
〇拳王

 渡辺はロープワークや場外トペも有の純プロレス。「もっと来いや〜」という拳王。渡辺は気迫を出しきれず。PFSから、このリングに敬意のアキレス腱固めで拳王勝利。拳王と因縁のある田村は序盤はリングサイド観戦も、試合と途中でこっそり退場。余分なストレスを避けた!?

 伊藤と渡辺の2人を“田村が育てる”とのフレコミだが、試合としてはまだ純プロレスしかできないという判断なのだろう。ボクなんかは拳王のレガース姿まで妄想していたが大ハズレ。期待を込めて・・・渡辺よ、もっとガンガン突っかかれ!!

AD

<スーパードリームマッチ【GLEAT6人タッグマッチ】>
秋山準・関本大介・●谷口周平
(19分45秒 パワーボム→エビ固め)
杉浦貴・〇藤田和之・ケンドー・カシン

 「杉浦にエクスプロイダーを狙う秋山」をまとめて関本がぶっこ抜く(変形眉山)!  最後は藤田がパワーボム勝利。秋山と因縁勃発か。

 もうこの顔合わせなら絶対に沸く団体越境ド迫力マッチ。けっきょくはこの試合で「プロレスを観たなぁ」となったファンも多かった。

田村潔司「これをオーナーと相談しながら続けていくことが大切」

 田村がバックステージでコメントを出している。

【田村の話】
※全試合終了後にコメント
――プレ旗揚げ戦を終えて、率直な感想は?

▼田村「疲れましたね。結構運営側というか、どんな感じになっていくのかなという不安感もあって。選手が一番頑張っていただいたと思うんですけど、僕はUWFを担当してますので。感触は僕自身ですけど掴めたかなという感じなので。これをオーナーと相談しながら続けていくことが大切なのかなという風に思います。今はこういう状況なので、ファンの方の声援などはあまり大きな声でできないということだったので、ちょっとコロナが落ち着いて、声援が送れるようになった時に反応とかが凄くダイレクトに伝わると思うんで。そういうところもちょっと楽しみにしながら。今日は久しぶりにUWFの試合を拝見させてもらって、凄くよかったと思います。ちょっと気の利いたコメントはないんですけど」

――どの部分がよかった?

▼田村「女子の朱里選手と優宇選手。優宇選手の払い腰だったり、タッグマッチのほうは船木さんと伊藤の後半ですかね。後半の掌底というか、張り手合戦とか。まあ、もう少しちょっと欲を言えば、技術の攻防があったらよかったなと。これは欲を言えばで、今はもう全然楽しませていただいたので、まったく僕としては満足してます」

――渡辺選手のファイトはどうだった?

▼田村「まだまだ磨くところがたくさんあると思うんで。例えば、長州さんのストンピングの打ち方と、壮馬のストンピングの打ち方でいうと、雲泥の差があるんで。そういうところも長州さんのビデオとか、昔の映像とかを見て、自分自身で成長していかなきゃいけないと思うんで。そこは僕はこういう風に見ましたけど、自分で成長していってほしいなと思います」

――教え子2人は教えていたことをリング上で出せていた?

▼田村「いやいや、まだまだですね、全然。僕はまだ教えてないんで。教えている段階というか、まず基礎体力をやらせてて。技術的にはスパーリングを数回はやりましたけど、技術的にはたくさん教えることもありますし。あとは、技術がなくても、感情で伝えることっていうのはできると思うので。そういうところは教えにくいですけど、僕ができる範囲では気付いた時にヒントをちょっと与えて、課題として『宿題で』という感じで、成長していってもらえたらなという風に思います」

――大会前にはお客さんがいる中で、田村さん自身がリング上でスパーリングをしていたが?

▼田村「見てました? そうですね。どれぐらいの方が、記者の方も含めて見ていただいたかわからないですけど、試合会場の開場前のスポットライトもない状態で練習するというのは、昔の新日本プロレスで藤原喜明さんが藤原教室みたいのをやってて。僕も昔、どこかの会場に観に行ったのかな? ファンの頃に観に行って。ああいう雰囲気で練習するのに凄く興味があったし、僕自身その雰囲気が好きで、ちょっと練習をさせてもらったんですけど。まあ、昔のUWFの流れをつないでみたという感じですね」

――実際に自分で動いてみてどうだった?

▼田村「いや、あれはもう普通の練習というか、普段やっているスパーリングの極めっこなんで。ただお客さんが会場入りした状態でのリングでやったので。むしろ僕というより、今日は壮馬でしたけど、壮馬がどういう風に感じるかっていうのを。で、彼に一応スパーリングを終えて、ちょっと疑問を投げかけて、宿題を出したんですけど、そういうところも含めて、いろいろ勉強なり、課題なりを与えていきたいなという風に思ってます」

――新入団選手として松井大二郎選手が発表されたが、松井選手に期待することは?

▼田村「Uインターで厳しい新弟子生活を送っていたほうの部類だったんで。何かしら僕のサポートにはなってくれると思うんですけど、実際どの距離感で仕事をしてもらうかはちょっと今わからなくて。一緒には練習すると思います、みんなと」

(プロレス&格闘技DX)

 田村は試合前に渡辺とスパーリング。鈴木裕之社長によると「開幕挨拶をはじめ数案お願いさせていただいたどれでもなく…『何かをさせていただきます』と言ってくれた何か?がこれと伊藤選手のセコンドでした」とのこと。

 ボクが会場入りした際にはスパーリングが終わろうとしていたため、どういった内容なのかは肉眼では確かめられませんでした。スポットライトではなく暗めかつ赤に照らされた中でオープニング待ち。その中でいきなり田村潔司。この奇跡的な展開は、このあと長くGLEATを見続けるファンにとって記憶に残るシーンになるのか!?

 コメントで確認できたのは、まだまだ2人の若者を“弟子”扱いできる段階にはないということ。そんな中でできることのひとつがスパーリングというギフトだった。

 UWF再興を掲げた田村の知名度、旗揚げの話題感で後楽園が満員にはなった。UWFと純プロのおいしいとこ取りではあったため、楽しみポイントを大会の中に見つけたファンも多かった。だけれども壮大な予告編にとどまり、未知数という事前の想いが前に進むこともなかった。リデットのプロモーションでは「何がやりたいんだ」と自問自答していたが、「いや確かに」となったファンも多かった。

 その点ではプロモーションに偽りなしだし、こういった「何がやりたいんだ」感に負けない話題を投入し続けてトライアルするのも団体の在り方としては面白い。だけれども「田村潔司」のテイストには合わないことが話をややこしくしている。

 新日本プロレスとUWFインターナショナルの全面戦争(1995年10月9日・東京ドーム)から25年。この闘いに背を向けて出場しなかった田村には、純プロレスへの拒絶感を強く感じる。だけれども実際には、“Uを消した”長州への嫌悪感を持ちつつも、感情を押し出していた昭和の新日本プロレスを田村は大絶賛している。

 GLEATを100倍楽しむために、ここで整理をしておくと。

 WWEや新日本プロレスという「エンターテインメント路線、奇麗なプロレス」への対抗馬。それは「格闘プロレスであり感情プロレス」であり、田村潔司と長州力のプロレス観で骨組みされる。その壮大実験がGLEATである。

 GLEATの中で純プロレスに位置づくマッチメイクも、この壮大実験の中に位置づく顔ぶれ、顔合わせだから熱くなれるのだ。オールドファンにとっては懐かしい、新規ファンにとっては新しい。とはいえ所属選手の存在が途上であるから、感情移入には時間がかかる。

 考察しがいがあるが、実に不思議な団体が出来上がった。そう記しておきたい。

新プロレス団体「GLEAT(グレイト)」TV放映情報、次戦(本旗上げ)情報

 来年7月の本旗上げ、松井大二郎入団が発表され、ジョシュバーネットが映像挨拶。まだ半年以上ある。ここからどう煽られるのか。



応援ありがとうございます☆彡

プロレスは初心者もオールドファンも楽しめるジャンル。ファンの立場から、リング内外のカクトウ(格闘)をログ(記録)します。

カテゴリー

バックナンバー

レポートbyカクトウログ

> 絶叫できない熱狂とコロナ副産物 G1総括
> GLEATプレ旗揚げ 田村&長州のプロレス観
> 鈴木みのる 天を指してゴッチ式の理由
> ベストバウト&大会総括 21年ぶり神宮球場
> カクトウログは開設16周年
> 武藤敬司vs.前田日明トークレポート
> 丸藤正道vs.前田日明トークレポート
> 猪木酒場新宿店が7月閉店 かつて全国7店
> 金8以降世代のNJC4強こそ新日本の主張
> 『記憶の懸け橋』トークイベント観覧メモ
> 「社会的責任」ひとつの答え 新日本再開
> 小久保隆さん TJシンテーマ曲秘話
> 柴田勝頼ついに2017年4月9日を初激白
> 「プロレス大好き芸人」プレゼン大賞
> 柴田勝頼の新日本帰還はなぜ実現した?
> 大阪カウント2.99に鈴木みのるがエール
> オカダ戦から3年 柴田勝頼の奇跡と軌跡
> コロナ禍でノア無観客試合 潮崎vs.藤田
> コロナ禍でスターダム無観客試合
> 文庫版『1984年のUWF』にカクトウログ
> 前田「ずっと猪木さんに教えてもらった」
> 船木誠勝が明かす! 柴田勝頼“秘話”
> 映画アイアン・シークで前田トーク!
> 藤田和之トーク 半生を激語り!
> シークレット結婚式!? オカダ&三森さん
> ジャイアント馬場バルに行ってきた!
> 聖火リレーに谷津 オカダ 桜庭 高田 武藤
> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> 2019年の顔は!? プロレス大賞まとめ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> ダブルドーム ベストバウト投票結果
> 橋本真也、小橋建太との幻の復帰戦計画
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年を大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFのテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> 杉浦vs.エルガンがノア両国ベストバウト
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> オカダvs.飯伏IWGP戦はドーム2連戦初日
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> NJCでオカダと柴田勝頼が感動的な再会
> ドン・フライと高山善廣が運命的な再会
> 飯塚高史引退! 引退試合でもヒール貫徹
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 独占! 長州力がDスミスJr.と盃を交わす
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼

団体リンク

プロレス団体リンク早見
新日本プロレスニュース大会日程新日本プロレスワールドYouTube)/全日本プロレス全日本プロレスTV)/NOAHWRESTLE UNIVERSE)/大日本プロレスDDTZERO1DRAGON GATEみちのくプロレス大阪プロレス2AWDRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムYouTube)/ディアナ


格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSDEEPPANCRASEQUINTET


YouTube
📳アントニオ猪木📳長州力📳前田日明📳船木誠勝📳田村潔司📳蝶野正洋📳獣神サンダー・ライガー📳朝倉海📳朝倉未来📳永島勝司


ファイター等
日本プロレス殿堂会蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)高山善廣田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト


最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社チームフルスイング書泉グループのイベント闘道館大阪カウント2.99


新着&注目アイテム
プロレスDVDサーチプロレス本サーチ



2020年10月4日発売! 中村獅童 ザ・グレート・歌舞伎!! 長州力×五木田智央 山本康一郎×堀鉄平 鈴木みのるのふたり言 斎藤文彦×プチ鹿島 西村知美 田村潔司 安藤達也 玉袋筋太郎「新倉史祐」変態座談会 中邑真輔



2020年10月10日発売!「証言UWF」シリーズのスピンオフ企画。プロレスラーたちが見た総合格闘技の全舞台裏。髙田延彦、田村潔司らが語る総合のリングの虚と実のすべて!



2020年8月26日発売!ターザン 山本 (著)、福留 崇広 (著) 力道山、ジャイアント馬場、藤波辰爾、高山善廣、葛西純、剛竜馬の夫人たちです。妻だけが知るプロレスラーの苦悩と栄光。男女のディープ・ストーリーを描きながら、謎に包まれたプロレスの真実をすべて明かす、新しいノンフィクション



2020年9月24日発売!マット界の黒船と騒がれた「企業プロレスの始祖・SWS」 12名が克明に語った「企業プロレス」の舞台裏



2020年9月24日発売!NWA―ナショナル・レスリング・アライアンス―



2020年9月26日発売!プロレスデビュー60周年と喜寿を記念し、アントニオ猪木が一切の虚飾を排してプロレスと人生を見つめ、全てを語る。好敵手、名勝負、生と死、愛した女達。燃える哲学の尽きぬ力を見よ!



2020年9月30日発売!本書は世界を戦場(リング)に繰り広げられた猪木氏のこれまでの死闘の記録を1冊の書籍にまとめたもので、“withコロナ”を生き抜く日本人へ向けた、アントニオ猪木流のラストメッセージである。



2020年8月27日発売!スターダムのエース、岩谷麻優初の著書!2年にもわたる絶望的な引きこもり生活、プロ入り後に直面した勝てない日々……。ポンコツと呼ばれた少女は、なぜ世界に通用する女子プロレスラーになれたのか?スターダムのアイコンから、女子プロレスのアイコンに。岩谷麻優の9年の記録!



2020年2月28日発売!その現実から目を背けるな。「やれるか」じゃない、やるんだよ。鈴木みのるの言葉はなぜ俺たちの心に刺さるのか。プロレス界の今、ここを生き抜いてきた唯一無二の思考、貪欲に幸福を求める方法



2019年12月28日発売!新しい敵に向かっているから俺はずっとギラギラしていられる。そして、そういう闘いの中にいられることが、俺にとっての幸せなんだよ。強くあるために何ができるか、いま何をすべきか。リング内外で見せる強烈な存在感の源泉がわかる、プロレス王・鈴木みのる、刮目の最新刊!



2019年12月19日発売!世界最高峰のリングWWEからインディー団体まで、日米マット界の「光」と「陰」を知る著者がはじめて明かす熱狂を生み出す「サイコロジー」のすべて。自身の圧倒的な経験値をもとに綴る、目からウロコのプロレス論!



2020年5月27日発売!新日本プロレス“100年に一人の逸材”にして“エース”の棚橋弘至デビュー20周年DVD!プロレスを黄金時代に導いた男の軌跡に迫る!棚橋弘至の2014~2019年までのヒストリー(ゲスト:柴田勝頼)とミスター平成ライダー・高岩成二とのスペシャル対談を収録



2019年10月10日発売!プロレスラー・柴田勝頼のデビュー20周年記念DVD。NEVER無差別級王者など、輝かしい軌跡を誇る柴田勝頼が自ら選んだ名勝負のほか、“LA DOJO”でヘッドコーチとして手腕を振るう彼に迫ったドキュメンタリーを収録( ⇒ 収録の詳細について