1. HOME
  2. プロレス
  3. NOAH
  4. 藤田和之が半生を激語り!! 胸を打った前田日明と高田延彦の言葉とは
NOAH

藤田和之が半生を激語り!! 胸を打った前田日明と高田延彦の言葉とは

NOAH

 青木泰寛さんが聞き役を務める『独占インタビュー~運命のドロップキック』が第50回目を迎え、ゲストとして藤田和之が登場した。17日、こちらのイベント分に足を運んできました。

 
◆プロレスラーなんて別世界! なれるとは思ってなかった

新宿ゴールデン街劇場に50人フルハウスのファンが集結。

登場するや「こんなに距離が近いの!?」と観客との間合いに驚いた藤田。

「(トークイベントは)初めてですね。ゴールデン街も久しぶり」かつてはよく来ていたとか。

 
 トークは実に滑らかだった。半生の振り返りからスタートする。

 日本大学在学中にレスリングで全日本学生選手権を4連覇。1993年に大学を卒業し、新日本プロレス職員(「闘魂クラブ」所属)として挑戦したアトランタオリンピック予選は敗退してしまう。それがプロレス入りのきっかけとなった。当初はプロレスは考えておらず、「就職しなきゃ」といろいろ動こうとした。レスリング関係者に「ちょっと難しいなぁ」といくつかの進路を止められるような状況もあり、プロレスラーへの道ができていったんだという。

 「プロレスラーなんて別世界。なれるとは思ってなかったですね。プロレス好きなオヤジの影響でテレビは見てましたし、ウォリアーズの記事とか見たりはしてました」

 デビュー(1996年11月1日に永田裕志戦でデビュー)を述懐する。

 「デビュー前がすごく嫌で。人前でパンツ一丁でしょ。何で入ったんだろって思ってね。デビュー戦は無我夢中で覚えてませんけど」

 プロレスラーとして順風ではなかった藤田。

 「当時は(蝶野正洋や武藤敬司の)nWoが全盛で。これ(パフォーマンスや軍団抗争)できねぇな、オレ。向いてなかったかなぁ・・・」

 そんなときに、デビューを世話してくれた馳浩と会話する。

 馳「お前、3年して芽が出なかったら仕事変えろよ」

 これが後押しとなってほぼ“3年”で総合格闘技に転向を決意した。

 そんな藤田にプロレス新弟子時代のイメージがないファンも多いかもしれない。

 「先輩の洗濯物をコインランドリーでまわして、一人分ずつビニール袋に入れて、ドアノブに吊るして回って・・・夜中の3時、4時ですよ。朝に巡業バスが出るから起きて・・・。苦しかったですけど、先輩とのやりとりは楽しかったですね」

 蝶野入場シーンでのセコンド業務でのエピソードも。

 「蝶野さん、『カモーン!』と言って手を上げながら、逆の手でよくオレのキンタマを掴んでくるんですよ。映像で確認してください(笑)」

 
◆リングスに入るはずがPRIDEへ・・・前田に殴られることも覚悟

 デビューしたてのときに前田日明率いるリングスから話が来ていたこともあり、藤田はリングス入りを進める。契約1か月前に挨拶回りをすると、アントニオ猪木(別プロモーションであるPRIDEと懇意)から声をかけられたという。

 猪木「お前、オレを敵に回す気か!? フフフ、冗談だよ」

 そんな猪木は藤田との時間をホテルオークラのハイランダーで設ける。PRIDEプロデューサーの百瀬博教氏が偶然を装って「よう、アントン!」と登場。話がトントンと進む流れとなり、猪木から「もっと大きい舞台でやるのはどうだ」との声かけ。これに藤田は逆らえなかった。(2000年1月30日の『PRIDE GRANDPRIX 2000 開幕戦』でハンス・ナイマンに一本勝ち、総合格闘技デビュー)

 リングスを断るために前田と面会。前田にはシガーバーを指定され、そこで藤田は挨拶。すると・・・。

 前田「わかった。お前、頑張れよっ!」

 藤田が振り返る。

 「2~3発殴られるのかなと思ったのに、前田さんには(胸を)撃ち抜かれましたよ」

 新日本プロレスサイドの反応は?

 藤波辰爾「立場としては止めたい。個人としては行かせたい」どっちつかずの藤波らしさ。

 長州力「お前行くらしいな。どうせ猪木さんに使われるだけだろ」

 この長州に藤田は「長州さん、ここにいても使われるの一緒じゃないですか」。こういう距離感なのだという。

 PRIDEでの高田延彦とのエピソードも思い出して披露してくれた。

 「高田さんは律義な人で、ミルコ・クロコップ戦の前に『会いたい』と。『オレがミルコとやっても大丈夫かな。藤田の方がリベンジしたいと思うだろうけど、そこにオレが入っていい? 試合していい? 藤田の気持ちが聞きたい』って。『どうぞ』と言いましたけど」

 なお藤田は、2001年4月9日、新日本プロレスでスコット・ノートンを破って第29代IWGPヘビー級王者に。6月6日の日本武道館・永田裕志戦は年間ベストバウトを獲得している。PRIDEと新日本を股にかけての活動となった。

司会の青木泰寛さんの引き出しが絶妙。藤田は終始笑顔だった。

 
◆全ての窓口はフロリダ!? 「オレはカシンさんの“遊び道具”」

 藤田のここのところのプロレス参戦だが、窓口はあの男。

 「いろんなとこ出てるの、全部(ケンドー・)カシンさん経由なんです。窓口は(WWEコーチを務めている)フロリダというわけで。『オレ、できます?』って聞いても『いや、できる』『立ってるだけでいい』ずっとそんなやりとりで」

 会場ではオフレコで、カシンのここだけの話も。さりとて、オフレコ以外の話も十分面白い。

 「カシンさんをトリプルHが大絶賛してたそうで。イマイチな選手にカシンさんがアドバイスしたらすごくよくなって『ファンタスティック!!』だって。オレにも昔から『こんな技を使ったらどう?』ってアドバイスしてくれてましたね」

 「今でもフロリダから電話がかかってきて、(アドバイス含めて)いろいろ言われます。Yahoo!記事のコメント欄にあるオレへの悪口をわざわざメールで送ってくるんです。なんでも『ホモビ(ホモビデオ)に出ていただきたい』というのがハマったらしく、ことあるごとに言われます。どんどん悪口は書いてください。楽しいですから」

 「カシンさんの話がいっぱい!? オレはカシンさんの“遊び道具”ですよ」

 3・8横浜文化体育館大会ではGHCヘビー級王座に挑戦する。

 「オレひとことも言ってないのに・・・。リングを降りてバックステージに下がったら、リングから“藤田”“横浜”なんとかと聞こえる。(それで決まってしまったけれど)まぁ、GHC、ありがたいことです。もちろんベルトには興味があります」

 故郷である新日本プロレスの現在をどう思っているのか?

 「すごいよくつくりこんでる。クオリティ上がってるし、絶対に真似できない。オレがいたときも(闘魂三銃士世代中心に)すごいし、引けを取らずどんどん進化していますよ。ノアに出てオレが対抗? いやいやオレは劣等生ですから」

 「団体による違い? いろいろ(団体に)上がってますけど、基本は一緒ですね」

 ファンからの質問の一つ。選手育成は考えているのかと聞かれ、子どもの話題に。

 「子ども(小学生)が格闘技始めたんで。レスリングと柔術やってる。楽しいって思えるくらいがちょうどいいんじゃないかと思ってやらせてます。子どもには自分の仕事は言ってなかったんだけど、今はYouTubeとかでわかっちゃうんだよね。『泥船』とか『沈める』とか、そんな言葉、絶対言っちゃダメ(笑)。試合後に喋ろうとしたときに中嶋(勝彦)にマイクで遮られて、頭にきて殴りに行ったことがあったんだけど、これも子どもが楽しそうに見てた。『人が話しているときに横から口出したらこうなるよ』と教育してます」

最後には私物プレゼントにサイン入れ。

 
 以上がトークの一部だが、どうだっただろう? 「野獣」というキャッチコピーからは程遠いトークの数々。藤田は本当に人のこと、団体のことを悪く言わない。「劣等生」との言葉もあったが、これまでのプロレスラー人生としての経緯も踏まえ、実に謙虚に構えている。ボクらファンとの距離感だとこうなるのだろうが、これもまた本当の藤田なんだろうなと受け止めた。

 かつてのプロレス界であれ、現在のプロレス界であれ、けっして上から目線では接しない。リスペクトしつつ、自身の役割を探していく。報道上での言葉とは裏腹に、そういった姿勢はにじみ出ていくものだ。昨年末以降のフジタコール発生ってこういうところからではないのかなぁ。

 「猪木イズム最後の継承者」と称され、プロレスと総合格闘技を往来した経歴の持ち主。強さの象徴としてノアで存在感を発揮している藤田。だけれども、他を悪く言わないことこそが“人としての強さ”ではなかろうか。

 トークイベントのシリーズは『運命のドロップキック』だが、藤田による言葉のドロップキックは確かにボクらの胸を突き刺した。手垢のついたプロレス言葉がないことが、こんなに心地いいなんて。どこまで伝えられたかわからないが、この記事は全プロレスファンに読んでほしい。きっとみんな藤田のことが好きになるはずだ。

応援ありがとうございます☆彡

プロレスは初心者もオールドファンも楽しめるジャンル。ファンの立場から、リング内外のカクトウ(格闘)をログ(記録)します。


注目の大会日程まとめ 新日本も再開!!


▼7月15日(水)24時まで受付

カテゴリー

バックナンバー

団体リンク

プロレス団体リンク早見
新日本プロレスニュース大会日程新日本プロレスワールドYouTube)/全日本プロレス全日本プロレスTV)/NOAHWRESTLE UNIVERSE)/大日本プロレスDDTZERO1DRAGON GATEみちのくプロレス大阪プロレス2AWDRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムYouTube)/ディアナ


格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSDEEPPANCRASEQUINTET


YouTube
📳アントニオ猪木📳長州力📳前田日明📳船木誠勝📳田村潔司📳蝶野正洋📳獣神サンダー・ライガー📳朝倉海📳朝倉未来📳永島勝司(立会人・金沢克彦)


ファイター等
日本プロレス殿堂会蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト


最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社チームフルスイング書泉グループのイベント闘道館大阪カウント2.99


新着&注目アイテム
プロレスDVDサーチプロレス本サーチ



2020年7月2日発売!プロレス名勝負秘話「ベストバウトをぶっ飛ばせ!」 アントニオ猪木×オカダ・カズチカ、歴史的対談が実現!2月の猪木宣言の真意、ベストバウト論、そして、いまプロレスがすべきことは・・・。60分一本勝負でぶつけ合った初対談は全プロレスファン必見!



2020年7月5日発売!長州力×神聖かまってちゃん  長州力×田崎健太 山本美憂 田中将斗 玉袋筋太郎「村上和成」変態座談会 斎藤文彦×プチ鹿島 宮田充 鈴木みのるのふたり言



2020年6月30日発売!『KAMINOGE』の超人気企画「長州力vs山本の名勝負数え唄」を全21戦完全収録! イラストレーション:中邑真輔



2020年5月2日発売! あの話題沸騰Twitterアカウントが書籍化! 本書は長州力公式Twitterアカウントから傑作ツイートを厳選し、ほぼ意味不明な内容に対して本人自ら感想をつづります! 「SNS講座」と題して、つぶやく際に何を考えているのかも大公開!



2020年3月10日発売!2017年発売の柳澤健著『1984年のUWF』が文庫化(Kindle版と文庫本あり)。「文庫版のためのあとがき」にはカクトウログからの引用あり



2020年2月26日発売!中野巽耀(当時は龍雄)がレスラー人生を総括する初の本格的自叙伝。自身のキャリアを振り返るだけでなく、伝説化しているスーパータイガー(佐山聡)vs前田日明の不穏試合、前田日明vsアンドレ・ザ・ジャイアントのセメントマッチ、前田日明が長州力の眼窩底を骨折させた顔面蹴撃事件、新生UWFの3派分裂劇、UWFインターナショナルと新日本プロレスの全面戦争など歴史に残る騒動について当事者の立場から「真実」を激白!



2020年2月28日発売!その現実から目を背けるな。「やれるか」じゃない、やるんだよ。鈴木みのるの言葉はなぜ俺たちの心に刺さるのか。プロレス界の今、ここを生き抜いてきた唯一無二の思考、貪欲に幸福を求める方法



2019年12月28日発売!新しい敵に向かっているから俺はずっとギラギラしていられる。そして、そういう闘いの中にいられることが、俺にとっての幸せなんだよ。強くあるために何ができるか、いま何をすべきか。リング内外で見せる強烈な存在感の源泉がわかる、プロレス王・鈴木みのる、刮目の最新刊!



2019年12月19日発売!世界最高峰のリングWWEからインディー団体まで、日米マット界の「光」と「陰」を知る著者がはじめて明かす熱狂を生み出す「サイコロジー」のすべて。自身の圧倒的な経験値をもとに綴る、目からウロコのプロレス論!



2020年5月27日発売!新日本プロレス“100年に一人の逸材”にして“エース”の棚橋弘至デビュー20周年DVD!プロレスを黄金時代に導いた男の軌跡に迫る!棚橋弘至の2014~2019年までのヒストリー(ゲスト:柴田勝頼)とミスター平成ライダー・高岩成二とのスペシャル対談を収録



2019年10月10日発売!プロレスラー・柴田勝頼のデビュー20周年記念DVD。NEVER無差別級王者など、輝かしい軌跡を誇る柴田勝頼が自ら選んだ名勝負のほか、“LA DOJO”でヘッドコーチとして手腕を振るう彼に迫ったドキュメンタリーを収録( ⇒ 収録の詳細について

レポートbyカクトウログ

> 「社会的責任」ひとつの答え 新日本再開
> 小久保隆さん TJシンテーマ曲秘話
> 柴田勝頼ついに2017年4月9日を初激白
> 「プロレス大好き芸人」プレゼン大賞
> 柴田勝頼の新日本帰還はなぜ実現した?
> 大阪カウント2.99に鈴木みのるがエール
> オカダ戦から3年 柴田勝頼の奇跡と軌跡
> コロナ禍でノア無観客試合 潮崎vs.藤田
> コロナ禍でスターダム無観客試合
> 文庫版『1984年のUWF』にカクトウログ
> 前田「ずっと猪木さんに教えてもらった」
> 船木誠勝が明かす! 柴田勝頼“秘話”
> 映画アイアン・シークで前田トーク!
> 藤田和之トーク 半生を激語り!
> シークレット結婚式!? オカダ&三森さん
> ジャイアント馬場バルに行ってきた!
> 聖火リレーに谷津 オカダ 桜庭 高田 武藤
> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> 2019年の顔は!? プロレス大賞まとめ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> ダブルドーム ベストバウト投票結果
> 橋本真也、小橋建太との幻の復帰戦計画
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年を大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFのテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> 杉浦vs.エルガンがノア両国ベストバウト
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> カクトウログは開設15周年
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> オカダvs.飯伏IWGP戦はドーム2連戦初日
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> NJCでオカダと柴田勝頼が感動的な再会
> ドン・フライと高山善廣が運命的な再会
> 飯塚高史引退! 引退試合でもヒール貫徹
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 独占! 長州力がDスミスJr.と盃を交わす
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼