1. HOME
  2. プロレス
  3. DDT
  4. 高木三四郎サイフェス直前インタビュー 過渡期にあるプロレスへの対峙
DDT

高木三四郎サイフェス直前インタビュー 過渡期にあるプロレスへの対峙

DDT, NOAH, 東京女子プロレス

3475

 CyberFight(DDT、東京女子、ガンバレ☆プロレス、ノア)によるグループ団体合同祭典『CyberFight Festival 2022』6・12さいたまスーパーアリーナ大会が目前に迫ってきた。コロナ禍でプロレスを巡る状況は大きく変わった一方、インタビュー前日にはDDTから声出し応援可能大会(7・7新宿FACE)が発表されるなどコロナ明けも見えてきた。サイバー系列の中では“ノア派”の当サイトから怒涛の質問。大社長の答えから見えてきたのは、過渡期にあるプロレスへの対峙の姿勢だった。(収録日:5月26日)

今回のコロナによってプロレスの見方というのはすごくアメリカに近づいてきた

高木三四郎 スミマセンどうもお待たせして!!

カクトウログ いえいえいえ。

高木 (以前にカクトウログのサカイがイベント休み時間の高木社長に挨拶した)あのときはまだ株式会社DDTプロレスリングだったと思います(と改めて名刺交換)。今日はサイバーファイトフェスのことは何でも聞いてください。

カク 高木社長とは年代近いんで、日本のプロレスを見てきた時期もかぶっているかと。

高木 小中高は新日本、全日本見て、特に全日本好きでしたし。

カク ボクはバリバリ新日本だったんで。とにかく「東スポや週プロで試合結果を知っていた」頃からすれば、プロレスの見方も大きく変わるほどの時間が経ちました。

高木 ボクは今回のコロナによってプロレスの見方というのはすごくアメリカに近づいてきたと思っているほうなんですよ。それまでの日本のプロレスってなんだかんだライブビジネス(会場観戦)だった。新日本プロレスが新日本プロレスワールドを始めたんですけど、ボクからするとそれもライブ中心なんだなと。テレビを意識してない、配信を意識してない。

カク はい。

高木 それで日本ってどうだったのかって考えると、実は80年代とか90年代のほうがテレビを意識したプロレスをしてたと思うんです。顕著な例は大仁田劇場(大仁田厚とテレ朝アナウンサーの名物やりとり)で、会場のお客さん抜きでテレビで流行らせた。それが一周くらいまわってライブ至上主義になったと見ています。でもコロナで無観客になった。ようやく新日本プロレスワールドもレッスルユニバースも配信に向き合うようになったというところもあって。

今回のさいたまスーパーアリーナは来場してくださった方にはもちろんですが、配信を通じて視聴する層にも楽しさを提供するものを考えています。レッスルユニバースでもスケール感を楽しんでいただきたいです。

カク もちろんリアルタイムで見てほしいと。

高木 そうです、そうです。無料トライアルもすべてサイバーファイトフェスに向けてのものです。体感してほしいですし、見てほしい。

【『CyberFight Festival 2021』は2021年6月6日にさいたまスーパーアリーナで行われ、2022年も会場は継承される】

カク 試合だけじゃなくて“武藤敬司選手の来場”というのも追加されました。そういうエッセンスも意図はされてたんですか?

高木 そういうのも含まれることになりますかね。どういうことかと言うと、「何が起きるの!?」っていうのがたぶんお客さんが気になること。前提で言っておくと、ボクはノアのことはわからない(笑)。WWEって、レッスルマニアってすごいじゃないですか、入場が。毎回、YouTube上でもバズってるし。SNS上でもスゲーってなってるじゃないですか。さいたまスーパーアリーナのスケール感とともに、そういう感覚は生み出せるんじゃないかと思ってます。

カク 「何が起きたか」がニュースになるような。

高木 そうですね。それくらいの気持ちで今回は挑んでますね。当然試合はそうですし、話題はつくっていかないといけない。

カク 気になっていたのは、サイバーファイトフェスをつくっていくプロセスというのは、あらかじめ見せたいものがあってつくっていくのか。それともそれぞれの団体の流れの“受け止め”の場なのか。

高木 カード発表が1か月前の段階(5月10日)ですし、やっぱり現在進行形をお見せしたいというのがあった。去年はけっこう、対抗戦パートを(カード発表で)先に出したりとかいろいろあったんですけど、今回は変えています。

声出し大会の反響は上々。お酒飲んだりとか野次だったり笑い、怒り、驚嘆を含めてライブ観戦

カク きのう“声を出していい”という大会の発表がありましたけど、反響はどうですか?

*DDTが5月25日、試験的に声出し応援が可能とする大会を発表した。入場が無料の「DDT FREE~みんなで声出そう!~」7・7新宿FACE大会で、収容可能人数450人に対し定員を150人とし、ソーシャルディスタンスを保った座席仕様となる。不織布マスクの着用を必須とし、鼻からあごまでを覆う着用を呼びかけられる。

高木 反響は無茶苦茶ありましたね。もともとボクの持論で、プロレスの楽しみ方って「ライブ観戦する」っていうのは、お酒飲んだりとか野次だったり笑い、怒り、驚嘆を含めてだと思っているんです。やっぱり発散したいわけじゃないですか。ディズニーランドも一緒でしょうけれど。そう考えると「声を出せない」というのは集客が戻らない原因のひとつです。野球とかサッカーはちょっと違うと思うんですよね。

それでいま会場にいるファンというのは本当にプロレスが好きで団体愛に溢れていると思います。ありがたいですし、何があっても最後までついてきてくれると思うんですよ。でも、そうじゃない少しライトな層とか、お子様が一緒にいたりとか、足が離れたファンもいたと思うんですよね。「声」は早くから何とかしたかった。

カク なるほど。

高木 それで東京都と話をしていたところ、ガイドラインとしては50%のソーシャルディスタンスで、会場OKで、不織布マスクを鼻から口まで覆うということだったんで、それをクリアして。ボクら全面的な解除か、段階的な解除か、あるいは声出しエリアをつくるのか。いろいろ意見が分かれたんですけど、まだNGな会場もあるんですよ。なので今回は試験的で、あえて無料興行を選んだんです。これで特に批判的なものとかお客さんが怖がるとかなければ、解禁する判断が近づくと見ています。

会見での拳王による週プロ裏表紙広告のツッコミ? 裏表紙の割り当ては合議制で決めている

カク サイバーファイトフェスの会見(5月10日)がありました。週プロ(週刊プロレス誌)裏表紙広告(ノア以外の団体だけでまわして、ノアを冷遇、排除している)の件を、拳王選手が突っ込んでました。

【11週分の週プロ裏表紙広告をめくって見せ「DDT、東京女子、ガンバレ☆プロレス…ノアはどこいったんだよ? なめんじゃねえぞ!」】

高木 サイバーファイトで裏表紙を押さえている広告ですね。ボクらグループ間の中で情報共有していて、いわゆる2か月、3か月先まで、裏表紙の割り当てを決めているんですよ。本当にたまたま拳王の指摘した2か月とか3か月間くらいは、ノア的に「今回は使用しなくても大丈夫です」って言われていた期間だったんで(笑)。彼は本当に・・・突っ込むことしか考えてない(笑)。

カク いい“燃料”になっちゃった!?

高木 そうなんですよ。でもあれだけよく調べてるなぁと。週プロが好きなんでしょうね。これ、ボクが決めたことでもないし。ちゃんと合議制で、各団体にお伺いを立ててやっているんで。

カク ノアをいじめているわけじゃないと?

高木 なわけないですよ!! ABEMAの放映回数だって「譲ってる」んですよ、そこは。大きく書いていただいて構わないですけど、フラットに見てよっていう。ボクらレッスルユニバースを大きくしないといけないですから、じゃあDDTと東京女子はレッスルユニバースを優先するよと。ノアはブランディングしていくっていう中で、やっぱりメジャー団体っていうイメージは大事じゃないですか。なのでABEMAを多めにやっていくという判断をボクがしたんですよ。なぜDDTのABEMAはなくなったんですかと聞かれるんですけど。やろうと思ったらできるんですけど。いまはABEMAも好評になってきたんで、じゃあノアのレッスルユニバース独占配信も増やしましょうよと。全ては「戦略」なんですよ。彼(拳王)は「感情」で動いてるだけなんで。

カク これに拳王選手がどう反論するか?(笑)

高木 そういう小さい視点ではサイバーファイトは考えてなくて、彼のことも正直相手にしたくないし。反体制を気取っている。ボクから言わせれば反体制でもない。あくまで日本のトップに立つ団体ということを目標にしたときに、そのカウンター(反撃の担い手)として持ち上がってくるのはたぶんDDTじゃないんですよ。違う概念でDDTは動いてるんで・・・何度も試みようとしたんですが、そこの土俵では難しかったんですよ、正直。

新日本プロレスを支持する層の土俵ではたぶんDDTは闘えない。もっとサブカル層の中でもアニメだったりマンガだったりいろいろ異ジャンルの方で支持を得られる業態なんじゃないかと。ノアはサイバーファイトの中では唯一、新日本の土俵で勝負できる団体なんですよ。新日本のファンを引っ張って来れるのはノアなんですよ。新日本のファンはヨシヒコを「あんなの人形じゃん」で終わっちゃう。それは価値観、文化の違いなんです。

カク そういう考えになったのは、ノアと一緒になってからか、その前から?

高木 やっぱりDDTがサイバーエージェントにグループ入りをして、なんとかいろんなトライをさせてもらったんですけど、いまひとつハマらなかった。いわゆるスケール感は上がったんですけど、じゃあ日本の王道の、主軸のプロレスファンを持ってこれるかというと難しいだろうなと思っちゃったんですよね。日本のプロレスファンの土壌とは違う。DDTはどちらかというと海外だったり、サブカル層だったり、世間一般層のほうが勝負できる。ノアはプロレス中心層で勝負できる。その2軸です。

カク 日本のファンは、その団体がどういう血筋にあるのかを重視するイメージです。

高木 世界的にもそうなんですよ。意外に、世界の超コアな人たち、マニアは案外「ここは、誰がコーチなんだ?」とか、すごい気にしますよね。外国人選手のWikipediaには「コーチ」の項目があるんですよ。日本でも「あいつはどこで育った」とかよく言うじゃないですか。これあるんスよね。ボクが最近言ってるのは、プロレスは伝統芸能化しているというか、流派を気にするじゃないですか。ボクはやっぱり流派がある以上、日本の中心の、既存のプロレスファンにごっそりいくのはなかなか難しいだろうなと。

カク トラディショナルな日本のプロレスにサイバーファイトが「来る」って気配を感じたのは、1年前の秋山準選手、武藤敬司選手の「入団」というシーンでしたね。ただこれは、いかんせん連発が難しい。

高木 確かに、おっしゃる通り。ああいうミラクルは起きないですよ。ボクの中ではコロナだから成立したと思っている。平常に戻ってきている中でミラクルはなかなか難しい。

カク 昨年は入団と武藤選手のムーンサルト・プレスやるやらないの流れが神がかり過ぎて。

AD

高木 でもノアはやっぱり、時代におけるものを引っ張らずに、新しいものをつくろうとしていますよね。持論ですけど、ノアこそベンチャーなんですよ。当時大手の団体である全日本プロレスから独立したじゃないですか。だから日本のプロレスベンチャーの走りなんですよ。DDTも第一人者と思ってやってきましたけど、ノアこそそうで新しいフェーズに入っていると思っている。ただ、現場にそうかと聞いたわけでも、そうしてくださいとも言ってない。声を大にして言うと、数字しか見てないんです。経営者なんで、ノアの大会は何人入って、売り上げがいくらで、支出はいくらで・・・全部チェックしている。DDTも東京女子もガンバレ☆プロレスも。当然です。逆に「方向性」はおまかせなんですよ。

ノア両国2連戦。初日をジュニアでやると発表されたときひっくり返りました。Twitterを見て知る!!

カク 売り上げではノアの両国国技館2連戦の集客が厳しかったという声もありますが?

高木 でもサブスクのレッスルユニバースの新規獲得はすごい増えたんです。(※カクトウログ註:この点についてはノア関係者からも一定成果があったことを聞いています。)

カク 他大会に比べて?

高木 そうそう。新しい売り上げを立てられた。サブスクビジネスは月額だと安いけれど、その人たちが半年・1年続けると入場料金くらいになる。

カク 「史上最大のX」も効果あり?

高木 どうなんですかね? ノアのことはわかんないんで(笑)。個人的な興味でいうと、単純に「両国国技館を2日間やった」というのがすごい。あと初日をジュニアでやると発表されたときひっくり返りました。Twitterを見て知るっていう(笑)。

カク 昔の新日本の東スポで知る的な(笑)。

高木 正直な話「やられた」と。単純な話、それだけで「層が厚い」じゃないですか。すごいところまでいっちゃったなぁ、DDTも負けていられないなぁと。そこまで判断できるくらいにノアは「いってる」んだと。

カク そうなんですよ、すごい「決断力」を見せつけられましたね。新日本がジュニアだけで集客できないところもあるからビッグマッチはヘビー選手も動員するじゃないですか。高橋ヒロム選手がジュニアジュニアと言っても、現実的には切り替えられないところがあるけれど、ノアは「会社が仕掛ける」チックなところもあるかなと。

高木 もちろん結果論として見た目(の集客)とか言われる方もいらっしゃると思いますけど、でも別の売り上げを配信で立てているというのもやっています。プロレスのビジネスの価値観が変わってきている、格闘技も含めて。RIZINがRIZIN LANDMARKっていう配信大会をやってますよね。PPVビジネス。会場はスタジオ程度かもしれないけれど、演出はド派手にしてるじゃないですか。そういうことを考えながらやっていくというところに来たんだろうなと。

カク 集客問題にはノアの勢いうんぬんではなく首都圏日程の過密さがあるのではないか? と思うんですけど。何か事情がありますか。

*4~6月ノア首都圏日程

4月08日(金)東京・後楽園ホール
4月09日(土)東京・後楽園ホール
4月29日(金)東京・両国国技館
4月30日(土)東京・両国国技館

5月04日(水)東京・後楽園ホール
5月05日(木)東京・後楽園ホール
5月14日(土)神奈川・横浜ラジアントホール
5月19日(木)神奈川・横浜ラジアントホール
5月21日(土)(武藤敬司が復帰)東京・大田区総合体育館
5月30日(月)神奈川・クラブチッタ川崎

6月07日(火)東京・後楽園ホール
6月08日(水)東京・後楽園ホール
6月12日(日)(CyberFight Festival 2022)埼玉・さいたまスーパーアリーナ
6月23日(木)東京・新宿FACE
6月24日(金)神奈川・横浜ラジアントホール

高木 ボクはノアのコースを決めているわけじゃないんですが、まず「配信環境」が整っている会場が重要になってくる。けっこうライブ配信って難しいんですよ。回線工事してやらなくちゃいけないとか。その点で地方大会はなかなかリスキーになる。地方でもビッグマッチは別ですが、地方大会は二の足を踏むというか、東京に集中するというのはわかります。だって新日本もそうじゃないですか。

カク 後楽園が多くなってますね。

高木 でも後楽園は配信環境が整っているんですよ。これはね、プロレス自体も変わってきているから、WWEのサンダードームみたいにどっかの体育館を借りて、ショーとしてやってもいいじゃんとも思うんですよ。サカイさんもおわかりだと思うんですけど、配信の入っている大会と入っていない大会ではSNSの伸びが全然違う。コロナ前より差が広がっちゃったと思っている。内訳としても、会場でのライブ観戦側からのSNSが減り、配信側からのSNSがさらに増えている、そういう格差までもあると思うんです。

DDTもユニバースでやっていて、地方大会は経費がかかるわけですよ。カメラクルーの交通費もかかる。配信のプラットフォームを持っている会社だからこそ。すると首都圏に集中しちゃうんで、これはもうアイディアで切り抜けるしかないと。

カク 今の日程をベースに試行錯誤をせざるを得ないと。両国をやったばっかりで大田区もやったんで、武藤選手の復帰が900人台だったのがさびしかったんで。ファンも会場での”現実”の受け止めをどうするかはあると思うんです。

高木 どういうふうにやったらいいんだろうな・・・DDTはRIZIN LANDMARKのような常設会場でやってもいいと思いますけどね。ノアはわからないですけど(笑)。

ノアや東京女子に感じる課題は? 高木社長「レッスルユニバースでもABEMAでも試合は見てます」

カク 高木社長の視点からノアや東京女子に感じる課題というのはあるのでしょうか?

高木 レッスルユニバースでもABEMAでも試合は見てます。エゴサもしますしね。そうですねぇ、ボクはノアには「やられた」って思わされることが多いですね。単純に藤田(和之)さんの「人間に戻りたい」っていうのは2022年最大のカミングアウトなんじゃないかと!! あれはビックリした。藤田さんにそんな感情があったとは。めっちゃ面白いなぁと。ジュニアも見てて動きも展開も早いじゃないですか。DDTも負けてられないなぁと。ボクはマンネリが嫌いなので、ノアのジュニアなんかそれぞれの選手の意志があっていいなぁと思いますね。

【「野獣ではなく人間・藤田和之、ノアの藤田和之として生きていきたいと思っております。今まで偽りの姿を見せてしまい、申し訳ございませんでした」(2月24日)】

カク 東京女子となると。

高木 東京女子プロレスは、よりいっそう「唯一無二」の存在になっちゃったなぁと。もちろん悪い意味じゃないんですよ。スターダムという団体が出てきて、スターダムが女子プロレスの王道的なスタンスになるわけですけれども、だからこそその対面にいて、一生交わらないんだろうなぁとは思っています。交わる必要もないし、東京女子の世界観って見てて清々しいなぁと。ボクなんかのドロドロな目で見ててもやっぱり清々しいんです。心が洗われるなぁって。

カク 世界観で勝負していると。ボクの知り合いが東京女子を見に行ったときに「そんなにハードヒットじゃない。危険技を使わずに緊張感ある試合を組み立てている」って言い方をしてましたね。

高木 怪我だけは・・・これは全団体ですが気をつけなきゃいけない。ただ坂崎ユカ選手の試合とかはハードヒットですよ!! あんなエルボーとか大丈夫かと(心配になる)。坂崎選手、山下実優選手、中島翔子選手はトップで、世界のどこに行っても通用します。

カク さきほど新日本のカウンターがノアという話をされていたんですけど、新日とは違うノアの強み、勝負所はどういうところにあると思いますか?

高木 ノアのスタイルってすごく激しいスタイルだと思ってます。あれこそ今の日本のプロレス界の中で薄れつつあるアスリートプロレスのスタイルなんじゃないかと。それをずっと守っている団体。ボク、全日本プロレス好きだったんで、天龍革命があって、地方でも毎日激しい試合をやってて、そっからいわゆるジャンボ鶴田さんとか超世代軍とか抗争があったじゃないですか。伝わりやすい激しい試合をして。四天王からノアのプロレスになり、それを守っていると思いますね。

さっき話したこととは矛盾して聞こえるかもしれないんですけど、怪我っていうリスクがあるのがプロレスだけど、怪我しない鍛え方というのをしていると思うし。なんだろうなぁ・・・比較しちゃうと角が立つ(笑)。“同業者の目線”で見ててもノアはすごいガッチリやってるんですよね。ハードヒットでもあり、攻防として見透かされないものっていうのを。

カク なるほど。

高木 それを去年の6月に金剛とやって体感しました。やっぱり拳王の攻撃に意識飛びそうになりましたもん。飛ばなかったのはボクの意地でした。

【DDTvs.金剛全面対抗12人タッグマッチで高木と拳王が対決。拳王が厳しく高木を追い込む】

高木 彼はすごいと思いましたね。あんなにボコボコにされたのはデビュー戦とか、あとなんだろ、DDT旗揚げ戦でスーパー宇宙パワーと仮面シュータースーパーライダーにボクとNOSAWA論外がボコボコにされたのを思い出しました。それくらい彼は当たりが強かった。こっちにも意地があるんで、絶対に意識だけは飛ばない、絶対ノックアウトされまいと最後まで立ってたんですけど、ホント心折れそうでした。社長じゃなかったら折れてました(笑)。ノアを体現しているのは彼かもしれない。

カク まさかの拳王締め(笑)。サイバーファイトフェス、期待しております!!

丸藤欠場で中嶋が代替参戦、拳王vs.佐々木はノーDQ戦に。6・12サイフェス対戦カード

 丸藤正道が負傷のため欠場で中嶋勝彦が代替参戦、拳王vs.佐々木大輔はノーDQルールのハードコアマッチに。サイフェス対戦カードおさらい。

■ CyberFight Festival 2022
日時:6月12日(日)14:00 ※STARTING BATTLEは13:00頃開始予定
会場:埼玉・さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ

<武藤敬司が来場> ※タイミングは未発表
プロレスリング・ノア所属・武藤敬司選手の来場が決定いたしました。大会当日、武藤選手からファンの皆様、報道関係の皆様に大切なご報告がございます。

=====13:00頃開始予定=====

<STARTING BATTLE KICKOFF~DDT提供タッグマッチ>
マッスル坂井&納谷幸男
(1/15)
高尾蒼馬&平田一喜

<STARTING BATTLE 2~TJPW提供10人タッグマッチ>
ハイパーミサヲ&愛野ユキ&らく&原宿ぽむ&猫はるな
(1/15)
角田奈穂&桐生真弥&宮本もか&遠藤有栖&鳥喰かや

<STARTING BATTLE 3~DDTvs.ガンバレ☆プロレス対抗戦>
坂口征夫&赤井沙希&岡谷英樹
(1/15)
大家健&まなせゆうな&渡瀬瑞基

=====14:00=====

<オープニングマッチ NOAHvs.DDT対抗戦>
岡田欣也&藤村加偉
(1/20)
小嶋斗偉&高鹿佑也

<第2試合 TJPW提供6人タッグマッチ>
山下実優&伊藤麻希&長野じゅりあ
(1/20)
乃蒼ヒカリ&鈴芽&荒井優希

<第3試合 DDT提供8人タッグマッチ>
飯野“セクシー”雄貴&男色“ダンディ”ディーノ&今成“ファンタスティック”夢人&西垣“コーチン”彰人
(1/30)
高木三四郎&ケンドー・カシン&青木真也&堀田祐美子

<第4試合 プリンセス・オブ・プリンセス選手権次期挑戦者決定4WAYマッチ(1/30)>
辰巳リカ
vs.
瑞希
vs.
上福ゆき
vs.
渡辺未詩
※この試合の勝者が7月9日東京女子プロレス大田区総合体育館大会にてプリンセス・オブ・プリンセス王座に挑戦する。

<第5試合 NOAH提供10人タッグマッチ>
杉浦貴&藤田和之&マサ北宮&稲葉大樹&谷口周平
(1/30)
マイケル・エルガン&イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr&レネ・デュプリ&サイモン・ゴッチ&Ⅹ
※この試合の「Ⅹ」は、6月7日プロレスリング・ノア後楽園ホール大会にて正体が明かされる。

<第6試合 DDT提供8人タッグマッチ>
HARASHIMA&吉村直巳&クリス・ブルックス&高梨将弘
(1/30)
上野勇希&勝俣瞬馬&MAO&朱崇花

<第7試合 NOAH提供6人タッグマッチ>
ロブ・ヴァン・ダム&小川良成&HAYATA
(1/45)
清宮海斗&原田大輔&YO-HEY

<第8試合 NOAHvs.DDT対抗戦>
遠藤哲哉&秋山準&樋口和貞
(1/45)
中嶋勝彦&小峠篤司&稲村愛輝

<第9試合 NOAHvs.DDT対抗戦~ハードコアマッチ~ノーDQルール>
拳王
(1/45)
佐々木大輔
『CyberFight Festival 2022』6・12さいたまスーパーアリーナ大会カード発表会見

<セミファイナル プリンセス・オブ・プリンセス選手権試合>
[挑戦者] 坂崎ユカ
(1/30)
中島翔子
[第10代王者] ※中島が3度目の防衛戦

<メインイベント GHCヘビー級選手権試合>
[挑戦者] 小島聡
(1/60)
潮崎豪
[第38代王者] ※潮崎が初防衛戦

席種:
CyberFightシート50,000円(当日51,000円/アリーナ1~3列目/非売品グッズ及び大会パンフレット付き)
アリーナS 20,000円(当日21,000円/アリーナ4~8列目)
アリーナA 15,000円(当日16,000円/アリーナ9~15列目)
特別リングサイド15,000円(当日16,000円/ひな壇)
スタンドS 12,000円(当日13,000円)
応援シート10,000円(当日11,000円/スタンドSとAの間)
スタンドA 8,000円(当日9,000円)
スタンドB 5,000円(当日6,000円)
車椅子席 5,000円(当日6,000円)
※応援シートは、DDTプロレスリング、プロレスリング・ノア、東京女子プロレス、ガンバレ☆プロレスの団体ごとに応援グッズが付いたシートです。それぞれ枚数限定で販売いたします。
※車椅子席をご購入の方は、当日ご案内をさせて頂きますので、下記よりお問合せください。
https://www.ddtpro.com/contact

チケット販売場所:
公式チケット購入フォーム、チケットぴあ、ローソンチケット、e+ほか

■ 独占生中継

動画配信サービス「WRESTLE UNIVERSE」では「CyberFight Festival 2022」を独占生中継いたします。
配信URL:https://www.wrestle-universe.com/lives/q81vbzvm1WYCM3drcqN8hB
ゲスト解説:・ケンドーコバヤシ ・岡田結実 ・まつきりな ・谷真理佳(SKE48)

※視聴には会員登録が必要です(https://www.wrestle-universe.com/)。月額(税込900円)でNOAH、DDT、TJPW、ガンバレ☆プロレスの生中継、過去動画、バラエティー番組など全てのコンテンツが見放題となります。2週間無料トライアル機能もあります。13日以内に解約すると課金されません。



人気ブログランキング
このバナーのクリック▲で順位と更新意欲がアップします。記事が役立ったら応援を。1日1回有効。


[公式戦日程まとめ▶新日本 G1 CLIMAX 32スターダム 5★STAR GP 2022


7/20(水)24時まで受付



[ブシロード▶新日スターダム
[サイバー▶ノアDDT系
[団体別▶全日GLEATWWE
[選手▶写真名鑑(週プロ)
[格闘技▶RIZIN
[応援📢高山善廣大谷晋二郎木村花

墨田区の柔術ジム CAVE BJJ

カテゴリー

バックナンバー

団体リンク

プロレス団体リンク
新日本プロレスニュース大会日程新日本プロレスワールドYouTubeワールドYouTube)/全日本プロレス全日本プロレスTV)/NOAHDDTWRESTLE UNIVERSE)/GLEAT大日本プロレスZERO1DRAGON GATEみちのくプロレス大阪プロレス2AWDRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムYouTube)/ディアナ


格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSDEEPPANCRASEQUINTET


YouTube
📳アントニオ猪木📳長州力📳前田日明📳船木誠勝📳田村潔司📳蝶野正洋📳獣神サンダー・ライガー📳朝倉海📳朝倉未来📳永島勝司


ファイター等
日本プロレス殿堂会蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)高山善廣田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト


最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル大川昇アメブロ金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社彩図社チームフルスイング書泉グループのイベント闘道館大阪カウント2.99


新着&注目アイテム
プロレスDVDサーチプロレス本サーチ



[2022年7月5日発売! 表紙及び巻頭ロングインタビューは、2023年春での現役引退を表明した武藤敬司。武藤引退を語る長州力、RIZINで活躍するUWFのリアル遺伝子・山本喧一&山本空良親子、修斗世界バンタム級王者・安藤達也、BKB!ことバイク川崎のインタビュー。人気連載・玉袋筋太郎の変態座談会のゲストはタイガー戸口。連載陣は、五木田智央、鈴木みのる、バッファロー五郎A、プチ鹿島、斎藤文彦、兵庫慎司、古泉知彦、坂本一弘、椎名基樹、マッスル坂井、ターザン山本!、大井洋一、伊藤健一(敬称略)]



[2022年5月6日発売! グラビアをはじめ、選手紹介、スターダム人物相関図、また新日本プロレスのトップ選手との対談やプロレス技紹介ページなどなど、STARDOMファン、女子プロファンにはたまらない1冊。掲載選手:岩谷麻優、林下詩美、中野たむ、ジュリア、スターライト・キッドほか全30名]



[2022年6月17日発売! 髙田延彦の壮大なるレスラー人生・・・その原点ともなった「新日本プロレス時代の戦い」に注目。テレビ朝日に現存するその貴重な試合映像の数々を髙田本人の新撮インタビューを交え収録]



[2022年1月17発売! プロレス入り前は、もともとアイドルだったという中野たむ。なぜ、彼女はアイドルからプロレスという真逆の世界に足を踏み入れたのか。そこに至るまでにはどのような葛藤があったのか。その真意が初めて綴られる]



[2021年10月27日発売! 伝説の名レスラーたちを、誰よりも近くで写真におさめてきた男がいる。元『週刊ゴング』のカメラマン・大川昇である。昭和・平成を彩ったスターレスラーの素顔を、プロレス愛に溢れた秘蔵写真と秘蔵エピソードで振り返る]



[2021年12月25日発売! プロレスラーには限界から先の姿を見せていく使命がある——。誰もが自らの「リング」に立つためにヒントとなる、オカダ流人生の極意の数々]



[2021年12月21日発売! 最近では“SANAやん”の愛称で親しまれ、SNSではお茶目な一面もたびたびのぞかせているSANADA。みんなが気になる“SANAやん”の知られざる素顔が垣間見える1冊です! チェックワンツー!]


[2022年3月30日発売! ストロングスタイルを基盤としつつ、華麗なる空中技と変幻自在な四次元殺法、そして威力抜群の打撃技で、プロレス界のみならず社会的に空前のブームを巻き起こした初代タイガーマスク。その激闘の数々を高画質で収録した、史上初のBlu-ray作品! テレビ朝日に現存する、至極の名勝負44試合(そのうちノーカット33試合)を収録予定! ※一部試合で画像の乱れる試合もあるが歴史的資料の観点から収録]



[2021年12月22日発売! [特集]1981年の新日本vs全日本 [証言]大塚直樹(元新日本プロレス営業部長)原章(元『全日本プロレス中継』プロデューサー)佐藤昭雄 [対談]ゴング編集部から見た1981年の新日本vs全日本 清水勉×小佐野景浩 [刊行記念企画]ファンの心に残るのは“入場曲”にあらず 昭和・平成プロレステーマ曲放談【前編】 木原文人リングアナ×コブラ]



[2021年11月5日発売! 昭和期の新日本プロレス、全日本プロレス、国際プロレス、第1次UWF、ジャパンプロレスで使用された日本人及び外国人レスラーの入場テーマ曲を解説。ジャケット掲載350枚! 選曲の経緯や使用期間、細かいバージョン違いなども徹底解析!]



[2021年9月15日発売! 橋本・武藤・蝶野の闘魂三銃士各選手のテーマ曲や、グレート・ムタの入場曲の作曲者として、プロレステーマ曲のレジェンドとして知られる鈴木修の集大成とも言える2枚組アルバムが遂に完成]



[2021年11月15日発売! 英語がわかるとプロレスがもっと面白くなる! 新日本プロレス、プロレス通訳、英語教材制作、それぞれのプロフェッショナルが集結しました。新日本プロレスとアルクがタッグを組んだオリジナルコンテンツ満載の「プロレス英語本」です]



[2021年9月29日発売! 迷わず買えよ! 買えばわかるさ! ! アントニオ猪木自ら厳選した激闘26試合、更には猪木語録名場面集を収録した燃える闘魂 初の高画質Blu-ray BOX]



[2021年6月18日発売! ビッグバン・ベイダー最初で最後の自伝『VADER TIME ベイダータイム 皇帝戦士の真実』 たけしプロレス軍団からの刺客として参戦の裏事情、目玉が飛び出たハンセン戦の真相など]

レポートbyカクトウログ

> コシの強いUDONプロレス 名古屋に来た
> 高木三四郎サイフェス直前インタビュー
> プロレス総選挙をテレ朝が5年ぶり実施
> 飯伏「真実からかけはなれています」
> さあパンデミック明け 新日本への期待
> 兄・裕一郎さん涙 大谷晋二郎応援募金
> 藤田和之 前田日明の前でも野獣!?
> ツヨカワ天咲光由 ミラノ先生が指導
> 田中正悟さん亡くなる 前田日明と親交
> 白の聖典(中野たむ著)ブックレビュー
> いざ愛知大会へ コズエン秘密の作戦会議
> サイン会で決起 秘密のコズエン反省会!?
> 不満消えた 東スポプロレス大賞2021総括
> 大阪超女大戦前 コズエン秘密の作戦会議
> UDONプロレス初の「読む記者会見」
> 前田日明の来歴をまとめて振り返る
> 前田日明と再会で舌好調 新間寿トーク
> 中野たむ 大阪城で天下取りの誓い
> UDONプロレス コシの強さと一体感
> 新日本プロレスがリアタイ報道を解禁
> 嫌われ者からブレイク コズエン1周年
> ノアが公式以外媒体リアタイ報道を解禁
> 西武D2連戦総括 木谷氏「反省しないと」
> カクトウログは開設17周年
> GLEAT旗揚げハラハラ感 時代に抗うUWF
> 猪木vs.アリから45年 真実を巡る旅続く
> さよならムーンサルト回収 武藤敬司飛ぶ
> 震災10年仙台大会に地震 神対応の舞台裏
> 中野たむを信じて明日に輝け 武道館詳報
> 前田日明が新日と交渉 第1次UWFの記憶
> 武藤敬司の「夢」ノア武道館を飲み込む
> AEW・新日連携への米国ファンの期待とは
> ジェイ戦列復帰 新日本というミステリー
> コズエンはあきらめない 高田馬場写真集
> 2020年プロレス大賞 3アワード比較
> 金沢克彦氏が18年半ワープロ解説に終止符
> ダブルドーム2021年ベストバウト投票結果
> 柴田勝頼 2022年“復帰”目指して始動
> 星を包み込む宇宙であれ コズエンが独立
> コズミックエンジェルズ初戴冠の日に密着
> プロレス大賞こうだったんじゃないか劇場
> 大会ベストバウト投票 年間総括2020
> プロレス大賞でノアは!? 武田氏と立ち話
> 新日本コロナイヤーを金沢克彦氏が生解説
> 内藤か潮崎か 2020年プロレス大賞展望
> あるのか前高山 山ちゃんがやっちゃった
> 宇宙旅行をアテンド中野たむ 棚橋弘至説
> 絶叫できない熱狂とコロナ副産物 G1総括
> GLEATプレ旗揚げ 田村&長州のプロレス観
> 鈴木みのる 天を指してゴッチ式の理由
> ベストバウト&大会総括 21年ぶり神宮球場
> 武藤敬司vs.前田日明トークレポート
> 丸藤正道vs.前田日明トークレポート
> 猪木酒場新宿店が7月閉店 かつて全国7店
> 金8以降世代のNJC4強こそ新日本の主張
> 『記憶の懸け橋』トークイベント観覧メモ
> 「社会的責任」ひとつの答え 新日本再開
> 小久保隆さん TJシンテーマ曲秘話
> 柴田勝頼ついに2017年4月9日を初激白
> 柴田勝頼の新日本帰還はなぜ実現した?
> 大阪カウント2.99に鈴木みのるがエール
> オカダ戦から3年 柴田勝頼の奇跡と軌跡
> コロナ禍でノア無観客試合 潮崎vs.藤田
> コロナ禍でスターダム無観客試合
> 文庫版『1984年のUWF』にカクトウログ
> 前田「ずっと猪木さんに教えてもらった」
> 船木誠勝が明かす! 柴田勝頼“秘話”
> 映画アイアン・シークで前田トーク!
> 藤田和之トーク 半生を激語り!
> シークレット結婚式!? オカダ&三森さん
> ジャイアント馬場バルに行ってきた!
> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> 2019年の顔は!? プロレス大賞まとめ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年を大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFのテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼