1. HOME
  2. プロレス
  3. スターダム
  4. コズエン通信
  5. 月山和香が勝った日 負けない気持ちこそが強さでありコズエンそのもの
コズエン通信

月山和香が勝った日 負けない気持ちこそが強さでありコズエンそのもの

コズエン通信

3811

 25日、スターダムが『FIBREPLEX presents NEW BLOOD Premium』横浜武道館大会を開催した。メインはスターダム入りしてから“未勝利”の月山和香が「負ければスターダム撤退」を宣言して臨んだ試合となった。コメント言い回しは公式サイトに合わせてあります。

〇月山和香&中野たむ(21分58秒、変形オースイ・スープレックス・ホールド)●高橋奈七永&KAIRI

 スターダム参戦から1年半。100試合以上の未勝利が続いた月山和香に、中野たむが昨年末「3月までに勝てなければコズエン(COSMIC ANGELS)追放」を突きつける。月山はそのラストチャンスとなる横浜大会の相手に高橋奈七永を指名。高橋はパートナーにKAIRIを帯同し、絶体絶命ぶりに拍車がかかった。それでもなお、月山はコズエン脱退のみならずスターダム参戦継続まで賭けた試合を宣言していた。

ユニットリーダーである中野のテーマではなく月山のテーマ曲で2人が入場する。

笑顔を振りまいての入場が通例だが、月山は表情を崩さず。コズエンの仲間が迎え入れて必勝モード。

カットを編み込みモヒカンで仕上げ、コールに呼応することなく高橋と睨み合い。

最初の5分以上は月山のローンバトル。中野は連係攻撃でのアシストに徹する。

やはり強大な七海里の壁。高橋の重いキックが火を吹いて月山にダメージを蓄積させた。

ようやく中野にタッチするも、そもそも七海里が中野にとっても強敵であることを実感させられる。

それでも息を合わせることで突破口を見出すしかない。中野と月山が場外ダイブの二重奏を見舞う。

「体が小さいぶん体重を乗せにいく技」月山がこだわりのミサイルキックを繰り返した。

それでも七海里のダイナミックな技が行く手を阻むのか…。

高橋の冷蔵庫爆弾は…寸前で月山がかわす!!

七海里の連係エルボーは…中野がアシストして月山を逃す!!

中野の得意技であるタイガースープレックスを月山も。ここ一番の奥義で高橋にダメージを与えておき…。

月山はさらに高橋にオースイスープレックスからのエビ固め。3カウントが完全に入った!!

月山「……。生きててよかったです。私はデビューしてから(前所属団体を含めて)2年7カ月、勝ったことがなくて、落ちこぼれとか、いろんなことを言われて、でも今日…奈七永さん、KAIRIさん、そしてたむさん、試合ができた今日、私は一生忘れません。ありがとうございました…。ありがとうございました!」

奈七永「月山、ふざけんじゃねぇ! 私に勝ったんだからな、泣いてんじゃねーよっ! 笑えよ、笑ってみろ! (必死に笑おうとする月山に)なんだ、その顔は」

月山「笑ってます!」

奈七永「笑えよ! オイ、笑って! 笑ってしっかり女子プロレスを背負っていけよ。お前のまっすぐさにやられたよ。今日からライバルな」

月山「たむさん…、私は……COSMIC ANGELSに残ってもいいですか?」

中野「(無言でハグして)コズエンに入ってくれて、本当にありがとう。勝ったんだから、この大会は月山が締めるんだよ!」

月山「たむさんなんて締めればいいですか? (中野が耳打ち)わかりました。勝ったので一言言わせてください。いきます。私が真のNEW BLOODだ!」

いつもまっすぐで腰が低くて気さくだけど…「早く勝ちたいです」と口にし続けていた

中野「月山、おめでとう…。つかんだね(涙)」

月山「ここまでやってこれたのは、応援してくれるみんながいたから。そして、かけがえのない仲間がいたからです(涙)。いっぱい幸せな人は世の中にいると思うけど、こんなに人に恵まれた幸せな人はいないって思えるぐらい、私は今日一日…今日のことを私は一生忘れません。本当に、本当に本当に本当に本当にありがとうごいます…。たむさん、私コズエンもスターダムも辞めないでいいんですもんね…」

中野「月山がいてくれたから…。月山はすごい人に愛される才能を本当に持っている子だから、その自分の力を信じてこれからはたくさん困難を、自分の運命を切り開いていってください。ありがとう。おめでとう!」

月山「ありがとうございます」

なつぽい「おめでとう」

白川「おめでとう」

月山「もしかしたらほんのちょっとだけど、もう二度とコズエンの締めができなくなるんじゃないかって思って。でも、ちょっとできなさそうなんで、みなさんお願いしていいですか…」

なつぽい「ナンバーワン!のヤツだよね」

中野「やろう、やりたい!月山がやってよ。英語できないからさ」

月山「できないかもしれない」

白川「適当でいいよ。月山流で」

月山「やります!レディース・アンド・ジェントルマン、メイ・アイ・ハブ・ユア・アテンションプリーズ、ウェルカム・アボード、コズミック・エンジェルズ!」

中野「本日の搭乗員を紹介します!カラーズ・裕子!SAKI!なつぽい!未奈!たむ!そして、新のニューブラッド・和香!ウィー・アー・スーパー・デリシャス!ウィー・アー・ベスト!ウィー・アー・ナンバーワン!」

月山「私たちもあなたたちも」

全員「デリシャース、ウーンマ!」

力が尽きる寸前の月山。まるで家にいるかのように「このまま眠れそう」。運営段取りにも促され退場することに。

中野が『コズエン通信』カメラにも月山初勝利を強調してくれた。

奈七永「ちょっと、うーん。どうだった、逆に?高橋奈七永のパッションが死んだわけじゃないでしょ?…誰かなんか言って!パッションは死んでない。死んでないけれども、月山が今日、私からスリーを奪ったのが事実だとするならば、これは宇宙規模ですね、やっぱり。宇宙規模ですよ。宇宙規模の最大の隕石が落ちた、きょう。横浜武道館。だからコズミック・エンジェルズ。コズミック。うまいこと言ったみたいになっちゃったじゃん。最後ガッチリ丸め込まれて、クソー!だからパッションは負けてないし、心も折れてないので。これからまだまだ月山とは闘っていく。物語がどうやら始まったようです。でも七海里も別に終わらないし」

KAIRI「プロレスは負けたら終わりじゃなくて、辞めたら終わりだと私は思っているので。負けがスタート。いつも負けから始まるのがプロレス。月山選手、2年7カ月という、ずっと悔しい思いをして、その思いをためてきょう全身でそれをぶつけてきた感覚がありました。私もIWGPのベルト負けて、今日本当に勝つ気で臨みましたけど、結果は結果なのでしっかり受け止めて、またもっとこれ以上強くなるだけだと思います」

* * *

 横浜武道館をくぐると、練習を終えた月山が挨拶代わりに「キンチョーしますゥ」と袖を掴んできた。ユーモアでもあり、気さくな月山のコミュニケーション。自身の緊張を追っ払いたいとも思っているんだろう。「これはやってくれそうかな」と感じつつ月山の髪型に目が行く。「あれっ、この髪型!? 入場で披露になりますね」「そうですね」。決意の編み込みモヒカン風ではないか。

 自身の髪型に感化され、小悪魔にとどまらずにヒールターンしちゃうんじゃないか!? そんなことまで妄想させたが、もう月山の思いっきりを味わうしかない。

 月山和香、気遣いの人である。

 団体やコズエンでの雑用をこなし、中野ら主力選手とのつなぎ役にもよくなってくれる。バックステージでもタイミングが合えば記者と歓談する。いつもまっすぐで腰が低い。コメントを出すときには、他者コメントとの全体バランスを見ながら独自の角度で出してくる。

 それでいて、月山がまわりに流されることなく、曲げずに主張してきたのが早期初勝利だ。

 初勝利を迫るのはデリケートであり、まわりもユーモアを交えて月山を励ますことが多かった。勝ち方やタイミングまでのクライマックスのつくり方をイメージしながらの発言にもなっていく。確か「ここまで来たら大舞台で初勝利したいですね」という話になったときではなかったか。月山は「いやですゥ」と返事してきた。

 「早く勝ちたいんです」。

 この言葉は、プロレスラーとしての本分であり、彼女の葛藤、まっすぐさを表していた。何よりも強い気持ちがあるということだ。しっかりと自身を確立したい、早いタイミングで。

 月山が所属するコズエンリーダーの中野はこう言う。

中野「このチームの強さですか? 弱いです(笑)。このチームは弱いんですよ。みんなまだキャリアも浅いし、アイドル上がりでちゃらちゃらしてます。かわいいだけです。でも、アイドルってどんなプロレスラーよりも泥臭いんですよ。その負けない気持ちじゃないですかね」(2020年12月20日)

 弱いことが強さ。負けない気持ちこそが強さであり、コズエンそのもの。横浜での勝利まで、その気持ちを貫いてくれたのだ。月山が勝った横浜武道館。改めて月山はコズエンの一員になったようにも思えた。

 試合で気になった場面。中野との二重奏での場外ダイブ、タイガースープレックス。月山が中野をウォッチし、中野のタイミングに合わせて仕掛けようとする。そこに待ち時間が生じる。ああやっぱり月山は気遣いの人!?

 もちろん実際のところは中野がタイミングを見ていて“タイミングのお見合い”になっているだけかもしれない。このあたりは連係技の改善も必要になってくる。

 バックステージコメントを終えた後に、中野にも声をかける。「よかったですね!! いい試合でした」「いつもありがとうございます。今朝も月山の記事(コズエン2周年座談会の振り返り)をツイートしてくださっていて」。

 いや激闘のあとにできる返事じゃないでしょ!! リーダーもまたとんでもなく気遣いの人だったのだ。

(大会結果)スターダム FIBREPLEX presents NEW BLOOD Premium 3月25日(土)横浜武道館

■ スターダム FIBREPLEX presents NEW BLOOD Premium
日時:3月25日(土)17:30 ※第0試合は16:50
会場:神奈川・横浜武道館 観衆734人(主催者発表)

<第0試合/3WAYタッグバトル>
〇羽南(STARS)&妃南(Queen’s Quest) 
vs. 飯田沙耶&●向後桃(STARS) 
vs. 琉悪夏&吏南(大江戸隊)
※5分44秒、セブンティーン

<第1試合/新人デビュー戦>
●さくらあや(新人)
 8分51秒、グロリアスドライバー→体固め
〇ジュリア(Donna del Mondo)

<第2試合/新人デビュー戦>
●HANAKO(新人)&レディ・C(Queen’s Quest)
 10分46秒、JPコースター→片エビ固め
舞華&〇ひめか(Donna del Mondo《舞ひめ》)

<第3試合/謎のシングルマッチ>
●スーパー・ストロング・スターダム・ビッグ・マシン
 5分18秒、ペディグリー→エビ固め
〇セクシー・ダイナマイト・プリンセス

<第4試合/NEW BLOODタッグ初代王座決定トーナメント準決勝①>
〇MIRAI&稲葉ともか(God’s Eye)
 10分19秒、ミラマーレ
壮麗亜美&●ななみ(God’s Eye)

<第5試合/NEW BLOODタッグ初代王座決定トーナメント準決勝②>
スターライト・キッド(大江戸隊)&〇KARMA
 7分5秒、ジャンナ
●桜井まい(Donna del Mondo)&ちゃんよた(PPP)

<第6試合/超新星5番勝負・第3戦>
●天咲光由(Queen’s Quest)
 13分4秒、スリーパー・ホールド→レフェリーストップ
〇朱里(God’s Eye)

<第7試合/NEW BLOODタッグ初代王座決定トーナメント決勝戦>
●MIRAI&稲葉ともか
 13分7秒、スター・スープレックス・ホールド
〇スターライト・キッド&KARMA

<第8試合/スペシャルタッグマッチ>
〇月山和香&中野たむ(COSMIC ANGELS)
 21分58秒、変形オースイ・スープレックス・ホールド
●高橋奈七永&KAIRI(七海里)


このバナーのクリック▲で順位と更新意欲がアップします。記事が役立ったら応援を。1日1回有効。


[主要プロレス日程▶格闘スケジュール
主要外部リンク
[ブシロード▶新日スターダム
[サイバー▶ノアDDT系
[団体別▶全日GLEAT
[格闘技▶RIZIN


2024年3月8日(金)24時まで受付


2024年3月5日(水)24時まで受付

ALMA FIGHT GYM PUGNUS 柔術ジムCAVEBJJ 東京都墨田区

カテゴリー

バックナンバー

団体リンク

プロレス団体リンク
新日本プロレスニュース大会日程新日本プロレスワールドYouTubeワールドYouTube)/全日本プロレス全日本プロレスTV)/NOAHDDTWRESTLE UNIVERSE)/GLEAT大日本プロレスZERO1DRAGON GATEみちのくプロレス大阪プロレス2AWDRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムYouTube)/ディアナマーベラス


格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSK-1RISE(ライズ)DEEPPANCRASEQUINTET巌流島


YouTube
📳アントニオ猪木📳長州力📳前田日明📳船木誠勝📳田村潔司📳蝶野正洋📳獣神サンダー・ライガー📳朝倉海📳朝倉未来📳永島勝司


ファイター等
蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)高山善廣田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト


最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル大川昇アメブロ金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社彩図社チームフルスイング書泉グループのイベント闘道館大阪カウント2.99


新着&注目アイテム
プロレスDVDサーチプロレス本サーチ


前田日明デビュー45周年記念Blu-ray BOX [Blu-ray] – 2024/6/12 前田日明 (出演)


猪木のためなら死ねる! 最も信頼された弟子が告白するアントニオ猪木の真実 単行本 – 2024/1/26 藤原 喜明 (著), 佐山 聡 (著), 前田 日明 (著)

2024プロレスラー全身写真名鑑[雑誌]: 週刊プロレス別冊新春号 雑誌 – 2023/12/27 週刊プロレス編集部 (編集)

KAMINOGE146 単行本(ソフトカバー) – 2024/2/5 ペールワンズ (編集)

プロレス熱写時代~プロレスカメラマンが撮った日本プロレス黄金期~ 単行本 – 2023/9/27 大川 昇 (著)

白の聖典 単行本 – 2022/1/17 中野 たむ (著)

引きこもりでポンコツだった私が女子プロレスのアイコンになるまで 単行本(ソフトカバー) – 2020/8/27 岩谷 麻優 (著)

俺のダチ。 単行本(ソフトカバー) – 2023/6/23 鈴木 みのる (著)

レポートbyカクトウログ

> 中野たむ「問題なければ進化はないッ」
> オカダ・カズチカ「所属はおしまい」
> オカダ・カズチカ「立つ鳥跡を濁さず」
> ウナギ・サヤカ 等身大のギャン期1周年
> 白川未奈 2023年の躍進一番星が告白
> 岩谷麻優「表舞台に立ってこそ」両国復帰
> 鈴木みのる「プロレスはライブの時代だ」
> 7割「妥当」 東スポプロレス大賞総括
> 金沢克彦氏が恒例毒舌生解説2023年総括
> プロレス熱写時代(大川昇著)レビュー
> ふり返りながら待つ。コズエン3周年
> ジュリア告白スターダムを取り戻すために
> 安納サオリ絶対不屈彼女からのラブレター
> アントニオ猪木をさがして 映画レビュー
> アントニオ猪木墓参 横浜市鶴見区総持寺
> 闘魂語り継ぐ一周忌 前田日明らトーク
> 白川未奈&月山和香タッグリーグ作戦会議
> 中野たむ&白川未奈 復活DREAM☆H本音
> カクトウログ19周年 & 毎日更新16年
> スターダム過去最高益 新日本黒字転換
> なつぽい 『最強』を掲げ始めた理由
> 高貴に桜井まい 貴婦人初インタビュー
> 涙の数だけ強くなれ 月山和香が初勝利
> 言葉までが美しき狂気 ジュリア激白
> 試合力と物語力の相思相愛 彩羽とウナギ
> 全員王者の新コズエン 安納サオリ特写
> 頂点で会えた 聖典での約束は聖地で叶う
> 髪切りとジュリアを超えてゆけ 中野たむ
> 長与「鍛え直したい」ウナギ最後の弟子に
> 月山和香が勝った日 負けない気持ちこそ
> 鈴木みのる ストロングスタイル設立真意
> 武藤引退が奏でた橋本・三沢・蝶野コール
> ウナギ・サヤカに聞くコズエンとギャン期
> 東スポプロレス大賞検証 世紀の大誤審
> 金沢克彦トークレポ 2022年を大総括
> 乗り越えて夢へ コズエン2周年座談会
> 新日本武藤招聘の裏でムタvs.中邑実現
> 猪木ベストバウトは1988年の藤波辰巳戦
> 猪木が新日本50周年イヤーに天国へ
> アントニオ猪木 24時間テレビ全発言
> カクトウログ18周年 & 毎日更新15年
> 観客数がコロナ前比56%まで回復
> 5年ぶりプロレス総選挙で何が起きた!?
> 紙テープに包まれたウナギ・サヤカ
> UDONプロレス 今夜はキングオブシコク
> コシの強いUDONプロレス 名古屋に来た
> 高木三四郎サイフェス直前インタビュー
> プロレス総選挙をテレ朝が5年ぶり実施
> 飯伏「真実からかけはなれています」
> さあパンデミック明け 新日本への期待
> 兄・裕一郎さん涙 大谷晋二郎応援募金
> 藤田和之 前田日明の前でも野獣!?
> ツヨカワ天咲光由 ミラノ先生が指導
> 田中正悟さん亡くなる 前田日明と親交
> 白の聖典(中野たむ著)ブックレビュー
> いざ愛知大会へ コズエン秘密の作戦会議
> サイン会で決起 秘密のコズエン反省会!?
> 不満消えた 東スポプロレス大賞2021総括
> 大阪超女大戦前 コズエン秘密の作戦会議
> UDONプロレス初の「読む記者会見」
> 前田日明の来歴をまとめて振り返る
> 前田日明と再会で舌好調 新間寿トーク
> 中野たむ 大阪城で天下取りの誓い
> UDONプロレス コシの強さと一体感
> 新日本プロレスがリアタイ報道を解禁
> 嫌われ者からブレイク コズエン1周年
> ノアが公式以外媒体リアタイ報道を解禁
> 西武D2連戦総括 木谷氏「反省しないと」
> カクトウログは開設17周年
> GLEAT旗揚げハラハラ感 時代に抗うUWF
> 猪木vs.アリから45年 真実を巡る旅続く
> さよならムーンサルト回収 武藤敬司飛ぶ
> 震災10年仙台大会に地震 神対応の舞台裏
> 中野たむを信じて明日に輝け 武道館詳報
> 前田日明が新日と交渉 第1次UWFの記憶
> 武藤敬司の「夢」ノア武道館を飲み込む
> AEW・新日連携への米国ファンの期待とは
> ジェイ戦列復帰 新日本というミステリー
> コズエンはあきらめない 高田馬場写真集
> 2020年プロレス大賞 3アワード比較
> 金沢克彦氏が18年半ワープロ解説に終止符
> ダブルドーム2021年ベストバウト結果
> 柴田勝頼 2022年“復帰”目指して始動
> 星を包み込む宇宙であれ コズエンが独立
> コズミックエンジェルズ初戴冠の日に密着
> プロレス大賞こうだったんじゃないか劇場
> 大会ベストバウト投票 年間総括2020
> プロレス大賞でノアは!? 武田氏と立ち話
> 新日本コロナイヤーを金沢克彦氏が生解説
> 内藤か潮崎か 2020年プロレス大賞展望
> あるのか前高山 山ちゃんがやっちゃった
> 宇宙旅行をアテンド中野たむ 棚橋弘至説
> 絶叫できない熱狂とコロナ副産物 G1総括
> GLEATプレ旗揚げ 田村&長州のプロレス観
> 鈴木みのる 天を指してゴッチ式の理由
> ベストバウト&大会総括 21年ぶり神宮球場
> 武藤敬司vs.前田日明トークレポート
> 丸藤正道vs.前田日明トークレポート
> 猪木酒場新宿店が7月閉店 かつて全国7店
> 金8以降世代のNJC4強こそ新日本の主張
> 『記憶の懸け橋』トークイベント観覧メモ
> 「社会的責任」ひとつの答え 新日本再開
> 小久保隆さん TJシンテーマ曲秘話
> 柴田勝頼ついに2017年4月9日を初激白
> 柴田勝頼の新日本帰還はなぜ実現した?
> 大阪カウント2.99に鈴木みのるがエール
> オカダ戦から3年 柴田勝頼の奇跡と軌跡
> コロナ禍でノア無観客試合 潮崎vs.藤田
> コロナ禍でスターダム無観客試合
> 文庫版『1984年のUWF』にカクトウログ
> 前田「ずっと猪木さんに教えてもらった」
> 船木誠勝が明かす! 柴田勝頼“秘話”
> 映画アイアン・シークで前田トーク!
> 藤田和之トーク 半生を激語り!
> シークレット結婚式!? オカダ&三森さん
> ジャイアント馬場バルに行ってきた!
> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> 2019年の顔は!? プロレス大賞まとめ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼