1. HOME
  2. メディア情報
  3. プロレス大賞
  4. 東スポプロレス大賞2020 「たぶんこうだったんじゃないか劇場」式検証
プロレス大賞

東スポプロレス大賞2020 「たぶんこうだったんじゃないか劇場」式検証

プロレス大賞

 14日の選考会により『東スポプロレス大賞2020』受賞者が決定した。14日深夜(15日早朝)に選考委員マスコミは朝刊(紙)で顔ぶれを報道し、追って15日朝6時にネット上のニュースとしても解禁している。

 この件について関係者と少しディスカッションしたことも踏まえ、「たぶんこうだったんじゃないか劇場」式検証を15日夜のトーク番組で生配信させていただいた。当エントリーで文字記事化しておきたい。

プロ野球のタイトル争いとは全く異なる 会社が会社を評価するプロレス界ならではのアワード

 そもそもスポーツながら、プロ野球のタイトル争いなどとは違うというのがプロレスというジャンルの面白いところなんですよ。打者であれば打率・本塁打・打点、投手であれば勝利数・防御率・奪三振・・・そういった野球における記録じゃない。記録より記憶であるし、クオリティとともに動員数も問われる。プロレス大賞はプロレスというジャンルの裏返しではあるんです。

 このような難しい賞を毎年運営し、これだけ騒がれるほどのある種の“権威化”をさせている東スポは本当は恐ろしい存在。そうですよねぇ、昨年にMVP・ベストバウト含む3部門獲得の新日本プロレスがもしも今年2部門になったとしたら、東スポの団体バランスの総括として受け取られます。新日本からすれば「あれあれ、東スポさん!? 何か私たちのグレードが下がりましたか」となる。

 “会社”が“取引先の会社”を評価することになるのですから。東スポのデスクとしては細心の注意を払うべき問題でしょう。どこまで会話されているかはわからないですが、「新日本は昨年同様に3部門になるように考えないと・・・」という意識はあってもおかしくない。ましてや2019年までを新日本目線でトップ2大賞を表現すると、“新日本選手MVP”が9年連続、“新日本選手出場試合のベストバウト”が10年連続だったわけですから。

MVPは大差、ベストバウトは1票差で新日がノアに勝利 ノアがベストバウトなら何が起きた!?

 今年の選考過程で興味深かったのは、みなさんも同じでしょう。なんと言ってもMVPは大差、ベストバウトは1票差で新日がノアに勝利したこと。

【MVP】内藤哲也
<1次投票>
内藤哲也=13
潮崎豪=3
高橋ヒロム=1
※この時点で過半数を超えた内藤に決定

【ベストバウト】オカダ・カズチカvs内藤哲也(1・5東京D)
<1次投票>
潮崎vs藤田(3・29後楽園)=6
オカダvs内藤(1・5東京D)=6
ヒロムvsデスペ(12・11武道館)=2
ザックvsオズプレイ(2・2札幌)=1
諏訪魔&石川vs関本&アブ小(12・7後楽園)=1
オカダvs飯伏(1・4東京D)=1
宮原vs諏訪魔(3・23後楽園)=ノミネートのみで票数0
<2回目>
オカダvs内藤=9
潮崎vs藤田=8

 コロナ配慮で例年より選考委員(担当マスコミ)は絞られて17人。誰がベストバウトの2回目で新日本(9票)・ノア(8票)に入れたかが気になる。人数的には東スポの委員が9人、他マスコミが8人なんですが、このままの区分ということはさすがに・・・どうなんでしょう!?

◇選考委員会 (※2020年度プロレス大賞)
【選考委員長】初山潤一(東京スポーツ新聞社運動二部部長)
【選考委員】大沢裕治(東京スポーツ新聞社編集局次長兼写真部長)
平塚雅人(東京スポーツ新聞社運動二部専門委員)
楠崎弘樹(東京スポーツ新聞社運動一部次長)
秋山直毅(東京スポーツ新聞社写真部次長)
小坂健一郎(東京スポーツ新聞社運動二部主任)
前田 聡(東京スポーツ新聞社運動二部主任)
岡本佑介(東京スポーツ新聞社運動二部主任)
岩田大補(東京スポーツ新聞社写真部部員)

洪 経人(デイリースポーツ)
大西洋和(東京中日スポーツ)
松熊洋介(日刊スポーツ)
湯沢直哉(週刊プロレス編集長)
門馬忠雄(プロレス評論家)
小佐野景浩(プロレスライター)
元井美貴(プロレスキャスター)
今野利明(サムライTVプロデューサー)
※順不同

 金沢克彦さんから「昔のプロレス大賞選考は大喧嘩だった」というエピソードも聞いたことがある。「それだとコップの中の嵐になるじゃないですか!!」「プロレス界はコップの中の嵐でいいんだよ!!」みたいな応酬もあったとか(笑)。今はそんなことはないでしょうけれど。

 各賞を順番に決めていきます。選考委員の目論見を想像するに、「MVPは原則として最大手である新日本からで、新日本であれば内藤」という意識はあったんではないでしょうか。その先が違った。今年を評するなら「MVPもベストバウトも新日本」「MVPは新日本、ベストバウトはノア」というように選考委員が2派にキレイに分かれてしまった。

AD

 そうでなければ「MVPが大差、ベストバウトが1票差」の説明がつかない。

 全体の部門数が新日本3部門(昨年と同じ)、ノア2部門(昨年より1部門増)になったことも話題となりました。では、ベストバウトをノア(潮崎vs.藤田)が獲っていたら「新日本2部門・ノア3部門」になっていたんですか!? と言われるとそうはならない気がします。東スポとしては団体バランスの総括を「新日本3部門・ノア2部門」にもっていきたかった。

 ここに近づけるためなのか、ベストバウトのすぐ次の選考である最優秀タッグはノア(杉浦&桜庭)となっている。そういう思考回路での“進行”なのではないかと。ノアがベストバウトを獲ったとしたらタッグと殊勲賞のどちらかは逃した可能性が高い。

 全てがナアナアなのかと言われるとそうではない。全日本が昨年の2部門から0部門となりました。ただ、「2020年は3冠ヘビー級戦が後楽園ホールとエディオン第2でしか開催がなかった(ビッグマッチがなかった)。この評価はしょうがないじゃないですか」という説明はできなくもない。会社が会社を評価するということで、とてもシビアな仕事でもあるんです。

プロレス大賞というパッケージプロレス これを受けてのファンのアクションこそが問われる

 なぜノア候補が「潮崎vs.藤田」なのかという声もありました。ボクも事前予想では「オカダvs.内藤」と「潮崎vs.拳王」の2冠戦対決だったんですよね。ただ、コロナ前のこの状態まで戻る日を願っての「オカダvs.内藤」と、コロナ状況下での象徴的無観客「潮崎vs.藤田」なんだと。ノアからのエントリーをこの1試合に集約させたことに、ノア推し選考委員の心意気を感じずにはいられません。どうやって「これしかないでしょ」という心理状態に持っていくかのプレゼン上の戦術ではないかと。

 「ガチ」という言葉をプロレス語りで使うことに眉を顰める方もいらっしゃいますが、プチ鹿島さんが著書で「プロレスとは、ガチな感情をどうビジネスに使えるか。プロレスとは、ものの見方である」とも書いていることにひっかけて。ベストバウトの僅差、ノアの無観客「潮崎vs.藤田」一択。ここに東スポプロレス大賞の中にある“ガチな感情”をボクは見た気がしました。

 興行トータルでファンを満足させることは「パッケージプロレス」という言われ方をします。選考委員のガチな感情をうまくコントロールしながらも、会社が会社を評価する結果としてのバランスに配慮した結果した結果に導く。ファン満足至上主義ではないですが、プロレス大賞もまたパッケージプロレスなり。

 選考委員全員がどれだけプロレスを見ているのか!?という言われ方もされますが、東スポという媒体自体は、扱う団体数や記事のスクープ度・踏み込み具合で随一のものがあります。無料ネットニュース含めて提供してくれているので、ボクは素晴らしいと思いますよ。

 これを受けて、どんなガチな感情をファンはアクションにしていけるか。

 週プロプロレス大賞(投票期間中)やネットプロレス大賞(年末に投票開始)への投票参加もあるでしょう。そして何より、信じるプロレスを観戦し、視聴し、“声援”を送り続けること。

 ノア統括の武田有弘氏のツイートを貼っておきたい。

 悔しいながらも誇らしい2020年としつつ、次の闘いと2021年を見据えています。日本武道館にも再進出するノア。2020年のベストバウト2位は単なる通過点だった、逃したことに意味があった。そんな「獲れなかった美学」と振り返れるような躍進をノアはファンとともに果たしていくことになるでしょう。

 もちろん、とんでもない選手層とスター選手を抱える新日本のダブルドーム2年目からの展開も見逃せない。他団体も「今年は仕掛けられなかったけど、来年は待ってろよ」という意気込みでしょう。

 おしまい。



応援ありがとうございます☆彡

プロレスは初心者もオールドファンも楽しめるジャンル。ファンの立場から、リング内外のカクトウ(格闘)をログ(記録)します。


早見[ブシロード系▶新日スターダム][サイバー系▶ノアDDT][他団体▶全日RIZIN][選手▶写真名鑑][ブログ▶人気ランキング

カテゴリー

バックナンバー

レポートbyカクトウログ

> 金沢克彦氏が18年半ワープロ解説に終止符
> 残留か退団か ジェイ・ホワイト去就問題
> ダブルドーム2021年ベストバウト投票結果
> 柴田勝頼 2022年“復帰”目指して始動
> 星を包み込む宇宙であれ コズエンが独立
> コズミックエンジェルズ初戴冠の日に密着
> プロレス大賞こうだったんじゃないか劇場
> 大会ベストバウト投票 年間総括2020
> プロレス大賞でノアは!? 武田氏と立ち話
> 新日本コロナイヤーを金沢克彦氏が生解説
> 内藤か潮崎か 2020年プロレス大賞展望
> あるのか前高山 山ちゃんがやっちゃった
> 宇宙旅行をアテンド中野たむ 棚橋弘至説
> 絶叫できない熱狂とコロナ副産物 G1総括
> GLEATプレ旗揚げ 田村&長州のプロレス観
> 鈴木みのる 天を指してゴッチ式の理由
> ベストバウト&大会総括 21年ぶり神宮球場
> カクトウログは開設16周年
> 武藤敬司vs.前田日明トークレポート
> 丸藤正道vs.前田日明トークレポート
> 猪木酒場新宿店が7月閉店 かつて全国7店
> 金8以降世代のNJC4強こそ新日本の主張
> 『記憶の懸け橋』トークイベント観覧メモ
> 「社会的責任」ひとつの答え 新日本再開
> 小久保隆さん TJシンテーマ曲秘話
> 柴田勝頼ついに2017年4月9日を初激白
> 「プロレス大好き芸人」プレゼン大賞
> 柴田勝頼の新日本帰還はなぜ実現した?
> 大阪カウント2.99に鈴木みのるがエール
> オカダ戦から3年 柴田勝頼の奇跡と軌跡
> コロナ禍でノア無観客試合 潮崎vs.藤田
> コロナ禍でスターダム無観客試合
> 文庫版『1984年のUWF』にカクトウログ
> 前田「ずっと猪木さんに教えてもらった」
> 船木誠勝が明かす! 柴田勝頼“秘話”
> 映画アイアン・シークで前田トーク!
> 藤田和之トーク 半生を激語り!
> シークレット結婚式!? オカダ&三森さん
> ジャイアント馬場バルに行ってきた!
> 聖火リレーに谷津 オカダ 桜庭 高田 武藤
> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> 2019年の顔は!? プロレス大賞まとめ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> ダブルドーム ベストバウト投票結果
> 橋本真也、小橋建太との幻の復帰戦計画
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年を大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFのテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> 杉浦vs.エルガンがノア両国ベストバウト
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> オカダvs.飯伏IWGP戦はドーム2連戦初日
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> NJCでオカダと柴田勝頼が感動的な再会
> ドン・フライと高山善廣が運命的な再会
> 飯塚高史引退! 引退試合でもヒール貫徹
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 独占! 長州力がDスミスJr.と盃を交わす
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼

団体リンク

プロレス団体リンク
新日本プロレスニュース大会日程新日本プロレスワールドYouTube)/全日本プロレス全日本プロレスTV)/NOAHWRESTLE UNIVERSE)/大日本プロレスDDTZERO1DRAGON GATEみちのくプロレス大阪プロレス2AWDRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムYouTube)/ディアナ


格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSDEEPPANCRASEQUINTET


YouTube
📳アントニオ猪木📳長州力📳前田日明📳船木誠勝📳田村潔司📳蝶野正洋📳獣神サンダー・ライガー📳朝倉海📳朝倉未来📳永島勝司


ファイター等
日本プロレス殿堂会蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)高山善廣田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト


最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社チームフルスイング書泉グループのイベント闘道館大阪カウント2.99


新着&注目アイテム
プロレスDVDサーチプロレス本サーチ



2020年1月5日発売! 表紙および巻頭ロングインタビューはお笑い芸人のニューヨークのお二人。嶋佐和也さんと屋敷裕政さんにお笑いについて深く、そしてパーソナリティについてもお聞きしました。他、前田日明、朴光哲、工藤めぐみ、玉袋筋太郎、世志琥、Sareee、菅原美優のロングインタビュー。連載陣は、五木田智央、鈴木みのる、バッファロー吾郎A、プチ鹿島、斎藤文彦、兵庫慎司、古泉智浩、坂本一弘、椎名基樹、マッスル坂井、ターザン山本!、大井洋一、伊藤健一(敬称略)



2020年12月2日発売! 今年は丸ごと一冊すべて名鑑 収録人数1000人超え!



2020年11月26日発売! 伝説のレスラーから作家、ミュージシャン、お笑い芸人まで34人が人生を変えた一戦、 己の世界観を変えたあの一戦を思い入れたっぶりに語り尽くす! アントニオ猪木、天龍源一郎、関根勤、内館牧子、夢枕獏、ビビる大木、神田伯山、テリー伊藤、金沢克彦ほか



2020年10月24日発売! 鈴木秀樹 (著)「マット界一の面倒臭い」と呼ばれる男が、リングの上で実行し続けていること。常識という名の同調圧力と争うことで、唯一無二の自分の居場所を作り続ける考え方とはなにか。「プロレスを自分のためにやるのは難しい」と語る著者のプロレス論と人生論。面倒臭い時代を生き抜く知恵と勇気を求める人へ贈る



2020年10月10日発売!「証言UWF」シリーズのスピンオフ企画。プロレスラーたちが見た総合格闘技の全舞台裏。髙田延彦、田村潔司らが語る総合のリングの虚と実のすべて!



2020年8月26日発売!ターザン 山本 (著)、福留 崇広 (著) 力道山、ジャイアント馬場、藤波辰爾、高山善廣、葛西純、剛竜馬の夫人たちです。妻だけが知るプロレスラーの苦悩と栄光。男女のディープ・ストーリーを描きながら、謎に包まれたプロレスの真実をすべて明かす、新しいノンフィクション



2020年9月24日発売!マット界の黒船と騒がれた「企業プロレスの始祖・SWS」 12名が克明に語った「企業プロレス」の舞台裏



2020年9月24日発売!NWA―ナショナル・レスリング・アライアンス―



2020年9月26日発売!プロレスデビュー60周年と喜寿を記念し、アントニオ猪木が一切の虚飾を排してプロレスと人生を見つめ、全てを語る。好敵手、名勝負、生と死、愛した女達。燃える哲学の尽きぬ力を見よ!



2020年9月30日発売!本書は世界を戦場(リング)に繰り広げられた猪木氏のこれまでの死闘の記録を1冊の書籍にまとめたもので、“withコロナ”を生き抜く日本人へ向けた、アントニオ猪木流のラストメッセージである。



2020年8月27日発売!スターダムのエース、岩谷麻優初の著書!2年にもわたる絶望的な引きこもり生活、プロ入り後に直面した勝てない日々……。ポンコツと呼ばれた少女は、なぜ世界に通用する女子プロレスラーになれたのか?スターダムのアイコンから、女子プロレスのアイコンに。岩谷麻優の9年の記録!



2020年2月28日発売!その現実から目を背けるな。「やれるか」じゃない、やるんだよ。鈴木みのるの言葉はなぜ俺たちの心に刺さるのか。プロレス界の今、ここを生き抜いてきた唯一無二の思考、貪欲に幸福を求める方法



2019年12月28日発売!新しい敵に向かっているから俺はずっとギラギラしていられる。そして、そういう闘いの中にいられることが、俺にとっての幸せなんだよ。強くあるために何ができるか、いま何をすべきか。リング内外で見せる強烈な存在感の源泉がわかる、プロレス王・鈴木みのる、刮目の最新刊!



2019年12月19日発売!世界最高峰のリングWWEからインディー団体まで、日米マット界の「光」と「陰」を知る著者がはじめて明かす熱狂を生み出す「サイコロジー」のすべて。自身の圧倒的な経験値をもとに綴る、目からウロコのプロレス論!



2020年5月27日発売!新日本プロレス“100年に一人の逸材”にして“エース”の棚橋弘至デビュー20周年DVD!プロレスを黄金時代に導いた男の軌跡に迫る!棚橋弘至の2014~2019年までのヒストリー(ゲスト:柴田勝頼)とミスター平成ライダー・高岩成二とのスペシャル対談を収録



2019年10月10日発売!プロレスラー・柴田勝頼のデビュー20周年記念DVD。NEVER無差別級王者など、輝かしい軌跡を誇る柴田勝頼が自ら選んだ名勝負のほか、“LA DOJO”でヘッドコーチとして手腕を振るう彼に迫ったドキュメンタリーを収録( ⇒ 収録の詳細について