1. HOME
  2. プロレス
  3. 新日本プロレス
  4. 柴田勝頼「辞めることが俺の新日本」 奇跡の帰還はなぜ実現したのか
新日本プロレス

柴田勝頼「辞めることが俺の新日本」 奇跡の帰還はなぜ実現したのか

新日本プロレス, 柴田勝頼

 9日深夜、関東地区テレビ朝日の『ワールドプロレスリング』では3年前(2017年4月9日)のオカダ・カズチカvs.柴田勝頼が特集される。

 1か月前に当サイトでは、オカダ戦からの柴田の奇跡と軌跡を振り返った。

 オカダ戦は、柴田にとって新日本プロレス帰還後初のIWGPヘビー級戦でもあった。しかし、そもそも2012年に柴田が新日本プロレスに戻ってきていなければ、オカダ戦にはたどり着いていない。ましてや、2005年の新日本退団時の柴田には「辞めることが俺の新日本」との思いもあった。

 本稿では、柴田の奇跡の新日本帰還はなぜ実現したのかを追いかけたい。

新日本でデビュー、退団、他団体でのプロレスを経て総合格闘技へ

 新日本デビューから新日本帰還まで。柴田はどのような歩みだったのか。

【新日本プロレス】
1998年3月 新日本プロレスに入寮。
1999年7月 札幌大会でプレデビュー戦。
1999年10月10日 井上亘戦で正式デビュー。
2004年 柴田・中邑真輔・棚橋弘至の3人が「新闘魂三銃士」と呼ばれる。
2005年1月 新日本プロレスと3度の契約交渉を行ったが決裂。1月31日付で退団。

【他団体でのプロレス】
2005年5月14日 新日本プロレス東京ドーム大会に登場するも、大会翌週に興行会社ビッグマウスと契約。
 8月4日 ビッグマウス主催大会「WRESTLE-1 GRAND PRIX 2005」に出場。
 8月10日 8月からは関連会社ビッグマウス・ラウドに移籍。以降参戦。
 11月5日 ノア日本武道館大会にて、KENTAとタッグを組んでノア初参戦。
2006年8月20日 ビッグマウス・ラウドを退団。
 9月9日 ノア日本武道館大会参戦。

【総合格闘技】
2007年3月1日 総合格闘大会HERO’Sへの参戦を表明。また船木誠勝とともにチームARMSを発足させたことも明らかに。
 3月12日 HERO’S初戦として名古屋大会で山本宜久と対戦、勝利。
2009年9月 師匠・船木のプロレス復帰に伴い、ARMSから桜庭和志のチームLaughter7に移籍。
2011年12月31日 DREAM&IGF合同興行に桜庭和志とタッグを組んで参戦。柴田としては5年ぶりのプロレスルールでの試合であったが、ドロップキックを放った際の落下で左手首を骨折。

【新日本プロレス】
2012年8月12日 新日本プロレス両国国技館大会に登場、柴田が「ケンカ、売りにきました。」と宣戦布告。
 9月23日 新日本プロレスに6年ぶり出場。以降も桜庭とのタッグでスポット参戦。

「新日本を辞めたのは、辞めることが新日本だと思ったからです」

 「辞めることが俺の新日本」という言い回しは、2005年1月の退団の心境の振り返りでよく取り上げられる言葉である。おそらく複数機会でこの証言がなされているのだろうが、たとえば2012年1月のムック『Dropkick』vol.4での金沢克彦氏が手がけたインタビューでは、このように柴田から放たれている。

「新日本を辞めたのは、辞めることが新日本だと思ったからです」。

「ボクはプロレスラーです。ずっとプロレスラーです」。

「時代錯誤かもしれないけど、先輩たちが大晦日に総合のリングに駆り出される姿をずっと新弟子時代から見ていた」。

「だから強いレスラーになりたいし、強くなることから逃げたくないからいまこうしている。まだその途中だし、完成されたレスラーじゃ全然ない」。

 2016年1月の『ゴング』vol.10でのインタビュー(聞き手・金沢氏)ではこのように答えている。

「なんか『自分らしく動きたかった』ってだけですよ。それはカネとか、プッシュしますとか、そういういい話はあるかもしれないけど、カネより大事なものってあるから。いまできることって限られてるんで。何事も経験。昔から直感で動いていたんで」。

 新日本を辞めたのは、柴田にとって自分が自分であるための決断だった。全身全霊をかけての決断だった。

 総合格闘技に出陣するレスラーを何度も会場へ行って応援してきたボクからしても「先輩たちが大晦日に総合のリングに駆り出される姿を~」などのくだりはグッとくる。柴田は新日本を出て最初から総合に行ったわけではなかったが、退団して船木誠勝ともトレーニングしているうちに、このような思いも強く重なっていったのだろう。

 柴田はボクらの思いも背負って、外のプロレスの世界、総合格闘技の世界に出陣した。

どうしてプロレスに戻ることになったのか

 人一倍こだわりが強いプロレスに背を向けた男が、どうしてプロレスに戻ることになったのか。

 今回の(ゴング)6号では(井上崇宏氏が)書き原稿を再投入。柴田インタビューとセットでレポートを寄せている。まず柴田がインタビューで「本当に自分が今、新日本プロレスのリングに上がっている事実というのは、桜庭さんがきっかけだったんで。桜庭さんがいなかったら上がってないんで」とコメント。そもそもタッグで新日本プロレスに参戦したわけであり、この言葉には特別なサプライズはない。

 振り返ると2011年末のIGF大会へのプロレスマッチに桜庭&柴田が出撃。これでプロレスに両者が“目覚めた”というのが、ボクらの知っているアウトライン。昭和プロレスばりの緊張感のあるプロレスを持ち込む意気込みで3年前に新日本上陸を果たしたわけだ。

 ところが井上氏のレポートは、より突っ込んだ内容となっている。ドSな性格の桜庭に到来した「プロレスをやってみたい」という抑えられない思い。しかし、プロレスへのこだわりが強すぎる(当時はプロレスではなく総合格闘技に没頭していると自覚していた)柴田にはなかなか切り出せない。ついに伝えられた柴田は、驚きつつも桜庭の気持ちを理解。おそらく自身の未来への気遣いもあるんだろうと恐縮する。「やるなら新日本」と柴田は応じ、「柴田くんと組めるならどこでも」と桜庭は受け止める。

 踏み込んだやりとりや前後談は井上氏のレポートでぜひ確認していただきたい。桜庭・柴田の2人の絆の深さが溢れている。世界的にみても総合格闘技の歴史をつくった桜庭だが、最後の最後にめぐりあった“同志”が柴田なのかもしれないなぁ。いやはや、このレポートは何通りもの味わいができて、何度でも読んでしまうよ。

 また、同『ゴング』の柴田自身によるコラムでは、新日本vsUWFインターナショナル対抗戦、東京ドーム大会での桜庭出場の第1試合タッグ戦がプロレスラーになることを決意させる試合だったことが改めて明かされている。「3年前に、両国で一緒に参戦表明をしに行きましたが、ぶっちゃけ自分は桜庭さんのオマケのようなものだった」などとも告白した。

(2015.07.25 カクトウログ)

 ボクが“踏み込んだやりとりや前後談は井上氏のレポートでぜひ確認していただきたい”と書いたのは、もちろん発売直後だったから。その先には秘話が書かれているが、ここでふたつだけ拾っておきたい。ひとつは、桜庭がIGF大会でのタッグマッチでの桜庭の姿勢「なんか起きたときのために頭だけはきっちりガードしとこうぜ」「ファールカップは忘れないように」。もうひとつは、桜庭の気づき「柴田くんはやっぱりプロレスの方が輝いている」。

 IGF大会にタッグ参戦したことをきっかけとした桜庭の“柴田となら同じ心構えでプロレスを闘える”という確信がなければ、柴田の新日本帰還は実現しなかった。後輩を慕う桜庭、先輩をリスペクトする柴田。機運と、タイミングと、人間関係。その全てが奇跡的にそろったことで、柴田は新日本への帰還を決意することになる。

 2012年1月、新日本プロレスの親会社は株式会社ユークスから株式会社ブシロードへと移行した。キャラクタービジネス感が高まったところで、桜庭&柴田には「緊張感のある昭和プロレスを忘れたことにするな」という空き家を狙う意図もあったことだろう。

 8月12日、新日本プロレス両国国技館大会に2人が登場。柴田が「ケンカ、売りにきました」と宣戦布告する。ところが、空き家狙いが簡単に成就するものではないということを2人が実感するのに、さほど時間は要しなかった。

船木誠勝「ものすごいいい買い物を新日本プロレスはしたと思います」

 この経緯について、船木誠勝が別の補足を寄せている。

その(IGF大会参戦)後、新日本プロレスが桜庭和志の獲得に動きました。おそらく、その後のドームの中邑(真輔)選手の相手(にしたいという理由)だと思うんですけれども。
桜庭選手を獲得するともれなく柴田選手もついてきました。これはのちのことを考えると、ものすごいいい買い物を新日本プロレスはしたと思いますね。

(2020/02/25 船木誠勝YouTube)

 桜庭と柴田がセットで新日本参戦。当初は・・・新日本で話題になったり、ハマったりしたとは言い難いものがあった。

中邑真輔 紙媒体とネットも含めて「盛り上がっているのは『KAMINOGE』とカクトウログだけじゃねぇのか?」と思いますけどね(笑)。

(2012年10月『KAMINOGE』vol.11)

 2014年1・4ドーム決戦。柴田が相手を務めた後藤洋央紀復帰戦は同大会のベストバウトを獲得し、柴田は「俺は今、青春をしている」とのコメントを残す。2015年1・4ドームでは後藤とのタッグでIWGPタッグ王座を戴冠する。間違いなく時間がかかった。

 2015年7月5日、大阪城ホールで柴田と桜庭はシングルで対戦して柴田が勝利する。新日本での闘いに戸惑いを抱えたままの桜庭は久々に場内を熱狂させたが、新日本マットからは徐々にフェードアウトしていった。一方で柴田は、しっかりとファンを沸かせる試合ができるようになっていた。

 発端となったのは、桜庭の方の参戦渇望であり、新日本からも求められたのは桜庭の方だったかもしれない。ところが柴田の方がよりプロレスを求めるようになり、時間を要しつつも試合内容としても開花した。これほどまでにプロレスは難しい。

柴田はすべてを必要な過程だったと振り返る

 柴田はすべてを必要な過程だったと振り返る。

応援ありがとうございます☆彡

プロレスは初心者もオールドファンも楽しめるジャンル。ファンの立場から、リング内外のカクトウ(格闘)をログ(記録)します。

カテゴリー

バックナンバー

団体リンク

プロレス団体リンク早見
新日本プロレスニュース大会日程新日本プロレスワールドYouTube)/全日本プロレス全日本プロレスTV)/NOAHWRESTLE UNIVERSE)/大日本プロレスDDTZERO1DRAGON GATEみちのくプロレス大阪プロレス2AWDRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムYouTube)/ディアナ


格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSDEEPPANCRASEQUINTET


YouTube
📳アントニオ猪木📳長州力📳前田日明📳船木誠勝📳田村潔司📳蝶野正洋📳獣神サンダー・ライガー📳朝倉海📳朝倉未来📳永島勝司(立会人・金沢克彦)


ファイター等
日本プロレス殿堂会蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト


最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社チームフルスイング書泉グループのイベント闘道館大阪カウント2.99


新着&注目アイテム
プロレスDVDサーチプロレス本サーチ



2020年8月5日発売!前田日明×舐達麻 玉袋筋太郎「秋山準」変態座談会 松永光弘 鈴木みのるのふたり言 斎藤文彦×プチ鹿島『プロレス社会学のススメ』 三又又三 鈴木みのる×宮田充



2020年8月26日発売!ターザン 山本 (著)、福留 崇広 (著) プロレスラーの妻たちにスポットライト、光を当ててみました。力道山、馬場、藤波、高山、葛西、剛の夫人たちです。彼女たちの揺るぎない精神。1ミリもブレていないその生き方には本当に心が動かされた



2020年7月2日発売!プロレス名勝負秘話「ベストバウトをぶっ飛ばせ!」 アントニオ猪木×オカダ・カズチカ、歴史的対談が実現!2月の猪木宣言の真意、ベストバウト論、そして、いまプロレスがすべきことは・・・。60分一本勝負でぶつけ合った初対談は全プロレスファン必見!



2020年6月30日発売!『KAMINOGE』の超人気企画「長州力vs山本の名勝負数え唄」を全21戦完全収録! イラストレーション:中邑真輔



2020年5月2日発売! あの話題沸騰Twitterアカウントが書籍化! 本書は長州力公式Twitterアカウントから傑作ツイートを厳選し、ほぼ意味不明な内容に対して本人自ら感想をつづります! 「SNS講座」と題して、つぶやく際に何を考えているのかも大公開!



2020年3月10日発売!2017年発売の柳澤健著『1984年のUWF』が文庫化(Kindle版と文庫本あり)。「文庫版のためのあとがき」にはカクトウログからの引用あり



2020年2月26日発売!中野巽耀(当時は龍雄)がレスラー人生を総括する初の本格的自叙伝。自身のキャリアを振り返るだけでなく、伝説化しているスーパータイガー(佐山聡)vs前田日明の不穏試合、前田日明vsアンドレ・ザ・ジャイアントのセメントマッチ、前田日明が長州力の眼窩底を骨折させた顔面蹴撃事件、新生UWFの3派分裂劇、UWFインターナショナルと新日本プロレスの全面戦争など歴史に残る騒動について当事者の立場から「真実」を激白!



2020年2月28日発売!その現実から目を背けるな。「やれるか」じゃない、やるんだよ。鈴木みのるの言葉はなぜ俺たちの心に刺さるのか。プロレス界の今、ここを生き抜いてきた唯一無二の思考、貪欲に幸福を求める方法



2019年12月28日発売!新しい敵に向かっているから俺はずっとギラギラしていられる。そして、そういう闘いの中にいられることが、俺にとっての幸せなんだよ。強くあるために何ができるか、いま何をすべきか。リング内外で見せる強烈な存在感の源泉がわかる、プロレス王・鈴木みのる、刮目の最新刊!



2019年12月19日発売!世界最高峰のリングWWEからインディー団体まで、日米マット界の「光」と「陰」を知る著者がはじめて明かす熱狂を生み出す「サイコロジー」のすべて。自身の圧倒的な経験値をもとに綴る、目からウロコのプロレス論!



2020年5月27日発売!新日本プロレス“100年に一人の逸材”にして“エース”の棚橋弘至デビュー20周年DVD!プロレスを黄金時代に導いた男の軌跡に迫る!棚橋弘至の2014~2019年までのヒストリー(ゲスト:柴田勝頼)とミスター平成ライダー・高岩成二とのスペシャル対談を収録



2019年10月10日発売!プロレスラー・柴田勝頼のデビュー20周年記念DVD。NEVER無差別級王者など、輝かしい軌跡を誇る柴田勝頼が自ら選んだ名勝負のほか、“LA DOJO”でヘッドコーチとして手腕を振るう彼に迫ったドキュメンタリーを収録( ⇒ 収録の詳細について

レポートbyカクトウログ

> 猪木酒場新宿店が7月閉店 かつて全国7店
> 金8以降世代のNJC4強こそ新日本の主張
> 『記憶の懸け橋』トークイベント観覧メモ
> 「社会的責任」ひとつの答え 新日本再開
> 小久保隆さん TJシンテーマ曲秘話
> 柴田勝頼ついに2017年4月9日を初激白
> 「プロレス大好き芸人」プレゼン大賞
> 柴田勝頼の新日本帰還はなぜ実現した?
> 大阪カウント2.99に鈴木みのるがエール
> オカダ戦から3年 柴田勝頼の奇跡と軌跡
> コロナ禍でノア無観客試合 潮崎vs.藤田
> コロナ禍でスターダム無観客試合
> 文庫版『1984年のUWF』にカクトウログ
> 前田「ずっと猪木さんに教えてもらった」
> 船木誠勝が明かす! 柴田勝頼“秘話”
> 映画アイアン・シークで前田トーク!
> 藤田和之トーク 半生を激語り!
> シークレット結婚式!? オカダ&三森さん
> ジャイアント馬場バルに行ってきた!
> 聖火リレーに谷津 オカダ 桜庭 高田 武藤
> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> 2019年の顔は!? プロレス大賞まとめ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> ダブルドーム ベストバウト投票結果
> 橋本真也、小橋建太との幻の復帰戦計画
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年を大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFのテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> 杉浦vs.エルガンがノア両国ベストバウト
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> カクトウログは開設15周年
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> オカダvs.飯伏IWGP戦はドーム2連戦初日
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> NJCでオカダと柴田勝頼が感動的な再会
> ドン・フライと高山善廣が運命的な再会
> 飯塚高史引退! 引退試合でもヒール貫徹
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 独占! 長州力がDスミスJr.と盃を交わす
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼