1. HOME
  2. メディア情報
  3. プロレス大賞
  4. 新日本選手の10年連続MVPならず!? 2020年プロレス大賞に歴史的展開か
プロレス大賞

新日本選手の10年連続MVPならず!? 2020年プロレス大賞に歴史的展開か

プロレス大賞

 2019年でいうと12月10日にマスコミによる選考会が行われた『東京スポーツ新聞社制定プロレス大賞』。2020年についてもいよいよ“その時期”が近づいてきた。

“史上初の2冠”内藤哲也に“年間防衛王手”潮崎豪が立ちはだかる!?

 観客動員数で他団体を圧倒する新日本プロレス。2020年に誰が最も活躍したかを問われると、史上初の2冠を達成した内藤哲也を多くのファンが指名することになる。一方で、22日のノア横浜武道館大会成功、潮崎豪王座防衛を受けて「今年のMVPは潮崎に違いない」という声がSNS上で目立つようになった。

 そういう動きがあるとボリューム感を確認したくなるのがブロガー魂でもある。あくまで配信番組の話題ネタのひとつとしてではあるが、カンタンなアンケートを取ってみた。

 157人にご参加いただき感謝。その他選手はレスで回答を呼びかけたが「EVIL」記載が1名あったのみ。

内藤哲也 31.2%
飯伏幸太 20.4%
鷹木信悟 7.6%
潮崎豪 40.8%

 ひとつ補足すると、コロナ休業明けの「IWGPヘビー戦」含む有観客ビッグマッチは全4大会。うち3大会で“鷹木出場のNEVER王座戦”がベストバウトを獲得している(当サイト実施のベストバウトアンケート)。試合内容という尺度でMVPを選考するファンもいると見込んで鷹木を選択肢に入れさせていただいた。結果から一定割合の鷹木支持が見受けられたが、2冠王者・G1覇者には及ばず。

 その2冠王者・G1覇者をしっかり上回ったのが潮崎である。狭い範囲内での偏った投票に過ぎないかもしれないし、ランダムに切り取った声ゆえに全体でも同じことが再現されるかもしれない。

 ドーム初メインという少年時代の夢、史上初の2冠奪取という近年の夢を実現した内藤。言うまでもなく人気者がレスラー人生のひとつのクライマックス迎えたわけであるが、それを上回る勢いの“MVP候補”が盟主・新日本以外から出ているのだ。プロレスという大河ドラマは、これだから面白い。

2020年は五輪中止・コロナ感染イヤー どの団体がプロレスを担ったのか

 さきほど鷹木を選択肢に入れた理由を記したが、もう少し掘り下げて書いておきたい。

 新日本プロレスはIWGPヘビー級戦線から2冠戦線に最高峰をスライドさせたわけだが、評判は芳しくなかった。コロナ休業明けの「IWGPヘビー戦」含む有観客ビッグマッチ全4大会には、必ずEVILが2冠戦に出場している。EVILの試合では金的攻撃に代表される反則、セコンド介入が定番となった。

 えてして批判的な声が目立つものではあるが、それにしてもコロナ休業明けに「こんなの闘いじゃない」「タイトルマッチではやめて」という声が相次ぐ。コロナでモヤモヤしていたものを真っ向勝負で吹っ飛ばしたかったファンは、EVILの試合運びに余計にモヤモヤした。反則・介入事態への反発もあったし、反則・介入そのものではなく「ワンパターンぶり」を指摘する声も多かった。

 この怒りが“本物”であるならば、「相手選びを含めても真っ向勝負路線を担った鷹木」というのもアリではないか。そう考えたが、プロレスファンの感覚としては“団体の最高峰を担ってこそ”というMVP観を覆すものではなかった。鷹木を2冠王者・G1覇者が上回る。

AD

 そして繰り返しになるが、その2冠王者・G1覇者を潮崎が上回る。ノアの最高峰であるGHCヘビーを年始に奪取し、20周年イヤーの年間防衛に王手をかけた状態である(12・6代々木第二にて杉浦貴の挑戦を受ける)。

▼GHCヘビー級選手権試合(潮崎豪の対戦相手)
01・04清宮海斗 27分42秒 王座奪取
03・29藤田和之 57分54秒 初防衛
06・14斎藤彰俊 29分22秒 2度目の防衛
08・05丸藤正道 30分56秒 3度目の防衛
08・10拳王 60分時間切れ 4度目の防衛
11・22中嶋勝彦 42分35秒 5度目の防衛
12・06杉浦貴

 団体の最高峰を担い、真っ向勝負を貫き、記憶に残る試合を連発したノア潮崎。個人的には藤田和之戦、拳王戦には特に唸らされた。

 コロナ休業下で積極的に無観客試合を仕掛けることでプロレスの灯を消さなかったノア。有観客に突入して以降も、メイン戦線での真っ向勝負は一貫していた。ノアなりのプロレスの背負い方がここにあり、多くのファンの共鳴を生んでいる。こういった団体の姿勢もまた、MVP選手選びに影響することも確かだろう。

 プロレスは賞レースのためにしているものではないが、ファンの支持を拡大するためにしているものではあるだろう。考え方によっては、今年の新日本に失策があり、今年のノアにファインプレーがあったとも言えるのだ。

 ノアのフロントを担う武田有弘氏の1年前のツイート。

 世間的認知度というと難しいが、ノアなりに大会スケール/集客力/メディア環境に全力投球した2020年。そこには無観客試合やABEMA配信を含めていい。選考結果は神のみぞ知るわけだが、“足りた”と言える結果にはたして辿り着くだろうか。

マスコミ選考とファン選考のプロレス大賞 アワード別に結果が割れる可能性も

 東スポプロレス大賞でのMVP、ベストバウトはどう推移しているのか。

▼東スポプロレス大賞推移

MVP ベストバウト
2008年 武藤敬司 丸藤正道vs.近藤修司
2009年 棚橋弘至 葛西純vs.伊東竜二
2010年 杉浦貴 田口隆祐&プリンス・デヴィットvs.飯伏幸太&ケニー・オメガ
2011年 棚橋弘至 小橋建太&武藤敬司vs.矢野通&飯塚高史
2012年 オカダ・カズチカ 棚橋弘至vs.オカダ・カズチカ
2013年 オカダ・カズチカ 中邑真輔vs.飯伏幸太
2014年 棚橋弘至 オカダ・カズチカvs.中邑真輔
2015年 オカダ・カズチカ 天龍源一郎vs.オカダ・カズチカ
2016年 内藤哲也 オカダ・カズチカvs.丸藤正道
2017年 内藤哲也 オカダ・カズチカvs.ケニー・オメガ
2018年 棚橋弘至 オカダ・カズチカvs.ケニー・オメガ
2019年 オカダ・カズチカ オカダ・カズチカvs.SANADA
2020年 ? ?

 新日本選手以外のMVPというと、実に2010年の杉浦貴まで遡る。新日本実施以外のベストバウトというと、2015年の天龍源一郎vs.オカダ・カズチカとなる。“新日本選手出場以外のベストバウト”となると2009年の葛西純vs.伊東竜二にまで時間を巻き戻さなければならない。

 2019年までを新日本目線で表現すると、“新日本選手MVP”が9年連続、“新日本選手出場試合のベストバウト”が10年連続だ。

 複数のアワードでのMVPはどう推移しているのか。

▼アワードMVP推移

東スポ/プロレス大賞(マスコミ主催でマスコミ選考) 週プロ/プロレスグランプリ(マスコミ主催でファン選考) ネットプロレス大賞(ファン主催でファン選考)
2010年 杉浦貴 杉浦貴 関本大介
2011年 棚橋弘至 棚橋弘至 棚橋弘至
2012年 オカダ・カズチカ オカダ・カズチカ オカダ・カズチカ
2013年 オカダ・カズチカ オカダ・カズチカ 中邑真輔
2014年 棚橋弘至 棚橋弘至 棚橋弘至
2015年 オカダ・カズチカ 鈴木みのる 鈴木みのる
2016年 内藤哲也 内藤哲也 内藤哲也
2017年 内藤哲也 内藤哲也 内藤哲也
2018年 棚橋弘至 棚橋弘至 棚橋弘至
2019年 オカダ・カズチカ オカダ・カズチカ ウィル・オスプレイ
2020年 ? ? ?

 多くの年でマスコミ選考もファン選考も一致している。とはいえ一致しない年もある。これが2020年の選考でどう落ち着くかも見ものだ。選考が割れる可能性も十分にある。

 言いたい放題SNS時代を生きるファン、団体・ファンと向き合うマスコミ・・・決着のゴングがもうすぐ鳴る。新日本選手以外のMVP、新日本選手不在のベストバウトなら歴史的展開であるわけだが、どう転がっても騒がしくなりそうだ。

 なお・・・MVPはじめとするファン版のプロレス大賞についてはいろんな集計が可能だが、ここまでの歴史があるファン主催『ネットプロレス大賞』の存在を当サイトとしては重んじています。当サイトによる選択肢増・期間増でのアワード決定等は行わず、『ネットプロレス大賞』の告知を追ってさせていただきます。投票開始の際には、ぜひともご参加ください。




バナーのクリック▲で順位と更新意欲がアップします。記事が役立ちましたらご支援を。1日1回有効。


[ブシロード▶新日スターダム
[サイバー▶ノアDDT系
[団体別▶全日GLEATWWE
[選手▶写真名鑑
[格闘技▶RIZIN

カテゴリー

バックナンバー

団体リンク

プロレス団体リンク
新日本プロレスニュース大会日程新日本プロレスワールドYouTube)/全日本プロレス全日本プロレスTV)/NOAHDDTWRESTLE UNIVERSE)/GLEAT大日本プロレスZERO1DRAGON GATEみちのくプロレス大阪プロレス2AWDRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムYouTube)/ディアナ


格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSDEEPPANCRASEQUINTET


YouTube
📳アントニオ猪木📳長州力📳前田日明📳船木誠勝📳田村潔司📳蝶野正洋📳獣神サンダー・ライガー📳朝倉海📳朝倉未来📳永島勝司


ファイター等
日本プロレス殿堂会蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)高山善廣田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト


最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社チームフルスイング書泉グループのイベント闘道館大阪カウント2.99


新着&注目アイテム
プロレスDVDサーチプロレス本サーチ



[2021年6月5日発売! 表紙および巻頭ロングインタビューは“借金芸人”こと岡野陽一。玉袋筋太郎の変態座談会についに佐山サトルが登場! そしてファイティングネットワークリングスは旗揚げ30周年。リングス代表・前田日明にインタビュー。ほか矢地祐介、西村知美、宮戸優光らのインタビュー]



[2021年6月23日発売! [特集]佐山サトル 1975-1978 [巻頭ロングインタビュー]初代タイガーマスク [考証]佐山サトルvsマーク・コステロ“期待のホープ”が他流試合に挑んだ日 [証言]小林邦昭、栗栖正伸 佐山サトル全試合記録]



[2021年6月17日発売! 「チャンピオンになってからが、本当の向かい風でした」新日本プロレスのエース棚橋弘至、初の自伝。チャラい、軽い、新日本らしくない、とブーイングされ続けた男が、IWGPヘビーという「険しい山」の頂点に登りつめるまで。幼少期からデビュー前の貴重な写真も掲載]



[2021年6月6日発売(電子書籍) 新レーベル『CyberFightBooks』第1弾。三沢光晴13回忌にあたる2021年6月13日。主婦の友社が刊行し今では希少価値がついている4冊を大合本に。書き下ろし収録もあり]



[2021年5月19日発売! 女子プロレスラー VISUALIST Women’s Pro-Wrestling Portrait Collection ジュリア 坂崎ユカ 安納サオリ 雪妃真矢 中野たむ 瑞希 野崎渚 赤井沙希 ひめか 世羅りさ 青野未来 上福ゆき]



[2021年5月19日発売! 国内外のリングで数々の大物レスラーと対峙した時、武藤敬司とグレート・ムタは何を考えていたのか? 稀代の天才レスラーがプロレスの本質も説き明かすファン必読の一冊!! ]



[2021年6月9日発売! 前田日明 (著) 慟哭! 南海トラフ地震対策もせず、国土も守らず、自衛隊員も見殺し どこまで国民を軽視するのか! 「日本が憎くて言ってるわけではない。今の日本は国と国民の思いが大きくズレているように思えるのだ」]



[2021年4月14日発売! タイガーマスク、ダイナマイト・キッド、ブラック・タイガー 「出会い」、「引退」、「再会」、「別れ」――日本とイギリスで紡がれた最高にして永遠のライバルストーリー]



[文庫版となって2021年4月20日発売! 1980年代前半、全国のちびっ子を魅了し、アントニオ猪木を凌ぐ新日本プロレスのドル箱レスラーとなったタイガーマスクは、なぜ人気絶頂のまま2年4ヵ月で引退したのか? UWFにおける前田日明との“不穏試合”では何が起きていたのか? 自身が創設した総合格闘技「修斗」と訣別した理由は?]



[2021年3月2日発売! プロレスのキホンから人気プロレスラーゆかりのスポット紹介まで、新日本プロレス観戦をもっと楽しむための公式ガイドブック]



[2021年1月5日発売! 週刊プロレス本誌「2021プロレスラー選手名鑑」に掲載された選手をもとに1024人の選手を掲載]

レポートbyカクトウログ

> さよならムーンサルト回収 武藤敬司飛ぶ
> 震災10年仙台大会に地震 神対応の舞台裏
> 中野たむを信じて明日に輝け 武道館詳報
> 前田日明が新日と交渉 第1次UWFの記憶
> 武藤敬司の「夢」ノア武道館を飲み込む
> AEW・新日連携への米国ファンの期待とは
> ジェイ戦列復帰 新日本というミステリー
> コズエンはあきらめない 高田馬場写真集
> 2020年プロレス大賞 3アワード比較
> 金沢克彦氏が18年半ワープロ解説に終止符
> ダブルドーム2021年ベストバウト投票結果
> 柴田勝頼 2022年“復帰”目指して始動
> 星を包み込む宇宙であれ コズエンが独立
> コズミックエンジェルズ初戴冠の日に密着
> プロレス大賞こうだったんじゃないか劇場
> 大会ベストバウト投票 年間総括2020
> プロレス大賞でノアは!? 武田氏と立ち話
> 新日本コロナイヤーを金沢克彦氏が生解説
> 内藤か潮崎か 2020年プロレス大賞展望
> あるのか前高山 山ちゃんがやっちゃった
> 宇宙旅行をアテンド中野たむ 棚橋弘至説
> 絶叫できない熱狂とコロナ副産物 G1総括
> GLEATプレ旗揚げ 田村&長州のプロレス観
> 鈴木みのる 天を指してゴッチ式の理由
> ベストバウト&大会総括 21年ぶり神宮球場
> カクトウログは開設16周年
> 武藤敬司vs.前田日明トークレポート
> 丸藤正道vs.前田日明トークレポート
> 猪木酒場新宿店が7月閉店 かつて全国7店
> 金8以降世代のNJC4強こそ新日本の主張
> 『記憶の懸け橋』トークイベント観覧メモ
> 「社会的責任」ひとつの答え 新日本再開
> 小久保隆さん TJシンテーマ曲秘話
> 柴田勝頼ついに2017年4月9日を初激白
> 「プロレス大好き芸人」プレゼン大賞
> 柴田勝頼の新日本帰還はなぜ実現した?
> 大阪カウント2.99に鈴木みのるがエール
> オカダ戦から3年 柴田勝頼の奇跡と軌跡
> コロナ禍でノア無観客試合 潮崎vs.藤田
> コロナ禍でスターダム無観客試合
> 文庫版『1984年のUWF』にカクトウログ
> 前田「ずっと猪木さんに教えてもらった」
> 船木誠勝が明かす! 柴田勝頼“秘話”
> 映画アイアン・シークで前田トーク!
> 藤田和之トーク 半生を激語り!
> シークレット結婚式!? オカダ&三森さん
> ジャイアント馬場バルに行ってきた!
> 聖火リレーに谷津 オカダ 桜庭 高田 武藤
> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> 2019年の顔は!? プロレス大賞まとめ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> ダブルドーム ベストバウト投票結果
> 橋本真也、小橋建太との幻の復帰戦計画
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年を大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFのテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> 杉浦vs.エルガンがノア両国ベストバウト
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> オカダvs.飯伏IWGP戦はドーム2連戦初日
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> NJCでオカダと柴田勝頼が感動的な再会
> ドン・フライと高山善廣が運命的な再会
> 飯塚高史引退! 引退試合でもヒール貫徹
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 独占! 長州力がDスミスJr.と盃を交わす
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼