1. HOME
  2. プロレスラー・格闘家
  3. 前田日明
  4. ビンタを放った闘魂の背中 前田「ずっと猪木さんに教えてもらった」【週刊 前田日明】
前田日明

ビンタを放った闘魂の背中 前田「ずっと猪木さんに教えてもらった」【週刊 前田日明】

前田日明

前田日明が足りない世の中に、とことん前田日明を発信してみる。前田日明関連の動きをできる限りカクトウログが追う「週刊 前田日明」連載第205回のラインナップ▼ビンタを放った闘魂の背中 前田「ずっと猪木さんに教えてもらった」2020年も妥協しないぜ! 前田日明今後のスケジュール・・・

※不定期連載となっています。

 

▼▼▼ WEEKLY AKIRA ▼▼▼

ビンタを放った闘魂の背中 前田「ずっと猪木さんに教えてもらった」

 入り口では非接触体温計による検温、アルコールによる手指消毒が行われた。観客全員がマスク装着、3ショット撮影までもファンはマスク姿。新型コロナウィルス感染拡大に伴う不安が広がっていた1日、青山 LA COLLEZIONEでのトークイベント『吠える総帥 シリーズ3』蝶野正洋vs.前田日明が開催となった。

 
◆旅館破壊事件 標的にされた猪木だったが早飲みでイチ抜け

 あえて集まったファンに、前田は投げかける。

前田 こういう状況下でこういうイベントをやったっていうのも思い出になる。よろしくお願いいたします。オレは1月20日の段階でこういう事態も予測して、アルコールを5リットル買いましたね。こうやって(プラスチック製スプレー容器に入れて)持ち歩いてシュッシュッやってる。あとウォッカのスピリタス(世界最高のアルコール度数を誇る酒)、96度やんけ。蒸留水を入れて、正確にブレンドしなきゃいけないんだけど、これも利用しようかと。

蝶野 おとといのマスターズで、藤原(喜明)さん「クシャン」と言いながらヘッドバットしてましてね。大丈夫かな!?

前田 しょっちゅうウィスキーをガブ飲みしてるから大丈夫(注:あくまで冗談です)。

 こういうトークになるとアルコールの席の話題が欠かせない。

蝶野 あの旅館破壊(1987年に新日本プロレス一行が熊本の旅館を一軒丸ごと破壊した伝説)の話、前田さんはどう覚えてますか。

前田 みんなベロベロで、「じゃんけんしようぜ、勝った方が殴る」って話になって。武藤(敬司)とオレがやったんだけど、オレが後出しで全部勝った。高田(信彦・当時)が「ヒドイ」ってことで武藤に殴るよう言ったんだけど、武藤は後ずさり・・・と思ったら壁から走って来やがった! (アントニオ)猪木さんは旅館から止めるように言われたとき「買い取ってやるから気にするな」って言ったらしい。弁償は700万だったって。

蝶野 最後は猪木さん、藤波(辰巳・当時)さんら数人が残ってゲロ掃除してましたよ。

前田 坂口(征二)さんを潰そうと、10数分で一升瓶3本をみんなでついでね。坂口さんは潰れて「前田、蹴れるもんなら蹴ってみろ」って。

 標的はアントニオ猪木に移る。

前田 次に猪木さんを潰そうってことで囲むと、猪木さんが「誰が一番早く飲むか、勝負するしかないだろ!!」と。自分も「その通りだな」って思ってやると、猪木さんストーンと入っちゃって、みんなビックリして。猪木さんは「オレ、イチヌケな」って。翌日は武藤が欠場になったんで自分も欠場と思ってたら、坂口さんに「お前は出ろ」って。顔が内出血だらけだったけどファンデーションを塗りまくってね。

 
◆長州顔面蹴撃事件 「いかにも」という枠に入りたくなかった

 新日本プロレス時代、危険なニオイを漂わせていた前田。しかしながら、前田は「オレはある程度、(プロレスにおけるアングルということで)演じているつもり。何ビビッてるの!?」とも触れる。

蝶野 みんな前田さんに憧れました。いちばんカッコイイ“兄弟子”でした。

前田 (蝶野らが所属した)nWoの流れはホントによくわからなくて、なんで(漫画)「まことちゃん」の「ぐわし」(ポーズ)をやってんの!?って。

蝶野 違います!!(ウルフパックポーズ) でも当時は勢いがすごかった。ハルク・ホーガンも負けることを気にしないで「会場を盛り上げる」心意気で素晴らしかったですね。

 1987年11月19日、後楽園ホール大会での6人タッグ戦。「長州力顔面蹴撃事件」が発生する。前田のカットプレーによる蹴りで長州の顔面が腫れ、眼下底骨折に。

前田 当時はテレ朝側が仕切ってて、UWF(という団体)ではなく個人じゃなきゃ(次回は)契約しないって。一方で、話題が(全日本プロレスの)天龍革命にゼンブ持っていかれてて。オレらよりスゴイことやっててね。そりゃ、負けるよ。輪島(大士)さんがプロレス知らないからって天龍(源一郎)さんやりたい放題でね(笑)。そんな中で長州さん、(カラダが)頑丈やんけ。えぐい試合してやろう。以前(1983年11月3日)のシングルでのスコーピオン(デスロック)にカチンと来てた(えぐい角度で決められレフェリーストップ負け)し、気兼ねなしにできるなと。蹴ったらクビになった。ひとつ猪木さんをかばうとすれば、当時はテレ朝に言われると何も言えなかったから。

 前田にはブルーザー・ブロディとの試合が流れてしまうという出来事もあった。

前田 アンドレ(・ザ・ジャイアント)がラスボスかと思ったらブロディとやるのかって。行く気でやらないとという覚悟だった。かなり準備しましたね。あの頃は「いかにも」という枠の中に入りたくなかった。観客だけじゃなくて新日本にもヤバイと思わせなきゃと思っていた。

 このあたり「演じているつもり」とは矛盾するかのようでもあるが、コントロールしながらも独自の立ち位置を標榜していた前田の姿勢が読み取れる。

 
◆ずっと猪木さんに教えてもらったんだな、イノキイズムを

 質問コーナーでは「小川直也」というワードも出た。橋本真也を“潰した”小川。

前田 あのとき(自分が新日本に)いたら、間違いなく小川をシメたね。現場にいたら乱入したよ。橋本には電話して「次行かなきゃダメ」って言ったんだけど、2回目もやられて。「お前何やってんだ」って。リング下にはスパナでも何でもあるのに。

蝶野 何でいかないんだという思いは自分にもありましたね。ただ体調は悪かったようです。

(ここで蝶野は“原因”と思われる猪木と橋本のオフレコ話。ノーSNS。当日の観客限りと言うことで)

蝶野 小川は新日本で便所掃除からやるはずが、直前で猪木さんが「やるな」ってことでおかしくなった。(同様に新日本に入ってきた)北尾(光司)もチカラがすごかった(逸材)。本人もイチからやる意識があって闘魂三銃士(蝶野、武藤、橋本)とも仲良かったんですよ。それで巡業バスに「乗りなよ」って言ったことでバスに乗った。ところがオレらは試合後は最後に乗るから、その間に長州さんと言い合いに。(北尾を追い出すことになった)原因は我々にあったんですよ(笑)。

 2月28日のマスターズ後楽園ホール大会では、猪木から闘魂ビンタを食らった前田。

前田 猪木さんは後ろ姿とか見ているとだいぶ心配になるというか・・・。闘魂ビンタ? 長州さんがブツブツ言いながら出てきて「何か考えてるなぁ」と思ったら、アレでしょ(笑)。蝶野、武藤という順番で来たから「もしかしたら次、オレやんけ」。オレは(闘魂ビンタは)初めてでしたね。

蝶野 自分ももしかしたら最後かもとビンタを受けました。でも猪木さん、前田さんが出てきたことでビックリしてましたよ。仕返しを警戒してました(笑)。

前田 猪木さんに出会って、右も左もわからないときから今まで、後ろ姿を見ながら・・・猪木さんの影響あるんですよね。自分の行動っていうのは猪木さんの教えでやっただけで。岐路に立ったとき「猪木さんならどうするか」考えた。結論として(自分の人生はこれで)よかったんだと思います。

太く生きたからと言って短いとは限らない。失敗しても教訓になり、経験になる。いつも「大きく挑め」と・・・ずっと猪木さんに教えてもらったんだな、イノキイズムを。(そういうようなことを、マスターズ大会で改めて猪木の)背中を見てスゴイ感じた。健康は心配だけど立ち直って1コ、2コ、サスガだなというものをやってほしい。プラズマの取り組み(水プラズマを使った廃棄物処理の発明)の話が出て・・・またやってる!! 騙されてもやってほしいです。さすがだなってものを・・・元気でいてほしいです。

蝶野 前田さんとトークは初めてなんですが、YouTubeでも一緒に企画をやるんですけど、イメージしてた前田さんとの違いを感じてます。こないだのマスターズではヒロ斎藤さんが負傷したみたいで藤波(辰爾)さんに「休ませてください」って言ってたんだけど、「だめだ、出ろ!!」って。藤波さんの昭和魂にも接した。あんなに厳しい藤波さんは初めて。先輩の姿はわれわれが忘れてしまっているものをつないでいると思いますんで。

* * *

 初の闘魂ビンタの洗礼から二夜明け、タイミングもハマった。因縁の先輩である猪木を熱く語った前田がいた。

 「自分の行動っていうのは猪木さんの教えでやっただけ」というのは、ずっと前田が口にしてきたこと。そしてボクらも、前田にイノキイズム実践を期待して、UWFなどのムーブメントに乗っかった。

 「太く生きたからと言って短いとは限らない」というのは、ずっと前田が座右の銘としていたこと。だけれども、これを“猪木の教え”として発信したのは初めてかもしれない。

 ここに、イベントのクライマックスが間違いなくあった。何度も何度も猪木と前田は握手しているわけだが、さらに一歩踏み込んだ“親子喧嘩の終焉”を見届けた気分になった。交互に脳内再生される『炎のファイター』と『キャプチュード』がずっと止まらない!!


 
 昔の方が本物だったと言うつもりはないし、いまのプロレス界のクオリティはいまのレスラーにしか体現できない。しかしながら、当時ならではの業界を背負った攻めぎあいは確かに存在した。バカ話も含めて昭和プロレスはどこまでも伝説だ。

 そしてボクらも・・・猪木、前田、三銃士の背中をずっと追い続けていたい。そう思うんである。

 

▼▼▼ WEEKLY AKIRA ▼▼▼

2020年も妥協しないぜ! 前田日明今後のスケジュール

 今後のスケジュールはこちら。

●3月29日(日)13:00東京・靖国神社相撲場『ZERO1 奉納プロレス15周年記念大会』前田日明が来場

●4月19日(日)15:00町田・ホテル・ラポール千寿閣『燃えろ俺たちのUWF』山崎一夫vs.前田日明

●4月25日(土)・26日(日)11:00~21:00栃木・宇都宮城址公園特設リング『FIGHTING BEER GARDEN 2020』前田日明が登場
※前田の登場日時は判明次第、当サイトでもお伝えします

●(※19:30追記)4月29日(水祝)14:00巣鴨・闘道館『新間寿スペシャル対談シリーズ 前田日明×”闘魂”』新間寿、前田日明、清野茂樹[詳細

 お時間のある方はぜひ。

 
 【週刊 前田日明】はここまで。
 今週も前田日明を追いかけます!

プロレスは初心者もオールドファンも楽しめるジャンル。ファンの立場から、リング内外のカクトウ(格闘)をログ(記録)します。


新型コロナウイルス感染症まとめ



2020年4月5日発売!ザ・レスラーがオカダ戦以来の3年ぶり黒パン・・・KAMINOGE100号に上野毛道場の柴田勝頼。インタビュー&撮り下ろし!!

カテゴリー

バックナンバー

レポートbyカクトウログ

> 柴田勝頼がオカダ戦以来3年ぶり黒パン
> 文庫版『1984年のUWF』にカクトウログ
> 前田「ずっと猪木さんに教えてもらった」
> 船木誠勝が明かす! 柴田勝頼“秘話”
> 映画アイアン・シークで前田トーク!
> 藤田和之トーク 半生を激語り!
> シークレット結婚式!? オカダ&三森さん
> ジャイアント馬場バルに行ってきた!
> 聖火リレーに谷津 オカダ 桜庭 高田 武藤
> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> 2019年の顔は!? プロレス大賞まとめ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> ダブルドーム ベストバウト投票結果
> 橋本真也、小橋建太との幻の復帰戦計画
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年を大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFのテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> 杉浦vs.エルガンがノア両国ベストバウト
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> カクトウログは開設15周年
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> オカダvs.飯伏IWGP戦はドーム2連戦初日
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> NJCでオカダと柴田勝頼が感動的な再会
> ドン・フライと高山善廣が運命的な再会
> 飯塚高史引退! 引退試合でもヒール貫徹
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 独占! 長州力がDスミスJr.と盃を交わす
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼

団体リンク

プロレス団体リンク
新日本プロレスニュース大会日程ワールド動画配信YouTube公式動画選手ブログ集)/全日本プロレスNOAHWRESTLE-1大日本プロレスDDTZERO1DRAGON GATE東方英雄伝みちのくプロレス大阪プロレス2AWDRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムREINAワールド女子プロレス・ディアナ


格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSDEEPPANCRASEQUINTET


YouTube
📳アントニオ猪木📳長州力📳前田日明📳船木誠勝📳田村潔司📳蝶野正洋📳獣神サンダー・ライガー📳朝倉海📳永島勝司(立会人・金沢克彦)

ファイター等
日本プロレス殿堂会蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト


最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社チームフルスイング書泉グループのイベント闘道館大阪カウント2.99


新着&注目アイテム
プロレスDVDサーチプロレス本サーチ



2020年4月5日発売!ザ・レスラーがオカダ戦以来の3年ぶり黒パン・・・KAMINOGE100号に上野毛道場の柴田勝頼。インタビュー&撮り下ろし!!



2020年4月15日発売! 逆説のプロレス vol.17 プロレス 「取材拒否」暗闘史 前田日明 鈴木みのる ジョージ高野 片山明 グレート小鹿



2020年3月10日発売!2017年発売の柳澤健著『1984年のUWF』が文庫化(Kindle版と文庫本あり)。「文庫版のためのあとがき」にはカクトウログからの記事引用あり



2020年3月25日発売!それぞれの「U」 [単行本刊行記念対談]藤原喜明×中野巽耀 [回想―若手たちの対抗戦]AKIRA×安生洋二 [独演―キャッチ・アズ・キャッチ・キャン]宮戸優光



2020年3月17日発売!俺たちのプロレス VOL.14 ジャンボ鶴田最強説を追う!! 没後20年を経て“怪物”と呼ばれた男の真実に切り込む――。ジャンボ鶴田最強説を追う!! 12名が明かした「ジャンボ鶴田最強説」の虚と実



2020年2月28日発売!その現実から目を背けるな。「やれるか」じゃない、やるんだよ。鈴木みのるの言葉はなぜ俺たちの心に刺さるのか。プロレス界の今、ここを生き抜いてきた唯一無二の思考、貪欲に幸福を求める方法



2019年12月28日発売!新しい敵に向かっているから俺はずっとギラギラしていられる。そして、そういう闘いの中にいられることが、俺にとっての幸せなんだよ。強くあるために何ができるか、いま何をすべきか。リング内外で見せる強烈な存在感の源泉がわかる、プロレス王・鈴木みのる、刮目の最新刊!



2020年3月15日!獣神伝説、完結! 自伝、第3弾! ありがとう、みんなのライガー。2020年の東京ドーム2連戦でリングを去った獣神、最後の告白。連綿と続く壮大な新日本ジュニアの物語。いつもそこにライガーがいた



2020年2月13日発売!カリスマプロレスラー・蝶野正洋が56年間の人生を綴る初の自伝本が登場。生い立ちから始まり、プロレス界に身を投じ、トップを極めるまで、そしてレスラー休業中の現在の心境まで、過去・現在・未来の全てを語りつくしたファン待望の一冊



2020年2月25日発売!タイガー服部が新旧の名外国人選手から交流の深い日本人選手まで、古今東西のプロレスラーたちの知られざる素顔、リング内外の仰天エピソードを明かす



2020年2月28日発売!シュートマッチ プロレス「因縁」対談 10番勝負 アントニオ猪木×石井和義 藤波辰爾×長州力 天龍源一郎×川田利明 大仁田厚×武藤敬司 安生洋二×坂田亘 越中詩郎×谷津嘉章 安田忠夫×草間政一 大谷晋二郎×橋本大地 藤原喜明×キラーカン 前田日明×ジョージ高野



2020年2月27日発売!2000年の桜庭和志 柳澤 健 (著) UFCの殿堂入りをした総合格闘技界のレジェンド桜庭和志。二〇〇〇年のホイス戦をクライマックスに彼の存在意義を炙り出す



2019年2月27日発売!12月23日発売! 今年も収録人数1000人超え!ファン必携の一冊!! この「2020プロレスラー全身写真名鑑」は、週刊プロレス本誌「2020プロレスラーカラー写真名鑑」に掲載された選手をもとに、デビューした選手、掲載できなかった選手を加えた1028人の選手を掲載しています



2019年12月19日発売!世界最高峰のリングWWEからインディー団体まで、日米マット界の「光」と「陰」を知る著者がはじめて明かす熱狂を生み出す「サイコロジー」のすべて。自身の圧倒的な経験値をもとに綴る、目からウロコのプロレス論!



2019年12月11日発売!内藤哲也[新日本プロレス]のホンネ録 『週刊プロレス』人気連載、待望の単行本化! 本書でしか読めない新規エピソードを収録。巻末には「週刊プロレス2000号突破祈念」のイベントトークを採録



2020年2月26日発売!中野巽耀(当時は龍雄)がレスラー人生を総括する初の本格的自叙伝。自身のキャリアを振り返るだけでなく、伝説化しているスーパータイガー(佐山聡)vs前田日明の不穏試合、前田日明vsアンドレ・ザ・ジャイアントのセメントマッチ、前田日明が長州力の眼窩底を骨折させた顔面蹴撃事件、新生UWFの3派分裂劇、UWFインターナショナルと新日本プロレスの全面戦争など歴史に残る騒動について当事者の立場から「真実」を激白!



2020年1月23日発売!小林邦昭&越中詩郎と空手・誠心会館の抗争に端を発し、『反選手会同盟』結成、天龍源一郎率いるWARとの対抗戦、そして『平成維新軍』に改名して独立興行を開催するまでに至る流れを各メンバーがそれぞれの視点から回想。1999年の解散宣言から20年…7人の男たちがあの熱い時代を本音で振り返る!



2019年12月17日発売!新日本プロレスリング株式会社社長兼CEO。日本語と英語とオランダ語など6ヶ国語を自在にあやつり、海外でのビジネス経験も豊富なプロ経営者、ハロルド・ジョージ・メイ。外国人でありながら日本人の感覚も持ち合わせる国際人メイが、キャリアを築くベースになったマーケティングのこと、経営や組織のこと、英語学習のことやグローバル社会のこと、社長としての思いやプロレス愛などについて綴った初の著書



2019年10月10日発売!プロレスラー・柴田勝頼のデビュー20周年記念DVD。NEVER無差別級王者など、輝かしい軌跡を誇る柴田勝頼が自ら選んだ名勝負のほか、“LA DOJO”でヘッドコーチとして手腕を振るう彼に迫ったドキュメンタリーを収録( ⇒ 収録の詳細について


管理者用 編集記事編集mail編集amazon