1. HOME
  2. プロレスラー・格闘家
  3. 前田日明
  4. 2000年代も妥協しないぜ!! 前田日明の来歴をまとめて振り返ってみる
前田日明

2000年代も妥協しないぜ!! 前田日明の来歴をまとめて振り返ってみる

前田日明

 唐突なタイトルをつけてしまったが、Wikipediaの前田日明が2000年代はほとんどログなし。というわけで詳細が記されている現役時代についてはダイジェストを、記載がほとんどない2000年代については歩みをまとめてみる。

 あなたは世の中に足りない前田日明をどこまで追えてる!? 近年のトーク記事リンクつき。

少年時代~新日本プロレス

▼1959年1月24日、大阪府大阪市大正区出身。 元在日韓国人(在日3世)で韓国名は高日明(コ・イルミョン)。中学から始めた空手で無想館拳心道二段を習得した。

▼1977年7月、新日本プロレスにスカウトされ入門した。空手やボクシングに興味はあるもののプロレスへの憧れはなかった。「まずは新日本プロレスで体づくりを」「モハメド・アリのジムと提携してるのでボクシングも目指せる」と新間寿氏に言われたのが発端となる。新間氏の詭弁がよくネタになるが、前田は後に次のようにも語っている。「入門のキッカケになった『裏方のトップの新間寿さんに会いに行かないか』って言われたときに、ぜんぜん当時のプロレスに興味はなかったんですけど『新間さんに会いたいなぁ』と思って。そういうこと(猪木vs.アリ異種格闘技戦)を実現する人ってどんな人なんだろうと思って」。

▼1978年8月、新潟・長岡市厚生会館での山本小鉄戦でデビュー。1982年2月からの英国武者修行ではカール・ゴッチの特訓を受けつつ「クイック・キック・リー」の名前で活躍した。3年程度の修行を意図していたが、猪木の体調不良により1年で帰国を強いられる。

▼1983年4月21日の凱旋帰国試合では「1分で料理しろ」カール・ゴッチと「15分やって盛り上げろ」新間寿氏との間に挟まれ、3分の風車固めでポール・オーンドーフを仕留める。「七色のスープレックスを持つ男」としての多彩なスープレックス、フライング・ニール・キックで人気を爆発させる。5月開幕のIWGP決勝リーグ戦には「欧州代表」としてエントリーされた。

第1次UWF~1.4 新日本プロレス提携時代

▼1983年、24歳で帰化申請、翌年受理される。1984年4月旗揚げの第1次UWFに移籍して、エースの立場を担う。猪木(新日本)と同じスタイルをやっていても勝てないとの判断から格闘技スタイルを確立する。1985年12月6日の新日本プロレス両国国技館大会にて、藤原喜明、木戸修、高田伸彦、山崎一夫らと共に業務提携という形で新日本プロレスに復帰。あえてスーツ姿でマイクを握り「1年半UWFとしてやってきたことが何であるか確かめに来ました」と挨拶した。

▼1986年10月9日、両国国技館でのドン・ナカヤ・ニールセンとの異種格闘技戦が絶賛され、「格闘王」の称号を得る。1986年の東スポプロレス大賞にて藤波辰巳vs.前田日明(6月12日・大阪城ホール)が年間ベストバウトに選出された。

▼1987年11月19日、6人タッグマッチでのカットプレーで前田が長州力の顔面に蹴りを入れ、長州が右前頭洞底骨折となる。新日本からの無期限出場停止処分、解雇(1988年3月1日)へとつながったこの試合は顔面蹴撃事件と呼ばれるようになる。

第2次UWF~リングス

▼1988年4月8日に赤坂東急ホテルにて記者会見を行い、前田は第2次UWFの旗揚げを発表する。山崎一夫、高田延彦、中野龍雄、安生洋二、宮戸成夫の5選手とともに出発した。5月12日・後楽園ホール大会での旗揚げ戦では、前田は「選ばれし者の恍惚と不安、ふたつ我にあり」とマイク。1989年11月、東京ドーム大会を開催するなど日本マット界にUWFブームを到来させた。

▼1991年1月に第2次UWFは解散して三派に分裂する。所属日本人が1人となる中で前田は5月にリングスを旗揚げした。「最強はリングスが決める」のキャッチフレーズ、オランダ、ロシア、グルジアはじめとする支部設立による世界ネットワークが構築となる。

▼新日本・UWFを通じての後輩・高田延彦が1997年『PRIDE.1』にてヒクソン・グレイシーに敗北した。この動きを受けて前田・リングス側もヒクソン側と交渉するも、ヒクソンは高田との再戦を選択する。前田によるヒクソン戦は実現しなかった。

▼1999年2月、前田は「人類最強の男」と称されるアレキサンダー・カレリン戦で現役を引退した。リングス代表に就任し、アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ、エメリヤーエンコ・ヒョードルといった有力選手を総合格闘技界に送り出した。

ビッグマウス~HERO’S~THE OUTSIDER~参院選出馬中止

▼リングス解散後は沈黙状態だったが、2005年1月、ビッグマウス(プロレス)スーパーバイザー、HERO’S(総合格闘技)スーパーバイザーに就任したことが発表された。しかし2006年2月、「スーパーUWF」という方向性を飲まなかったビッグマウス(上井文彦氏)と訣別。総合格闘技に専念する方向となった。

▼2006年12月、フリーカメラマンの藤原佐知子さん(35歳)と入籍した。2007年5月14日、長男・武慶(たけちか)君が3880グラムのビッグサイズで誕生する。のちに下の子(2021年時点で5歳)の存在も明かしている。

▼2007年10月5日、「HERO’S KOREA 2007」の開催発表記者会見に出席した。前日10月4日にPRIDE事務所が閉鎖され活動停止されたことに関して「PRIDE? ざまあみろだね」と発言。谷川貞治氏が「不適切な発言」とHERO’S公式サイトに謝罪文を掲載した。

▼2007年12月31日、「K-1 PREMIUM 2007 Dynamite!!」で田村潔司vs.所英男の試合後のリング上にプレゼンターとして登場。勝利者賞のトロフィーを田村に投げつけ、口論となるトラブルを起こした。

▼2008年1月21日、RINGS公式サイトで3月30日にディファ有明において開催される、いわゆる「不良少年」を対象とした格闘技大会「THE OUTSIDER」の開催を発表する。3月30日にディファ有明で開催された第1回大会の観衆は1,521人(超満員札止め)。

▼2008年2月15日、「THE OUTSIDER」の記者会見を開き、HERO’Sの発展的解消に伴い同イベントのスーパーバイザーを降板したことが発表された。新たにスタートすることとなった旧PRIDEとHERO’Sとの連立イベント『DREAM』については「めでたいこと」とコメントするにとどまった。

▼2008年4月5日発売分のプロレス専門誌『Gリング』にて、「だからいま、土台から順番に作っているんですよ。格闘ログとか何かをチラッと見たら、前田リングス断念とか、お前勝手に決めんなよって(笑)」と、カクトウログ記事に反応した。

▼2009年1月17日、六本木のホテルで結婚式・披露宴を執り行う。

▼2009年3月15日、「THE OUTSIDER」が映画とのコラボイベント「クローズZEROⅡ公開記念 THE OUTSIDER SPECIAL」として大会場に初進出を果たした。

▼2009年12月29日、民主党が来夏・参院比例選の公認内定者11人を発表。前田日明が名を連ねる。

▼2010年3月3日の民主党1次公認発表に前田日明は名を連ねず。資金等の準備について民主党と食い違いがあり、民主党からの出馬を辞退していたことが後に明らかになる。2010年3月下旬、亀井静香氏と会談して、国民新党からの擁立について大筋合意。しかし、4月27日に再び会談、「少年を対象とした格闘技大会の運営に専念したい」として断念する意向を伝えた。

▼2010年4月3日、「THE OUTSIDER」ディファ有明大会で「(10月11日の)横浜文体っていうのは、彼らがプロになるための大きなステップ。で、プロとしてやっていくならやっぱりリングスが責任を持ってやっていくんで、そういった意味でリングス復活の第1弾ですよね。ZSTや米軍との対抗戦はOUTSIDERじゃなくてリングスでやっていくよ」と発言。

▼2010年9月3日、師匠のひとりである新日本プロレス顧問の山本小鉄さん(8月28日逝去)の告別式で弔辞を読み、個人の功績を偲ぶ。

▼2010年10月11日、アウトサイダー初の単独ビッグマッチ「THE OUTSIDER 第13戦 in 横浜文化体育館」は4854人(超満員)の観衆を集めて大盛況で開催される。

リングス再開

▼2011年6月20日、都内のリングス事務所でTHE OUTSIDER・ZSTの合同記者会見。この席上、前田がリングス復活について言及。「リングスネットワークから『いつリングスの活動を再開するんだ?』という問い合わせがありました。また業界そのものが地盤沈下している状況もあり、少し早い気もしますが、ここで来年の春にリングスとして再始動することを発表します。完全にプロだけの大会としてやることになりました(3月頃に後楽園ホールくらいの会場から、まずは軽量級を中心に始める計画を立てている)」と発表する。

▼2011年10月6日、リングス事務所にて前田日明らが記者会見を行い、アウトサイダーとリングスの今後に関する発表を行う。2012年3月9日、リングス復活大会が後楽園ホールにて行われることが発表される。

▼2012年3月9日、リングス復活大会「reincarnation 再臨」が後楽園ホールにて開催される。

▼2013年9月8日、アウトサイダー大阪大会で前田日明が暴行されるという事件が勃発。かつて大阪で“不良による格闘技大会”を行っていた集団が前田サイドに“挨拶がない”と因縁をつける。

▼2014年12月31日、前田日明の格闘技人生45周年を記念したライブイベント『MEGA BATTLE LEGEND 2014大晦日~前田日明に触れてみよ。 ZERO』がディファ有明にて開催される。

▼2015年6月10日、『UWF戦史』著者・塩澤幸登氏による前田の評伝、ノンフィクション、伝記『格闘者1』が発売に。500頁級×全3巻の第1巻。

▼2016年2月5日、「合同会社ガン・ガン・ガン」代表として「サバゲーショップ&フィールドMEGA G3」を立川にオープンする(しばらくして代表を退き、同組織との関係は解消された)。オープンイベント時にカクトウログ観戦仲間が「今日はカクトウログの人も来ますんで」と談話すると前田は「あの人はいつ寝てるの?」と反応する。イベント時間が進んだ際には前田から「けっきょくカクトウログの人は来たの!?」との言葉が出て、「カクトウログと申します。いつも勝手なことを書かせていただいてましてすみません」とサイト管理人が初めて挨拶する一幕も。

AD

▼カール・ゴッチ(2007年7月28日、82歳没)の墓が荒川区の回向院に建立され、2017年7月28日に納骨式が行われた。アントニオ猪木、藤原喜明、木戸修、前田日明、ジョー・マレンコ、西村修、鈴木秀樹、鈴川真一、ノブ・ハヤシ、桜井隆多、タイガー服部レフェリー、ブル中野が参列した。

『1984年のUWF』反証~新団体構想

▼格闘技スタイルで社会現象を起こした「UWF」、その背景を描いた柳澤健著『1984年のUWF』(Number連載記事を編集して2017年1月発売)が話題となった。一方で、UWFの長である前田あるいは業界に対してのネガティブな記載、事実関係への疑問も読者からは相次いだ。この流れの中で、前田からの反論に相当する『前田日明が語るUWF全史』上下巻が2017年12月に発売された。

▼2017年末、前田が新団体旗揚げと2018年1月の全貌発表を予告する。1月に会見は行われず、前田による準備は続いた。

▼2018年6月29日に前田が会見を行い、アメリカのラスベガスで開催されている格闘技イベント「Final Fight Championship(FFC)」との提携を発表した。前田は「他の大会や団体とも協力関係を築いて、THE OUTSIDERの選手はもちろんのこと、他のリングの選手も含め、アメリカでプロ選手としての道を希望する者へチャンスを与えていきたい」とした。この動きは具体的には、7・21川崎市とどろきアリーナ大会への選手招聘につながった。

▼元パンクラスの渡部謙吾が前田のマネージャーについたことが2018年11月発売の『KAMINOGE』vol.83にて明かされる。オリンピック前の会場不足により首都圏での開催ができなくなっている「THE OUTSIDER」については、前田は地方継続に向けて仕切り直し中であるとした。

▼2018年11月17日放映のBSフジ『脳トレ生合戦!!』番組中に前田vs.長州力の「叩いてかぶってじゃんけんぽん」対決が実現する。長州が2勝1敗で「この恨みここで晴らせるとは」との名言を残した。

▼2018年12月29日、日テレで放送された『有吉反省会』に前田が出演した。「トイレに隠れて携帯ゲーム、ハマりすぎて課金は数百万」を反省した。

▼2019年2月15日の武藤敬司プロデュース『PRO-WRESTLING MASTERS』大会に前田がセコンドとして登場した。試合後にマイクを握ると、長州がロープに走ってリキラリアットにいくムーブ。この茶目っ気に前田は笑顔で応えた。

▼2019年4月27日、新宿区のリーガロイヤルホテルにおいて藤原の古希を祝う「古希祝フルスイングトーク」にファン320人が参加。猪木、前田、船木、山崎一夫が一堂に会した。

▼2020年に入って61歳を迎えた前田は1~3月にイベント出演を展開したが、4月以降はコロナ禍で中止・延期が相次いだ。「THE OUTSIDER」大会も、再開に向けての調整に取り組む日々となった。

▼2020年3月、前田が朝倉海との対談を皮切りにYouTubeチャンネル『前田日明チャンネル』を開設した。

▼2021年に入り家族から「痩せろ痩せろ」と言われるほどウエートアップした前田。発表体重では145.3キロに到達した。和田良覚氏によるパーソナルトレーニングをスタートさせるも、「THE OUTSIDER」調整に伴う会食もあって思うように進まぬ日々となった。

▼2021年11月7日、闘道館でのトークイベントで新間寿氏と再会。自身の格闘技人生における猪木、新間氏との縁に感謝した。高田延彦との和解についての質問が参加者から出ると「30年前に親しかった後輩と、第三者に『和解したらどうですか』と言われても…というレベルなんですよ。どっかで会ったら『元気でやってるか?』とは言いますけど」と返答した。



応援よろしくお願いします!!
このバナーのクリック▲で順位と更新意欲がアップします。記事が役立ったら応援を。1日1回有効。


[ブシロード▶新日スターダム
[サイバー▶ノアDDT系
[団体別▶全日GLEATWWE
[選手▶写真名鑑
[格闘技▶RIZIN

カテゴリー

バックナンバー

団体リンク

プロレス団体リンク
新日本プロレスニュース大会日程新日本プロレスワールドYouTube)/全日本プロレス全日本プロレスTV)/NOAHDDTWRESTLE UNIVERSE)/GLEAT大日本プロレスZERO1DRAGON GATEみちのくプロレス大阪プロレス2AWDRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムYouTube)/ディアナ


格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSDEEPPANCRASEQUINTET


YouTube
📳アントニオ猪木📳長州力📳前田日明📳船木誠勝📳田村潔司📳蝶野正洋📳獣神サンダー・ライガー📳朝倉海📳朝倉未来📳永島勝司


ファイター等
日本プロレス殿堂会蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)高山善廣田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト


最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル大川昇アメブロ金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社チームフルスイング書泉グループのイベント闘道館大阪カウント2.99


新着&注目アイテム
プロレスDVDサーチプロレス本サーチ



[2021年12月6日発売! 表紙及び巻頭ロングインタビューは、4年前の試合中の怪我により長期欠場中の柴田勝頼(新日本プロレス)。 まさかの復帰はあるのか? そして好評連載『鈴木みのるのふたり言』は拡大版で、2カ月間の全米ツアーを終えた手応えを鈴木みのるに聞く]



[2021年10月27日発売! 伝説の名レスラーたちを、誰よりも近くで写真におさめてきた男がいる。元『週刊ゴング』のカメラマン・大川昇である。昭和・平成を彩ったスターレスラーの素顔を、プロレス愛に溢れた秘蔵写真と秘蔵エピソードで振り返る]


[2022年3月30日発売! ストロングスタイルを基盤としつつ、華麗なる空中技と変幻自在な四次元殺法、そして威力抜群の打撃技で、プロレス界のみならず社会的に空前のブームを巻き起こした初代タイガーマスク。その激闘の数々を高画質で収録した、史上初のBlu-ray作品! テレビ朝日に現存する、至極の名勝負44試合(そのうちノーカット33試合)を収録予定! ※一部試合で画像の乱れる試合もあるが歴史的資料の観点から収録]



[2021年10月18日発売! この総集編を昭和の男たちに贈ろう。ここには俺たちにDNAレベルで影響を与えた血潮がある。読み、感じて、心を燃やせ!! そして俺たちこそが猪木世代だと強く堂々と胸を張ろう]



[2021年9月29日発売! [特集]日本プロレス時代の“猪木”[考証]猪木寛至1960‐1961 猪木寛至/アントニオ猪木1962 アントニオ猪木1963-1964 ほか]



[2021年11月5日発売! 昭和期の新日本プロレス、全日本プロレス、国際プロレス、第1次UWF、ジャパンプロレスで使用された日本人及び外国人レスラーの入場テーマ曲を解説。ジャケット掲載350枚! 選曲の経緯や使用期間、細かいバージョン違いなども徹底解析!]



[2021年9月15日発売! 橋本・武藤・蝶野の闘魂三銃士各選手のテーマ曲や、グレート・ムタの入場曲の作曲者として、プロレステーマ曲のレジェンドとして知られる鈴木修の集大成とも言える2枚組アルバムが遂に完成]



[2021年11月15日発売! 英語がわかるとプロレスがもっと面白くなる! 新日本プロレス、プロレス通訳、英語教材制作、それぞれのプロフェッショナルが集結しました。新日本プロレスとアルクがタッグを組んだオリジナルコンテンツ満載の「プロレス英語本」です]



[2021年9月29日発売! 迷わず買えよ! 買えばわかるさ! ! アントニオ猪木自ら厳選した激闘26試合、更には猪木語録名場面集を収録した燃える闘魂 初の高画質Blu-ray BOX]



[2021年6月18日発売! ビッグバン・ベイダー最初で最後の自伝『VADER TIME ベイダータイム 皇帝戦士の真実』 たけしプロレス軍団からの刺客として参戦の裏事情、目玉が飛び出たハンセン戦の真相など]

レポートbyカクトウログ

> UDONプロレス初の「読む記者会見」
> 前田日明の来歴をまとめて振り返る
> 前田日明と再会で舌好調 新間寿トーク
> 中野たむ 大阪城で天下取りの誓い
> UDONプロレス コシの強さと一体感
> 新日本プロレスがリアタイ報道を解禁
> 嫌われ者からブレイク コズエン1周年
> ノアが公式以外媒体リアタイ報道を解禁
> 西武D2連戦総括 木谷氏「反省しないと」
> カクトウログは開設17周年
> GLEAT旗揚げハラハラ感 時代に抗うUWF
> 猪木vs.アリから45年 真実を巡る旅続く
> さよならムーンサルト回収 武藤敬司飛ぶ
> 震災10年仙台大会に地震 神対応の舞台裏
> 中野たむを信じて明日に輝け 武道館詳報
> 前田日明が新日と交渉 第1次UWFの記憶
> 武藤敬司の「夢」ノア武道館を飲み込む
> AEW・新日連携への米国ファンの期待とは
> ジェイ戦列復帰 新日本というミステリー
> コズエンはあきらめない 高田馬場写真集
> 2020年プロレス大賞 3アワード比較
> 金沢克彦氏が18年半ワープロ解説に終止符
> ダブルドーム2021年ベストバウト投票結果
> 柴田勝頼 2022年“復帰”目指して始動
> 星を包み込む宇宙であれ コズエンが独立
> コズミックエンジェルズ初戴冠の日に密着
> プロレス大賞こうだったんじゃないか劇場
> 大会ベストバウト投票 年間総括2020
> プロレス大賞でノアは!? 武田氏と立ち話
> 新日本コロナイヤーを金沢克彦氏が生解説
> 内藤か潮崎か 2020年プロレス大賞展望
> あるのか前高山 山ちゃんがやっちゃった
> 宇宙旅行をアテンド中野たむ 棚橋弘至説
> 絶叫できない熱狂とコロナ副産物 G1総括
> GLEATプレ旗揚げ 田村&長州のプロレス観
> 鈴木みのる 天を指してゴッチ式の理由
> ベストバウト&大会総括 21年ぶり神宮球場
> 武藤敬司vs.前田日明トークレポート
> 丸藤正道vs.前田日明トークレポート
> 猪木酒場新宿店が7月閉店 かつて全国7店
> 金8以降世代のNJC4強こそ新日本の主張
> 『記憶の懸け橋』トークイベント観覧メモ
> 「社会的責任」ひとつの答え 新日本再開
> 小久保隆さん TJシンテーマ曲秘話
> 柴田勝頼ついに2017年4月9日を初激白
> 柴田勝頼の新日本帰還はなぜ実現した?
> 大阪カウント2.99に鈴木みのるがエール
> オカダ戦から3年 柴田勝頼の奇跡と軌跡
> コロナ禍でノア無観客試合 潮崎vs.藤田
> コロナ禍でスターダム無観客試合
> 文庫版『1984年のUWF』にカクトウログ
> 前田「ずっと猪木さんに教えてもらった」
> 船木誠勝が明かす! 柴田勝頼“秘話”
> 映画アイアン・シークで前田トーク!
> 藤田和之トーク 半生を激語り!
> シークレット結婚式!? オカダ&三森さん
> ジャイアント馬場バルに行ってきた!
> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> 2019年の顔は!? プロレス大賞まとめ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年を大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFのテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼