1. HOME
  2. プロレスラー・格闘家
  3. 前田日明
  4. 闘魂が語り継がれた一周忌 前田「ここまで受けるんだ」【週刊 前田日明】
前田日明

闘魂が語り継がれた一周忌 前田「ここまで受けるんだ」【週刊 前田日明】

前田日明

5411

 前田日明が足りない世の中に、とことん前田日明を発信してみる。前田日明関連の動きをできる限りカクトウログが追う「週刊 前田日明」連載第215回をエントリーします。

※不定期連載となっています。

 アントニオ猪木が永眠して1年となった1日、ザ・グレート・カブキ、藤原喜明、前田日明、山崎一夫が一堂に会して『あれから1年!イズムは永遠に我らに宿り続ける!!』トークイベントが青山 LA COLLEZIONEにて開催された。トークのごく一部をお届けする。

藤原「猪木さんは社会人としては“失格”だよ。でもな、サラリーマンがサラリーマンを見には来ない」

もうこの4人、それぞれのテーマ曲が鳴るだけでテンションMAXだ。前田が少し痩せたのでは? と話題になったが、確かに少しスッキリしたように見えた。

山崎、前田、藤原はUWFで時間をともにし、3人はカブキの店を訪れて親交がある。

イベントの中盤には5ショット権付色紙購入者と記念撮影。

新日本プロレス時代の話になると、いつもイタズラ談義に花が咲く。前田が悪い顔!!

カブキ「猪木さんは強かったですね。寝技がよかったし、腕も足も極められた。すごく真面目な人で、若い人を怒ったりもしない」

藤原「猪木さんは(プロレス開催を)北朝鮮だ、南極だってね。誰がお金を払うかを気にしてない。社会人としては“失格”だよ。でもな、サラリーマンがサラリーマンを見には来ないってことだよ」

 アンドレ・ザ・ジャイアントが試合前に飲むことがあるという話がある。

山崎「ボクがデビュー前くらいのときに、アンドレが来日していて、お酒を買いに行かされるんですよ。ビールからワインに切り替えたときで、試合前にワイン3本くらい空けるんです。大阪府立体育館でアンドレが先に入場。酔っぱらっちゃっていて『炎のファイター』がかかったときに踊り出したんです。花束嬢の両足首を持って逆さ釣りにして、揺らしてるんですよ(会場笑い)。パンツ丸見えになって・・・控室に帰ってワンワン泣いて。アンドレを酔わせたらダメ」

カブキ「必ずアンドレは試合前に控室で必ず呑んでます(会場笑い)」

山崎「毎日飲んでましたね」

カブキ「試合終わったらまた飲んでます」

前田「ビール瓶でコーラ飲むみたい。それも三口くらい(ゴクッゴクッゴクッ)って…もうない」

藤原「ちょっとフォローしておきますけど、アンドレって巨人症で・・・当時も身長が伸びていた。飲まないとやってられないんだろうな、たぶんな・・・。ボクも巨人症で」

前田「どこかデカくなったんですか」

藤原「チンチンが(コントのようなやり取りに会場笑い)。ボクも飲まないとダメなんですよ」

 エンターテイメント寄りになっている新日本プロレスへの見解が質問として出る。

藤原「おい、めんどくせえ質問(会場笑い)。プロである以上、お客が入ることが正義です。でも、私たちがアントニオ猪木さんに教わったのは、プロレスは闘いであると。本当に喧嘩をするときに空を飛ぶかい? 言いたいことは数々あれど、歴史を見てみると年寄りは『今の若いヤツは』と言い続けてきて、私たちも上の世代に言われてコノヤロウでやってきた。お客が入ることがプロにとっては正義。モヤモヤしているところはありますけど」

前田「自分が入ったころは新日本プロレスにボクシングジムから派遣されたトレーナーと、ジムに所属したチャンピオンが来ていて、スパーリングをやってましたよね。猪木さんも山本さんもよく言ってたのは『外人に舐められるなよ』と。こっちからコントロールしながら引っ張っていく試合やらなきゃダメだよって。そもそも全日本プロレスをつくった馬場さんがまわった巨大テリトリーに対して、猪木さん山本小鉄さんら幹部が回ったテネシー州は大変なところだったんだよね。太平洋戦争の戦死者が一番多くて、対日・反日って感情がある中で、プロレス事故を装ってやられちゃうこともあるような。そんな中でリアルワンにならなきゃいけないという」

藤原「それもプロレスこれもプロレス。それを選ぶのはお客さんの自由。見たいものを見せてお金をいただけると」

カクトウログ「試合やスパーリングで肌を合わせたときに『猪木さんの強さを感じた』お話があれば」

 ほぼ出尽くしたようだったので、最後にカクトウログからも質問をさせていただく。「猪木さんと言うとルーズジョイントで関節が極まりにくいなど伝説がありますが、試合やスパーリングで肌を合わせたときに『猪木さんの強さを感じた』お話があればぜひ聞かせていただきたいんですがいかがでしょうか」

山崎「猪木さんが引退のカウントダウンに入って、藤原さんと組んで猪木さん高田(当時:伸彦)さん組と」

宮澤聡さん(司会)「猪木さんから最後に3カウントを奪ったのは山崎さん」

山崎「そのときもそうですし、前田さんとかと闘っていて印象で一番凄いなと思うのは、モロに喉でも顎でも蹴りを全部受けるんです。そこがプロとして凄いなと。普通よけたりガードしたり逃げたりするじゃないですか。まともに食らってまともに受けるんですよ」

宮澤「藤原さんとの試合後に前田さんが猪木さんにハイキックという有名なシーンもありました」

前田「(今回の記事では伏せるが猪木に事前に言われた言葉を紹介したうえで)顎を狙ったんで完全に倒れるだろうなと思ったら、当たる瞬間に(猪木が)ジャンプしたんですよ。(顎ではなく)首で受けたんですよ。蹴りながらびっくりしちゃって。ここまでして受けるんだと。普通よけますよ」

藤原「いろんなところについていきましたけど、生きるということに関しても『死にたくない』というものがない人なんです。誰もが自分だけは助かりたいと思うだろうに『なるようになるだろ』と」

カブキ「(日本プロレス時代から)スパーリングやると、猪木さんはネチャーとしてるんですよ。腕を取りにいってもクニャクニャしちゃって攻めようがないっていうか、すぐ逃げられて後ろを取られたりするんですよね」

 締めの挨拶に。

山崎「猪木さんが亡くなった実感がなくて、お墓には行かしていただきましたけど、みなさんと同じように、弱ってからの猪木さんじゃなくて元気な時の猪木さんがボクの中にいらっしゃる。ボクの中にもみなさんの中にも」

前田「自分と住んでいる世界が違う、会う前からテレビで見ていたスターなんですよね。たまたまチャンスがあって、一緒の空間・時間を過ごした。いろんなことを感じさせていただくことができたよかったなという思い。自分も実感がないです」

藤原「今朝ですね、目が覚めたのが3時10分かな。猪木さんが亡くなったのが7時40分とか言ってますけど、あれはお医者さんが見て心臓が止まってて…たぶん本当は3時10分くらいに心臓が止まってたんじゃないかな。今朝ネクタイはこれがいいなと手に取って、ハッと気がついたら猪木さんからいただいたネクタイで。今でも生きていてなんかやってるのかなという気がします」

カブキ「本日はお忙しい中ご来場いただきまして誠にありがとうございました」

 イベント途中で「うん? レスラー」とイジられてましたが、芸人グレート-CO-カーンさんが運営お手伝い。猪木Tシャツを購入させていただきました。お見知りおきを。

猪木と強さを追い求めた日々…否定する側は否定された過去も持っている

 試合後にリングインした前田が猪木にハイキックを放ったのは1986年2月6日、両国国技館(猪木vs.藤原)。新日本プロレスワールドにはヒット直前の軌道や猪木の動きは収められていない。「ジャンプ」というのは、中腰から体を浮かせるように伸ばして打点をズラしたということなのだろう。

 いまもなお、前田を、そして猪木を語る際に引き合いに出されるシーン。媒体では下記のように、前田は証言している。

 86年1月には(アントニオ)猪木さんへの挑戦権をかけた「UWF代表者決定リーグ戦」が始まった。俺は最後に藤原さんに負けて、やらせてもらえなかった。「なんだよ」とは思ったけど、そこで藤原さんをたきつけても仕方ないし、藤原さんの名前が上がるならいいんじゃないかとも思ったんだ。

 そして2月の両国大会で、藤原さんは猪木さんと戦って敗れた。その試合後、俺は「リングに上がって猪木さんを蹴ってくれ」って言われてたんだよ。でもどうせ蹴るんだったら、アゴを思いっきり蹴ってやろうと思ってさ。だから思いっきり左ハイを蹴った。そうしたら猪木さん、その瞬間にキックの軌道を察し、ジャンプして首で蹴りを受けたんだよ。あれはすごかったね…。

 猪木さんも、前田のことだからアゴを狙ってくると思ってたのかもしれない。あのハイキック1発で、猪木さんも俺とはやりづらくなったんじゃないかな。でもあれを受けた猪木さんがすごいよ。自分で見てもほれぼれとする、生涯ナンバーワンの左ハイキックですよ。あれを首で受けた猪木さんは天才としか言いようがない。

(【前田日明氏コラム】生涯最高の左ハイキックを瞬時に首で受けた猪木さんは天才 | 東スポWEB)

 以降に猪木と前田のシングルが実現しなかったのは、このシーンが影響しているとも言われている。猪木と前田の因縁、猪木と前田の格闘センス・・・あまりに濃すぎるものが交錯した。

 猪木とともに強さを追いかけた当時の新日本レスラーズ。現代プロレスに違和感はあって当然だが、藤原は半分理解しつつも「年寄りは『今の若いヤツは』と言い続けてきて、私たちも上の世代に言われてコノヤロウでやってきた。お客が入ることがプロにとっては正義」と大人の見解だ。

 亡くなる前年の猪木もまた、同じように発言している。

「(新日本を離れた後は)見ないようにしていました。違う方向だったから。それも小さなことだったな、と」

 プロレスは変化を遂げているが、いつの時代であっても否定されるくらいに思いっきりやれということなのかもしれない。迷わず行けよ、行けばわかるさ。

合わせて読みたい:2022.10.03 訃報一夜明け闘魂伝承 前田・山崎・藤田が猪木を語った【週刊 前田日明】


記事が役立ったらポチッと応援を。1日1クリック有効。


早見👀
新日G1公式戦日程ノアN-1公式戦日程


[主要な大会▶格闘スケジュール
主要外部リンク
[ブシロード▶新日📺]/スターダム📺]]
[サイバーF▶ノアDDT系📺]]
[有力団体別▶全日📺]/GLEATマリゴ
[総合格闘技▶RIZIN


7月31日(水)24時まで受付

総合格闘技ジムCAVE 入会キャンペーン 墨田区押上のパーソナルトレーニング スペラサン 初回半額体験実施中

カテゴリー

バックナンバー

団体リンク

プロレス団体リンク
新日本プロレスニュース大会日程新日本プロレスワールドYouTubeワールドYouTube)/全日本プロレス全日本プロレスTV)/NOAHDDTWRESTLE UNIVERSE)/GLEAT大日本プロレスZERO1DRAGON GATEみちのくプロレス大阪プロレス2AWDRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムスターダムワールドYouTube)/ディアナマーベラス


格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSK-1RISE(ライズ)DEEPPANCRASEQUINTET巌流島


YouTube
📳アントニオ猪木📳長州力📳前田日明📳船木誠勝📳田村潔司📳蝶野正洋📳獣神サンダー・ライガー📳朝倉海📳朝倉未来📳永島勝司


ファイター等
蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)高山善廣田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト


最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスNoguaranteemagazineBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル大川昇アメブロ金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社彩図社チームフルスイング書泉グループのイベント闘道館大阪カウント2.99


新着&注目アイテム
プロレスDVDサーチプロレス本サーチ


My Dream ジュリア 自叙伝 単行本(ソフトカバー) – 2024/8/23 ジュリア (著)


アントニオ猪木とUWF 単行本 – 2024/5/31 前田 日明 (著), 藤原 喜明 (著)


KAMINOGE151 単行本(ソフトカバー) – 2024/7/5 ペールワンズ (編集)


馬場さんの話、もっと聞かせてください 単行本 – 2024/8/6 馬場元子 (著), 棚橋和博 (著)


力道山未亡人 単行本 – 2024/5/31 細田 昌志 (著)


拳王のクソヤローどもオレについて来い!!①反骨の書 単行本(ソフトカバー) – 2024/7/23 週刊プロレス (編集)


拳王のクソヤローどもオレについて来い!!②金剛の書 単行本(ソフトカバー) – 2024/7/23 週刊プロレス (編集)


伝えるための準備学(ひろのぶと株式会社) 単行本(ソフトカバー) – 2024/7/22 古舘 伊知郎 (著)


さぬきうどん全店制覇攻略本2024-25年版 ムック – 2024/4/24 タウン情報かがわ (編集)


真・プロレスラーは観客に何を見せているのか 30年やってわかったこと (徳間文庫) 文庫 – 2024/3/8 TAJIRI (著)


前田日明デビュー45周年記念Blu-ray BOX [Blu-ray] – 2024/6/12 前田日明 (出演)


猪木のためなら死ねる! 最も信頼された弟子が告白するアントニオ猪木の真実 単行本 – 2024/1/26 藤原 喜明 (著), 佐山 聡 (著), 前田 日明 (著)


2024プロレスラー全身写真名鑑[雑誌]: 週刊プロレス別冊新春号 雑誌 – 2023/12/27 週刊プロレス編集部 (編集)


プロレス熱写時代~プロレスカメラマンが撮った日本プロレス黄金期~ 単行本 – 2023/9/27 大川 昇 (著)


白の聖典 単行本 – 2022/1/17 中野 たむ (著)


引きこもりでポンコツだった私が女子プロレスのアイコンになるまで 単行本(ソフトカバー) – 2020/8/27 岩谷 麻優 (著)


俺のダチ。 単行本(ソフトカバー) – 2023/6/23 鈴木 みのる (著)

レポートbyカクトウログ

> ジュリア 道をつくりたいんです
> 藤田あかね 離れ離れにはなってないから
> 佐藤光留 表立った異常者は僕だけ
> 鈴木みのる お前らとやってることは違う
> 新団体マリーゴールド旗揚げ戦レポート
> MIRAI 自分が引っ張っていかないと
> 株式会社レック永守貴樹社長が退任
> デイビーボーイ・スミスJr.完全復活宣言
> 高木三四郎「横一線に」DDTがAT初参加
> スターダム5選手退団…運営に何が起きた
> スターダムさくらあや 新空手ガール告白
> ハンセンと対談 前田ラリアット被弾常連
> オカダ・カズチカ来歴 新契約先はAEW
> 佐藤光留「それこそ血筋」YMZ前夜祭
> 米山香織「みんなの笑顔が大好物」対談
> 中野たむ「問題なければ進化はないッ」
> オカダ・カズチカ「所属はおしまい」
> オカダ・カズチカ「立つ鳥跡を濁さず」
> ウナギ・サヤカ 等身大のギャン期1周年
> 白川未奈 2023年の躍進一番星が告白
> 岩谷麻優「表舞台に立ってこそ」両国復帰
> 鈴木みのる「プロレスはライブの時代だ」
> 7割「妥当」 東スポプロレス大賞総括
> 金沢克彦氏が恒例毒舌生解説2023年総括
> 小川EPが外で活動、ジュリアが合流する?
> プロレス熱写時代(大川昇著)レビュー
> ふり返りながら待つ。コズエン3周年
> ジュリア告白スターダムを取り戻すために
> 安納サオリ絶対不屈彼女からのラブレター
> アントニオ猪木をさがして 映画レビュー
> アントニオ猪木墓参 横浜市鶴見区総持寺
> 闘魂語り継ぐ一周忌 前田日明らトーク
> 白川未奈&月山和香タッグリーグ作戦会議
> 中野たむ&白川未奈 復活DREAM☆H本音
> カクトウログ19周年 & 毎日更新16年
> スターダム過去最高益 新日本黒字転換
> なつぽい 『最強』を掲げ始めた理由
> 高貴に桜井まい 貴婦人初インタビュー
> 涙の数だけ強くなれ 月山和香が初勝利
> 言葉までが美しき狂気 ジュリア激白
> 試合力と物語力の相思相愛 彩羽とウナギ
> 全員王者の新コズエン 安納サオリ特写
> 頂点で会えた 聖典での約束は聖地で叶う
> 髪切りとジュリアを超えてゆけ 中野たむ
> 長与「鍛え直したい」ウナギ最後の弟子に
> 月山和香が勝った日 負けない気持ちこそ
> 鈴木みのる ストロングスタイル設立真意
> 武藤引退が奏でた橋本・三沢・蝶野コール
> ウナギ・サヤカに聞くコズエンとギャン期
> 東スポプロレス大賞検証 世紀の大誤審
> 金沢克彦トークレポ 2022年を大総括
> 乗り越えて夢へ コズエン2周年座談会
> 新日本武藤招聘の裏でムタvs.中邑実現
> 猪木ベストバウトは1988年の藤波辰巳戦
> 猪木が新日本50周年イヤーに天国へ
> アントニオ猪木 24時間テレビ全発言
> カクトウログ18周年 & 毎日更新15年
> 観客数がコロナ前比56%まで回復
> 5年ぶりプロレス総選挙で何が起きた!?
> 紙テープに包まれたウナギ・サヤカ
> UDONプロレス 今夜はキングオブシコク
> コシの強いUDONプロレス 名古屋に来た
> 高木三四郎サイフェス直前インタビュー
> プロレス総選挙をテレ朝が5年ぶり実施
> 飯伏「真実からかけはなれています」
> さあパンデミック明け 新日本への期待
> 兄・裕一郎さん涙 大谷晋二郎応援募金
> 藤田和之 前田日明の前でも野獣!?
> ツヨカワ天咲光由 ミラノ先生が指導
> 田中正悟さん亡くなる 前田日明と親交
> 白の聖典(中野たむ著)ブックレビュー
> いざ愛知大会へ コズエン秘密の作戦会議
> サイン会で決起 秘密のコズエン反省会!?
> 不満消えた 東スポプロレス大賞2021総括
> 大阪超女大戦前 コズエン秘密の作戦会議
> UDONプロレス初の「読む記者会見」
> 前田日明の来歴をまとめて振り返る
> 前田日明と再会で舌好調 新間寿トーク
> 中野たむ 大阪城で天下取りの誓い
> UDONプロレス コシの強さと一体感
> 新日本プロレスがリアタイ報道を解禁
> 嫌われ者からブレイク コズエン1周年
> ノアが公式以外媒体リアタイ報道を解禁
> 西武D2連戦総括 木谷氏「反省しないと」
> カクトウログは開設17周年
> GLEAT旗揚げハラハラ感 時代に抗うUWF
> 猪木vs.アリから45年 真実を巡る旅続く
> さよならムーンサルト回収 武藤敬司飛ぶ
> 震災10年仙台大会に地震 神対応の舞台裏
> 中野たむを信じて明日に輝け 武道館詳報
> 前田日明が新日と交渉 第1次UWFの記憶
> 武藤敬司の「夢」ノア武道館を飲み込む
> AEW・新日連携への米国ファンの期待とは
> ジェイ戦列復帰 新日本というミステリー
> コズエンはあきらめない 高田馬場写真集
> 2020年プロレス大賞 3アワード比較
> 金沢克彦氏が18年半ワープロ解説に終止符
> ダブルドーム2021年ベストバウト結果
> 柴田勝頼 2022年“復帰”目指して始動
> 星を包み込む宇宙であれ コズエンが独立
> コズミックエンジェルズ初戴冠の日に密着
> プロレス大賞こうだったんじゃないか劇場
> 大会ベストバウト投票 年間総括2020
> プロレス大賞でノアは!? 武田氏と立ち話
> 新日本コロナイヤーを金沢克彦氏が生解説
> 内藤か潮崎か 2020年プロレス大賞展望
> あるのか前高山 山ちゃんがやっちゃった
> 宇宙旅行をアテンド中野たむ 棚橋弘至説
> 絶叫できない熱狂とコロナ副産物 G1総括
> GLEATプレ旗揚げ 田村&長州のプロレス観
> 鈴木みのる 天を指してゴッチ式の理由
> ベストバウト&大会総括 21年ぶり神宮球場
> 武藤敬司vs.前田日明トークレポート
> 丸藤正道vs.前田日明トークレポート
> 猪木酒場新宿店が7月閉店 かつて全国7店
> 金8以降世代のNJC4強こそ新日本の主張
> 『記憶の懸け橋』トークイベント観覧メモ
> 「社会的責任」ひとつの答え 新日本再開
> 小久保隆さん TJシンテーマ曲秘話
> 柴田勝頼ついに2017年4月9日を初激白
> 柴田勝頼の新日本帰還はなぜ実現した?
> 大阪カウント2.99に鈴木みのるがエール
> オカダ戦から3年 柴田勝頼の奇跡と軌跡
> コロナ禍でノア無観客試合 潮崎vs.藤田
> コロナ禍でスターダム無観客試合
> 文庫版『1984年のUWF』にカクトウログ
> 前田「ずっと猪木さんに教えてもらった」
> 船木誠勝が明かす! 柴田勝頼“秘話”
> 映画アイアン・シークで前田トーク!
> 藤田和之トーク 半生を激語り!
> シークレット結婚式!? オカダ&三森さん
> ジャイアント馬場バルに行ってきた!
> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> 2019年の顔は!? プロレス大賞まとめ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼