1. HOME
  2. プロレス
  3. GLEAT
  4. ハラハラ感に包まれてGLEAT旗揚げ モノサシを持ち過ぎた時代に抗うUWF
GLEAT

ハラハラ感に包まれてGLEAT旗揚げ モノサシを持ち過ぎた時代に抗うUWF

GLEAT

 1日、リデットエンターテインメントが手がける新団体『GLEAT』の本旗揚げ戦が札止めの中で行われ、YouTubeにおいても無料にてライブ配信された。

大会結果 GLEAT Ver.1 7月1日(木)TOKYO DOME CITY HALL

7.1 GLEAT旗揚げ大会「GLEAT Ver.1」TOKYO DOME CITY HALL

 

■ GLEAT Ver.1
日時:7月1日(木)18:30
会場:TOKYO DOME CITY HALL 観衆1000人(札止め=主催者発表)

<第1試合/G PROWRESTLING/シングルマッチ>
〇エル・リンダマン
 8分27秒 ジャーマンスープレックスホールド
●田村ハヤト

<第2試合/G PROWRESTLING/シングルマッチ>
●宮城倫子
 6分29秒 パワーボム→片エビ固め 
〇井上京子

<第3試合/G PROWRESTLING/6人タッグマッチ>
●カズ・ハヤシ 渡辺壮馬 佐藤恵一
 11分44秒 ウラカンラナ
CIMA 〇鬼塚一聖 入江茂弘

<第4試合/G PROWRESTLING/シングルマッチ>
●T-Hawk
 17分26秒 ハリケーンドライバー
〇河上隆一

<第5試合/LIDET UWFルール/ダブルバウト>
田中稔 ●渡辺壮馬
 8分57秒 ダブルリストロック
〇松井大二郎 井土徹也

<第6試合/LIDET UWFルール/シングルバウト>
●福田茉耶
 4分50秒 アンクルホールド
〇橋本千紘

<セミファイナル/LIDET UWFルール/シングルバウト>
●飯塚優
 7分58秒 チキンウイングフェースロック
〇船木誠勝

<メインイベント/LIDET UWFルール/シングルバウト>
●伊藤貴則
 16分17秒 三角絞め→レフェリーストップ
〇SHO

旗揚げ戦にライオンマーク出現。SHOがUWFルールで伊藤撃破

かつてのUWFでもあった全選手入場式にてオープニング。プロレス部門メイン、UWF部門メインの4選手がリングイン。他選手はステージに並んだ。

疾走感のあるプロレスを標榜するストロングハーツ。ボクなりの印象を漢字2文字に込めると「痛快」。ファン歴関係なく楽しめるプロレス、見ていて元気になれるプロレスがここにあり、前半の大会クオリティをストロングハーツがつくった。

第6・7回剛柔会空手道世界選手権大会優勝との肩書を持つ福田茉耶がデビュー戦。体格も経験も橋本千紘に差をつけられており、完敗となった。GLEATは福田成長物語となっていくのか。印象に残った3選手の中に、田村潔司は福田・橋本の名を含めた。

AD

セミファイナルにUWFのアイコン的存在である船木誠勝が登場。UWFルールでは派手な技が決まりにくいものだが、浴びせ蹴りをヒットさせ、チキンウイングフェースロックでフィニッシュしたことに驚く。船木、やっぱりスゴイと再認識。

メイン開始にあたり、ビジョンのど真ん中にこのライオンマーク。会場全体が「このときがキターーーーッ」というムードに。

SHOが入場途中のスモーク吹き出しタイミングで、いつものポーズを決める。

伊藤がキャプチュード。SHOがスリーパー。格闘プロレスのテイストで試合は進む。

序盤はSHO優勢だったが、伊藤がぶっこ抜きジャーマン、ハイキックで逆襲。SHOはダウンを喫してポイントロス。

UWFルール試合では珍しいラリアットを繰り出したSHO。どちらも極めているからこそ自分はこれができるとの主張か。

技ありの展開。SHOはジャーマンにいくとみせかけて、伊藤を前に落とす。シットダウンさせてからの腕十字狙い。

三角絞めに移行するとガッチリ入り、レフェリーが試合を止めた。これで決めてやるというSHOの表情!! もっと言うと、こういう「フィニッシュへの流れをつくるべき」というのは田村も以前から重視していた記憶がある。それが田村にとってのUでもあり、SHOにやられたのは悔しいだろう。

勝ち名乗りを受けたSHOは伊藤に握手を求める。多少戸惑った伊藤も呼応。

メインは“敗戦”となったが、ハラハラドキドキ感のある大成功大会。マイクアピール合戦でエンディング。

本来のUWFは運動体であって再現不可能。GLEATがつくる答えは

 そもそも本来のUWF(特に第2次UWF)は、新日本を追放になった前田日明による「ホンモノの闘いをつくりたい」という流れにファンが乗っかってできたもの。いま振り返れば過渡期としての運動体であり、総合格闘技ジャンル確立への一方通行の中でこそ存在したものだった。

 総合格闘技という“ゴール”までたどりついた今、UWFを復活させるというのは理解しづらい。それはUWF時代を体験したファンも、昨今の総合格闘技をある程度把握しているファンも同じだろう。プロレスや格闘技を見るうえでのモノサシを、現代のファンは持ち過ぎているのだ。

 そこをプロデュース側の田村潔司は、6月の新宿大会で「ガチンコでもエンターテイメントでもお客さんに伝えないといけない」と言い放つ。

 その言葉を前提とするかどうかは別にして、確かにGLEAT旗揚げ戦には多くの投げかけがあった。橋本千紘やSHOを見ていると「どんなルールであれ、強いレスラーは強い」と思わせられるし、船木誠勝のようにUスタイルで異様な強さを芸術的に発揮するのは面白い。一方で、ハードヒットとの対抗戦と見比べると膠着しない試合からは“馴れ合い”のようなものを感じるファンもいるだろう。

 持ち過ぎたモノサシを飛び越えてまで伝わってくるもの。それをつくりにいくことがGLEATの答えにならなければウソになる。今後の闘いを通じてのレスラーたちからの主張待ちだし、何かを「やってくれそうだ」という期待も充満した旗揚げ大会だった。

 モノサシという先入観にとじこもっている自身に自戒も込めたい。そもそも想像力や感受性がフィットしたからプロレスを見始めたわけなのだ。より想像力を発揮してプロレスに向き合うことは喜びであり、GLEATとボクらのやる側・観る側の抜きつ抜かれつはもう始まっている。

 ここからは半分推測。田村や鈴木裕之社長は、理想の闘いとして「昭和プロレスの緊張感」も唱えている。団体スローガンの「熱狂と心酔できるリング」は、ほぼ同義で使われているのだろう。絶対にUWFというわけではなく、熱狂できるリングを目指すにあたって、田村やストロングハーツとの絆ができた。「UWFルール」と「疾走感のあるプロレス」をアプローチ方法として据えた。そういうことなんじゃないかとボクは思っている。

田村潔司「GLEATの選手は、船木選手、橋本選手、福田選手のいいところを・・・」

 大会後に田村潔司がコメントを出した。

そうですね。ずーっと(この大会の論評を)なんて言おうか・・・悩んでて。細かい技術とかは、伊藤とか壮馬とか、若い選手にはボクが教えなきゃいけないことを改めて認識した。船木さんはオーラもあるし、試合運びもすごいし、何も言うことはないんですけれども、気になったのは橋本選手。もちろんメインの新日本のSHO選手ですか。単身乗り込んで、ちょっと伊藤が負けちゃったんで、新日本の圧勝、何も言えないんですけど。いい選手、気迫が出てて。認めたくはないんですけど、ああいう選手も新日本にいるんだなと。SHO選手の適正? いやっ、かなりありますよ。

きょうは全選手、全体的にはよかったと思います。福田選手? よかったと思います。まだまだテクニックがないぶん、未熟な部分ではあるんですけれど、彼女自身の気持ちが前に出てたんで。そこはすごくいいなと。

まとめるとGLEATの選手は、船木選手、橋本選手、福田選手のいいところを、3人を3で割って1にしたような選手になってほしいなと。対新日本を続ける? それはないです。ボク自身の発想ですけど、よそを気にしてもしょうがない。新日本に出ていただいた矛盾はありますけど、考え方は、よそじゃなくてGLEATの選手をいかに世に出して好きになっていただくかなんで。その中でスポットで出ていただいたりはアリだと思うんですけど。もうジャンルが違うんで。反発するところは反発する、協力するところは協力するということで。

 新日本相手の完敗を認め、SHOを称える。加えて“伝わってきた”のは福田茉耶・橋本千紘・船木誠勝からというのが田村の感覚。トライアルと検証は続いていく。

 ・・・つまり。GLEATもまた運動体なのである。




バナーのクリック▲で順位と更新意欲がアップします。記事が役立ちましたらご支援を。1日1回有効。


[ブシロード▶新日スターダム
[サイバー▶ノアDDT系
[団体別▶全日GLEATWWE
[選手▶写真名鑑
[格闘技▶RIZIN



プロ格ファンも便利▲ABEMAプレミアムの無料体験!!

カテゴリー

バックナンバー

団体リンク

プロレス団体リンク
新日本プロレスニュース大会日程新日本プロレスワールドYouTube)/全日本プロレス全日本プロレスTV)/NOAHDDTWRESTLE UNIVERSE)/GLEAT大日本プロレスZERO1DRAGON GATEみちのくプロレス大阪プロレス2AWDRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムYouTube)/ディアナ


格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSDEEPPANCRASEQUINTET


YouTube
📳アントニオ猪木📳長州力📳前田日明📳船木誠勝📳田村潔司📳蝶野正洋📳獣神サンダー・ライガー📳朝倉海📳朝倉未来📳永島勝司


ファイター等
日本プロレス殿堂会蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)高山善廣田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト


最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル大川昇アメブロ金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社チームフルスイング書泉グループのイベント闘道館大阪カウント2.99


新着&注目アイテム
プロレスDVDサーチプロレス本サーチ



[2021年10月5日発売! 「パワーワード最強決定戦!!」 プロレスラーはなぜ「強い言葉」を持っているのか? 表紙および巻頭スペシャル対談は、長州力vs武藤敬司。 青木真也、鈴木拓(ドランクドラゴン)、井上京子、山田崇太郎インタビュー。 「玉袋筋太郎の変態座談会」のゲストは大仁田厚。 連載陣は、五木田智央、鈴木みのる、バッファロー吾郎A、プチ鹿島、斎藤文彦、兵庫慎司、椎名基樹、坂本一弘、ターザン山本!、吉泉知彦、マッスル坂井、大井洋一、伊藤健一(敬称略)]



[2021年10月27日発売! 伝説の名レスラーたちを、誰よりも近くで写真におさめてきた男がいる。元『週刊ゴング』のカメラマン・大川昇である。昭和・平成を彩ったスターレスラーの素顔を、プロレス愛に溢れた秘蔵写真と秘蔵エピソードで振り返る]



[2021年10月18日発売! この総集編を昭和の男たちに贈ろう。ここには俺たちにDNAレベルで影響を与えた血潮がある。読み、感じて、心を燃やせ!! そして俺たちこそが猪木世代だと強く堂々と胸を張ろう]



[2021年9月29日発売! [特集]日本プロレス時代の“猪木”[考証]猪木寛至1960‐1961 猪木寛至/アントニオ猪木1962 アントニオ猪木1963-1964 ほか]



[2021年11月5日発売! 昭和期の新日本プロレス、全日本プロレス、国際プロレス、第1次UWF、ジャパンプロレスで使用された日本人及び外国人レスラーの入場テーマ曲を解説。ジャケット掲載350枚! 選曲の経緯や使用期間、細かいバージョン違いなども徹底解析!]



[2021年9月15日発売! 橋本・武藤・蝶野の闘魂三銃士各選手のテーマ曲や、グレート・ムタの入場曲の作曲者として、プロレステーマ曲のレジェンドとして知られる鈴木修の集大成とも言える2枚組アルバムが遂に完成]



[2021年11月15日発売! 英語がわかるとプロレスがもっと面白くなる! 新日本プロレス、プロレス通訳、英語教材制作、それぞれのプロフェッショナルが集結しました。新日本プロレスとアルクがタッグを組んだオリジナルコンテンツ満載の「プロレス英語本」です]



[2021年9月29日発売! 迷わず買えよ! 買えばわかるさ! ! アントニオ猪木自ら厳選した激闘26試合、更には猪木語録名場面集を収録した燃える闘魂 初の高画質Blu-ray BOX]



[2021年6月18日発売! ビッグバン・ベイダー最初で最後の自伝『VADER TIME ベイダータイム 皇帝戦士の真実』 たけしプロレス軍団からの刺客として参戦の裏事情、目玉が飛び出たハンセン戦の真相など]

レポートbyカクトウログ

> 中野たむ 大阪城で天下取りの誓い
> UDONプロレス コシの強さと一体感
> 新日本プロレスがリアタイ報道を解禁
> 嫌われ者からブレイク コズエン1周年
> ノアが公式以外媒体リアタイ報道を解禁
> 西武D2連戦総括 木谷氏「反省しないと」
> カクトウログは開設17周年
> GLEAT旗揚げハラハラ感 時代に抗うUWF
> 猪木vs.アリから45年 真実を巡る旅続く
> さよならムーンサルト回収 武藤敬司飛ぶ
> 震災10年仙台大会に地震 神対応の舞台裏
> 中野たむを信じて明日に輝け 武道館詳報
> 前田日明が新日と交渉 第1次UWFの記憶
> 武藤敬司の「夢」ノア武道館を飲み込む
> AEW・新日連携への米国ファンの期待とは
> ジェイ戦列復帰 新日本というミステリー
> コズエンはあきらめない 高田馬場写真集
> 2020年プロレス大賞 3アワード比較
> 金沢克彦氏が18年半ワープロ解説に終止符
> ダブルドーム2021年ベストバウト投票結果
> 柴田勝頼 2022年“復帰”目指して始動
> 星を包み込む宇宙であれ コズエンが独立
> コズミックエンジェルズ初戴冠の日に密着
> プロレス大賞こうだったんじゃないか劇場
> 大会ベストバウト投票 年間総括2020
> プロレス大賞でノアは!? 武田氏と立ち話
> 新日本コロナイヤーを金沢克彦氏が生解説
> 内藤か潮崎か 2020年プロレス大賞展望
> あるのか前高山 山ちゃんがやっちゃった
> 宇宙旅行をアテンド中野たむ 棚橋弘至説
> 絶叫できない熱狂とコロナ副産物 G1総括
> GLEATプレ旗揚げ 田村&長州のプロレス観
> 鈴木みのる 天を指してゴッチ式の理由
> ベストバウト&大会総括 21年ぶり神宮球場
> 武藤敬司vs.前田日明トークレポート
> 丸藤正道vs.前田日明トークレポート
> 猪木酒場新宿店が7月閉店 かつて全国7店
> 金8以降世代のNJC4強こそ新日本の主張
> 『記憶の懸け橋』トークイベント観覧メモ
> 「社会的責任」ひとつの答え 新日本再開
> 小久保隆さん TJシンテーマ曲秘話
> 柴田勝頼ついに2017年4月9日を初激白
> 柴田勝頼の新日本帰還はなぜ実現した?
> 大阪カウント2.99に鈴木みのるがエール
> オカダ戦から3年 柴田勝頼の奇跡と軌跡
> コロナ禍でノア無観客試合 潮崎vs.藤田
> コロナ禍でスターダム無観客試合
> 文庫版『1984年のUWF』にカクトウログ
> 前田「ずっと猪木さんに教えてもらった」
> 船木誠勝が明かす! 柴田勝頼“秘話”
> 映画アイアン・シークで前田トーク!
> 藤田和之トーク 半生を激語り!
> シークレット結婚式!? オカダ&三森さん
> ジャイアント馬場バルに行ってきた!
> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> 2019年の顔は!? プロレス大賞まとめ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年を大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFのテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼