1. HOME
  2. プロレス
  3. スターダム
  4. コズエン通信
  5. 中野たむ「問題が起きなければ進化はないッ」 スターダム4か月ぶり帰還
コズエン通信

中野たむ「問題が起きなければ進化はないッ」 スターダム4か月ぶり帰還

コズエン通信

1219

 4日、『スターダム13周年記念STARDOM Supreme Fight 2024〜大阪ミナミの乱〜』エディオンアリーナ大阪第1競技場大会が開催された。ロッシー小川EPがこの大会で区切りともなったことで、波紋が広がっている。小川氏の契約解除がアナウンスされる前時点ではあるが、4か月ぶり復帰となった中野たむが自身の今後を語った。
【他媒体で8日にスターダム残留宣言が出ておりますが、当記事は団体側確認の関係で6日時点内容のままとしています】

(バックステージ)中野「4か月間、本当にいろんなことを考えた…また今度言うね」

<第3試合/中野たむ復帰戦 タッグマッチ 15分1本勝負>
水森由菜 ○中野たむ
 12分43秒 タイガースープレックスホールド
●月山和香 白川未奈

試合ふり返りはこちら。

 マイクおよびバックステージ言い回しは公式サイトより。

(第3試合 リング上)
中野「宇宙のみなさん、ただいま! 中野たむ、リングに生還しました! やっぱ、このリングの上が、たむの生きる場所だって思える。休んできた分、ここから一気に巻き返していきます! キラキラに輝く、たむロード第2章! また、たくさん心配かけちゃうかもしれないけど、これからも信じてついてきてくれたら、うれしいです。いい? 宇宙にきらめくたむロードについてこい、ビリーブ・イン・たむ!」

(第3試合後のバックステージ)
中野「宇宙のみなさん、ただいま!」

水森「おかえりなさい、たむさーん!」

中野「ゆなもん、本当にゆなもんが隣にいてくれてすごく…」

水森「(遮って)ずっとずっと、ずっとずっと待ってました!」

中野「おお…。たむがしゃべってるのに(笑)。ごめん。本当にコズエンをずっと守ってくれててありがとう。今日もゆなもんが隣にいてくれて本当に心強かった。みなさん、本当にいままで待っててくれてありがとうございます。やっぱり今日、みなさんの声援を受けてリングで闘って、リングの上こそが、プロレスこそが私の生きる道だってあらためて強く感じた。コンディションはメチャクチャいいです。欠場前より強く、かわいく?(映し出された画面を確認して)…なって帰ってきてる。この調子だったら、あのベルトもすぐに取りにいけるんじゃないかなと思ってます。ねえ、ゆなもん。本当に感謝してる。この4カ月間、本当にいろんなことを考えた。自分自身のこと、コズエンのこと、ゆなもんのこと。本当にいろいろ考えた。……それについてはまた今度言うね」

水森「たむさん、最後に言わせてください。不安だったけど、私はずっとビリーブ、イン、たむ!です!」

<第6試合/ワンダー・オブ・スターダム選手権試合>
〇[第20代王者]安納サオリ(COSMIC ANGELS)
 17分42秒 ジャパニーズオーシャンスープレックスホールド
●[挑戦者]スターライト・キッド(大江戸隊)
※安納が初防衛に成功

(第6試合後のバックステージ)
安納「本音言っていい? 今日な、キッドと闘うのメッチャ怖かってん。どんなキッドが出てくるかわからんかったから。でも、闘ってよかった。あんなすごい選手が同期のことを誇りに思うわ。キッド、ワクワクする日々をありがとう。そして、いつも刺激をありがとう」

中野「防衛おめでとう」

安納「ありがとう。(水森に)いつもずっとね、前哨戦一緒に闘ってくれて、ありがとう。ホンマに心強い。(中野に)お帰り」

中野「ただいま。2人ともコズエンを守ってくれてありがとう」

安納「たむに言いたいことはひとつだけ。ずっとじゃなくていいからさ、まだまだ一緒にいてよ」

コスチュームについて中野「コズエンの歴代のメンバーのカラーでつくったんですよ」

カクトウログ よろしければ“一番星”を目指す中野選手にプレゼントが。たまたま11号車11番に(と座席番号券を取り出す)・・・。

中野たむ すご~い。

カク (大会取材にあたり)きょう乗った新幹線です。

中野 ありがとうございますッ。

カク 多分どっかで落としてなくすと思うんですけど…。

中野 いやいや大事に持っときます(笑)。

カク 4か月ぶり復帰、おめでとうございます。

中野 本当にありがとうございます。

カク 手荒い強烈な(負傷個所だった)足攻めがありました。

[欠場の発端となった足を白川があらゆるバリエーションで執拗に攻める。「大丈夫よッ」とばかりに中野が飛ぶ]

中野 いや~しんどかった(しみじみ)。

カク 復帰祝いでは終わらせない白川未奈選手の気持ちが伝わってきた?

中野 ぶっつぶしてやろうっていう気持ち自体が彼女の「おかえり」って言葉です。プロレスラーとしての歓迎の言葉。そして・・・私は受け取りましたけど(笑)。

カク ちょっと運命的だなと思ったのが。

中野 うん。

カク 昨日の復帰戦前日(池上本門寺での節分会)と…

…きょうの復帰戦。

偶然にもウナギ・サヤカ選手、白川未奈選手と。

中野 確かに!!

カク (COSMIC ANGELSオリジナルの3人が)顔を合わせているという点で。

中野 確かに。

カク 何か運命的なものをボクは感じてしまったんですが、節目に絡んでくるっていう。

中野 やっぱり“いちどコズエンになった人”は私はずっと“コズエン”だなという気持ちもあって。まあ、それはウナギとか白川も同じだといいなと思ってるんですけど。(すこし考えて)心の底ではどこかつながっているけど、違う道を歩み出した人たち。きょう、このコスチュームもそうなんですよ。

カク はい(コスチュームカラーを一緒に確認)。

中野 コズエンの歴代のメンバーのカラーでつくったんですよ。

カク なるほど!!

中野 なつぽい、水色は昔のサオリちゃん、ゆなもん緑、白川ピンク、この辺は月山・・・といろいろ入ってて。

カク なるほど。そういう意味が。

中野 なんか・・・(すこし間を置いて)人生っスね、プロレスって(笑)。

カク ただそのコズエンのときにおっしゃっていた願い。ウナギ選手、白川選手に“より輝く場所”を見つけてほしいという・・・その場所に踏み出しているところもお感じになっていますか。

中野 もがいていますよね、すごく。ウナギもギャン期に入ったとき、入りたてのときはどうなることかと。「なんだギャン期って!?」って思ったけど。(東スポプロレス大賞での)女子プロレス大賞部門の票数、私の次点で。すっごいいろんなところに話題振りまいて、ベルト、三冠チャンピオンですよね、すごいなって。ほんと尊敬してます、私はウナギのことも白川のことも(すこし感極まって言葉が詰まる)。白川も自分で外国人選手集めてやるっていう、ユニット辞めてやりだして、やりだしてうまくいかなくて。今なんか“変なこと”になってるけど(笑)。

カク いえ、考えてやってることですから。

中野 でもそういうガムシャラ・・・なんだろう、カッコ悪くても、ただただ自分のほしいものをガムシャラにつかみとりにいくっていうスタイルを確立したのは、やっぱりたむ・みな・ウナギ。それがコズエンの根源・・・って言うんですか。根っこにあるなっていうのは、やっぱ昨日きょうですごい感じましたかね。

カク 今の中野選手の根源にもある。

中野 そうですね、もちろん。コズエンっていうのは中野たむそのものだと思ってるんで(笑)。

中野「くじけてくじけて、何回もやり直す。2周目と言わず、3周目、4周目まで」

カク ボクがここ数年のスターダムに感じてるのが。

中野 うん。

カク スターダム「2周目が大変」説。

中野 2周目!?

カク 2周目になかなか入れない。

中野 と言うと。

カク と言うと、林下詩美選手、朱里選手、上谷沙弥選手・・・といった顔ぶれが1年とか防衛はするんだけど、その次もまた時代をつかんでもいいのに2周目(2回目の防衛ロード)になかなかいけないじゃないですか。

中野 あ~ッ。

カク 中野たむ選手は白(ワンダー)に続いて赤(ワールド)で2周目に突入して、でも途中で。

中野 あ~ッ。

カク 怪我をしてしまって…という「2周目が大変」説。

中野 うーん!! ホントだ、すごいッ。面白いッ。

カク 中野選手は大変説を突破してくださると思いきや・・・“途中”でちょっと止まっちゃったので。再び2周目に踏み出してほしいんですが。

中野 え~ッ、2周目をもう一回やり直さなきゃいけないってことですか、最初から!?(笑)

カク しょうがないです(笑)。

中野 ゲロ~。

カク 「1.5」くらいで止まっちゃったんで。

中野 積みゲーじゃん。ウフフフフ、なるほど~(笑)。わかりました、じゃあ。

カク 身をもって2周目をぜひ。

中野 くじけてくじけて、何回もやり直すのは、中野たむ、そしてコズエンなので。2周目を・・・2周目と言わず、3周目、4周目までいきましょう!!

カク 牙城に挑むと。

中野 それがスターダムの層の厚さってことなんです。いっぱい選手がいますし、その中で「輝く」だけでも本当に大変だから。

中野「問題が起きるときって、前に進もうとみんなが必死にもがいてるときなんです」

カク さきほどのコメント(「4か月間、本当にいろんなことを考えた…それについてはまた今度言うね」)でもありましたが、2月1日のツイートで「変化には、必ず痛みが伴うものだ」という。

中野 はい。

カク 意味深な言葉です。きょう時点ではこれについては深くは言えないと。

中野 そうですね。まあまあ・・・今はヒミツッ。ウフフフフフ。でもコズエンってずっと変わってきたユニットなんですよ。ず~っと変化を続けてきて、オリジナルメンバーも一人もいないし、私しかいないし。みなもウナギもどっか行っちゃって、月山和香も桜井まいも抜けて。本当に、変化に変化を重ねてきたユニット。変化してないと多分死ぬんですよ。

カク はい。

中野 なんか、すごい問題が起きるときって、前に進もうとみんなが必死にもがいてるときだと思うんですね、私は。「ああ、もうこれダメなんじゃないか」っていうのは・・・変わろうとしてるからなんですよ。それが「変化には痛みが伴う」っていうことだと私は思ってて。問題が起きなければ進化はないッ!! 嬉しいことだけとか、うまくいってるなっていう状態って停滞してるってことなんで。私はどんな問題を起こしてでも前に進み続けたいなと思ってます。

カク なるほど、問題に見えることかもしれないんだけれども、それが「自分としての進化のチョイス」なんだと。

中野 そういうことです!!

カク ありがとうございます、インタビューは以上です。

中野 ありがとうございましゅ。

カク あらためて復帰をお待ちしてました。不在中にけっして“ジュリア派”には転向してないんで。

中野 本当ですかァ~(笑)。

カク けっして(笑)。では、数枚撮らせていただいて。

* * *

 東スポプロレス大賞の女子プロレス大賞を“欠場中”に受賞することとなった中野。それでも当初の言葉の「桜が満開になるまでに」からは大きく前倒し、プロレスラーとしての回復力をもって闘いの場へ。4か月ぶり復帰戦、待望の始動となった。なつぽいこそ解説席にいたが、水森由菜とはタッグを組み、安納サオリとはバックステージで言葉をかわす。

 試合では白川・月山との過去と現在を刻むような攻防があった。中野が動けば、ファンの心の中にあるアーカイブが再生される。激しく動いているはずなのに、スローモーションであるかのような錯覚さえあった。これが中野のプロレスだ。もがき苦しんだうえで栄冠にたどり着くサマを、何周も見せてほしい。そう思えた大会だった。メイン後には舞華と火花を散らし、センターにも歩を詰めてみせた。

 中野が匂わせたこれから。具体的な内容こそ「今はヒミツッ。ウフフフフフ」と煙に巻きつつ、「問題が起きなければ進化はないッ!!」とする。それは、かつての橋本真也のセリフ「破壊なくして創造はなし」ばりにも感じられた。安納は「ずっとじゃなくていいからさ、まだまだ一緒にいてよ」と勘繰ったが、中野は変化の渦中にあるスターダムにおいても、スターダムへのこだわりを貫いたうえで次へのアクションを見せてくれるに違いない。


このバナーのクリック▲で順位と更新意欲がアップします。記事が役立ったら応援を。1日1回有効。


[主要プロレス日程▶格闘スケジュール
主要外部リンク
[ブシロード▶新日スターダム
[サイバー▶ノアDDT系
[団体別▶全日GLEAT
[格闘技▶RIZIN


2024年3月8日(金)24時まで受付


2024年3月5日(水)24時まで受付

ALMA FIGHT GYM PUGNUS 柔術ジムCAVEBJJ 東京都墨田区

カテゴリー

バックナンバー

団体リンク

プロレス団体リンク
新日本プロレスニュース大会日程新日本プロレスワールドYouTubeワールドYouTube)/全日本プロレス全日本プロレスTV)/NOAHDDTWRESTLE UNIVERSE)/GLEAT大日本プロレスZERO1DRAGON GATEみちのくプロレス大阪プロレス2AWDRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムYouTube)/ディアナマーベラス


格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSK-1RISE(ライズ)DEEPPANCRASEQUINTET巌流島


YouTube
📳アントニオ猪木📳長州力📳前田日明📳船木誠勝📳田村潔司📳蝶野正洋📳獣神サンダー・ライガー📳朝倉海📳朝倉未来📳永島勝司


ファイター等
蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)高山善廣田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト


最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル大川昇アメブロ金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社彩図社チームフルスイング書泉グループのイベント闘道館大阪カウント2.99


新着&注目アイテム
プロレスDVDサーチプロレス本サーチ


前田日明デビュー45周年記念Blu-ray BOX [Blu-ray] – 2024/6/12 前田日明 (出演)


猪木のためなら死ねる! 最も信頼された弟子が告白するアントニオ猪木の真実 単行本 – 2024/1/26 藤原 喜明 (著), 佐山 聡 (著), 前田 日明 (著)

2024プロレスラー全身写真名鑑[雑誌]: 週刊プロレス別冊新春号 雑誌 – 2023/12/27 週刊プロレス編集部 (編集)

KAMINOGE146 単行本(ソフトカバー) – 2024/2/5 ペールワンズ (編集)

プロレス熱写時代~プロレスカメラマンが撮った日本プロレス黄金期~ 単行本 – 2023/9/27 大川 昇 (著)

白の聖典 単行本 – 2022/1/17 中野 たむ (著)

引きこもりでポンコツだった私が女子プロレスのアイコンになるまで 単行本(ソフトカバー) – 2020/8/27 岩谷 麻優 (著)

俺のダチ。 単行本(ソフトカバー) – 2023/6/23 鈴木 みのる (著)

レポートbyカクトウログ

> 中野たむ「問題なければ進化はないッ」
> オカダ・カズチカ「所属はおしまい」
> オカダ・カズチカ「立つ鳥跡を濁さず」
> ウナギ・サヤカ 等身大のギャン期1周年
> 白川未奈 2023年の躍進一番星が告白
> 岩谷麻優「表舞台に立ってこそ」両国復帰
> 鈴木みのる「プロレスはライブの時代だ」
> 7割「妥当」 東スポプロレス大賞総括
> 金沢克彦氏が恒例毒舌生解説2023年総括
> プロレス熱写時代(大川昇著)レビュー
> ふり返りながら待つ。コズエン3周年
> ジュリア告白スターダムを取り戻すために
> 安納サオリ絶対不屈彼女からのラブレター
> アントニオ猪木をさがして 映画レビュー
> アントニオ猪木墓参 横浜市鶴見区総持寺
> 闘魂語り継ぐ一周忌 前田日明らトーク
> 白川未奈&月山和香タッグリーグ作戦会議
> 中野たむ&白川未奈 復活DREAM☆H本音
> カクトウログ19周年 & 毎日更新16年
> スターダム過去最高益 新日本黒字転換
> なつぽい 『最強』を掲げ始めた理由
> 高貴に桜井まい 貴婦人初インタビュー
> 涙の数だけ強くなれ 月山和香が初勝利
> 言葉までが美しき狂気 ジュリア激白
> 試合力と物語力の相思相愛 彩羽とウナギ
> 全員王者の新コズエン 安納サオリ特写
> 頂点で会えた 聖典での約束は聖地で叶う
> 髪切りとジュリアを超えてゆけ 中野たむ
> 長与「鍛え直したい」ウナギ最後の弟子に
> 月山和香が勝った日 負けない気持ちこそ
> 鈴木みのる ストロングスタイル設立真意
> 武藤引退が奏でた橋本・三沢・蝶野コール
> ウナギ・サヤカに聞くコズエンとギャン期
> 東スポプロレス大賞検証 世紀の大誤審
> 金沢克彦トークレポ 2022年を大総括
> 乗り越えて夢へ コズエン2周年座談会
> 新日本武藤招聘の裏でムタvs.中邑実現
> 猪木ベストバウトは1988年の藤波辰巳戦
> 猪木が新日本50周年イヤーに天国へ
> アントニオ猪木 24時間テレビ全発言
> カクトウログ18周年 & 毎日更新15年
> 観客数がコロナ前比56%まで回復
> 5年ぶりプロレス総選挙で何が起きた!?
> 紙テープに包まれたウナギ・サヤカ
> UDONプロレス 今夜はキングオブシコク
> コシの強いUDONプロレス 名古屋に来た
> 高木三四郎サイフェス直前インタビュー
> プロレス総選挙をテレ朝が5年ぶり実施
> 飯伏「真実からかけはなれています」
> さあパンデミック明け 新日本への期待
> 兄・裕一郎さん涙 大谷晋二郎応援募金
> 藤田和之 前田日明の前でも野獣!?
> ツヨカワ天咲光由 ミラノ先生が指導
> 田中正悟さん亡くなる 前田日明と親交
> 白の聖典(中野たむ著)ブックレビュー
> いざ愛知大会へ コズエン秘密の作戦会議
> サイン会で決起 秘密のコズエン反省会!?
> 不満消えた 東スポプロレス大賞2021総括
> 大阪超女大戦前 コズエン秘密の作戦会議
> UDONプロレス初の「読む記者会見」
> 前田日明の来歴をまとめて振り返る
> 前田日明と再会で舌好調 新間寿トーク
> 中野たむ 大阪城で天下取りの誓い
> UDONプロレス コシの強さと一体感
> 新日本プロレスがリアタイ報道を解禁
> 嫌われ者からブレイク コズエン1周年
> ノアが公式以外媒体リアタイ報道を解禁
> 西武D2連戦総括 木谷氏「反省しないと」
> カクトウログは開設17周年
> GLEAT旗揚げハラハラ感 時代に抗うUWF
> 猪木vs.アリから45年 真実を巡る旅続く
> さよならムーンサルト回収 武藤敬司飛ぶ
> 震災10年仙台大会に地震 神対応の舞台裏
> 中野たむを信じて明日に輝け 武道館詳報
> 前田日明が新日と交渉 第1次UWFの記憶
> 武藤敬司の「夢」ノア武道館を飲み込む
> AEW・新日連携への米国ファンの期待とは
> ジェイ戦列復帰 新日本というミステリー
> コズエンはあきらめない 高田馬場写真集
> 2020年プロレス大賞 3アワード比較
> 金沢克彦氏が18年半ワープロ解説に終止符
> ダブルドーム2021年ベストバウト結果
> 柴田勝頼 2022年“復帰”目指して始動
> 星を包み込む宇宙であれ コズエンが独立
> コズミックエンジェルズ初戴冠の日に密着
> プロレス大賞こうだったんじゃないか劇場
> 大会ベストバウト投票 年間総括2020
> プロレス大賞でノアは!? 武田氏と立ち話
> 新日本コロナイヤーを金沢克彦氏が生解説
> 内藤か潮崎か 2020年プロレス大賞展望
> あるのか前高山 山ちゃんがやっちゃった
> 宇宙旅行をアテンド中野たむ 棚橋弘至説
> 絶叫できない熱狂とコロナ副産物 G1総括
> GLEATプレ旗揚げ 田村&長州のプロレス観
> 鈴木みのる 天を指してゴッチ式の理由
> ベストバウト&大会総括 21年ぶり神宮球場
> 武藤敬司vs.前田日明トークレポート
> 丸藤正道vs.前田日明トークレポート
> 猪木酒場新宿店が7月閉店 かつて全国7店
> 金8以降世代のNJC4強こそ新日本の主張
> 『記憶の懸け橋』トークイベント観覧メモ
> 「社会的責任」ひとつの答え 新日本再開
> 小久保隆さん TJシンテーマ曲秘話
> 柴田勝頼ついに2017年4月9日を初激白
> 柴田勝頼の新日本帰還はなぜ実現した?
> 大阪カウント2.99に鈴木みのるがエール
> オカダ戦から3年 柴田勝頼の奇跡と軌跡
> コロナ禍でノア無観客試合 潮崎vs.藤田
> コロナ禍でスターダム無観客試合
> 文庫版『1984年のUWF』にカクトウログ
> 前田「ずっと猪木さんに教えてもらった」
> 船木誠勝が明かす! 柴田勝頼“秘話”
> 映画アイアン・シークで前田トーク!
> 藤田和之トーク 半生を激語り!
> シークレット結婚式!? オカダ&三森さん
> ジャイアント馬場バルに行ってきた!
> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> 2019年の顔は!? プロレス大賞まとめ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼