1. HOME
  2. プロレスラー・格闘家
  3. 前田日明
  4. 揉めるんだったらオレが揉めればいい 第1次UWFの記憶【週刊 前田日明】
前田日明

揉めるんだったらオレが揉めればいい 第1次UWFの記憶【週刊 前田日明】

前田日明

 前田日明が足りない世の中に、とことん前田日明を発信してみる。前田日明関連の動きをできる限りカクトウログが追う「週刊 前田日明」連載第210回をエントリーします。

※不定期連載となっています。

 14日、シャイニング主催の「『激論CLIMAX 2021 青山如月の陣』前田日明vs.山崎一夫」が青山 LA COLLEZIONEにて行われ、ファン70人が集結した。トークの一部をカクトウログ名物のメモ書きから振り返る。

山崎と初対面で事件 前田「オレと勝負するかアイツら返すかどっちかにせぇ!!」

 2人の出発点は、新日本プロレスでの道場生活になる。「道場の出待ち女性ファンの前に、先輩レスラーが“ライガーの中の人”をスッポンポンにして放り出してた」など思い出話がヒートする。それでも山崎によると「前田さんはときどきイタヅラをするくらい」と、後輩イジメのようなものはなかったという。

山崎「前田さんがコワイって思う人ーーーっ!? 大丈夫です、コワくないですから」。

 話は2人の初対面に遡る。

前田「(入門前の)山ちゃんが道場のリングでプロレスごっこをバタバタしてて」。

山崎「これまでの関係者でいっても、道場の一番近くに住んでいたのがボク。覗いてたら、小林邦昭さんがボクを道場に入れてくれたことがあった。高校生時代にプロレスラーを目指すようになって、バーベルで130キロ上げれるようになりました。昼休みにずっと筋トレをしてたんで」。

前田「連れと一緒にリングを使っていたから『オレと勝負するかアイツら返すかどっちかにせぇ!!』ってね」。

世の中に出回っている初代タイガーサイン色紙 3分の1は山崎の代筆説

 山崎は初代タイガーマスク(佐山聡、1981~1983年)の付き人を務めた。当時のタイガーは人気絶頂。

山崎「2日に1回はサイン会がありました。1回で30~50万、佐山さんにいくんです。司会のケロさん(田中秀和リングアナ)と自分がついていくんですが、準備で『はい山ちゃん』『はいケロちゃん』と色紙の山を3分の1ずつ渡される。世の中に出回っている初代タイガーのサイン色紙の3分の1はボクです(笑)。あとで佐山さんから1万ずついただいて」。

前田「猪木さん(アントニオ猪木)も巡業に行くたび、1大会で100枚書いてたね。それも『闘魂』まで1枚1枚書いてて。『闘魂』入りの方が価値があるんだよね。藤波さん(藤波辰爾、当時・辰巳)は書けたらしいけど、自分はやったことないですね」。

山崎「営業の人が書いていたという話も聞いたことがありますね」。

キック用レガース開発秘話 素材はダイビング用ウェットスーツにたどり着く

 タイガージムやUWFによって始まったキック用レガースの開発の話に。

AD

山崎「拳にグローブをつけるようにスネにもつけるものを。そういう考えで佐山さんの号令で考えましたね。いろいろ試して佐山さんから『山ちゃん、これはどうかな』と相談されながら。素材を探しているうちにダイビングするときのウェットスーツにたどり着いたんです。スネ側にちょっとアンコ(クッション)を入れて。『UWF無限大記念日』(第1次UWF、1984年7月)でボクが第1試合で、初めて付けましたね。だから、最初の男がボク」。

第1次UWFの新日提携時代 山崎「交渉事は前田さんが苦労された。ボクらを守るために」

 前田らが新日本から出て設立された第1次UWFは団体としては立ち行かなくなり、新日本にリターン。ただ、個人契約ではなく団体同士の契約として前田が舵取りをすることになる。

山崎「ボクらはリングに上がるだけ。交渉事は前田さんが苦労された。ボクらを守るために」。

前田「(どうせ誰かが矢面に立って)揉めるんだったらオレが揉めればいい。みんなには思いっきりプロレスをやってほしかった」。

山崎「前田さん、当時いくつですか?」。

前田「26くらい?(カクトウログ註:実際に両国国技館で「1年半UWFとしてやってきたことが何であるか確かめに来ました」と宣戦布告したのは26歳時)」。

山崎「ボクと4つ違いなんですが・・・ここまでできます、みなさん!!」。

前田「商品販売権も確保してね。(スタッフの)神と鈴木を食わさないといけなかった。ポスターとかTシャツつくって、ポスターにサインして、道場のちゃんこ費用が出せるように」。

山崎「ボクは今の26の若いレスラーに『できる!?』って言いたいです」。

前田「一人暮らしの経験もなかったんで『(やりくりするには)どうやったら!?』とすごく考えた」。

山崎「お金がなかったとき、ブタの貯金箱を割って、ボクと高田さん(高田延彦、当時・伸彦)を飲みに連れて行ってくれたり」。

前田vs.山崎で第2次UWF旗揚げ 山崎「この団体はこの試合で決まる・・・必死でした」

 1988年5月12日、後楽園ホールで第2次UWFが旗揚げ。メインカードが前田vs.山崎だった。

山崎「高田さんとの試合を前田さんは温存されたんだと思います」。

前田「当時のカードは全部オレが決めてたね」。

山崎「ここ(旗揚げ戦)でコケたら・・・この団体はこの試合で決まると必死でした。プレッシャーが大きかった」。

前田「当時はね、受けるインタビュー、インタビューで(話題をつくろうと)まわりに喧嘩を売りまくったよ」。

山崎「道場でも必死で練習しました。なのに夜になると別のジムに行く。お互いが『何を(試合で)するんだろう』という緊張感がお客さんに伝わるわけで」。

第2次UWF旗揚げの前田挨拶 「選ばれし者の恍惚と不安、ふたつ我にあり」秘話

司会「UWFで印象に残っている大会というと?」。

前田「(第1次)無限大記念日、(第2次)旗揚げ、ドームかな」。

山崎「旗揚げですね」。

司会「『選ばれし者の恍惚と不安、ふたつ我にあり』と挨拶、これは考えていた?」

前田「ふと思いついたんだよね、この状況にピッタリだよなと。トークショーでも前もって(喋ることは)考えない。世代闘争でのマイク(1987年6月12日、両国国技館、長州の『お前らは噛みつかないのか!』など)のときも、みんなが何を喋っているかわからない。もういいやと思って(当初の流れを踏まえたものではなく)『どうせやるんだったら、世代闘争とか言わんと、誰が強いか決まるまでやればいいんだよ』って」。

次ページ スパーリングとUWF/花束嬢事件列伝/一番強いレスラー/付き人制度の意味



応援ありがとうございます☆彡

プロレスは初心者もオールドファンも楽しめるジャンル。ファンの立場から、リング内外のカクトウ(格闘)をログ(記録)します。


サイト早見[ブシロード系▶新日スターダム][サイバー系▶ノアDDT][他団体▶全日WWERIZIN][選手▶写真名鑑][ブログ▶人気ランキング


3月3日(水)24時まで受付


カテゴリー

バックナンバー

団体リンク

プロレス団体リンク
新日本プロレスニュース大会日程新日本プロレスワールドYouTube)/全日本プロレス全日本プロレスTV)/NOAHWRESTLE UNIVERSE)/大日本プロレスDDTZERO1DRAGON GATEみちのくプロレス大阪プロレス2AWDRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムYouTube)/ディアナ


格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSDEEPPANCRASEQUINTET


YouTube
📳アントニオ猪木📳長州力📳前田日明📳船木誠勝📳田村潔司📳蝶野正洋📳獣神サンダー・ライガー📳朝倉海📳朝倉未来📳永島勝司


ファイター等
日本プロレス殿堂会蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)高山善廣田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト


最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社チームフルスイング書泉グループのイベント闘道館大阪カウント2.99


新着&注目アイテム
プロレスDVDサーチプロレス本サーチ



[2021年2月5日発売! 平本蓮 浜崎朱加×山本美憂  斎藤文彦×プチ鹿島 鈴木みのるのふたり言 玉袋筋太郎「マッハ文朱」変態座談会 武藤敬司×小橋建太 所英男 西村知美]



[2021年3月2日発売! プロレスのキホンから人気プロレスラーゆかりのスポット紹介まで、新日本プロレス観戦をもっと楽しむための公式ガイドブック]



[2021年1月5日発売! 週刊プロレス本誌「2021プロレスラー選手名鑑」に掲載された選手をもとに1024人の選手を掲載]



[2021年1月29日発売! 極悪同盟を率いて、クラッシュギャルズとの抗争を繰り広げたダンプ松本。今だから話せる当時の裏話や、本人が抱えてきた心の葛藤や父親への思い。現在からは想像もつかない程の過酷な状況下で、彼女が何を思って過ごしてきたのか]



[2021年3月2日発売! メキシコ、日本、WCW、WWE…世界中を飛び回る究極龍はなぜ、オファーが絶えないのか? セルフプロデュース術からサイコロジーまで、プロレスビジネスのリアルに迫る]



[2020年10月24日発売! 常識という名の同調圧力と争うことで、唯一無二の自分の居場所を作り続ける考え方とはなにか。「プロレスを自分のためにやるのは難しい」と語る著者のプロレス論と人生論]

レポートbyカクトウログ

> 前田日明が新日と交渉 第1次UWFの記憶
> 武藤敬司の「夢」ノア武道館を飲み込む
> AEW・新日連携への米国ファンの期待とは
> ジェイ戦列復帰 新日本というミステリー
> コズエンはあきらめない 高田馬場写真集
> 2020年プロレス大賞 3アワード比較
> 金沢克彦氏が18年半ワープロ解説に終止符
> ダブルドーム2021年ベストバウト投票結果
> 柴田勝頼 2022年“復帰”目指して始動
> 星を包み込む宇宙であれ コズエンが独立
> コズミックエンジェルズ初戴冠の日に密着
> プロレス大賞こうだったんじゃないか劇場
> 大会ベストバウト投票 年間総括2020
> プロレス大賞でノアは!? 武田氏と立ち話
> 新日本コロナイヤーを金沢克彦氏が生解説
> 内藤か潮崎か 2020年プロレス大賞展望
> あるのか前高山 山ちゃんがやっちゃった
> 宇宙旅行をアテンド中野たむ 棚橋弘至説
> 絶叫できない熱狂とコロナ副産物 G1総括
> GLEATプレ旗揚げ 田村&長州のプロレス観
> 鈴木みのる 天を指してゴッチ式の理由
> ベストバウト&大会総括 21年ぶり神宮球場
> カクトウログは開設16周年
> 武藤敬司vs.前田日明トークレポート
> 丸藤正道vs.前田日明トークレポート
> 猪木酒場新宿店が7月閉店 かつて全国7店
> 金8以降世代のNJC4強こそ新日本の主張
> 『記憶の懸け橋』トークイベント観覧メモ
> 「社会的責任」ひとつの答え 新日本再開
> 小久保隆さん TJシンテーマ曲秘話
> 柴田勝頼ついに2017年4月9日を初激白
> 「プロレス大好き芸人」プレゼン大賞
> 柴田勝頼の新日本帰還はなぜ実現した?
> 大阪カウント2.99に鈴木みのるがエール
> オカダ戦から3年 柴田勝頼の奇跡と軌跡
> コロナ禍でノア無観客試合 潮崎vs.藤田
> コロナ禍でスターダム無観客試合
> 文庫版『1984年のUWF』にカクトウログ
> 前田「ずっと猪木さんに教えてもらった」
> 船木誠勝が明かす! 柴田勝頼“秘話”
> 映画アイアン・シークで前田トーク!
> 藤田和之トーク 半生を激語り!
> シークレット結婚式!? オカダ&三森さん
> ジャイアント馬場バルに行ってきた!
> 聖火リレーに谷津 オカダ 桜庭 高田 武藤
> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> 2019年の顔は!? プロレス大賞まとめ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> ダブルドーム ベストバウト投票結果
> 橋本真也、小橋建太との幻の復帰戦計画
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年を大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFのテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> 杉浦vs.エルガンがノア両国ベストバウト
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> オカダvs.飯伏IWGP戦はドーム2連戦初日
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> NJCでオカダと柴田勝頼が感動的な再会
> ドン・フライと高山善廣が運命的な再会
> 飯塚高史引退! 引退試合でもヒール貫徹
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 独占! 長州力がDスミスJr.と盃を交わす
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼