1. HOME
  2. プロレス
  3. スターダム
  4. 星を包み込む宇宙であれ コズミックエンジェルズが勝ってスターズから独立
スターダム

星を包み込む宇宙であれ コズミックエンジェルズが勝ってスターズから独立

スターダム

 20日、スターダムが『10周年記念イヤー夢の祭典プロローグ OSAKA DREAM CINDERELLA』エディオンアリーナ大阪第一競技場大会を開催した。

大会結果 10周年記念イヤー夢の祭典プロローグ OSAKA DREAM CINDERELLA

■ スターダム10周年記念イヤー夢の祭典プロローグ OSAKA DREAM CINDERELLA
日時:12月20日(日)16:00
会場:エディオンアリーナ大阪第一競技場 観衆1,027人(コロナ対策限定人数=主催者発表)

<第1試合/フューチャー・オブ・スターダム選手権試合>
〈挑戦者〉〇飯田沙耶
(8分19秒 垂直落下式ブレーン・バスター→片エビ固め)
〈挑戦者〉●上谷沙弥
※もう1人は<王者>舞華
※第3代王者の舞華が3度目の防衛に失敗、飯田が第4代王者に

<第2試合/タッグマッチ>
○小波&刀羅ナツコ
(7分5秒 トライアングル・ランサー)
里歩&●ルアカ

<第3試合/DDM vs 大江戸隊 タッグマッチ>
○ひめか&なつぽい
(11分5秒 ランニング・パワーボム→エビ固め)
ビー・プレストリー&●鹿島沙希

<第4試合/ハイスピード選手権試合>
〈王者〉〇AZM
(10分31秒 横入り式エビ固め)
〈挑戦者〉●星月芽依
※AZMが3度目の防衛に成功

<第5試合/アーティスト・オブ・スターダム選手権試合イリミネーションマッチ>
〈王者チーム〉中野たむ&白川未奈&ウナギ・サヤカ
(3-2)
〈挑戦者チーム〉岩谷麻優&スターライト・キッド&ゴキゲンです☆
●ウナギ(7分22秒 回転エビ固め)〇ゴキゲン
●中野(10分24秒 タイガー・スープレックス・ホールド)〇キッド
〇白川(11分42秒 オーバー・ザ・トップロープ)●岩谷
〇白川(12分54秒 オーバー・ザ・トップロープ)●キッド
〇白川(15分22秒 GSS→片エビ固め)●ゴキゲン
※COSMIC ANGELSが初防衛に成功

<発表事項>

<第6試合/ワンダー・オブ・スターダム&SWA世界二冠選手権試合>
〈ワンダー王者〉△ジュリア
(30分時間切れ引き分け)
〈SWA王者〉△朱里
※ジュリアが4度目の防衛に成功/朱里が初防衛に成功

<第7試合/ワールド・オブ・スターダム選手権試合>
〈王者〉〇林下詩美
(24分26秒 BTボム→片エビ固め)
〈挑戦者〉●渡辺桃
※林下詩美が初防衛に成功
※舞華が次期挑戦者に名乗りを上げる

第5試合 コズミックエンジェルズは“残る”のか“独立する”のか

 当サイトとしてスポットを当てていたCOSMIC ANGELSとSTARSの抗争の行方という点で、第5試合を取り上げさせていただく。

 結成1か月で6人タッグ王座を獲得して波に乗る中野たむ&白川未奈&ウナギ・サヤカのCOSMIC ANGELS。中野の「岩谷麻優の後ろを走っている訳にはいかない」という決起を発端として、COSMIC ANGELSが本隊STARSに残るか独立するかの「答え合わせ」が問われた大阪大会となった。

 COSMIC ANGELSの勢いはあるが、今のところ大将同士である中野と岩谷の一騎打ちの方にビッグカード感がある。まだまだエンジェル中野とスター岩谷なのだ。とはいえ岩谷には“メンバーの面倒を見る”十分な構えがあり、対する中野の方も“メンバーの面倒を見る”構えに本格的に踏み出せるかどうか。一連の独立騒動の本質はここにある。

AD

 先発こそ中野と岩谷がシングルを思わせる緊張感だったが、岩谷は連係からのチーム力でCOSMIC ANGELSに圧をかけにいく。中野の真っ向勝負を避けたようでもあるが、ボクには岩谷組の連係が「私の方がちゃんと面倒を見る」という主張に感じた。するとどうだ。STARSのメンバーであるゴキゲン&キッドがウナギ&中野を次々と料理して、COSMIC ANGELSは白川の1人残り。1対3での数的不利に陥ってしまう。

 COSMIC ANGELSの独立が遠のいたように思えたが、ここからが“アイドル・グラドル経験組スピリット”としての「泥臭い闘い方」。白川が奇跡を起こす。イリミネーションマッチで許された手段としてのオーバー・ザ・トップロープにより岩谷・キッドを連続離脱させたのだ。自分を取り戻した白川が変形フェイスバスター(GlamorousStrongStyle)でゴキゲンまでをも仕留めた。COSMIC ANGELSは“志”での連係で逆転してしまったのだ。

中野「宣言します。STARSを脱退して新しいユニットとしてスタートします」

白川 (涙をこぼしつつ)なかなかつらいイリミネーションマッチでしたけど、チャンピオンとして年を越せます。3人でベルトを持ってまた大阪に来ます。どうぞよろしくお願いします。

中野 コズミックエンジェルズは・・・今日勝ったことで(涙をこらえながら)宣言します。STARSを脱退して(語気を強めて)新しいユニットとしてスタートします。

岩谷 (中野を睨んで)中野たむ!! 今日は2人(岩谷&キッド)ともあんなの(オーバー・ザ・トップロープ)で失格。やり足りない・・・そう決めたら潰すだけ。来年1月のエディオンアリーナ、完・全・決・着というか完全に潰したいと思います(と中野を突き飛ばす)。今までこちらこそ・・・ありがとうございましたッ。せいぜいベルトを大切にしててね。スグ奪うから、また。

キッド どうぞご勝手に。イリミネーションマッチでタイトルマッチなんてふざけるな。納得できるか!! 飯田含めた3人で挑戦する権利あるだろッ。

ウナギ 私たちがチャンピオンです。でもやり足りない。ウルさいSTARSの挑戦を受けて黙らせましょう。

中野 いつ何時でも挑戦を受けます。STARS、またやりましょう。

COSMIC ANGELS デリャ~ス、う~ん、マッ!!

 野暮すぎるくらいに補足することをお許し願いたい。中野は“岩谷に面倒を見てもらう”から“自身がメンバーの面倒を見る”立場を改めて決意した。マイクに乗っていく文字は抗争本格化を意味するのだから、ウェットであってはならない。なのに中野は涙目で、岩谷は澄んだ目にみえた。COSMIC ANGELSとしても、どこかでいつもの笑顔が足りない(だけれども、これはこれで“いい表情”ではある)。勝敗とは裏腹に、岩谷が懐の大きさを見せつけた。

 ただ、違う目をしていても、視点は同じ。中野は独立によって真の恩返しを果たすわけであって、岩谷は独立を許すことで後輩育成を完結に近づける。

 エンジェル中野からコズミックエンジェル「ズ」になるために。対するスター岩谷サイドはスター「ズ」になるために。大阪大会は星を包み込む宇宙のスケールを思わせるCOSMIC ANGELSの勝利となったが、もちろんトゥビーコンティニュー。メンバーからの“簡単に大将同士のシングルを組ませてなるものか”という台頭を、これから大いに楽しませてほしい。そのうえで、タイトルマッチうんぬんでなくとも意味合いを増した“大将同士のシングル”をいつか見てみたいと思うのだ。

【12/21 10:35追記】バックステージコメント コズエンがコズエンであるために

 ボクにとっての大阪大会は、現地観戦ではなくPPV視聴となりました(カメラは特派員にお願いしました)。一夜明けでバックステージコメントがUPされたので確認しておきたい。

(バックステージコメント)

たむ「ごめんね。もう、ビックリしたよ。まさかキッドがタイガーを出してくると思わなかったら、びっくりしちゃった。全部任しちゃった感じになっちゃった。本当にごめんね」

白川「私もそのあと、2人がいるのって心強いんだなってことがすごくわかって。一人になった瞬間、むちゃくちゃ心細くて、そのあと、麻優さん、キッドさんをトップロープ越えさせて、無理矢理ドロップキックで落とすっていう、もう私にはその術しかなかったことがすごく悔しかったです」

たむ「いやでも、イリミネーションマッチというルールがまた」

白川「そうですね。味方してくれた部分はあるので。でも、やっぱりキッチリとした3人で力を合わせて3カウント取って、STARSにはまた勝ちたいと思いました。また新しい目標できたんで」

ウナギ「飯田さんがフューチャーのベルトを3年に伸ばしてくれて」

白川「ああ、そうなんだ。私たちは挑戦する権利が」

ウナギ「2年ぐらいなんで」

たむ「え、私たち?」

ウナギ「違います、違います。たむさんはとっくに終わってるんですけど(笑)。なので、対決できるのがめちゃくちゃ楽しみです」

白川「なら私はこのベルト、STARS相手にまた防衛戦するのであれば、絶対防衛して、そして飯田沙耶からフューチャーのベルト取って2本ベルト、絶対に巻きたいと思います」

ウナギ「ちょっと待った! それに関してはウナギも食いついていきたいと思うので」

たむ「ちょっと待った! それに関しては私も食いついていきたい」

ウナギ「それはもう(苦笑)。でも、3人で力を合わせて、大阪の地で防衛しましょう」

たむ「コズミックエンジェルズ、きょう新しく生まれた新しいユニット。これからおいしい、おいしい旅を皆さんと一緒に楽しんでいきたいと思うので準備はいいですか? 私たちもあなたたちも」

3人「デリシャース、ウーンマ!」

――このチームの強さはどこにある?

中野「このチームの強さですか? 弱いです(笑)。このチームは弱いんですよ。みんなまだキャリアも浅いし、アイドル上がりでちゃらちゃらしてます。かわいいだけです。でも、アイドルってどんなプロレスラーよりも泥臭いんですよ。その負けない気持ちじゃないですかね」

――白川選手がグラビアで泥水すすってきたそうだが、みんなそう?

中野「けっこう地獄見てきたよね?」

ウナギ「そうですね」

白川「たぶん私たちカッコイイ人生を送ってないんですよ。本当にダッサイ人生ばっかり送ってきてる。でも、そのダサイ3人でどんどんどんどん明るい未来を作っていく

ウナギ「めちゃくちゃ夢あると思うんで、もっともっと突き進んでいきたいと思います」

――どのへんに夢がある?

ウナギ「正直まあまあ年もいっていて、正直キャリアも浅い。それでも自分の夢を持ってあきらめずに進めばどこまでいけるのかっていう夢は無限にあるし、絶対に何を始めるにも遅くないっていう夢を見せたいです

白川「私も最近、インタビューとかされて一個新しい夢ができて。いままでガムシャラに自分のために頑張ってた感じなんですけど、年を重ねて、プロレスをやり始めるの遅いとかめちゃくちゃ言われたんですけど、始めなかったら絶対もっと後悔してたし、始めたからには夢を持ち続ける限り、いつだってなんだってできるっていうのを、同世代の女性に見せていきたいなっていう夢があります

――この2人をパートナーとしてどう思う?

中野「頼りにしてますよ(笑)。私には持ってないものを持っている2人なので、その点に関しては。ちゃんみなは頭のいいところ、ウナは…元気なところ。明るいところ。私のことをこんなに信じてくれる人はほかにいないと思うので、私も2人を信じてます

 バックステージコメント後半が“コズエンがコズエンであるためのテキスト”となっている。16日の後楽園でビー・プレストリーから「コズミック・オールド・レディース!!」なる言葉でチクリとやられていたが、百も承知の開き直りで前を向く。

 先行して前のめり姿勢で急成長を遂げてきたのが中野であり、団体メイン戦線への食い込みを見せている。岩谷への最大の感謝を抱きつつ、今度は「数年前の自分」である2人(白川とウナギ)を引き上げていく。

 最初はチヤホヤされるわけで、初戴冠からが本当の勝負だ。独立による苦悩はあって当然で、笑顔以上に涙も多く流すことだろう。独立談義はいったん答えが出たわけで、これからはリング上で真価が問われていく。裏切る・裏切られたではなく、この大阪大会での“掟破りの逆タイガー”キッドや“3人抜き”白川のような試合ぶりでのファンの語り合いも増していくに違いない。



応援ありがとうございます☆彡

プロレスは初心者もオールドファンも楽しめるジャンル。ファンの立場から、リング内外のカクトウ(格闘)をログ(記録)します。


早見[ブシロード系▶新日スターダム][サイバー系▶ノアDDT][他団体▶全日RIZIN][選手▶写真名鑑][ブログ▶人気ランキング

カテゴリー

バックナンバー

レポートbyカクトウログ

> 金沢克彦氏が18年半ワープロ解説に終止符
> 残留か退団か ジェイ・ホワイト去就問題
> ダブルドーム2021年ベストバウト投票結果
> 柴田勝頼 2022年“復帰”目指して始動
> 星を包み込む宇宙であれ コズエンが独立
> コズミックエンジェルズ初戴冠の日に密着
> プロレス大賞こうだったんじゃないか劇場
> 大会ベストバウト投票 年間総括2020
> プロレス大賞でノアは!? 武田氏と立ち話
> 新日本コロナイヤーを金沢克彦氏が生解説
> 内藤か潮崎か 2020年プロレス大賞展望
> あるのか前高山 山ちゃんがやっちゃった
> 宇宙旅行をアテンド中野たむ 棚橋弘至説
> 絶叫できない熱狂とコロナ副産物 G1総括
> GLEATプレ旗揚げ 田村&長州のプロレス観
> 鈴木みのる 天を指してゴッチ式の理由
> ベストバウト&大会総括 21年ぶり神宮球場
> カクトウログは開設16周年
> 武藤敬司vs.前田日明トークレポート
> 丸藤正道vs.前田日明トークレポート
> 猪木酒場新宿店が7月閉店 かつて全国7店
> 金8以降世代のNJC4強こそ新日本の主張
> 『記憶の懸け橋』トークイベント観覧メモ
> 「社会的責任」ひとつの答え 新日本再開
> 小久保隆さん TJシンテーマ曲秘話
> 柴田勝頼ついに2017年4月9日を初激白
> 「プロレス大好き芸人」プレゼン大賞
> 柴田勝頼の新日本帰還はなぜ実現した?
> 大阪カウント2.99に鈴木みのるがエール
> オカダ戦から3年 柴田勝頼の奇跡と軌跡
> コロナ禍でノア無観客試合 潮崎vs.藤田
> コロナ禍でスターダム無観客試合
> 文庫版『1984年のUWF』にカクトウログ
> 前田「ずっと猪木さんに教えてもらった」
> 船木誠勝が明かす! 柴田勝頼“秘話”
> 映画アイアン・シークで前田トーク!
> 藤田和之トーク 半生を激語り!
> シークレット結婚式!? オカダ&三森さん
> ジャイアント馬場バルに行ってきた!
> 聖火リレーに谷津 オカダ 桜庭 高田 武藤
> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> 2019年の顔は!? プロレス大賞まとめ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> ダブルドーム ベストバウト投票結果
> 橋本真也、小橋建太との幻の復帰戦計画
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年を大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFのテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> 杉浦vs.エルガンがノア両国ベストバウト
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> オカダvs.飯伏IWGP戦はドーム2連戦初日
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> NJCでオカダと柴田勝頼が感動的な再会
> ドン・フライと高山善廣が運命的な再会
> 飯塚高史引退! 引退試合でもヒール貫徹
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 独占! 長州力がDスミスJr.と盃を交わす
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼

団体リンク

プロレス団体リンク
新日本プロレスニュース大会日程新日本プロレスワールドYouTube)/全日本プロレス全日本プロレスTV)/NOAHWRESTLE UNIVERSE)/大日本プロレスDDTZERO1DRAGON GATEみちのくプロレス大阪プロレス2AWDRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムYouTube)/ディアナ


格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSDEEPPANCRASEQUINTET


YouTube
📳アントニオ猪木📳長州力📳前田日明📳船木誠勝📳田村潔司📳蝶野正洋📳獣神サンダー・ライガー📳朝倉海📳朝倉未来📳永島勝司


ファイター等
日本プロレス殿堂会蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)高山善廣田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト


最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社チームフルスイング書泉グループのイベント闘道館大阪カウント2.99


新着&注目アイテム
プロレスDVDサーチプロレス本サーチ



2020年1月5日発売! 表紙および巻頭ロングインタビューはお笑い芸人のニューヨークのお二人。嶋佐和也さんと屋敷裕政さんにお笑いについて深く、そしてパーソナリティについてもお聞きしました。他、前田日明、朴光哲、工藤めぐみ、玉袋筋太郎、世志琥、Sareee、菅原美優のロングインタビュー。連載陣は、五木田智央、鈴木みのる、バッファロー吾郎A、プチ鹿島、斎藤文彦、兵庫慎司、古泉智浩、坂本一弘、椎名基樹、マッスル坂井、ターザン山本!、大井洋一、伊藤健一(敬称略)



2020年12月2日発売! 今年は丸ごと一冊すべて名鑑 収録人数1000人超え!



2020年11月26日発売! 伝説のレスラーから作家、ミュージシャン、お笑い芸人まで34人が人生を変えた一戦、 己の世界観を変えたあの一戦を思い入れたっぶりに語り尽くす! アントニオ猪木、天龍源一郎、関根勤、内館牧子、夢枕獏、ビビる大木、神田伯山、テリー伊藤、金沢克彦ほか



2020年10月24日発売! 鈴木秀樹 (著)「マット界一の面倒臭い」と呼ばれる男が、リングの上で実行し続けていること。常識という名の同調圧力と争うことで、唯一無二の自分の居場所を作り続ける考え方とはなにか。「プロレスを自分のためにやるのは難しい」と語る著者のプロレス論と人生論。面倒臭い時代を生き抜く知恵と勇気を求める人へ贈る



2020年10月10日発売!「証言UWF」シリーズのスピンオフ企画。プロレスラーたちが見た総合格闘技の全舞台裏。髙田延彦、田村潔司らが語る総合のリングの虚と実のすべて!



2020年8月26日発売!ターザン 山本 (著)、福留 崇広 (著) 力道山、ジャイアント馬場、藤波辰爾、高山善廣、葛西純、剛竜馬の夫人たちです。妻だけが知るプロレスラーの苦悩と栄光。男女のディープ・ストーリーを描きながら、謎に包まれたプロレスの真実をすべて明かす、新しいノンフィクション



2020年9月24日発売!マット界の黒船と騒がれた「企業プロレスの始祖・SWS」 12名が克明に語った「企業プロレス」の舞台裏



2020年9月24日発売!NWA―ナショナル・レスリング・アライアンス―



2020年9月26日発売!プロレスデビュー60周年と喜寿を記念し、アントニオ猪木が一切の虚飾を排してプロレスと人生を見つめ、全てを語る。好敵手、名勝負、生と死、愛した女達。燃える哲学の尽きぬ力を見よ!



2020年9月30日発売!本書は世界を戦場(リング)に繰り広げられた猪木氏のこれまでの死闘の記録を1冊の書籍にまとめたもので、“withコロナ”を生き抜く日本人へ向けた、アントニオ猪木流のラストメッセージである。



2020年8月27日発売!スターダムのエース、岩谷麻優初の著書!2年にもわたる絶望的な引きこもり生活、プロ入り後に直面した勝てない日々……。ポンコツと呼ばれた少女は、なぜ世界に通用する女子プロレスラーになれたのか?スターダムのアイコンから、女子プロレスのアイコンに。岩谷麻優の9年の記録!



2020年2月28日発売!その現実から目を背けるな。「やれるか」じゃない、やるんだよ。鈴木みのるの言葉はなぜ俺たちの心に刺さるのか。プロレス界の今、ここを生き抜いてきた唯一無二の思考、貪欲に幸福を求める方法



2019年12月28日発売!新しい敵に向かっているから俺はずっとギラギラしていられる。そして、そういう闘いの中にいられることが、俺にとっての幸せなんだよ。強くあるために何ができるか、いま何をすべきか。リング内外で見せる強烈な存在感の源泉がわかる、プロレス王・鈴木みのる、刮目の最新刊!



2019年12月19日発売!世界最高峰のリングWWEからインディー団体まで、日米マット界の「光」と「陰」を知る著者がはじめて明かす熱狂を生み出す「サイコロジー」のすべて。自身の圧倒的な経験値をもとに綴る、目からウロコのプロレス論!



2020年5月27日発売!新日本プロレス“100年に一人の逸材”にして“エース”の棚橋弘至デビュー20周年DVD!プロレスを黄金時代に導いた男の軌跡に迫る!棚橋弘至の2014~2019年までのヒストリー(ゲスト:柴田勝頼)とミスター平成ライダー・高岩成二とのスペシャル対談を収録



2019年10月10日発売!プロレスラー・柴田勝頼のデビュー20周年記念DVD。NEVER無差別級王者など、輝かしい軌跡を誇る柴田勝頼が自ら選んだ名勝負のほか、“LA DOJO”でヘッドコーチとして手腕を振るう彼に迫ったドキュメンタリーを収録( ⇒ 収録の詳細について