1. HOME
  2. プロレス
  3. 新日本プロレス
  4. “全部乗せ”棚橋の奇跡にファンも本人も涙 2年半ぶりドームメイン帰還
新日本プロレス

“全部乗せ”棚橋の奇跡にファンも本人も涙 2年半ぶりドームメイン帰還

新日本プロレス

 25日、新日本プロレスが『WRESTLE GRAND SLAM in TOKYO DOME』東京ドーム大会を開催した。以下、コメントの言い回しは公式サイトに合わせてあります。

全試合が19分超熱闘 WRESTLE GRAND SLAM in TOKYO DOME 7月25日(日)東京ドーム

ドーム前にテントが立てられ、体温計測、消毒対応。

野球シーズン中ということで特設ビジョンや花道はなし。

ほぼアリーナ席に観衆が集まる。1F・2Fスタンドはホーム寄りのごく一部が使用された。1Fスタンドは前方過ぎるとネットでうまく観戦できないということでしょうか、前方を空けての配置。

ファンクラブで押さえたが、カクトウログ管理人は初めてバルコニー席(1Fスタンドと2Fスタンドの間の席)に当選。こんな感じの位置です。

見え方はいい感じなのだが、1Fスタンドに比べるとやはり遠い。よほど高級な望遠なら別かもだが、写真はかなり精度が落ちるのが難。

座席は少しゆとりがあるのと、テーブルも出すことができます。

■ 新日本プロレス WRESTLE GRAND SLAM in TOKYO DOME
日時:7月25日(日)17:00 ※第0試合は16:00開始
会場:東京・東京ドーム 観衆5,389人(主催者発表)
アーカイブ視聴は新日本プロレスワールドで
大会ベストバウト投票は7月28日(水)24時まで受付

<第0試合/「KOPW 2021」争奪ニュージャパンランボーWith手錠>
〇チェーズ・オーエンズ
 35分36秒 パッケージドライバー→片エビ固め
●矢野通
※チェーズが『KOPW 2021』保持者となる
※フェンス内各所にセットした手錠につながれたら退場
(以下、退場順)1:真壁、2:本間、3:鈴木、4:金丸、YOH、SHO、7:天山、8:小島、9:BUSHI、10:タイガー、11:ワト、DOUKI、13:石井、14:東郷、15:後藤、16:永田、17:オーカーン、18:KENTA、19:YOSHI-HASHI、20:裕二郎

写真のようにリング上ロープにKENTA、YOSHI-HASHIが、フェンスに永田、オーカーンが手錠でつながれた。実際にやってみての発見は、KENTAやYOSHI-HASHIのように手錠でつながれても“カットプレー”には参加できること。

高橋ヒロムが復帰宣言「今日もさっそくヒロムちゃんオススメの試合、行ってみようか! まずは! ……と言いたいところだけど、このヒロムちゃんアンケートを持ちまして、前説を卒業します。高橋ヒロム、復帰すんぞーー!(場内大拍手)。そして、今日の第2試合、IWGPジュニアヘビー級選手権試合の勝者! この俺とIWGPジュニアヘビーのベルトを賭けて、闘え~!」

<第1試合/IWGPジュニアタッグ選手権試合>
[挑戦者] ロッキー・ロメロ
●田口隆祐
 20分56秒 CRⅡ→片エビ固め
〇エル・ファンタズモ
石森太二
[第66代王者] ※石森&ファンタズモが初防衛に成功

アンクルホールドをかけながらファンタズモのシューズを脱がせた田口。いよいよ“疑惑のキック”にメスが、、、と思いきや、レフェリーチェックの前に石森が奪還。真相は闇の中・・・。

<第2試合/IWGPジュニアヘビー級選手権試合>
[挑戦者] 〇ロビー・イーグルス
 19分56秒 ロン・ミラー・スペシャル
●エル・デスペラード
[第89代王者] ※デスペラードが3度目の防衛に失敗、ロビーが第90代王者に

ロビーがフィニッシュのロン・ミラー・スペシャル(トップロープから相手の膝に450°スプラッシュを決めてダメージを与え、すかさず裏足4の字固めに移行する)をアレンジ(ヒザへの蹴りを挿入)する念の入れようで渾身勝利。デスペラードのギブアップで、場内がどよめく。解説席にいたヒロムと視殺戦ののち、ロビーは意気揚々と引き揚げた。9・5西武ドームでヒロムと対戦へ。

<第3試合>
●ジェフ・コブ
 19分23秒 エビ固め
〇オカダ・カズチカ

オカダがコブの力を極限まで引き出しての押さえ込み勝利。オカダは「次は何を狙いに行こうかなと。まあ、さすがに早いものもあると思うし、IWGPタッグで名前出されたりとかね。KOPWも矢野さんが負けちゃったんでしょ? もうすぐ1年でそこの戦いに入っていってもいいと思いますし、まあオカダ・カズチカに注目してください」とタイトル戦線に含み。

<第4試合/IWGPタッグ選手権試合>
[挑戦者] 〇ザック・セイバーJr.
タイチ
 37分58秒 ヨーロピアンクラッチ
SANADA
●内藤哲也
[第90代王者] ※内藤&SANADAが初防衛に失敗、タイチ&ザックが第91代王者に

AD

両チーム総出のスポットも多く、前哨戦から続く集大成となった。そして、この晴れ晴れとした表情!! 4選手のうち大阪2連戦で唯一勝ち星がなかったザックが、満を持してのタイトルマッチの場で3カウント奪取だ。主要外国人選手が海外にエスケープするように離脱する中で、日本滞在を続ける。ありがとう、ザック。

試合後会見が想像以上に長文だった。

<第5試合/IWGP世界ヘビー級選手権試合>
[挑戦者] ●棚橋弘至
 37分26秒 ラスト・オブ・ザ・ドラゴン→片エビ固め
〇鷹木信悟
[第3代王者] ※鷹木が初防衛に成功

〇鷹木信悟(37分26秒 ラスト・オブ・ザ・ドラゴン→片エビ固め)棚橋弘至●

飯伏幸太の欠場が大会当日に正式決定。代打に名乗り出た棚橋は、まるで自分を信じるようにいくつものルーティーンポーズ。2019年1月4日ケニー・オメガ戦以来、棚橋弘至が2年半ぶりに東京ドームメインに帰還。鷹木信悟が持つIWGP世界ヘビーに挑戦へ。

コーナーに詰めてのエルボー。もちろん対角線へと走り、、、

棚橋に柴田勝頼が宿る。串刺し低空ドロップキックが炸裂。

棚橋は雄叫びからロープへ走ってのスリングブレイド。鷹木にダメージを与えておいて、、、

コーナートップからハイフライアタック。続けざまのハイフライフロー狙いは、鷹木が棚橋の足にしがみついて阻止。

すると棚橋に飯伏が宿る。この表情の鷹木にカミゴェが炸裂。

気合いをみなぎらせてのハイフライフローはカウント2!!

攻防を経て鷹木が雪崩式STAY DREAM。スタンドの攻防を挟み、この日2度目(1発目はダメージからフォールにいけず)のラスト・オブ・ザ・ドラゴンで鷹木が勝利をつかんだ。

棚橋は辻陽太に支えられながら引き上げる。この涙の意味は、、、。

鷹木「棚橋! …棚橋弘至、アンタやっぱスゲェよ(※大拍手)。さすがはエース。ある意味、本当の勝者はアンタかもな?(※大拍手) これで1勝1敗だ。またやろう(※大拍手)。だからといって、今日、体調不良で欠場した飯伏がダメっていうわけじゃねぇからな(※大拍手)。あいつはあいつなりに、ギリギリまでドクターと相談して、苦渋の決断をした。試合はできなくても、いや、あいつのことだから、今日も会場に来ようとしたんだろうな。俺はその気持ちだけで十分だよ(※大拍手)。これでひとつ心に決めたのは、(※右肩にかけたベルトを平手で3回叩き)飯伏が来るまで! 負けられねぇな、オイ!!」マイク後にビジョン映像つきでEVILに襲撃を食らう。9・5西武ドームでの鷹木vs.EVIL戦が決定。

厳しいコロナ時代で目覚めた棚橋、涙からの一念発起「もう一度、もう一度トップへ」

 もっとみんなの期待に応えたい。悔しさからの涙。

棚橋「(辻の肩を借りて、膝を引きずりながらコメントブースに現れ)ピンチをチャンスに変えれませんでした。変えれませんでしたが……決めました。一つ決めました。俺はもう二度と口が裂けても弱音は吐きません。今ある棚橋で、今の体で、もう一度、もう一度トップへ。
 
それが……(涙声で)それが応援してくれてるファンの方にできる精一杯だし、俺はもっとみんなの期待に応えたいです。チャンピオン、強いね。NEVERで戦った時よりも格段に進化してた。タフだし、何より自分の試合に自信があった。これから俺がやるべきことはもう一度這い上がること、決して諦めないこと。年の半ばでドームで大一番できて、(立ち上がって)気合い入りました。気合い入りました」

(新日本公式)

 柴田も飯伏もファンの思いも“全部乗せ”して闘った棚橋。立ち上がり続け、鷹木を圧倒する奇跡には、ファンも涙した。この顔合わせではNEVER戦での両者の対戦もよかったが、大きく越える名勝負に。

 グラフに取り上げたほかにもツイスト&シャウトを3連発重ねる場面があった。ここ数年の棚橋とは違う。前へ前へと出続ける“強さ”。それでいてスタミナ切れや技のミスといった“弱さ”はない。

 コメントにはなかったが、悔しさにとどまらない気持ちもあったのではないかとボクは勝手に推測する。2日連続でのビッグマッチメイン、愛知で「準備できてま~す」からのストーリーをクリエイトするだけではなく、大一番を37分間に渡って闘い抜いた。「自分を信じてよかった」という嬉しさ。ネガティブとポジティブの両面があったからこそ、棚橋は「もう一度這い上がること、決して諦めないこと」を改めて決意したのではなかろうか。

 新型コロナ対応形式での観戦のため、声は出せない。だけれども、まるで声が出せている気がした。ボクらは棚橋と一緒に闘いを確かに共有したのだ。

 これだ、これだよ。陽はまた昇ったと言い切れる試合。

 もうひとつ言うと、ここまでの世界ヘビー戦線とも一線を画す。飯伏幸太、ウィル・オスプレイ、オカダ・カズチカ、鷹木信悟。間違いなく好勝負続きだったし攻防クオリティも高かったのだが、棚橋が入ることで感情移入できたレベルが違って感じられたのだ。

飯伏や内藤(哲也)は今が旬だし、もう僕がしゃしゃり出て行かなくても「新日本プロレス」は十分じゃないかなと思った。でも一方で、コロナで再び厳しい時代が来てしまった。「棚橋、また頑張れよ」と言われている気がして。目が覚めたところがあるんです。

(中略)

連続防衛していた勢いのある棚橋を知らない新しいファンも増えてきた。そういう人たちにとっては棚橋がなぜエースと呼ばれているのか謎だと思うんです。「ロートル(年寄り)がなぜ前に出てきているんだ」ってことですよね。今は内藤、飯伏、あとロス・インゴ(ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン)の選手などを推すファンが多いから。でもそれって悔しくないですか?

──棚橋さんの活躍をずっと見てきた身としては、確かに。

もう一度、棚橋の恐ろしさを見せてやりたいんですよ。オカダ・カズチカは視野も広くなってきて、素晴らしい選手。飯伏もチャンピオンになった。内藤も人気がある。それでも彼らはね・・・。うーん、どうしようかな。エルマガなら言っちゃおうかな。

──何を言うんですか?

格が違うんですよ、俺とは。

──おおおっ!

確かにみんな良い選手です。でもね、棚橋とは格が違うんだよ。それをちゃんと証明したいんです、煽りではなく。そのためにはもう一度、IWGPのチャンピオンにならなきゃいけない。ファンの人も納得できるようなパフォーマンスを見せなきゃいけない。それが1番のモチベーションになっています。100年に一人の逸材ナメんなよって。プロレスで元気になってもらうため、もう一度、棚橋が新日本プロレスをよみがえらせます。

(2021.2.20 棚橋弘至、終活から一念発起「100年に一人の逸材ナメんな」 ≫ Lmaga.jp)

 格の違いとは、ファンが感情移入できるプロレスができるかどうか。コロナで目覚めた逸材は、自らが戦線に加わることでNEVERベルトを格上げし、いよいよ本丸への挑戦までには駆けつけた。もちろん「棚ぼた」ではあったし、再挑戦のハードルの方が高い。

 それでも!!

 以前に紹介した、5月に後楽園通路に設置された電光ボードに棚橋直筆のメッセージを再掲しておきたい。

「大タナハシコールの中で試合ができる、その日まで。プロレス会場から声援が消えてずいぶん経ちました。皆さんから本当にたくさんのエネルギーをもらっていたんですね。もう一度、聞きたい『タナハシ』コール。だから、その日まで、できることは全部やります。棚橋弘至」




バナーのクリック▲で順位と更新意欲がアップします。記事が役立ちましたらご支援を。1日1回有効。


[ブシロード▶新日スターダム
[サイバー▶ノアDDT系
[団体別▶全日GLEATWWE
[選手▶写真名鑑
[格闘技▶RIZIN



プロ格ファンも便利▲ABEMAプレミアムの無料体験!!

カテゴリー

バックナンバー

団体リンク

プロレス団体リンク
新日本プロレスニュース大会日程新日本プロレスワールドYouTube)/全日本プロレス全日本プロレスTV)/NOAHDDTWRESTLE UNIVERSE)/GLEAT大日本プロレスZERO1DRAGON GATEみちのくプロレス大阪プロレス2AWDRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムYouTube)/ディアナ


格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSDEEPPANCRASEQUINTET


YouTube
📳アントニオ猪木📳長州力📳前田日明📳船木誠勝📳田村潔司📳蝶野正洋📳獣神サンダー・ライガー📳朝倉海📳朝倉未来📳永島勝司


ファイター等
日本プロレス殿堂会蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)高山善廣田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト


最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社チームフルスイング書泉グループのイベント闘道館大阪カウント2.99


新着&注目アイテム
プロレスDVDサーチプロレス本サーチ


[2021年9月1日発売! 表紙は、中邑真輔! 国際プロレス解散40周年対談・玉袋筋太郎×タブレット純、いま最もGLEATな男カズ・ハヤシ インタビュー、鈴木みのるのふたり言、斎藤文彦×プチ鹿島「プロレス社会学のススメ」ほか]



[2021年9月15日発売! 橋本・武藤・蝶野の闘魂三銃士各選手のテーマ曲や、グレート・ムタの入場曲の作曲者として、プロレステーマ曲のレジェンドとして知られる鈴木修の集大成とも言える2枚組アルバムが遂に完成]



[2021年11月15日発売! 英語がわかるとプロレスがもっと面白くなる! 新日本プロレス、プロレス通訳、英語教材制作、それぞれのプロフェッショナルが集結しました。新日本プロレスとアルクがタッグを組んだオリジナルコンテンツ満載の「プロレス英語本」です]



[2021年9月29日発売! 迷わず買えよ! 買えばわかるさ! ! アントニオ猪木自ら厳選した激闘26試合、更には猪木語録名場面集を収録した燃える闘魂 初の高画質Blu-ray BOX]



[2021年6月18日発売! ビッグバン・ベイダー最初で最後の自伝『VADER TIME ベイダータイム 皇帝戦士の真実』 たけしプロレス軍団からの刺客として参戦の裏事情、目玉が飛び出たハンセン戦の真相など]

レポートbyカクトウログ

> ノアが公式以外媒体リアタイ報道を解禁
> 西武D2連戦総括 木谷氏「反省しないと」
> カクトウログは開設17周年
> GLEAT旗揚げハラハラ感 時代に抗うUWF
> 猪木vs.アリから45年 真実を巡る旅続く
> さよならムーンサルト回収 武藤敬司飛ぶ
> 震災10年仙台大会に地震 神対応の舞台裏
> 中野たむを信じて明日に輝け 武道館詳報
> 前田日明が新日と交渉 第1次UWFの記憶
> 武藤敬司の「夢」ノア武道館を飲み込む
> AEW・新日連携への米国ファンの期待とは
> ジェイ戦列復帰 新日本というミステリー
> コズエンはあきらめない 高田馬場写真集
> 2020年プロレス大賞 3アワード比較
> 金沢克彦氏が18年半ワープロ解説に終止符
> ダブルドーム2021年ベストバウト投票結果
> 柴田勝頼 2022年“復帰”目指して始動
> 星を包み込む宇宙であれ コズエンが独立
> コズミックエンジェルズ初戴冠の日に密着
> プロレス大賞こうだったんじゃないか劇場
> 大会ベストバウト投票 年間総括2020
> プロレス大賞でノアは!? 武田氏と立ち話
> 新日本コロナイヤーを金沢克彦氏が生解説
> 内藤か潮崎か 2020年プロレス大賞展望
> あるのか前高山 山ちゃんがやっちゃった
> 宇宙旅行をアテンド中野たむ 棚橋弘至説
> 絶叫できない熱狂とコロナ副産物 G1総括
> GLEATプレ旗揚げ 田村&長州のプロレス観
> 鈴木みのる 天を指してゴッチ式の理由
> ベストバウト&大会総括 21年ぶり神宮球場
> 武藤敬司vs.前田日明トークレポート
> 丸藤正道vs.前田日明トークレポート
> 猪木酒場新宿店が7月閉店 かつて全国7店
> 金8以降世代のNJC4強こそ新日本の主張
> 『記憶の懸け橋』トークイベント観覧メモ
> 「社会的責任」ひとつの答え 新日本再開
> 小久保隆さん TJシンテーマ曲秘話
> 柴田勝頼ついに2017年4月9日を初激白
> 柴田勝頼の新日本帰還はなぜ実現した?
> 大阪カウント2.99に鈴木みのるがエール
> オカダ戦から3年 柴田勝頼の奇跡と軌跡
> コロナ禍でノア無観客試合 潮崎vs.藤田
> コロナ禍でスターダム無観客試合
> 文庫版『1984年のUWF』にカクトウログ
> 前田「ずっと猪木さんに教えてもらった」
> 船木誠勝が明かす! 柴田勝頼“秘話”
> 映画アイアン・シークで前田トーク!
> 藤田和之トーク 半生を激語り!
> シークレット結婚式!? オカダ&三森さん
> ジャイアント馬場バルに行ってきた!
> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> 2019年の顔は!? プロレス大賞まとめ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年を大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFのテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼