新日本10・8両国は異例の“1週間前”主要カード発表間近! 「9・30ロス大会がこうなると両国カードはこうなる」大予想

pick up ▼ニュース 邪道・大仁田が7度目の現役復帰! 今度は「日本人初のボランティアレスラーとして」 ▼情報&コラム 船木誠勝、デビュー33周年で明かすUWF時代の葛藤、解散、そして新しい道/船木誠勝、デビュー33周年で明かす新日本プロレスとアントニオ猪木からの鉄拳制裁┃愛川ゆず季、あまり似てると言われない息子との2ショットを公開「赤ちゃんって不思議」┃2019年1月11日(金)プロレストークライブ 「プロレス者の集い vol.9」ジグザグジギー宮澤聡、ユリオカ超特Qほか ▼格闘技 【RIZIN】山本美憂、涙こらえきれず「私がリングに立つことがKIDが望んでいること」┃メイウェザーVS.パッキャオの“再戦決定”会見 あまりにデタラメ過ぎて記者も唖然┃心不全で意識不明、激やせ、記憶障害の元横綱・曙を元ライバルの花田虎上が見舞った/曙 一時心機能停止、記憶障害 懸命のリハビリ姿をテレビで公開

 9・30ロス大会は日本時間10・1朝9時ゴング。

 一方の国内ビッグマッチ、10・8両国国技館大会の主要カード発表は2週間前に間に合わず、9・30ロス大会後の1週間前発表となりそう。
・ 観戦検討組は困惑中!? 10月・両国大会チケットはマス席以外完売するも神戸大会明けに対戦カードが出ない異常事態  プロレス・格闘技の情報配信|カクトウログ ブログ

 新規ファン取り込みやV字回復で順風ぶりが伝えられる新日本プロレス。大切なのは、決して高くないチケット購入を、知人を誘って行くか行かないかギリギリで悩んでいるビギナーファンの立場ではなかろうか。戦線の流れを大事にしたいというのもわかるが、カード発表タイミングには限度というものもあろう。ボクとしては、9・23広島大会でのテロップ誤操作事件よりも問題視している。ファンへの姿勢というのは行動に現れるものだから。

 さて本題。どうなる新日本10・8両国。

 振り返ると、9月15日(土)広島大会で「石井との死闘を制したケニーが飯伏との再戦を約束……!? 」との公式見出しが出た。

AD

ケニー「いつでもどこでもいいですよ」
飯伏「ケニー、俺らの約束を果たそう」
ケニー「そうか、約束があったんだね。だからさ、どこに行っても、どこの国に行くとしてもゴールデン☆ラヴァーズが同じ気持ちで同じ心で闘っていきたいと思います」

 ケニー・オメガvs.飯伏幸太。このカードが両国で実現することに関しては、“東スポ劇場”が「白紙」と伝える。
・ 【新日本】ケニー 飯伏とは対戦より「絆」優先
・ 【新日本】IWGP王座V2のケニー 飯伏とのV3戦白紙…棚橋との対戦熱望

 「約束」とは2012年8月18日のDDT日本武道館大会でのシングル戦後に「次に戦うことがあるならもっと大きな会場で」と交わした内容と見られる。

 飯伏は後日のトークショーで、「どこに行っても、どこの国に行くとしても」というケニーの受けに言及。お互いの約束が違っている可能性ありとの見解を出したという。

 一方で、9・23神戸での棚橋弘至との権利証戦に敗れたオカダ・カズチカ。
・ 【新日本】オカダ 造反の外道&ジェイに決別の狼煙(東スポWeb) – Yahoo!ニュース

 裏切り者2人とは「いずれやらなきゃいけない」と腕をぶしたが、ロス大会ではIWGPヘビー王者ケニー・オメガ(34)とのタッグ戦が組まれるチャンスが到来。年内最後のIWGP戦が行われる10月8日両国大会の挑戦者は未定だけに、オカダは「(タッグ戦で)一本取ればまだ(挑戦権獲得の)可能性あると思ってるんで。(来年1・4の挑戦権利証が)ジェイでも、棚橋さんでも、どっちも倒す意味が僕にはありますから」。“超ウルトラC”案を見据えつつ機上の人となった。

 ここまでの流れを踏まえつつ、「9・30ロス大会(メインはオカダ&石井vs.ケニー&飯伏)がこうなると両国カードはこうなる」大予想。

(1)オカダ勝利でIWGP戦線復帰なら「ケニーvs.オカダ/棚橋vs.ジェイ」

(2)飯伏勝利でG☆L両国対決決意なら「ケニーvs.飯伏/棚橋vs.ジェイ」

(3)飯伏勝利でG☆Lドーム対決決意なら「ケニー(orオカダ)vs.ジェイ/棚橋vs.飯伏」

 この(3)について補足すると、秋の両国でG1決勝リターンマッチが行われたケースはある(2016年のケニーvs.後藤)。いきなりジェイ・ホワイトがケニーと対戦(この顔合わせならIWGP戦もあり)となると唐突に思えるファンもいるだろうが、ジェイはケニーに勝利してUS王座を奪取した戦績があるから不思議ではない。

 棚橋は「俺はお前のプロレス好きじゃないよ」という言い回しで、大技が目的化したようにも見えるケニースタイルを批判、イデオロギー闘争を仕掛けている。ファンの思考の中で、来年1・4東京ドーム大会での「ケニーvs.棚橋、クリス・ジェリコvs.内藤哲也、オカダvs.ジェイ」が既定路線化しつつある。

 それが気になる、緊張感がない。例えば、G1開幕前には“来年ドームでのケニーvs.飯伏IWGP戦”を展望して、飯伏G1制覇への機運があったはずだ。どんな流れにもひっくり返すことはできるはずだ。既定路線がありつつも、ひっくり返されるかもというハラハラ感が欲しい。

 9・30ロス大会で誰がどんな決起をするのか、注目したい。

 ほか新日本関連。
・ 【現地時間・9月29日(土)昼12時~】ロサンゼルス大会前日イベント“Meet&Greet”に8選手が参加!

・ 【10月1日(月)昼13時~!】スマホサイト会員に“大プレゼント祭り”! EVILの特製ハロウィンカード! 内藤のタオル! 棚橋のトートバック‼『ファイプロ』も当たる!

・ 『NEW JAPAN ROAD ~がんばろう!UONUMA 2018~』 10月6日(土)新潟・魚沼大会の特別リングサイド、リングサイド、2階指定席は完売!1階指定席は残りわずか!

・ Cody対オスプレイ 英FFW旗揚げ戦で対戦(日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース

・ <情熱大陸>「プロレスにチャラさを持ち込んだのは僕」業界V字回復の立役者、棚橋弘至に密着!(毎日新聞) – Yahoo!ニュース

・ 棚橋弘至が主演映画現場で嗚咽「何も言えなくなって…」(女性自身) – Yahoo!ニュース

・ 9月28日の注目映画第1位は『パパはわるものチャンピオン』 – グノシー

・ 【イケメンプロレスラーvol.2】美筋肉!「新日本プロレス」に見る“強くてカッコいい”選手4選 (1-2) – Medery.

 


AD

>> カクトウログ(最新RANKING/Facebook
/Twitter/YouTubeチャンネル)
>> 新日本プロレス公式

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あわせて読みたい