1. HOME
  2. プロレス
  3. 生前に馬場が予言「かあちゃんと三沢がうまくいくはずがないだろう。厳しくて誰もついてこない」 馬場元子さん最強伝説が続々と
プロレス

生前に馬場が予言「かあちゃんと三沢がうまくいくはずがないだろう。厳しくて誰もついてこない」 馬場元子さん最強伝説が続々と

pick up ▼ニュース 【新日本】ジェイがフィンレーを下してIWGP USヘビー防衛!オカダは前哨戦で棚橋を圧倒なべやかん、プロレスと“二足のわらじ”で再出発 オフィス北野退社で心機一転グラビアタレント・白川未奈、プロレスデビュー表明「時は来た!」フエルサブルータ日本公演に藤本つかさと雪妃真矢が乱入哀川翔&勝俣州和が6・26西口プロレスで小力&小猪木と激突【スターダム】花月が5・5新木場でイオに挑戦 気合十分も会場に不満 ▼情報&コラム 【全日本】ドーリング “人間発電所魂”継承でチャンピオン・カーニバル初制覇誓う【新日本】“日本一の金的マスター”矢野が中邑の急所攻撃に太鼓判中邑真輔“第三形態”で王座再挑戦。長州、蝶野、内藤と同じヒール転向片山明 選手@船木誠勝【武藤敬司、さよならムーンサルトプレス〈16〉真っ赤なタイツで鮮烈な凱旋帰国、1990年4月27日、東京ベイNKホール】

 23日にジャイアント馬場夫人、馬場元子さんの訃報が伝わった。
・ ジャイアント馬場夫人・元子さん死去 選手・関係者の母親のような存在で全日本プロレスを支える 選手らとの対立も プロレス・格闘技の情報配信|カクトウログ ブログ 

 続報を東スポから。


写真も東スポより

 納骨は6月に予定されている。馬場家の墓に、馬場の遺骨とともに入る。馬場の気遣いにより、場所は元子さんの実父のお墓の隣り。
・ 死去・馬場元子さん 馬場さんの遺骨とともに納骨(東スポWeb) – Yahoo!ニュース

AD

 馬場さんは1999年1月31日に死去し、遺骨は長く自宅に保管されていた。「なぜお墓をつくらないのか」との声もあったが、実はある“約束”があったという。元子さんの実父で故伊藤悌(やすし)さんが85年に亡くなった際、明石市内の墓の前で号泣する元子さんに対し、馬場さんは「もう泣くなよ。お父さんのお墓の隣に馬場家のお墓を建てるから。そこに(お互いが亡くなったら)一緒に入ろう。そうすればユーは永遠にお父さんといられるだろ」と慰め、その後に墓を建立した。

 6月に納骨式が行われ、百か日法要に合わせて7月に都内のホテルで「お別れ会」が行われる予定。代表取締役を務めていた馬場さんのグッズ販売や肖像権を扱う「ジャイアント・サービス」「ミスタービィ」などの会社は、最後まで看護にあたった元子さんのめいが中心となり親族が運営を継続する。全日本プロレスの事務所兼合宿所(神奈川・横浜市)はそのまま継続使用される模様だ。

(中略)

 来年1月31日には「ジャイアント馬場没後20年追善イベント」を計画しており、それが病後の元子さんの支えとなっていた。志半ばで急逝したが、同イベントは親族が中心となり開催する意向だ。くしくも18日(日本時間19日)には馬場さんのライバルだった“人間発電所”ブルーノ・サンマルチノ氏(享年82)が亡くなったばかり。急ににぎやかになった天国で、馬場さんと元子さんは抱き合って再会を喜び合っているに違いない。

 こちらでは和田京平レフェリーが秘話を明かす。
・ 元子さん追悼 全日本名誉レフェリー・和田京平氏が明かす「守れなかった馬場さんの遺言」(東スポWeb) – Yahoo!ニュース

 99年1月31日に馬場さんは亡くなり、故三沢光晴さん(享年46)が後任の社長に就任。しかし元子さんと意見の衝突を繰り返し2000年6月に約30人もの選手、スタッフが大量離脱してノアを旗揚げした。その2年前、馬場さんは全日プロの未来を見通していたかのような“遺言”を残していた。俺が死んだら――馬場さんはそう切り出したという。

「『なあ京平、かあちゃんと三沢がうまくいくはずがないだろう。そうなったらお前、かあちゃんの側についてくれるか。あの性格じゃ厳しくて誰もついてこないと思うんだ』って。『分かりました』と答えるしかないよね。だから馬場さんが亡くなった時、心に誓った。『社長、元子さんは俺が一生、付き添いますから』って」

 皮肉にもその言葉は現実となった。馬場さんの死後、和田氏はまるで黒子のように元子さんに付き添い続けた。海外旅行はもちろん国内の移動から、日常生活まで。自宅(東京・港区)の商店街で焼き芋を買い、渋谷区の元子さん宅まで届けることもあった。そして気丈さを改めて知る。

「馬場さんが(選手に)言えないことは、元子さんがハッキリ伝えていた。人に嫌われる覚悟ってそう簡単にできるもんじゃない。夫婦としては、あうんの呼吸だけど、そういう部分で元子さんは馬場さんより強かった。最強ですよ」

 その気の強さが、和田氏を後悔させる件へ結びつく。昨年10月に元子さんは肝臓を患い、医師から「余命2週間」と宣告された。それ以後、和田氏との連絡をピシャリと絶ったのだ。

「弱ったところを見せたくなかったんでしょう。それはプロレスラーと一緒。俺が病院に行けば『京平、お願いだから家まで連れて帰って。もう病院は嫌』って言ってしまうのを自分で分かってたんじゃないかな。だから最期はごく近い親族のみで過ごされた。それはそれでいい。でも馬場さんに託された『うちのかあちゃんを最後まで頼む』って約束は守りたかった…」。そうつぶやくと和田氏は目を伏せた。

 世界のジャイアント馬場が「あの性格じゃ厳しくて誰もついてこないと思うんだ」とし、三沢光晴らとの分裂を予言。和田レフェリーが「馬場さんが(選手に)言えないことは、元子さんがハッキリ伝えていた」と語り、元子さん最強伝説が続々と。余命2か月宣告後の姿勢でさえ「弱ったところを見せたくなかったんでしょう。それはプロレスラーと一緒」と和田レフェリーは振り返った。

 元子さんと三沢らの分裂への流れはこちらに詳しい。
・ 馬場死去、三沢離脱……その後の全日本プロレス■小佐野景浩のプロレス歴史発見Dropkick『Dropkick』チャンネル(Dropkick編集部) – ニコニコチャンネルスポーツ

小佐野 変な話ね、あの年の初めから「三沢たちが全日本から独立するんだろうなあ」とは感じてて。それはどこのマスコミも感じていたと思うんだけど。記事にしたのは『週刊ファイト』だけだった。ほかはどこも書かなかった。

――それほど事態は風雲急を告げていたんですか。

小佐野 オーナーの馬場元子さんと三沢の仲がどうにもならないというよりも、あのときは三沢が社長としてやろうとすること、やったことに対して、元子さんはすべて否定する立場にあったから。「このままでは一緒にはやっていけないだろう」とみんな感じていたんです。

――元子さんは三沢さんの方針に否定的だったんですね。

小佐野 その伏線は馬場さんが生きていたときから張られてたんです。馬場さんが亡くなったのは99年1月だけど、98年5月2日に全日本が初めて東京ドームをやったんです。あの大会直後、長年の激闘により身体がボロボロだった三沢は長期欠場してるんだけど。8月に復帰するときに現場の全権を馬場さんから譲ってもらってるんですよ。というか、「ください」という話を馬場さんにしたんです。

――それは勇気のいる申し入れですね。

小佐野 馬場さんもやむを得ず三沢に譲った経緯があったんだけど。馬場さんが亡くなったのはそれから何ヵ月もなかった。そうなると元子さんには「あのときに三沢くんが全権を奪ったから、お父さんが気落ちして亡くなった」という感情が出てきてもおかしくないと思うんだよねぇ。

――変な話ですけど、もう少しだけ時が経つのを待てば……。

小佐野 馬場さんが亡くなってから三沢光晴が全権を握っていれば、元子さんとの仲はあそこまでこじれなかったかもしれない。だって三沢が全日本の社長に就いたとき、元子さんは社長室から馬場さんの持ち物をすべて出したはず。三沢には何一つ使わせていない。

――うわあ……元子さんはそういった感情ありきで三沢政権を見ちゃうんですねぇ。

小佐野 あくまで推測だけどね。三沢のやることなすこと気に食わなくなくて「それは馬場さんのやり方とは違う」となる。馬場さんがまだ生きていたときでも、三沢がトップになってからは選手の自己主張がオッケーになって、それまでとは違った流れが全日本に生まれたから。その時点で元子さんからすれば「三沢くんのやり方はおかしい」と思ったんじゃないかな。

(中略)

小佐野 ただ、全日本の内部にはそれ以外の問題も積み重なっていて「もう全日本にはいたくない」というスタッフや選手がいたんです。レフェリーの和田京平さんなんかに言わせると、東京ドームのあと休んでいた三沢のところにいろんな人が全日本のことで相談にくる。そこで三沢は義侠心にかられてしまって「馬場さんに言えるのは俺しかいない」となってしまったんじゃないか、と。

――三沢さんに野望があったわけじゃないと。

小佐野 三沢は決して自分がトップに立ちたくて動いたんじゃなくて、みんなの意見を聞き入れて馬場さんに物を言ってしまった。

 タイミングの問題もあったが、馬場本人以上に馬場イズムを守ろうとしたのが元子さんだった。そして、守ろうとしたばかりに、日本プロレス界の2大潮流のうちの全日本が分裂したのだった。

>> 全日本プロレス公式

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


プロレスは初心者もオールドファンも楽しめるジャンル。ファンの立場から、リング内外のカクトウ(格闘)をログ(記録)します。

AD

カテゴリー

バックナンバー

レポートbyカクトウログ

> ジャイアント馬場バルに行ってきた!
> 聖火リレーに谷津 オカダ 桜庭 高田 武藤
> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> 2019年の顔は!? プロレス大賞まとめ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> ダブルドーム ベストバウト投票結果
> 橋本真也、小橋建太との幻の復帰戦計画
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年を大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFのテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> 杉浦vs.エルガンがノア両国ベストバウト
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> カクトウログは開設15周年
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> オカダvs.飯伏IWGP戦はドーム2連戦初日
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> NJCでオカダと柴田勝頼が感動的な再会
> ドン・フライと高山善廣が運命的な再会
> 飯塚高史引退! 引退試合でもヒール貫徹
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 独占! 長州力がDスミスJr.と盃を交わす
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼

団体リンク

プロレス団体リンク
新日本プロレスニュース大会日程ワールド動画配信YouTube公式動画選手ブログ集)/全日本プロレスNOAHWRESTLE-1大日本プロレスDDTZERO1DRAGON GATE東方英雄伝みちのくプロレス大阪プロレス2AWDRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムREINAワールド女子プロレス・ディアナ

格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSDEEPPANCRASEQUINTET

ファイター等
蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト

最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社チームフルスイング大阪カウント2.99

プロレスDVD本 関連サーチ


★new! 2月5日発売!長州力のSNS革命 ツイッターの次はYouTube進攻へ!? 怖い人ほど大衆を癒やす


★new! 12月28日発売!新しい敵に向かっているから俺はずっとギラギラしていられる。そして、そういう闘いの中にいられることが、俺にとっての幸せなんだよ。強くあるために何ができるか、いま何をすべきか。リング内外で見せる強烈な存在感の源泉がわかる、プロレス王・鈴木みのる、刮目の最新刊!


★new! シュートマッチ プロレス「因縁」対談 10番勝負 2月28日発売!アントニオ猪木×石井和義 藤波辰爾×長州力 天龍源一郎×川田利明 大仁田厚×武藤敬司 安生洋二×坂田亘 越中詩郎×谷津嘉章 安田忠夫×草間政一 大谷晋二郎×橋本大地 藤原喜明×キラーカン 前田日明×ジョージ高野


★new! 2000年の桜庭和志 柳澤 健 (著) 2月27日発売!UFCの殿堂入りをした総合格闘技界のレジェンド桜庭和志。二〇〇〇年のホイス戦をクライマックスに彼の存在意義を炙り出す


★new! 12月23日発売! 今年も収録人数1000人超え!ファン必携の一冊!! この「2020プロレスラー全身写真名鑑」は、週刊プロレス本誌「2020プロレスラーカラー写真名鑑」に掲載された選手をもとに、デビューした選手、掲載できなかった選手を加えた1028人の選手を掲載しています


★new! 12月19日発売!/スペシャルインタビュー アントニオ猪木 「ズバリ言えば、大仁田はかなりゲテモノ」/藤波辰爾インタビュー 「1・4の長州VS橋本戦がケンカまがいの殴り合うだけの泥仕合になってしまって、あの空間が耐えられなかった……」/武藤敬司インタビュー 「1・4橋本VS小川戦のあとはメチャクチャになった現場を俺の試合で“大掃除”しなきゃいけなかった」


★new! 12月19日発売!世界最高峰のリングWWEからインディー団体まで、日米マット界の「光」と「陰」を知る著者がはじめて明かす熱狂を生み出す「サイコロジー」のすべて。自身の圧倒的な経験値をもとに綴る、目からウロコのプロレス論!


★new! 12月11日発売!内藤哲也[新日本プロレス]のホンネ録 『週刊プロレス』人気連載、待望の単行本化! 本書でしか読めない新規エピソードを収録。巻末には「週刊プロレス2000号突破祈念」のイベントトークを採録


★new! 2月26日発売!中野巽耀(当時は龍雄)がレスラー人生を総括する初の本格的自叙伝。自身のキャリアを振り返るだけでなく、伝説化しているスーパータイガー(佐山聡)vs前田日明の不穏試合、前田日明vsアンドレ・ザ・ジャイアントのセメントマッチ、前田日明が長州力の眼窩底を骨折させた顔面蹴撃事件、新生UWFの3派分裂劇、UWFインターナショナルと新日本プロレスの全面戦争など歴史に残る騒動について当事者の立場から「真実」を激白!


★new! 1月23日発売!小林邦昭&越中詩郎と空手・誠心会館の抗争に端を発し、『反選手会同盟』結成、天龍源一郎率いるWARとの対抗戦、そして『平成維新軍』に改名して独立興行を開催するまでに至る流れを各メンバーがそれぞれの視点から回想。1999年の解散宣言から20年…7人の男たちがあの熱い時代を本音で振り返る!


★new! 12月17日発売!新日本プロレスリング株式会社社長兼CEO。日本語と英語とオランダ語など6ヶ国語を自在にあやつり、海外でのビジネス経験も豊富なプロ経営者、ハロルド・ジョージ・メイ。外国人でありながら日本人の感覚も持ち合わせる国際人メイが、キャリアを築くベースになったマーケティングのこと、経営や組織のこと、英語学習のことやグローバル社会のこと、社長としての思いやプロレス愛などについて綴った初の著書


★new! 10月10日発売!プロレスラー・柴田勝頼のデビュー20周年記念DVD。NEVER無差別級王者など、輝かしい軌跡を誇る柴田勝頼が自ら選んだ名勝負のほか、“LA DOJO”でヘッドコーチとして手腕を振るう彼に迫ったドキュメンタリーを収録( ⇒ 収録の詳細について

管理者用 編集記事編集mail編集amazon

AD