新日本プロレスの最新年商は49億円 2017年(38億円台)から大躍進、ドーム興行ヒットの1997年(39億円台)を超えて過去最高

pick up ▼ニュース 【新日本】来年もROHが上陸!! 2019年2月22日(金)&23日(土)後楽園大会┃【DDT】11月25日後楽園大会をYouTubeで無料生中継┃小橋健太氏と秋山準、宮城県庁で「東日本大震災みやぎこども育英募金」寄付金を贈呈┃ジャイアント馬場さんの偉業後世に 三条市民有志が新団体設立 ▼情報&コラム 【全日本】“鉄人”小橋が波に乗れない野村、青柳組に愛のムチ┃【スターダム】渡辺桃は2冠王へ“猛獣使い”になる┃58歳でプロレスデビュー! 85年に新日本入団の長松浩二さん、来年2・15マサ斎藤さんの追悼試合で┃「めちゃくちゃ素敵なご夫婦!」 小池栄子、38歳の誕生日に夫・坂田亘とラブラブ2ショット┃12月9日(日)15:00ららぽーと立川立飛1F『トークショー&サイン会』武藤敬司&桑原弘樹 ▼格闘技 【柔術】石井慧が柔術黒帯を取得して世界選手権に出場、世界的強豪を塩漬け宣言

 7月期決算の新日本プロレスが10月末前後にホームページにおいて年商(年間売上)数字を更新した。事業年度終了から3か月以内に株主総会を行い決算額が承認されるというのが通例であり、会計監査なども含めて完了することで発表したものと思われる。

・ 会社情報

年商 38億5900万円(平成29年7月現在)

↓ ↓ ↓

年商 49億円(平成30年7月現在)

 上場しているわけではないから公表の義務はないが、取引先を拡大し、新たな関係性を構築していくうえで、ホームページでの会社情報は“見られるもの”となる。それを踏まえての毎年の公表なのだろう。この数字(49億円)については、木谷高明オーナーがメディアのインタビューに応じて9月初旬に明かしていた。当サイトでは“公式発表に相当するもの”を待っていたため、今回のタイミングで記事にさせていただきました。

 木谷高明オーナーのメディア向けインタビュー記事。
・ 2018å¹´9月2日 13:00 【ブシロード】木谷取締役に聞いた『イケる!』と思うビジネスのタイミング 【新日本プロレス・バンドリ!】 (2018å¹´9月2日) – エキサイトニュース(12-15)

木谷:新日本プロレスは今期49億円。過去最高の売り上げとなっています。
世界のプロレス団体で2番目に大きい規模です。一番は、ご存知の通りアメリカのWWEです。
売り上げ比率でいうと20倍ほど。この差は何なのかというと、ほとんど映像に関することです。
アナログの部分だけでいうとそこまで差はないんですよね。映像コンテンツだけがかなり大きく差がついてしまっていますね。

 数字については2017年(38億円台)から大躍進、3割近く増。ドーム興行ヒットの1997年(39億円台)を超えて過去最高、実に21年ぶりの更新となる。
・ 9/28(金) 9:00配信 新日本プロレスがV字回復した要因とは~女性ファン獲得、海外視野に動画配信(デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース

AD

 新日本は1972年に旗揚げ。80年代まではテレビ朝日系“金曜夜8時”の中継でお茶の間に浸透。90年代はドーム興行がヒット。97年の売上高は39億3000万円で、この数字は昨年まで最高記録だった。00年代に入るとPRIDEなどの格闘技ブームに押されて低迷。05年度の売上高はピーク時の3分の1近くとなる13億6000万円に落ち込んだ。

 とにかく「素晴らしい」の一語に尽きる。

 この9~11月には日テレ『アナザースカイ』にオカダ・カズチカ、TBS『情熱大陸』に棚橋弘至、NHK『プロフェッショナル仕事の流儀』に内藤哲也と、地上波主要ドキュメンタリーに新日本プロレスが次々と取り上げられた。年明けの1・4東京ドーム大会のチケット売り上げも前年比130%とされている。

 一方で、選手契約更新の年始が近づき、さらなる体制や戦略の構築も望まれるところ。
・ そっち(WWE)でもこっち(新日本)でもない第3団体「AEW」浮上! ケニー、ヤングバックス、Cody、ジェリコらが参加か プロレス・格闘技の情報配信|カクトウログ ブログ

 最近のファンには想像もつかないだろうが、一時はリング上の路線は混迷し、観客動員は落ち込み、会場規模も縮小させていたほどだった。当たり前に熱狂できることで忘れがちだが、V字回復には「よくぞここまで」と感慨深くなる。スケールの大きさを取り戻したプロレスを楽しみ続けている喜び。それを噛みしめながら、引き続きブログにも向かっていければと思います。

 

ポチッと応援(↓)お願いします
>> 各種SNSも更新中 Twitter/Facebook/YouTubeチャンネル

>> 新日本プロレス公式

 


▼new! プロレスラー選手名鑑2019 (週刊プロレス2018年12月9日号増刊) 11月21日発売!ついに収録人数、1000人超え!本誌読者&モバイルユーザーが選ぶ「2018プロレスグランプリ」投票ハガキ付き


▼ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン キャップ(ブラック×レッド)


▼新日本プロレスブックス トランキーロ 内藤哲也自伝 EPISODIO1 2018年7月15日発売!プロレス大賞2年連続MVP受賞!いまもっとも目が離せない“制御不能なカリスマ”の原点。


▼new! 証言UWF 完全崩壊の真実 10月24日発売!証言UWFシリーズの最終作についに髙田延彦が登場。第一次UWFへの移籍から、UWFインターナショナルの崩壊まで、プロレスと格闘技の間で漂流し続けた男の葛藤と苦悩とは――。高田延彦(著),船木誠勝(著),坂田亘(著),ミノワマン(著),大仁田厚(著)ほか


▼new! KAMINOGE 83 11月1日発売!甲本ヒロト 飯伏幸太×ターザン山本! 那須川天心×堀口恭司 前田日明×渡部謙吾 栗栖正伸 宮田和幸 松本浩代 MIO 鈴木みのる ヨシタツ


▼new! KAMINOGE 82 10月1日発売![病室独占インタビュー 運命にさえも従えない無法者]髙山善廣 いつかかならず立ってみせる。帝王はずっとそこに向かって闘い続けているーー。「最初は死んじゃったほうがよかったと思ったけど、その考えはすぐにあらためた。だって俺たちプロレスラーは馬鹿だから。馬鹿だけど地獄のような経験をしてきた人間の持つ強さっていうものがあるはずなんだよね」


▼new! 天龍源一郎の世界一滑舌の悪い人生相談 11月15日発売!天龍源一郎史上〝最も聞き取りやすい〟人生相談 人生を生き抜いていくヒントがすべてここにある! ! あなたの心を軽くする100の言葉「1章仕事の悩み」「2章人間関係の悩み」「3章生き方の悩み」「4章恋愛の悩み」「5章家族の悩み」「6章_その他の悩み」


▼new! 誰も知らなかった猪木と武藤 闘魂Vスペシャル伝説 失われた時代を撮り続けた男の証言 (メディアックスMOOK) 10月29日発売!アントニオ猪木の『自殺未遂告白』から、密室で目撃した闘魂三銃士の意外な姿まで……『闘魂V』にも収録されていない秘話を、監督がすべて明かす


▼new! 知らなきゃよかった プロレス界の残念な伝説 10月24日発売!ミスター高橋(著)昭和のプロレス黄金時代に誕生した数々のファンタジー。大酒、怪力、身長、ガチランキング、トンパチ、不仲、そして夜の逸話まで……いまなお根強く信じられている「男たちの伝説」100の真贋について、ミスター高橋氏が証拠とともに「最終判決」を下す。読めば必ず誰かに話したくなる、プロレス雑学の決定版


▼new! The Legend of 2nd U.W.F. vol.1 [DVD] 11月20日発売!第2次UWF全試合をノーカットで収録した永久保存版DVDを、熱い期待に応えて復刻。「STARTING OVER Vol.1」(1988.5.12後楽園ホール)「STARTING OVER Vol.2」(1988.6.11札幌中島体育センター)


▼new! The Legend of 2nd U.W.F. vol.2 [DVD] 11月20日発売!第2次UWF全試合をノーカットで収録した永久保存版DVDを、熱い期待に応えて復刻。「真夏の格闘技戦」(1988.8.13有明コロシアム)「FIGHTING NETWORK 第1弾」(1988.9.24博多スターレーン)


▼new! RENA フォトブック RE:NA 12月21日発売!女子格闘技界で圧倒的な人気を誇るRENA、初フォトブック。2018年7月の休養宣言から再びリングで戦う決意にいたる間に密着。鍛えぬかれた肉体美から、チャーミングな素顔、そして感動のロングインタビューまで、男性だけでなく同世代女性にも届く一冊になっています。


▼16dコレクション 新日本プロレス 内藤哲也 ノンスケール ソフトビニール製 塗装済完成品フィギュア


▼16dコレクション 新日本プロレス ケニー・オメガ シルバーVer. ノンスケール ソフトビニール製 塗装済完成品フィギュア


▼new! 16dソフビコレクション006 新日本プロレス 棚橋弘至 ノンスケール ソフトビニール製 塗装済み完成品フィギュア


▼new! 16dソフビコレクション005 新日本プロレス オカダ・カズチカ ノンスケール ソフトビニール製 塗装済み完成品フィギュア


▼new! 16dソフビコレクション004 WWE 中邑真輔 ノンスケール ソフトビニール製 塗装済み完成品フィギュア


▼もちねこ ぬいぐるみ ハチワレ (L) 高橋ヒロムのパレハである愛猫の“高橋ダリル”。一緒に観戦しながら復帰願いを

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あわせて読みたい