1. HOME
  2. プロレス
  3. WRESTLE-1
  4. WRESTLE-1が6年9か月で活動休止に 武藤敬司「赤字の体質を脱却できず」
WRESTLE-1

WRESTLE-1が6年9か月で活動休止に 武藤敬司「赤字の体質を脱却できず」

WRESTLE-1

 自身がプロデュースして盛況だったマスターズ2・28後楽園ホール大会から一夜明け、武藤敬司が29日、会長として団体「WRESTLE-1」の活動休止を発表した。

・ 2-29【WRESTLE-1】W-1が4・1後楽園を最後に無期限の活動休止 選手は3月31日をもって…プロレス格闘技DX

 武藤敬司会長、カズ・ハヤシ社長が29日、東京・大久保のGSPメディアセンターで会見し、WRESTLE-1が4・1後楽園大会を最後に無期限の活動休止となることを発表した。所属選手は3月31日をもって退団。武藤はアメリカ遠征が決まっていたため4・1後楽園大会に出場できず、3・15大田区が所属としてのラストマッチとなる。

 W-1は全日本の分裂騒動を受けて2013年7月に設立。武藤を筆頭に全日本を離脱した選手たちが集まり、同年9月に旗揚げ戦を行った。旗揚げ当初は「対戦カードの事前発表なし」が話題を呼び、真田聖也(現・SANADA)とKAIのエース争いが主軸となった。その後、征矢学の入団、TAJIRIら元WNC勢の入団と規模を拡大し、プロレス総合学院など新たな取り組みも行ったものの、真田、KAI、船木誠勝、田中稔、TAJIRIらが相次いで退団。黒潮“イケメン”二郎というスター選手も生まれたものの、活動休止という形で6年9ヵ月続いてきた団体の歴史に終止符を打つことになった。

 この日、武藤会長、カズ社長が会見し、団体の無期限活動休止を発表した。武藤会長は「なかなか旗揚げしてから赤字の体質を脱却できず。じゃあどうして継続できたかといえば、WRESTLE-1はオーナーがいまして、そのオーナーさんに補てんしてもらいながら来ましたが、ひと区切りとしてこれ以上ご迷惑をかけてはいけない中で、活動休止という決断になりました」と経緯を説明。「悔やまれることばっかりですよ。もしかしたら自分自身の実力不足なのか」と無念そうに話した。

 活動休止の形を取ったのは「今までWRESTLE-1に携わってくれた選手、もしかしたら俺とかカズじゃない若い選手、まだ思い入れがあって、活動再開したいと思う選手が現れるかもしれない」(武藤)との思いから。団体再開の可能性を残した。

 所属選手は3月31日をもって退団となる。「選手、スタッフはみんなそうならないようにギリギリまで頑張っていたんですけど、最近ですね。そういう判断をしなければいけなくなったのは」と話したカズ社長は「今まで思っていたところではないところに自分の夢を持っていかなければいけない。レスラーの精神的なことを考えると、非常に酷なことをしているなという気がします」と沈痛な面持ちで選手たちを思いやった。

 また、武藤個人としては4月にアメリカ遠征が決まっていたため、4・1後楽園大会への出場はかなわず。3・15大田区大会がW-1所属ラストマッチとなる。

 W-1からの発表は以下の通り。

☆WRESTLE-1活動休止のお知らせ

プロレス団体「WRESTLE-1((レッスルワン)は、2020年4月1日(水)の東京・後楽園ホール大会を最後に、無期限の活動休止とさせていただくことをご報告致します。

応援していただいたファンの皆様、また団体、選手を支えていただいた方々、各関係各位、誠にありがとうございました。突然のご報告となり誠に申し訳ございません。

活動休止に伴い、全レッスルワン所属選手は2020年3月31日(火)をもちまして退団となります。

選手、スタッフ共々最後まで全力で走り抜く所存でございます。
変わらぬご声援のほどよろしくお願い申し上げます。

【会見の模様】
▼カズ社長「今日はお集まりいただき、本当にありがとうございます。プロレス団体WRESTLE-1は2020年4月1日、後楽園ホールを最後に無期限の、無期限の活動休止とさせていただくことをご報告致します。応援していただいたファンの皆様、また団体、選手を支えていただいた方々、各関係各位、誠にありがとうございました。突然のご報告となり誠に申し訳ございません。活動休止に伴い、全レッスルワン所属選手は2020年3月31日(火)をもちまして退団となります。選手、スタッフ共々最後まで全力で走り抜く所存でございます。変わらぬご声援のほどよろしくお願い申し上げます……WRESTLE-1を残すよう頑張ってきましたが、誠にすみませんでした。そして支えていただいた皆様、ありがとうございます」

▼武藤会長「WRESTLE-1旗揚げして7年弱ですか。選手、スタッフ一丸となって頑張ってきましたが、なかなか旗揚げしてから赤字の体質を脱却できず。じゃあどうして継続できたかというと、WRESTLE-1はオーナーがいまして、そのオーナーさんに補てんしてもらいながら来ましたが、ひと区切りとしてこれ以上ご迷惑をかけてはいけないという中で、活動休止という決断になりました。個人的なことを言わせてもらうと、4月1日の後楽園ホールを最後にと言いましたが、自分の場合は4月、すでに去年からアメリカで仕事が決まってまして。それは契約もしてまして、4月1日の後楽園は俺は参加できません。したがってWRESTLE-1での俺の最後の仕事、戦いは3月15日の大田区体育館になります。今までWRESTLE-1を支えてきてくれた関係者、そしてスタッフ、ファンの方々、本当に7年弱ありがとうございました」

――活動休止となった経緯は?

▼カズ社長「今、武藤さんの言われた通りで、選手、スタッフはみんなそうならないようにギリギリまで頑張っていたんですけど、最近ですね。そういう判断をしなければいけなくなったのは。なるべく早めに発表しようということになりまして、今日会見させていただきました」

――WRESTLE-1の再開は見据えている?

▼カズ社長「それも視野に入れて動いていたのですが、すぐにというのは難しいというのが現状です」

――カズ社長個人としてはいつか再開したい思いがある?

▼カズ社長「そうですね。もちろんそういうような気持ちはあります」

▼武藤会長「活動休止ということは、おそらく残すことによって今までWRESTLE-1に携わってきてくれた選手、もしかしたらカズとか俺じゃない若い選手なのかもしれないけど、まだ思い入れがあって、活動再開したいというレスラーが現れるかもしれないという部分で休止という形を取りました」

――4月1日までに予定されている大会は開催する?

▼カズ社長「それについてはまた後ほど発表させていただきます」

――プロレス総合学院の今後は?

▼カズ社長「4月からになるので、総合学院も閉める形になります」

――これまでWRESTLE-1をやってきた中で悔やまれることはある?

▼武藤会長「悔やまれることばっかりですよ。もしかしたら自分自身の実力不足なのか」

▼カズ社長「いろいろ先を見越して動いていたプランもありますし、特に先ほど出た総合学院ですか。日本で言えば道場に入って24時間プロレス漬けになって、そこからプロレスをやっていくっていうのが当たり前のプロレスのシステムなんですけど、実はこれって日本だけなんですね。海外ではそうじゃなくて学校システムで、アメリカでもメキシコでもそうなんですけど、そういうものを日本で作り上げたところ、続けられなくなったというのが凄く悔やまれます。そういうふうな新しいものっていうんですか。それが止まってしまうというのは。あとは残った選手ですね。今まで何人かWRESTLE-1にいたレスラーが、このWRESTLE-1をやめて、いろんな団体にいったりとかするんですけど、それってレスラー自身に自我が芽生えて、そして自分でこのフィールドではなくて、他のフィールドで戦ってみようと自分で思って戦い始めたんですよ。でも今回に関しては自分のフィールドを耕す、筋肉つけて、選手育てて、トレーニングして、自分の筋肉作って、練習やってっていうようなものをやっていて、いざこのフィールドが外された時に、自分の自我はここにあったのに、これからいろいろ自分の思いじゃない、今まで思っていたところと違うところにまた自分の夢を持っていかなければいけない。そのレスラーの精神的なことを考えると、非常に酷なことをしているなという気がします」

――3月31日で選手が退団となるが、4・1後楽園にはオファーして出てもらう形に?

▼カズ社長「はい、そうなりますね」

――各タイトルマッチは3・15大田区が最後になる?

▼カズ「それはわからないですね。全然、そこに関しては。興行自体は4月1日まであるけど、そこはわからないです」

 3・15大田区で王座を防衛する側となっているノア中嶋勝彦の反応は?
・ 2-29【WRESTLE-1】3・15W-1王座戦へ中嶋が手負いのカズ返り討ちを確信 「その状態で獲…プロレス格闘技DX

――今回防衛した場合、中嶋選手がW-1王者として団体が活動休止となるが?

▼中嶋「いや、別に(笑) 活動休止ね。ビックリしたよ。でも俺には特に関係ないかな。やっぱり俺もイチレスラーだから、レスラーとして、そしてチャンピオンとして、3・15大田区に上がるだけですよリングに。はい」

 マスターズのプレスパスはWRESTLE-1から出ていたので、「サポートしているマスターズ興行の方がいつも盛況だなんて複雑だろうなぁ」と28日に思っていたところ。ついにこのときが・・・の感。

 「オーナーさんに補てんしてもらいながら来ましたが、ひと区切りとしてこれ以上ご迷惑をかけてはいけない」という言葉があった。資本金 9,800万円とされたGENスポーツエンターテインメントがオーナー。道場ビル含めての支援があってこそのWRESTLE-1だった。

 武藤敬司が途中でレギュラー参戦でなくなったのも、費用面があったんじゃないかと思う。有力選手が次々と離れていった印象が強い。必要に迫られてもいたが、コストカットはシビアに行われ続けた団体でもあった。高木三四郎が一定時期、コストカットを担っていたことも記憶に新しい。団体としては真田聖也(SANADA)、KAI、船木誠勝ともに突き抜けなかったのが厳しかったかなぁ。

 何か仰天計画でもあったのか、昨年大晦日の大箱(大阪府立第一)も謎展開だった。話題を集められないままに開催となってしまう。

 「WRESTLE-1」という旗印こそ続いたが、中身が大きく変化してしまってはファンも定着はしない。ボクも武藤の節目となる大会程度の観戦にとどまってしまった。

 集客面での“ラストエース”となった才木玲佳の心中も複雑だろう。


 
 残り大会スケジュール。

「WRESTLE SOUL Vol.04 」3.1 東京・GENスポーツパレス(新宿区)

「WRESTLE-1 TOUR 2020 TRANS MAGIC」3.8京都・KBSホール(京都市)

「WRESTLE WARS 2020」3.15東京・大田区総合体育館

「WRESTLE-1 TOUR 2020 TRANS MAGIC」3.20静岡・清水マリンビル[追記:諸事情により中止と3/1発表]

「WRESTLE-1 TOUR 2020 TRANS MAGIC」3.25東京・新木場1stRING大会

「WRESTLE-1 TOUR 2020 TRANS MAGIC」3.27高知・サンピアセリーズ(高知市)[追記:諸事情により中止と3/1発表]

「WRESTLE-1 TOUR 2020 TRANS MAGIC」4.1東京・後楽園ホール
※3月末退団の選手にオファーして開催。武藤はアメリカ遠征のため不参加。

 とはいえ雰囲気よかったので、最後までよいファンに恵まれたのだろう。終盤に見てきたファンにとって印象に残るファイナルロードになることを願いたい。

応援ありがとうございます☆彡

プロレスは初心者もオールドファンも楽しめるジャンル。ファンの立場から、リング内外のカクトウ(格闘)をログ(記録)します。

カテゴリー

バックナンバー

団体リンク

プロレス団体リンク早見
新日本プロレスニュース大会日程新日本プロレスワールドYouTube)/全日本プロレス全日本プロレスTV)/NOAHWRESTLE UNIVERSE)/大日本プロレスDDTZERO1DRAGON GATEみちのくプロレス大阪プロレス2AWDRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムYouTube)/ディアナ


格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSDEEPPANCRASEQUINTET


YouTube
📳アントニオ猪木📳長州力📳前田日明📳船木誠勝📳田村潔司📳蝶野正洋📳獣神サンダー・ライガー📳朝倉海📳朝倉未来📳永島勝司(立会人・金沢克彦)


ファイター等
日本プロレス殿堂会蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト


最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社チームフルスイング書泉グループのイベント闘道館大阪カウント2.99


新着&注目アイテム
プロレスDVDサーチプロレス本サーチ



2020年8月5日発売!前田日明×舐達麻 玉袋筋太郎「秋山準」変態座談会 松永光弘 鈴木みのるのふたり言 斎藤文彦×プチ鹿島『プロレス社会学のススメ』 三又又三 鈴木みのる×宮田充



2020年8月26日発売!ターザン 山本 (著)、福留 崇広 (著) プロレスラーの妻たちにスポットライト、光を当ててみました。力道山、馬場、藤波、高山、葛西、剛の夫人たちです。彼女たちの揺るぎない精神。1ミリもブレていないその生き方には本当に心が動かされた



2020年7月2日発売!プロレス名勝負秘話「ベストバウトをぶっ飛ばせ!」 アントニオ猪木×オカダ・カズチカ、歴史的対談が実現!2月の猪木宣言の真意、ベストバウト論、そして、いまプロレスがすべきことは・・・。60分一本勝負でぶつけ合った初対談は全プロレスファン必見!



2020年6月30日発売!『KAMINOGE』の超人気企画「長州力vs山本の名勝負数え唄」を全21戦完全収録! イラストレーション:中邑真輔



2020年5月2日発売! あの話題沸騰Twitterアカウントが書籍化! 本書は長州力公式Twitterアカウントから傑作ツイートを厳選し、ほぼ意味不明な内容に対して本人自ら感想をつづります! 「SNS講座」と題して、つぶやく際に何を考えているのかも大公開!



2020年3月10日発売!2017年発売の柳澤健著『1984年のUWF』が文庫化(Kindle版と文庫本あり)。「文庫版のためのあとがき」にはカクトウログからの引用あり



2020年2月26日発売!中野巽耀(当時は龍雄)がレスラー人生を総括する初の本格的自叙伝。自身のキャリアを振り返るだけでなく、伝説化しているスーパータイガー(佐山聡)vs前田日明の不穏試合、前田日明vsアンドレ・ザ・ジャイアントのセメントマッチ、前田日明が長州力の眼窩底を骨折させた顔面蹴撃事件、新生UWFの3派分裂劇、UWFインターナショナルと新日本プロレスの全面戦争など歴史に残る騒動について当事者の立場から「真実」を激白!



2020年2月28日発売!その現実から目を背けるな。「やれるか」じゃない、やるんだよ。鈴木みのるの言葉はなぜ俺たちの心に刺さるのか。プロレス界の今、ここを生き抜いてきた唯一無二の思考、貪欲に幸福を求める方法



2019年12月28日発売!新しい敵に向かっているから俺はずっとギラギラしていられる。そして、そういう闘いの中にいられることが、俺にとっての幸せなんだよ。強くあるために何ができるか、いま何をすべきか。リング内外で見せる強烈な存在感の源泉がわかる、プロレス王・鈴木みのる、刮目の最新刊!



2019年12月19日発売!世界最高峰のリングWWEからインディー団体まで、日米マット界の「光」と「陰」を知る著者がはじめて明かす熱狂を生み出す「サイコロジー」のすべて。自身の圧倒的な経験値をもとに綴る、目からウロコのプロレス論!



2020年5月27日発売!新日本プロレス“100年に一人の逸材”にして“エース”の棚橋弘至デビュー20周年DVD!プロレスを黄金時代に導いた男の軌跡に迫る!棚橋弘至の2014~2019年までのヒストリー(ゲスト:柴田勝頼)とミスター平成ライダー・高岩成二とのスペシャル対談を収録



2019年10月10日発売!プロレスラー・柴田勝頼のデビュー20周年記念DVD。NEVER無差別級王者など、輝かしい軌跡を誇る柴田勝頼が自ら選んだ名勝負のほか、“LA DOJO”でヘッドコーチとして手腕を振るう彼に迫ったドキュメンタリーを収録( ⇒ 収録の詳細について

レポートbyカクトウログ

> 猪木酒場新宿店が7月閉店 かつて全国7店
> 金8以降世代のNJC4強こそ新日本の主張
> 『記憶の懸け橋』トークイベント観覧メモ
> 「社会的責任」ひとつの答え 新日本再開
> 小久保隆さん TJシンテーマ曲秘話
> 柴田勝頼ついに2017年4月9日を初激白
> 「プロレス大好き芸人」プレゼン大賞
> 柴田勝頼の新日本帰還はなぜ実現した?
> 大阪カウント2.99に鈴木みのるがエール
> オカダ戦から3年 柴田勝頼の奇跡と軌跡
> コロナ禍でノア無観客試合 潮崎vs.藤田
> コロナ禍でスターダム無観客試合
> 文庫版『1984年のUWF』にカクトウログ
> 前田「ずっと猪木さんに教えてもらった」
> 船木誠勝が明かす! 柴田勝頼“秘話”
> 映画アイアン・シークで前田トーク!
> 藤田和之トーク 半生を激語り!
> シークレット結婚式!? オカダ&三森さん
> ジャイアント馬場バルに行ってきた!
> 聖火リレーに谷津 オカダ 桜庭 高田 武藤
> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> 2019年の顔は!? プロレス大賞まとめ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> ダブルドーム ベストバウト投票結果
> 橋本真也、小橋建太との幻の復帰戦計画
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年を大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFのテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> 杉浦vs.エルガンがノア両国ベストバウト
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> カクトウログは開設15周年
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> オカダvs.飯伏IWGP戦はドーム2連戦初日
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> NJCでオカダと柴田勝頼が感動的な再会
> ドン・フライと高山善廣が運命的な再会
> 飯塚高史引退! 引退試合でもヒール貫徹
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 独占! 長州力がDスミスJr.と盃を交わす
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼