1. HOME
  2. プロレス周辺
  3. 澤宗紀が『関本大介を10倍好きになる講座』熱弁! ジャスト日本さん主催「俺達のプロレストーーク vol.1」大盛況
プロレス周辺

澤宗紀が『関本大介を10倍好きになる講座』熱弁! ジャスト日本さん主催「俺達のプロレストーーク vol.1」大盛況

プロレス周辺

26

pick up ▼ニュース 【新日本】片翼の天使でSANADAも撃破!! ケニーが5戦全勝で単独トップ爆走 7.28名古屋【WRESTLE-1】9・29大阪で「イケメンvs丸藤」実現【DDT】竹下が右肩負傷で7・29大阪以降を欠場、吉村との『KING OF DDT 2018』1回戦は不戦敗に ▼情報&コラム 【新日G1】棚橋好調の原動力は1日1食「飢えたライオンは強い」破天荒! 北海道出身 親子で“女子プロレスラー“ 娘が母と同じ道選んだわけ8月7日(火)19:30阿佐ヶ谷ロフトA「two-man talk vol.4 ~プロレストーク編~ 東京03・豊本×ゆってぃ」 ▼格闘技 【RIZIN】中井りんが熱中症&急性腎炎で欠場、杉山しずか戦は消滅浅倉カンナとRENAが計量クリアー、RENA「ぶっ飛ばすしかない」山本美憂の大胆水着に歓声があがる、石岡も計量クリアー内柴氏、キルギスタン代表総監督で柔道界復帰!総合格闘技参戦の可能性も7月30日(月) 21:00ニコ生『月刊リングス 7月号』前田日明が出演

 28日、プロレス関連の電子書籍を出されているプロレスブロガー「ジャスト日本」さん主催による「俺達のプロレストーーク vol.1」が新宿にて開催された。台風で足元が悪い中、両会でのメンバーの入れ替わりはありつつトークイベント・飲み会それぞれ30人のファンが参加。ファン歴や男女問わない集まりとなり、ボクも顔を出してきました。

 ジャストさんは新日本プロレスvs.誠心会館をきっかけとした自身のプロレスファン人生を振り返りつつ、SNSでプロレスを表現するようになった歩みを語った。しっかりとした文章を書かれていたのでどういう経歴の方なのかと思っていたら、ライターを志していた時期もあったという。プロレス界盛り上げのためにできることとして、電子書籍や今回のようなイベントとして活動を展開するに至る。

 ジャストさんが考える「プロレスとは?」の定義。それは「プロレスに答えはない」「多様な価値観を受け入れる度量」とのこと。なるほど、こういう見方をぶつけ合うのは面白い。ボクだったらどうかなぁ。「生き様を見せつけるジャンル」って感じだろうか。幅のあるルールの中では、レスラーにとって勝敗以上のものが競われる。どの団体のものを見て誰を応援するかという点では、ファンの方も生き様をぶつけているから。

 トークは澤宗紀の部に突入し、写真のようなインパクト大の格好で登場。あらかじめSNSで予告されていた『たった5分で関本大介を10倍好きになる講座』が熱弁された。

 自身のスマホからYouTubeの関本出演「電気事業連合会WEB CM『お願い!火力さん』」を見せる澤。セリフなしながら、関本の人柄が伝わってくるCM。一緒に海外遠征した際には、離陸直前のいちばん席を立ってはいけないタイミングで立って荷物をごそごそし始めた関本のエピソード。座席上収納棚から何を出そうとしたかというと、カンロ飴! 糖分を取ろうとしてのことだが、CAに「今じゃなきゃダメ?」と制される。

 そんな関本は遠征先ホテルに夜中3時に着くも、無類のトレーニング好き。ジムが隣接と聞くや、すぐに行くと言いはじめる。入会手続きの関係で明朝に改めることとなったが、気分が高まってしまった関本は止まらない。ホテルの部屋で開始したスクワットに、同室の澤も付きあう。きりがないので先にシャワーを浴びた澤に関本「澤さん、先に寝ててください」。と言いつつも関本はスクワット継続。さすがに澤は「寝れるかい!」と心の中でツッコミを入れた。

 海外遠征ではプロテインをどう摂るかもレスラーの課題の一つ。プラスチック容器に入れての機内持ち込みは制限があるため、関本は複数のジップロックに小分けにしてプロテインを持参しようとしたことがあるという。しかし、ジップロックに入った“白い粉”は怪しさ満点。当然のように長く捕まり尋問を受けるハメに。

 他にも、かつて国内外で着用していた「I’M HARD」Tシャツは“勃起している”との意味で、関本にとって「早く言ってよ」状態だったとか。エピソードは、5分では全く終わらない!

AD

 トークイベントの締めは、ジャストさんと澤の2人によるかけ合いでの展開に。話題としては、新日本と全日本の違いでは「見た目が違う」「技の間(ま)が違う」といった話や、丸藤正道は気が回るのでモテるという話。参加者からのお題についてのトークなどで賑わった。

 トークイベントの後に大プロレス飲み会に移動。居酒屋のビルに着くと、エレベーター前に立つひときわ大きく、見覚えのある男の姿! わわっ、ボクらは口々に「こんにちは!」「どうも!」と声をかけるも、レスラーからすると知り合いじゃないよ(笑)。さすがに通りすがりのわけはないわけで、大サプライズゲストは鈴木秀樹。同じエレベーターに乗り合わせてお店へ。

 トークイベントそのままの格好での澤(そのため居酒屋で別の女子グループから冷たい目)、そして現地で鈴木、阿部史典というゲスト陣。レスラーズもしっかりとファンのトークに加わってました。鈴木には「新日本プロレスへの参戦は希望しないのですか?」などのぶっちゃけ質問も飛び出す。どう答えたかは、当日参加者の秘密ということで。

 澤による関本エピソードといったテーマ設定モノも、ファンからのお題というのも、どちらも面白かったトークイベント。限られた時間のイベントって難しいなぁと思わせられるくらいの濃厚さでした。ジャストさん、イベント開催ありがとうございました!

 個人的には、昨今に『プ女子』などと取り上げられる新規ファンは「トラディショナルなプロレスの見方」を先輩ファンから知りたいのか、新しい楽しみ方を自分たちで確立したいのか、どんな感じだろうということに興味あり。飲み会で話をした女性ファンは「素直にお勧め試合は聞いて、観てみたい」とのことで、意外と複数団体に足を運んでもいたりしました。なるほど。

 ブログを見てくださっている方から何人も声をかけていただきました。励みになります、ありがとうございました。そうだ、飲み会中にファンから『初めての人でもよくわかるユンガンチョル』という講座も受けました。この選手、気にしておきます!

 

※13:15追記

 飲み会店舗の店長が鈴木秀樹を知っていて、感激のあまり2ショットを志願する一幕もありました。いろんな意味で、プレミアムな一夜。

↓参加したカメラマン渡邊翔一さんよりレスラーズショット(阿部史典、鈴木秀樹、澤宗紀)をご提供いただきました

↓ジャストさん&カクトウログのコラボカードを参加者お土産に

 

最新情報は(↓)こちらから

>> カクトウログ(最新RANKINGFacebook
TwitterYouTubeチャンネル
>> ジャスト日本のプロレス考察日誌

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


プロレスは初心者もオールドファンも楽しめるジャンル。ファンの立場から、リング内外のカクトウ(格闘)をログ(記録)します。

AD

カテゴリー

バックナンバー

レポートbyカクトウログ

> 映画アイアン・シークで前田トーク!
> 藤田和之トーク 半生を激語り!
> シークレット結婚式!? オカダ&三森さん
> ジャイアント馬場バルに行ってきた!
> 聖火リレーに谷津 オカダ 桜庭 高田 武藤
> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> 2019年の顔は!? プロレス大賞まとめ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> ダブルドーム ベストバウト投票結果
> 橋本真也、小橋建太との幻の復帰戦計画
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年を大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFのテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> 杉浦vs.エルガンがノア両国ベストバウト
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> カクトウログは開設15周年
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> オカダvs.飯伏IWGP戦はドーム2連戦初日
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> NJCでオカダと柴田勝頼が感動的な再会
> ドン・フライと高山善廣が運命的な再会
> 飯塚高史引退! 引退試合でもヒール貫徹
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 独占! 長州力がDスミスJr.と盃を交わす
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼

団体リンク

プロレス団体リンク
新日本プロレスニュース大会日程ワールド動画配信YouTube公式動画選手ブログ集)/全日本プロレスNOAHWRESTLE-1大日本プロレスDDTZERO1DRAGON GATE東方英雄伝みちのくプロレス大阪プロレス2AWDRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムREINAワールド女子プロレス・ディアナ


格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSDEEPPANCRASEQUINTET


ファイター等
蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト


最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社チームフルスイング大阪カウント2.99


新着&注目アイテム
プロレスDVDサーチプロレス本サーチ



★new! 2月5日発売!長州力のSNS革命 ツイッターの次はYouTube進攻へ!? 怖い人ほど大衆を癒やす



★new! 12月28日発売!新しい敵に向かっているから俺はずっとギラギラしていられる。そして、そういう闘いの中にいられることが、俺にとっての幸せなんだよ。強くあるために何ができるか、いま何をすべきか。リング内外で見せる強烈な存在感の源泉がわかる、プロレス王・鈴木みのる、刮目の最新刊!



★new! 2月13日発売!カリスマプロレスラー・蝶野正洋が56年間の人生を綴る初の自伝本が登場。生い立ちから始まり、プロレス界に身を投じ、トップを極めるまで、そしてレスラー休業中の現在の心境まで、過去・現在・未来の全てを語りつくしたファン待望の一冊



★new! 2月25日発売!タイガー服部が新旧の名外国人選手から交流の深い日本人選手まで、古今東西のプロレスラーたちの知られざる素顔、リング内外の仰天エピソードを明かす



★new! シュートマッチ プロレス「因縁」対談 10番勝負 2月28日発売!アントニオ猪木×石井和義 藤波辰爾×長州力 天龍源一郎×川田利明 大仁田厚×武藤敬司 安生洋二×坂田亘 越中詩郎×谷津嘉章 安田忠夫×草間政一 大谷晋二郎×橋本大地 藤原喜明×キラーカン 前田日明×ジョージ高野



★new! 2000年の桜庭和志 柳澤 健 (著) 2月27日発売!UFCの殿堂入りをした総合格闘技界のレジェンド桜庭和志。二〇〇〇年のホイス戦をクライマックスに彼の存在意義を炙り出す



★new! 12月23日発売! 今年も収録人数1000人超え!ファン必携の一冊!! この「2020プロレスラー全身写真名鑑」は、週刊プロレス本誌「2020プロレスラーカラー写真名鑑」に掲載された選手をもとに、デビューした選手、掲載できなかった選手を加えた1028人の選手を掲載しています



★new! 12月19日発売!/スペシャルインタビュー アントニオ猪木 「ズバリ言えば、大仁田はかなりゲテモノ」/藤波辰爾インタビュー 「1・4の長州VS橋本戦がケンカまがいの殴り合うだけの泥仕合になってしまって、あの空間が耐えられなかった……」/武藤敬司インタビュー 「1・4橋本VS小川戦のあとはメチャクチャになった現場を俺の試合で“大掃除”しなきゃいけなかった」



★new! 12月19日発売!世界最高峰のリングWWEからインディー団体まで、日米マット界の「光」と「陰」を知る著者がはじめて明かす熱狂を生み出す「サイコロジー」のすべて。自身の圧倒的な経験値をもとに綴る、目からウロコのプロレス論!



★new! 12月11日発売!内藤哲也[新日本プロレス]のホンネ録 『週刊プロレス』人気連載、待望の単行本化! 本書でしか読めない新規エピソードを収録。巻末には「週刊プロレス2000号突破祈念」のイベントトークを採録



★new! 2月26日発売!中野巽耀(当時は龍雄)がレスラー人生を総括する初の本格的自叙伝。自身のキャリアを振り返るだけでなく、伝説化しているスーパータイガー(佐山聡)vs前田日明の不穏試合、前田日明vsアンドレ・ザ・ジャイアントのセメントマッチ、前田日明が長州力の眼窩底を骨折させた顔面蹴撃事件、新生UWFの3派分裂劇、UWFインターナショナルと新日本プロレスの全面戦争など歴史に残る騒動について当事者の立場から「真実」を激白!



★new! 1月23日発売!小林邦昭&越中詩郎と空手・誠心会館の抗争に端を発し、『反選手会同盟』結成、天龍源一郎率いるWARとの対抗戦、そして『平成維新軍』に改名して独立興行を開催するまでに至る流れを各メンバーがそれぞれの視点から回想。1999年の解散宣言から20年…7人の男たちがあの熱い時代を本音で振り返る!



★new! 12月17日発売!新日本プロレスリング株式会社社長兼CEO。日本語と英語とオランダ語など6ヶ国語を自在にあやつり、海外でのビジネス経験も豊富なプロ経営者、ハロルド・ジョージ・メイ。外国人でありながら日本人の感覚も持ち合わせる国際人メイが、キャリアを築くベースになったマーケティングのこと、経営や組織のこと、英語学習のことやグローバル社会のこと、社長としての思いやプロレス愛などについて綴った初の著書



★new! 10月10日発売!プロレスラー・柴田勝頼のデビュー20周年記念DVD。NEVER無差別級王者など、輝かしい軌跡を誇る柴田勝頼が自ら選んだ名勝負のほか、“LA DOJO”でヘッドコーチとして手腕を振るう彼に迫ったドキュメンタリーを収録( ⇒ 収録の詳細について


管理者用 編集記事編集mail編集amazon

AD