1. HOME
  2. プロレス
  3. AEW
  4. ケニー・オメガ新日本離脱となる見通しを東スポが報道 移籍先AEWの新日提携プラン消滅? 「そっち行かない」発言から2年半
AEW

ケニー・オメガ新日本離脱となる見通しを東スポが報道 移籍先AEWの新日提携プラン消滅? 「そっち行かない」発言から2年半

AEW, 新日本プロレス

 2016年のG1クライマックスのこと。初出場初優勝を果たしたケニー・オメガは「日本はオレのホーム。新日本はオレのホーム。だから、そっち行かない」と日本語マイク。同年の年頭に中邑真輔がWWEへと移籍していたこともあり、その光景は主力スターの交代を印象づけた。

 あれから2年半。
・ ケニー「新日プロ離脱」を決意 新天地はAEWかWWEか(東スポWeb) – Yahoo!ニュース

 新日本プロレスのIWGPヘビー級王座から陥落したケニー・オメガ(35)が6日、日本マットを離れる決意を明かした。今月限りでの新日プロ離脱は避けられない見通しで、主戦場を海外に移すことが確実。新天地はジ・エリートの盟友たちが参加を表明している米国の新団体「AEW(オール・エリート・レスリング)」か、世界最大団体のWWEに絞られそうだ。

 1・4東京ドーム大会で棚橋弘至(42)に敗れたケニーは、翌5日の後楽園大会に姿を見せず、去就が注目されていた。その理由の一つが、1日に設立が正式発表された「AEW」の存在だ。

 NFLジャクソンビル・ジャガーズ共同オーナーの大富豪トニー・カン氏がオーナーを務める同団体は、すでにエリートの盟友だったヤングバックス(マット&ニック・ジャクソン)、Cody、ハングマン・ペイジが契約を結んだことが明らかになっている。

 この日、本紙の取材に応じたケニーは「今思うとあの試合は主人公を決めるような戦いだった。勝ったほうが正義。少し言い過ぎてしまうけど、俺が頑張ってきたことが最終的には主人公の敵になるためだけだった…それが悔しいことだった。もちろん悪いのは負けた私だ。全て自分の責任」と棚橋戦を振り返った。

 さらに気になる今後についても言及した。「今は入れる場所もないし、新日本にいない方がいい。新日本はまた棚橋の時代になった。棚橋の新日本の役に立てない。もちろん棚橋の方が優れているとも、強いとも思ってない。だから、いつかもし再戦があればやりたいかなと思っている。でも今のところはしばらくリングに立たない方がいい。それは新日本だけでなくて、ちょっと休んで考えて…違う作戦をつくる」と語った。

 となると選択肢はAEWか、これまで度重なるオファーを受けたWWE以外には考えられない。次のリングについては「もしも俺がWWEに行ったらそこのファンが喜ぶし、AEWに行ったらそこのファンが喜ぶ。ケニーが行って『うれしい』と言われる場所にいたい。それが今は新日本ではないから、俺はいなくなる」と口にしつつ、新日プロとの契約が今月末まで残っていることから「自分自身でもどうなるか分からない」と明言を避けた。

 ともあれDDTに初来日した2008年から10年以上にわたり活躍した日本マットを離れる決意は並大抵のものではなく、覆ることはないだろう。多くの国内ファンに愛されたベストバウトマシンは、新たなステージに進む。

 ケニー新日プロ離脱の見通しを東スポが報道。ケニーと懇意にしている東スポ・岡本佑介記者が書いているのだろう。

 東京ドーム大会明け5日の新日本・ROH・AEWの三者会談。非WWE系グループの大同団結も可能性ありと見られたが、既にMSG大会を含めてROHとの合同興行を組んでいる新日本は“新たな枠組み”に対して首を縦に振らなかったようだ。

 ケニーがWWEからのオファーを断ったという一部海外報道もあり。

 ケニー本人の登場は不明ながら、米国時間8日に予定されているAEW決起集会タイミングに一連の判断を間に合わせた可能性がある。

 新日本・ROH・AEWには“WWEへの対抗”という共通目的があった。ケニーにも新日本をさらに押し上げるという意志があり、新日本も海外戦略を重視している。ボクは正直、このような結果になるとは思わなかった。ケニーに「メッセージとビジネスがアンマッチ」なところがあったのかもしれない。

 それでも、プロレスにはどういう巡り合わせが起きるかわからない。

 棚橋弘至のドーム大会バックステージ。
・ バンドリ! ガールズバンドパーティ! presents WRESTLE KINGDOM 13 in 東京ドーム 1月4日(金)17:00 東京・東京ドーム

棚橋「うん………ケニーに対する怒りっていうのは最初から抱いていたものではなくてね。そのケニーが新日本を侵攻していく中で大事なものが壊されていくんじゃないかっていう危機感なんだけど、これで長岡で負けて、ドームで勝って、ケニーとは1勝1敗なんで、『さあ次いつやりますか?』という感じです」

 ケニーのドーム大会当夜ツイート。

 棚橋の二夜明け会見。
・ 「油断はない。盤石です!」4年ぶりにIWGP王者となった棚橋がジェイとの初防衛戦に自信! オカダとのタッグは「さらに一歩進める」【1.4ドーム2夜明け会見】

棚橋「長岡で負けて、ドームで勝って、ケニーとの対戦成績、シングルマッチは1勝1敗なので、いつでもやる準備はあります。ただ、ケニーが今後、新日本プロレスとどうかかわって行くのか?っていうのは、僕の知るところではないので……。知るところではないですが、まあ、その動向は気にしておきたいなと思います」

 ドーム決戦に向けてお互いを口撃しあった両者だが、ファンの夢の全てを遮断はしない。プロレス界はつながっている。これまでも、これからも。

* * *

 飯塚高史が引退へ。WWE行きが噂されていたKUSHIDAが退団。
・ 2月21日(木)『NEW JAPAN ROAD』後楽園ホールは、“飯塚高史引退記念大会”となることが決定!

・ 「メチャクチャ充実していた8年間でした」KUSHIDAが1月末で新日本プロレスからの退団を発表。棚橋からの質問に涙……【1.7会見】

 対戦カード関連。2・11大阪で棚橋vs.ジェイIWGPヘビー級戦。
・ 【2月2日(土)札幌大会“初日”全カード決定!】メインは棚橋&オカダvsジェイ&ファレ! EVILvsザック、SANADAvs鈴木がシングル戦!

・ 【2月3日(日)札幌大会“2日目”全カード決定!】L・I・Jと鈴木軍が3大王座戦! メインは内藤vsタイチのIC選手権! EVIL&SANADAvs鈴木&ザック! BUSHI&鷹木vs 金丸&デスペラード!

・ 【2.11大阪・全カード決定】メインは“IWGPヘビー級選手権”棚橋vsジェイ! セミでオカダとファレが一騎打ち!“IWGPジュニアヘビー級選手権”で田口が石森に挑戦!

・ 【1.18&1.20後楽園・主要カード決定!】小島とテリブレ、ソベラーノとカベルナリオが一騎討ちで激突!「ファミリータッグトーナメント」優勝チームがゲレーロブラザーズと対決!

・ 【1月21日(月)後楽園の全カード決定!】メインは、ボラドールvsカリスティコが激突! なんと映画「パパはわるものチャンピオン」スペシャルタッグマッチも実現!

 1・4東京ドーム大会、ベストバウト投票結果(1/4~1/7実施、668人参加に感謝)。
・ 1・4東京ドーム大会 ベストバウトは? – 投票/アンケート – 人気ブログランキング

 その他。

・ 脳しんとうで担架搬送の飯伏は次期シリーズを欠場(日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース

・ 【お申込みはお早めに!】『OKADA CRUISE 2019』の参加申込みは1月8日(火)まで!

・ 【無料で読めます!】メイ社長コラム『ハロルドの部屋』更新! 第35回は「新年のご挨拶」

 

ポチッと応援(↓)お願いします
>> 各種SNSも更新中 Twitter/Facebook/YouTubeチャンネル

>> 新日本プロレス公式

 


▼new! KAMINOGE 85 1月7日発売!佐山サトル[初代タイガーマスク] 嶋田隆司[漫画家] 前田日明[RINGS代表] 青木真也[総合格闘家] ターザン山本! [平成最後の落武者] ジェラルド・ゴルドー[ドージョー・カマクラ主宰] “炎の戦士”大谷晋二郎 変態座談会


▼new! パパはわるものチャンピオンDVD(通常版) 3月6日発売!栄光のトップレスラーから悪役になったレスラーが男として、父として、真の強さとは何かに目覚めていく様を描いた本作は、 棚橋弘至の熱演が絶賛を集め、ぴあ映画初日満足度ランキング(2018年9月21日、22日公開)1位を獲得。 人生を戦い続けるすべての人に贈る、感動の物語


▼new! KENNY OMEGA – Ω(OMEGA) BOUTS – [DVD] 1月25日発売!世界的人気を誇るプロレスラー、ケニー・オメガの激闘をノーカットで収めたDVD。飯伏幸太と組んで田口隆祐とプリンス・デヴィットに挑んだIWGPジュニアタッグ選手権、オカダ・カズチカと名勝負を繰り広げたIWGPヘビー級選手権ほかを収録


▼new! ケトルVOL.46 12月15日発売!ケニー・オメガ「新日本から世界を変えるため、プロレスを進化させる」 棚橋弘至「100年に一人の逸材が東京ドームのメインイベントで挑む“譲れない闘い”」 飯伏幸太「孤高のプロレス研究者が、その成果を“出荷”する日」 内藤哲也「プロレス少年が見た夢は、さらに大きなステージへ」


▼new! 証言 橋本真也vs.小川直也 「1・4」の真実 12月14日発売!90年代のプロレス業界において“最大の謎”といわれるのが1999年1月4日、新日本プロレス・東京ドーム大会で行われた橋本真也vs.小川直也の一戦。この試合から20年。深層を当事者、関係者が証言する。


▼new! 2019プロレスラー全身写真名鑑 (週刊プロレス別冊新春号) 12月17日発売!「新春号2019プロレスラー全身写真名鑑」


▼new! Gスピリッツ Vol.50 (タツミムック) 12月21日発売![独占取材]次代に受け継がれた“爆弾小僧”のレガシー ダイナマイト・キッドの甥がイギリスでプロレスデビュー!! [特集]BI砲時代の日本プロレス [インタビュー]アントニオ猪木 坂口征二


▼new! 俺たちのプロレス(13) (双葉社スーパームック) 12月21日発売!誰もが心躍らせた80年代新日本プロレスの怪物外国人選手特集!


▼new! 2019年 新日本プロレス カレンダー 2019年の新日本プロレスカレンダーが登場! 棚橋弘至、オカダ・カズチカ、内藤哲也、ケニー・オメガのトップ選手からヤングライオンまで選手たちのビジュアルを多数掲載! 18年秋の激動の軍団再編成(※2018年10月10日付)を反映し、飯伏幸太、鷹木信悟、石森太二などのフリー選手。チェーズ・オーエンズ、バレッタ、チャッキーTなどのレギュラー外国人選手も登場 !! プレゼントや贈り物にもどうぞ


▼new! WWE 2019 壁カレンダー MMA ボクシング&レスリング ACCO Brands製 WWE スーパースターは、ただのエンターテイナーではなく、パワーと興奮のシンボルです。 世界で最大の巨大なスーパースターを身に着けて、あなたの人生のファンを身に着けましょう。Wall Calendar12ヶ月カレンダーステープルBinding12インチX 24インチスモールスクエアグリッドオブサーブ


▼new! 中邑真輔 2019年 カレンダー 壁掛け B3 CL-568 「イヤァオ!」という決め台詞で世界を熱狂させている中邑真輔選手のカレンダーです。迫力ある試合シーンも収録!


▼new! 飯伏幸太 2019年 カレンダー 卓上 A5 CL-570 普段は見られないようなリラックスした表情も掲載。鍛えられた筋肉と、ビシッときめたスーツ姿とのギャップはファンの方は必見です


ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン キャップ(ブラック×レッド)


新日本プロレスブックス トランキーロ 内藤哲也自伝 EPISODIO1 2018年7月15日発売!プロレス大賞2年連続MVP受賞!いまもっとも目が離せない“制御不能なカリスマ”の原点。


▼new! The Legend of 2nd U.W.F. vol.1 [DVD] 11月20日発売!第2次UWF全試合をノーカットで収録した永久保存版DVDを、熱い期待に応えて復刻。「STARTING OVER Vol.1」(1988.5.12後楽園ホール)「STARTING OVER Vol.2」(1988.6.11札幌中島体育センター)


▼new! The Legend of 2nd U.W.F. vol.2 [DVD] 11月20日発売!第2次UWF全試合をノーカットで収録した永久保存版DVDを、熱い期待に応えて復刻。「真夏の格闘技戦」(1988.8.13有明コロシアム)「FIGHTING NETWORK 第1弾」(1988.9.24博多スターレーン)


▼new! The Legend of 2nd U.W.F. vol.3 1998.11.10愛知&12.22大阪 [DVD] 12月20日発売!後に一時代を築く才能が集まり、様々な記録を打ち立てた第2次U.W.F.の全試合を収めたシリーズ第3巻。1998年の「FIGHTING NETWORK 第2弾」と「HEART-BEAT U.W.F.」から宮戸成夫vs中野龍雄、安生洋二vsマック・ローシュ、前田日明vs高田延彦ほかを収録


▼new! The Legend of 2nd U.W.F. vol.4 1989.1.10武道館&2.27徳島 [DVD] 1月19日発売!プロレス界に革命を起こしたU.W.F.。旗揚げから2年目に入り、ついに日本武道館に進出。初めてのクローズドサーキットで札幌、名古屋、大阪、福岡での同時中継も行われたビッグマッチ。さらに唯一の四国進出となった徳島大会をカップリング。その試合を収録した永久保存版DVDを復刻


▼new! The Legend of 2nd U.W.F. vol.5 1989.4.14後楽園&5.4大阪球場 [DVD] 2月20日発売!後に一時代を築く才能が集まり、様々な記録を打ち立てた第2次U.W.F.の全試合を収めたシリーズ第5巻。1989年の「U.W.F. CORE」と「U.W.F. MAY HISTORY 1st」から、安生洋二vs鈴木実、前田日明vs山崎一夫、前田日明vsクリス・ドールマンほかを収録


▼new! RENA フォトブック RE:NA 12月21日発売!女子格闘技界で圧倒的な人気を誇るRENA、初フォトブック。2018年7月の休養宣言から再びリングで戦う決意にいたる間に密着。鍛えぬかれた肉体美から、チャーミングな素顔、そして感動のロングインタビューまで、男性だけでなく同世代女性にも届く一冊になっています。


16dコレクション 新日本プロレス 内藤哲也 ノンスケール ソフトビニール製 塗装済完成品フィギュア


16dコレクション 新日本プロレス ケニー・オメガ シルバーVer. ノンスケール ソフトビニール製 塗装済完成品フィギュア


▼new! 16dソフビコレクション006 新日本プロレス 棚橋弘至 ノンスケール ソフトビニール製 塗装済み完成品フィギュア


▼new! 16dソフビコレクション005 新日本プロレス オカダ・カズチカ ノンスケール ソフトビニール製 塗装済み完成品フィギュア


▼new! 16dソフビコレクション004 WWE 中邑真輔 ノンスケール ソフトビニール製 塗装済み完成品フィギュア


もちねこ ぬいぐるみ ハチワレ (L) 高橋ヒロムのパレハである愛猫の“高橋ダリル”。一緒に観戦しながら復帰願いを


▼new! 狂おしいほど愛して/あべみほ [DVD] 11月15日発売!(新日本プロレス タイチをサポートするディーバ)サウスキャットの第3弾に、ミスFLASH2015グランプリなど輝かしい経歴を持つあべみほチャンが登場。約3年半ぶりのイメージ出演となった彼女が、身長165cm、股下85cmという驚異のスタイルと美脚を披露する

応援ありがとうございます☆彡

プロレスは初心者もオールドファンも楽しめるジャンル。ファンの立場から、リング内外のカクトウ(格闘)をログ(記録)します。


注目の大会日程まとめ 新日本も再開!!

カテゴリー

バックナンバー

団体リンク

プロレス団体リンク早見
新日本プロレスニュース大会日程新日本プロレスワールドYouTube)/全日本プロレス全日本プロレスTV)/NOAHWRESTLE UNIVERSE)/大日本プロレスDDTZERO1DRAGON GATEみちのくプロレス大阪プロレス2AWDRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムYouTube)/ディアナ


格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSDEEPPANCRASEQUINTET


YouTube
📳アントニオ猪木📳長州力📳前田日明📳船木誠勝📳田村潔司📳蝶野正洋📳獣神サンダー・ライガー📳朝倉海📳朝倉未来📳永島勝司(立会人・金沢克彦)


ファイター等
日本プロレス殿堂会蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト


最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社チームフルスイング書泉グループのイベント闘道館大阪カウント2.99


新着&注目アイテム
プロレスDVDサーチプロレス本サーチ



2020年7月2日発売!プロレス名勝負秘話「ベストバウトをぶっ飛ばせ!」 アントニオ猪木×オカダ・カズチカ、歴史的対談が実現!2月の猪木宣言の真意、ベストバウト論、そして、いまプロレスがすべきことは・・・。60分一本勝負でぶつけ合った初対談は全プロレスファン必見!



2020年7月5日発売!長州力×神聖かまってちゃん  長州力×田崎健太 山本美憂 田中将斗 玉袋筋太郎「村上和成」変態座談会 斎藤文彦×プチ鹿島 宮田充 鈴木みのるのふたり言



2020年6月30日発売!『KAMINOGE』の超人気企画「長州力vs山本の名勝負数え唄」を全21戦完全収録! イラストレーション:中邑真輔



2020年5月2日発売! あの話題沸騰Twitterアカウントが書籍化! 本書は長州力公式Twitterアカウントから傑作ツイートを厳選し、ほぼ意味不明な内容に対して本人自ら感想をつづります! 「SNS講座」と題して、つぶやく際に何を考えているのかも大公開!



2020年3月10日発売!2017年発売の柳澤健著『1984年のUWF』が文庫化(Kindle版と文庫本あり)。「文庫版のためのあとがき」にはカクトウログからの引用あり



2020年2月26日発売!中野巽耀(当時は龍雄)がレスラー人生を総括する初の本格的自叙伝。自身のキャリアを振り返るだけでなく、伝説化しているスーパータイガー(佐山聡)vs前田日明の不穏試合、前田日明vsアンドレ・ザ・ジャイアントのセメントマッチ、前田日明が長州力の眼窩底を骨折させた顔面蹴撃事件、新生UWFの3派分裂劇、UWFインターナショナルと新日本プロレスの全面戦争など歴史に残る騒動について当事者の立場から「真実」を激白!



2020年2月28日発売!その現実から目を背けるな。「やれるか」じゃない、やるんだよ。鈴木みのるの言葉はなぜ俺たちの心に刺さるのか。プロレス界の今、ここを生き抜いてきた唯一無二の思考、貪欲に幸福を求める方法



2019年12月28日発売!新しい敵に向かっているから俺はずっとギラギラしていられる。そして、そういう闘いの中にいられることが、俺にとっての幸せなんだよ。強くあるために何ができるか、いま何をすべきか。リング内外で見せる強烈な存在感の源泉がわかる、プロレス王・鈴木みのる、刮目の最新刊!



2019年12月19日発売!世界最高峰のリングWWEからインディー団体まで、日米マット界の「光」と「陰」を知る著者がはじめて明かす熱狂を生み出す「サイコロジー」のすべて。自身の圧倒的な経験値をもとに綴る、目からウロコのプロレス論!



2020年5月27日発売!新日本プロレス“100年に一人の逸材”にして“エース”の棚橋弘至デビュー20周年DVD!プロレスを黄金時代に導いた男の軌跡に迫る!棚橋弘至の2014~2019年までのヒストリー(ゲスト:柴田勝頼)とミスター平成ライダー・高岩成二とのスペシャル対談を収録



2019年10月10日発売!プロレスラー・柴田勝頼のデビュー20周年記念DVD。NEVER無差別級王者など、輝かしい軌跡を誇る柴田勝頼が自ら選んだ名勝負のほか、“LA DOJO”でヘッドコーチとして手腕を振るう彼に迫ったドキュメンタリーを収録( ⇒ 収録の詳細について

レポートbyカクトウログ

> 「社会的責任」ひとつの答え 新日本再開
> 小久保隆さん TJシンテーマ曲秘話
> 柴田勝頼ついに2017年4月9日を初激白
> 「プロレス大好き芸人」プレゼン大賞
> 柴田勝頼の新日本帰還はなぜ実現した?
> 大阪カウント2.99に鈴木みのるがエール
> オカダ戦から3年 柴田勝頼の奇跡と軌跡
> コロナ禍でノア無観客試合 潮崎vs.藤田
> コロナ禍でスターダム無観客試合
> 文庫版『1984年のUWF』にカクトウログ
> 前田「ずっと猪木さんに教えてもらった」
> 船木誠勝が明かす! 柴田勝頼“秘話”
> 映画アイアン・シークで前田トーク!
> 藤田和之トーク 半生を激語り!
> シークレット結婚式!? オカダ&三森さん
> ジャイアント馬場バルに行ってきた!
> 聖火リレーに谷津 オカダ 桜庭 高田 武藤
> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> 2019年の顔は!? プロレス大賞まとめ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> ダブルドーム ベストバウト投票結果
> 橋本真也、小橋建太との幻の復帰戦計画
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年を大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFのテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> 杉浦vs.エルガンがノア両国ベストバウト
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> カクトウログは開設15周年
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> オカダvs.飯伏IWGP戦はドーム2連戦初日
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> NJCでオカダと柴田勝頼が感動的な再会
> ドン・フライと高山善廣が運命的な再会
> 飯塚高史引退! 引退試合でもヒール貫徹
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 独占! 長州力がDスミスJr.と盃を交わす
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼