歴史と物語の“続き”が見れるエリート新団体「AEW」旗揚げ戦大成功! 元WWE王者アンブローズも複数年契約

pick up ▼ニュース 【新日本】Aは石森が全勝・鷹木を追走! Bはオスプレイら4人が並ぶ大混戦 4・26千葉/27日(月)発売『週刊プレイボーイno.23』で獣神サンダー・ライガーが金沢克彦氏と対談┃三又又三の生誕祭が満員…プロレスリングZERO1花巻大会┃井上京子&井上貴子「W井上」が小猪木&小力と対戦へ ▼情報&コラム 武藤敬司、「復帰前決起集会」で明かした「引き算のプロレス」…「ムーンサルトプレスがなくても見せていく努力と工夫」┃「ファンあってのプロだから」タイガーマスクが熱弁する原辰徳の“魅力”【第3弾】┃団体追放、即復帰! アイスリボン・松本都を「岩下の新生姜」社長がバックアップ? 大阪大会で令和初の新人と対戦┃藤原組長70歳!関節技も人生も「全部一生懸命」┃高崎に「プロレスショップ」北関東唯一、プロレス好きすぎて脱サラ ▼格闘技 那須川 井上尚弥との意外な共通点┃【ボクシング】ヘリングが伊藤雅雪から王座奪取、ミゲルと統一戦へ

 現地時間25日(日本時間26日)に米ラスベガスにて新団体「AEW」が旗揚げ戦を開催した。

・ ジェリコがAEW世界王座の挑戦権獲得 オメガ下す(日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース

<オール・エリート・レスリング(AEW):ダブル・オア・ナッシング>◇25日◇米ネバダ州ラスベガス・MGMグランドガーデンアリーナ

今年1月まで新日本プロレスに参戦していたケニー・オメガ、Cody、ヤングバックス(ニック、マットのジャクソン兄弟)らによるAEW旗揚げ戦で、クリス・ジェリコ(48)がケニー・オメガを下して新設されたAEW世界王座の挑戦権を獲得した。大会メインで、18年1月の新日本プロレス東京ドーム大会以来の再戦が実現した。

オメガを観客席に投げとばし、テーブルにたたきつけるなど派手な場外戦を展開し、リングに戻ればチョップとナックルパートでせめぎ合った。後頭部にオメガのVトリガー、高速飛龍原爆固めも受けるとライオンサルト、雪崩式岩石落としで応戦。相手必殺技の片翼の天使も回避し、カウンターのDDTでお返しした。

相手頭部に強烈な膝攻撃を連発し、さらにコードブレイカーで大ダメージを与えた。最後は新技のジュダス・エフェクトと呼ばれるローリング・バックエルボーをオメガに打ち込み、3カウントを奪ってみせた。

約2万人のファンが騒然とする中、オメガにリベンジしたジェリコは「お前ら黙れ。オレがAEWだ。ファンのための団体じゃない。オレの団体だ。クリス・ジェリコの価値を証明した。テレビの契約を手に入れた。4分で1万枚以上のチケットが売れた。その理由はオレだ」とマイクでアピールした。

これで21人出場カジノ・バトルロイヤルの勝者となったハングマン・ペイジと数カ月以内にAEW世界王座決定戦に臨むことも決まった。

6月9日、新日本プロレス大阪城ホール大会でIWGPヘビー級王者オカダ・カズチカに挑戦するジェリコにとっては大きな弾みとなるオメガ撃破となった。

・ 元WWE王者モクスリーがAEWと複数年契約を発表(日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース

先月限りでWWEを退団した元WWEヘビー級王者ディーン・アンブローズことジョン・モクスリー(33)のAEW参戦が発表された。

メインイベントのケニー・オメガVSクリス・ジェリコ戦終了直後、観客席からリングに乱入。まずはジェリコとレフェリーをダーティ・ディーズで沈めた。オメガとは場外乱闘にまで発展したものの、最後はダーティ・ディーズを成功。高台から投げ落とした。

WWE大物選手の登場に集まった約2万人のファンからは「モクスリーコール」が響き、大会終了後にはAEWと複数年契約を結んだことも正式発表された。

AEWの副社長を兼務するオメガは「ジェリコとの試合に負けたのであまり話したくない。しかしモクスリーには感謝したいな。彼は賢い。この団体の価値をアップさせてくれたよ」と大物選手の参戦決定を歓迎していた。

・ 「知覚を擽る」AEW旗揚げ!オメガ不覚ジェリコ締めもジョン・モクスリー=Dアンブローズ乱入 – 週刊ファイト

AD

■ AEW Double or Nothing
日時:5月25日(現地時間)
会場:ラスベガス MGMグランド・ガーデン・アリーナ

<メインイベント第7試合 シングル戦>
●ケニー・オメガ
 27分00秒 ジューダス・エフェクト
○クリス・ジェリコ

<第6試合 AAAタッグ王座戦>
○ヤングバックス
 24分55秒 メルツァー・ドライバー
●ルチャ・ブラザーズ(ペンタゴンJr.&フェニックス)
※ヤングバックスが王座防衛

<第5試合 メインイベント>
○コディ
 22分30秒 DIN’S FIRE⇒クロスローズ
●ダスティン・ローズ(日本表記ローデス)
※古狸ハーブ・ヘフナーがレフェリー
 腹違いだが仲がイイことでも知られる兄弟が、壮絶な流血戦。最後のコディの”I need my old brother”スピーチは感動だった。観客だけでなく天国の親父は泣いただろう。

<第4試合 女子6人タッグ戦>
アジャコング 坂崎ユカ ●さくらえみ
 13分10秒 魂のスリーカウント(ランニングニー)
○志田光 里歩 水波綾

<第3試合 タッグ戦>
○ベストフレンズ(トレント・バレッタ&チャッキーT)
 12分35秒 ストロングゼロ
アンヘリコ ●ジャック・エバンス

<第2試合 フェイタル4way戦>
※ブランディ・ローズのアピールでオーサム・コングが復帰、急遽の4way戦に
○Dr.ブリット・ベイカーD.M.D.
 11分10秒 ネックブリーカー
“スマイリー=笑顔”カイリー・レイ 
※他はナイラ・ローズ オーサム・コング 

<第1試合>
CIMA T-Hawk ●リンダマン
 13分40秒 ベスト・メルツァー・エバー
○ソーカル・アンセンサード(クリストファー・ダニエルズ&フランク・カザリアン&スコーピオスカイ)

無料配信プレリウム
<ダークマッチ2>
○キップ・セイビアン
 10分0秒 デスリー・ハローズ
●サミー・ゲバラ

<ダークマッチ1 カジノ・バトルロイヤル>
○ハングマン・ペイジ
 16分00秒 クローズラインでオーバー・ザ・トップ・ロープ
●MJF
※他はショーン・スピアーズ(タイ・デリンジャー)、マーク・クエン、アイザイア・キャシディ、ルチャザウルス、ジミー・ハヴォック、ビリー・ガン、中澤マイケル、ジャングル・ボーイ、ダスティン・トーマス、ジョーイ・ジャネーラ、ブライアン・ピルマンJr.、サニー・デイズ、グレイシャー、サニー・キス、ブランドン・カトラー、エース・ロメロ
※優勝のペイジがAEW王座挑戦権獲得

 アウトラインは上記通り。ディーン・アンブローズことジョン・モクスリーの参戦は、予想もされていたもののサプライズとなる。反響も上々。

 ボクもピックアップしつつ追っかけ視聴しました。画面ごしに伝わる熱狂は凄かったですねぇ! ケニーvs.ジェリコ、Cody vs.ダスティンはまさに死闘。コンディションをつくっているようだったジェリコはメイクなし、新日本以外はこれでいくということでしょうか。新日本ではハマりきってなかったCodyはかなりよかった、自らのリングで躍動。異母兄弟対決はダスティンが大流血、これは流血に制約があるWWEへの当てつけでもあるのでしょう。

 WWEへの対抗軸をつくろうと考え、新日本においてプロディュース力を試してもきたエリート勢。メインが「新日本マットでのケニーvs.ジェリコ」に対しての第2弾であり、随所にWWEの歴史や物語の“続き”であったり“越えるもの”の息吹を感じさせた。

 新しい演出があるのかもという観測もあったが、奇をてらったものはなかった。シナリオチームが別にあるわけではなく、一つひとつを自身でプロデュースしていくぜっていうのは根底にあるのでしょう。全体として、世界第1位WWE、第2位新日本という構図に割って入るかもっていう勢いはあったなぁ。

 さらなる再編も? 何人ものWWEレスラーズがAEWに絡んだコメントを出している。
・ AEW初PPV DOUBLE or Nothingに対するWWEスパスタ達のコメント、メルツァーが語るWWEの怒り、AEW選手関係者達への報復の可能性? MOONGOOSE2.com

 

ポチッと応援(↓)お願いします
>> 各種SNSも更新中 Twitter/Facebook/YouTubeチャンネル
>> AEW All Elite Wrestling公式

 


★new! トランキーロ 内藤哲也自伝 EPISODIO 2 (新日本プロレスブックス) 6月16日発売!NO LIMIT分裂/震災から考えたプロレスの力/CHAOSからの追放/オマエ、もうプロレスやめろ!/念願のIWGPヘビー初挑戦/殺すぞ、テメー!/俺は武藤敬司のコピーじゃない/先行くオカダ、追う内藤/歴史に残る悪あがき/失意の長期欠場/リングに上がるのが怖い/「俺の居場所、あるのかな?」/奇跡の『G1』初優勝/“まずは”論争/「ヒザがどうなってもいい!」/ダブルメインのファン投票/鳴り止まないブーイング/「オマエのせいでセミになったんだ!」/主役じゃなく脇役/ロス・インゴベルナブレス加入/天才レスラーなんかいない/振り子の理論/「ナイトー、トランキーロ!」/ひとりきりの闘争の幕開け


★new! 証言「プロレス」死の真相 6月13日発売!橋本真也、三沢光晴、ジャイアント馬場…プロレスファンを熱狂させたレスラー達の「死の真相」を、選手・関係者が証言


★new! 逆説のプロレス(14) (双葉社スーパームック) 5月21日発売!プロレスファン垂涎のスキャンダル路線を徹底堅持。これまで語られることのなかった新証言によって氷解する“あの真相”!


★new! 証言 長州力 「革命戦士」の虚と実 5月27日発売!6月26日に引退をするプロレスラー長州力の実像に迫る! 盟友、ライバル、フロントなど「革命戦士」と濃密な関係にあった19人が語る、タブーなしの証言集。アマレス時代に天下を獲った男が雌伏の時を経て、“噛ませ犬発言”でブレイク。時代の寵児となり、その後もプロレス界の「ど真ん中」に立ち続けた不世出のレスラーが関係したエポックな事件の真実。新日本プロレスクーデター事件、ジャパンプロ設立、前田日明との遺恨、現場監督で本黄金期、WJ旗揚げ、そして猪木との愛憎――。黙して語らない“最強レスラー”の虚と実


★new! クーデター 80年代新日本プロレス秘史 5月27日発売!日本のプロレス・格闘技史における大きな分水嶺となった80年代新日本プロレスの分裂・移籍劇。初代タイガーマスクの引退、猪木の社長辞任、そして長州らの離脱とジャパンプロレスの設立、それらのすべてを知る立場にあった大塚直樹・元新日本プロレス営業部長が当時自身がつけていた「日記」をもとに真実を告白する。未公開の記述から初めて明かされるタイガーの引退、ジャパンプロレスの設立秘話などスクープ満載の書


★new! 平成スポーツ史4プロレス: B・Bムック 5月22日発売!1989~2019 多団体時代 平成プロレス 完全網羅 感動、激闘、混沌 闘絵巻三十年


★new! AERA (アエラ) 2019年 5/13 増大号 [雑誌] 5月2日発売!大学勢力図2019「MARCHや関関同立よりMUSYC」 特集「新日本プロレスにマディソン・スクエア・ガーデン熱狂」


★new! 驚天動地!!プロレス取調室 ~さすらいのアウトロー編~ 5月25日発売!反則覚悟の爆笑裏話、オンパレード! 生粋のプロレスマニア兼ファン代表の玉袋筋太郎らによるプロレスラー豪快インタビュー集、待望のアウトロー編ついに登場


★new! さよならムーンサルトプレス 武藤敬司35年の全記録 5月12日発売!デビューからスペースローン・ウルフの衝撃、闘魂三銃士結成、グレート・ムタの覚醒を経て、nWoの席巻。そして全日本プロレス社長就任、WRESTLE-1の旗揚げまで。WEBで話題を呼んだ、スポーツ報知記者による同名連載を書籍化、200ページの大幅加筆


AD


★new! 刷新 藤原ノート 5月9日発売!御年とって70歳のプロレスラー、藤原喜明。「関節技の鬼」との異名をとるほどのレスリング・マイスターである。本書では修業時代、フロリダのカール・ゴッチ道場で習得した関節技を詳細なイラストで解説。2009年に『復刻 幻の藤原ノート』(講談社)として刊行された書籍の待望の刷新版である。藤原喜明の魅力が堪能できる1冊となっている。


KAMINOGE 89 5月7日発売!2019年4月・中邑真輔の近況 ターザン山本! KUSHIDA 黒潮“イケメン”二郎 山崎五紀 岩谷麻優 ロッシー小川 変態座談会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あわせて読みたい