1. HOME
  2. プロレス
  3. ジャイアント馬場夫人・元子さん死去 選手・関係者の母親のような存在で全日本プロレスを支える 選手らとの対立も
プロレス

ジャイアント馬場夫人・元子さん死去 選手・関係者の母親のような存在で全日本プロレスを支える 選手らとの対立も

 23日にジャイアント馬場夫人、馬場元子さんの訃報が伝わった。


写真はデイリースポーツより

・ 故ジャイアント馬場さん夫人・元子さん死去(東スポWeb) – Yahoo!ニュース

 “世界の16文”“東洋の巨人”として一時代を築いた不世出の名レスラー故ジャイアント馬場さん(享年61)の夫人で、元全日本プロレス社長の元子さんが14日に肝硬変のため、都内の施設で亡くなっていたことが22日、分かった。78歳だった。親族のみで19日に通夜、20日に告別式が営まれた。戒名は「顕徳院法栄妙元清大姉(けいとくいんほうえいみょうげんしょうたいし)」。

 元子さんは昨年1月に東京・渋谷区の自宅で行われた「喜寿を祝う会」で元気な姿を見せたが、同年初夏から肝臓の病気が悪化して6月に都内の病院に入院。10月には「持ってあと2週間」と医師から告げられた。その後に驚異的な回復を遂げるも、肝臓の病気は施術のしようがないほど悪化し、定期的に腹水を抜く処置と投薬だけが続いていた。

 以来、小康状態を保ち13日夜も元気に笑顔で話して夕食も取ったが、翌14日に容体が急変。同日午後9時9分に息を引き取った。

 元子さんは1940年1月2日生まれ、兵庫・明石市出身。15歳の時に、キャンプのため、明石を訪れた当時プロ野球巨人軍の投手だった馬場さんと知り合った。66年に婚約して馬場さんがプロレスに転向した時も72年に全日本プロレスを旗揚げした際も裏方として馬場さんを支え、82年に結婚を公表した。

 1999年1月31日に馬場さんが亡くなった後は故三沢光晴さん(享年46)を社長として再出発を図ったが、経営面の考えなどの食い違いにより、2000年に三沢さんらが大量離脱して「プロレスリング・ノア」を設立。団体は存亡の危機を迎えたが、同年7月に社長に就任するとミスタープロレス・天龍源一郎(68)の復帰、当時新日本プロレスのエースだった武藤敬司(55)らの移籍により、団体を蘇生させた。02年10月の日本武道館大会を最後に社長職を辞任してマット界から退いた。

 14年7月に秋山準(48)が新社長に就任すると、相談役などを務め、翌年に辞任するまで秋山体制を支えた。元子さんの急逝により、またひとつ「昭和のプロレス」が幕を閉じた。

 関係者との一定規模の交流があったのは2017年1月の「喜寿を祝う会」が最後のようだ。プロレス会場への来場は2016年10月、三条市の名誉市民に馬場が選ばれたタイミングでのものが最後となった。
・ 全日・秋山準社長 元子さん哀悼「感謝してもしきれない」(東スポWeb) – Yahoo!ニュース

 最後に元子さんと顔を合わせたのは2016年10月の新潟・三条大会。馬場さんが同市の名誉市民に選定された際の受賞セレモニーに出席するため、元子さんが来場した。「うちの嫁は昨年1月の『喜寿を祝う会』をお手伝いしたんですけど、僕がお会いしたのはあの時が最後です。まさか、それが最後になるとは思いませんでした」。元子さんがプロレスの会場を訪れたのも、これが最後となった。

 選手・関係者の母親のような存在で全日本プロレスを支える。2019年予定の“馬場没後20周年追善イベント”には残念ながら立ち会えないこととなった。
・ 全日プロ・和田京平名誉レフェリー 馬場夫妻は「本当のオヤジとオフクロ」(東スポWeb) – Yahoo!ニュース

AD

 来年1月31日には馬場さんの没後20周年追善イベントが計画されている。「もう皆が集まるしかないんじゃないかな。イベントでも興行でも、これから先、これ以上の大義名分はないですよ」と和田氏。全日プロの“番頭役”と呼ばれた名レフェリーは、もちろん真っ先に駆けつけるつもりだ。

・ 全日本プロレス所属選手ら哀悼の意 新日本参戦の鈴木軍・タイチ、金丸らも沈痛…(デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース

 全日本の所属選手たちもツイッターで哀悼の意を表した。大森隆男は「生前は大変お世話になりました。ここでは書き切れないくらい本当にお世話になった」と故人への思いをつづり、諏訪魔も「大変驚いています。ご冥福をお祈り致します」と記した。

 新日本を主戦場にしている鈴木軍のメンバーも元子さんの死を悼んだ。元子社長時代の最後の新弟子であるタイチは「自分は厳しくされたが、デビューしたときには『やめないでよく頑張ったわね』と言ってもらえた。体が小さかったから、あえて厳しく育てたと思う」と寂しげな表情。金丸義信は馬場夫妻によく焼き肉に連れて行ってもらった思い出を明かしながら、「言葉がない」と沈痛な面持ちだった。

 いわゆる馬場・猪木の時代でミセス・ババとして君臨。
・ グレート小鹿会長が元子さん追悼「日本のプロレス界の歴史をつくった人」(東スポWeb) – Yahoo!ニュース

「オイラが全日本に行った当時は人(選手)が増えている時期だったので、経営は苦しかったんじゃないかな。馬場さんが経営難で落ち込んでいる時に、元子さんが『天下の馬場さんがそれくらいのお金で何をクヨクヨしているの。それくらいのは私が出します!』とタンカを切ったという話を聞いたことがある。実家(兵庫・明石市)が裕福だったからね。それ以来、馬場さんは元子さんに頭が上がらなくなったんじゃないかな」

 元子さんの実家は裕福な旧家で、小鹿会長は元子さんの父親・伊藤悌(やすし)さんとも交流があり、毎年暮れには故郷・函館から新巻鮭を送っていたという。

「力道山先生が日本にプロレスを創設され、やがて馬場、猪木の時代になった。その時代に『女帝』のような存在で、プロレス団体の運営のハンドルを握った。これは歴史的なことですよ。その後に似たようなケースも出てきましたが、スケールが違う。ある意味、日本のプロレス界の歴史をつくった人と言ってもいいかもしれない。すごい方でした…」と哀悼の意を表し、故人に最大級の賛辞を寄せた。

 団体を守ろうとした一方で、選手・関係者との対立も。
・ 馬場元子 – Wikipedia

馬場夫妻が経営するジャイアント・サービスを通じてグッズ販売を独占し、全日本プロレスとは別会計で同社に入るようにしていた。そのため選手にロイヤリティは入らなかった。

1999年、ジャイアント馬場と死別。三沢光晴が後任社長となった新役員体制で全日本プロレス取締役となる。しかし、株式は元子が保有していたため、三沢は思ったように舵が取れず、改革を訴える三沢に対し、度々反発していた。

2000年、三沢以下社員40名以上が全日本を退社、プロレスリング・ノアを立ち上げ、元子は全日本プロレス代表取締役社長に就任する。この時全日本に残った選手は、川田利明と渕正信の日本人2人のほかはみな外国人選手で、天龍源一郎を復帰させるなど苦しいやりくりを強いられた。新日本プロレスとの対抗戦を経て武藤敬司が全日本に移籍、社長となったが、株式を元子が保有している状況は変わらなかった。

団体そのものの存続に危機感を抱いた和田京平らは、川田利明、渕正信、和田京平のプロパー3人の連名で「武藤社長への株式譲渡を求める。拒否された場合は全選手と社員で全日本プロレスを離脱する」という主旨の文書を元子に提出。その結果、全日本プロレスの株式85%を武藤に無償譲渡し、オーナーを退いた。

 三沢光晴が選手を引き連れて2000年に離脱したことを象徴として、元子さんの強権ぶりはファンに伝わっていくこととなった。それだけ守るべきものを守るという信念は元子さんにもあったことでしょう。

 今ごろは“没後20年”を前に馬場と再会。天国で笑顔となっているに違いありません。プロレス界への多大な貢献をありがとうございました。ご冥福をお祈りします。

>> 全日本プロレス公式

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


プロレスは初心者もオールドファンも楽しめるジャンル。ファンの立場から、リング内外のカクトウ(格闘)をログ(記録)します。

AD

カテゴリー

バックナンバー

レポートbyカクトウログ

> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> ダブルドーム ベストバウト投票結果
> オカダが2冠達成! 東スポプロレス大賞
> 橋本真也、小橋建太との幻の復帰戦計画
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年を大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFのテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> 杉浦vs.エルガンがノア両国ベストバウト
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> カクトウログは開設15周年
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> オカダvs.飯伏IWGP戦はドーム2連戦初日
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> NJCでオカダと柴田勝頼が感動的な再会
> ドン・フライと高山善廣が運命的な再会
> 飯塚高史引退! 引退試合でもヒール貫徹
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 独占! 長州力がDスミスJr.と盃を交わす
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼

団体リンク

プロレス団体リンク
新日本プロレスニュース大会日程ワールド動画配信YouTube公式動画選手ブログ集)/全日本プロレスNOAHWRESTLE-1大日本プロレスDDTZERO1DRAGON GATE東方英雄伝みちのくプロレス大阪プロレスKAIENTAI DOJODRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムREINAワールド女子プロレス・ディアナ

格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSDEEP
PANCRASEQUINTET

ファイター等
蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト

最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社チームフルスイング大阪カウント2.99

 

★new! 12月23日発売! 今年も収録人数1000人超え!ファン必携の一冊!! この「2020プロレスラー全身写真名鑑」は、週刊プロレス本誌「2020プロレスラーカラー写真名鑑」に掲載された選手をもとに、デビューした選手、掲載できなかった選手を加えた1028人の選手を掲載しています


★new! 12月28日発売!新しい敵に向かっているから俺はずっとギラギラしていられる。そして、そういう闘いの中にいられることが、俺にとっての幸せなんだよ。強くあるために何ができるか、いま何をすべきか。リング内外で見せる強烈な存在感の源泉がわかる、プロレス王・鈴木みのる、刮目の最新刊!


★new! 12月1日発売!浜崎朱加 朝倉未来 あい 長州力 小杉俊二 エル・サムライ マイティ井上 玉袋筋太郎 鈴木みのる マッスル坂井 ターザン山本!


★new! 12月19日発売!/スペシャルインタビュー アントニオ猪木 「ズバリ言えば、大仁田はかなりゲテモノ」/藤波辰爾インタビュー 「1・4の長州VS橋本戦がケンカまがいの殴り合うだけの泥仕合になってしまって、あの空間が耐えられなかった……」/武藤敬司インタビュー 「1・4橋本VS小川戦のあとはメチャクチャになった現場を俺の試合で“大掃除”しなきゃいけなかった」/田中ケロインタビュー 「もう1回、東京ドームの超満員のプロレスファンの前に猪木さんを立たせたい」/サイモン・ケリー猪木インタビュー 「新日本社内は1・4東京ドームの撤退派と継続派で割れてました」/長井満也インタビュー 「アルティメット・ロワイヤル」1・4最大の“黒歴史”の舞台裏/金沢克彦インタビュー「オカダは、ヘタしたらプロレスラーとしてアントニオ猪木を超えるかもしれない」/永島勝司インタビュー「俺と猪木の”最終章”」


★new! 12月19日発売!世界最高峰のリングWWEからインディー団体まで、日米マット界の「光」と「陰」を知る著者がはじめて明かす熱狂を生み出す「サイコロジー」のすべて。自身の圧倒的な経験値をもとに綴る、目からウロコのプロレス論!


★new! 12月11日発売!内藤哲也[新日本プロレス]のホンネ録 『週刊プロレス』人気連載、待望の単行本化! 本書でしか読めない新規エピソードを収録。巻末には「週刊プロレス2000号突破祈念」のイベントトークを採録


★new! 11月27日発売!プロレスラー カラー選手名鑑2020 今年も収録人数1000人超え! 「2019プロレスグランプリ」投票ハガキ付き 1週間のプロレス界追跡 男女16団体試合リポート


★new! 11月14日発売!アントニオ猪木とはいったい何者なのか? 佐山聡、前田日明、武藤敬司、蝶野正洋、天龍源一郎ら因縁の13人が証言する“燃える闘魂”の光と影そして、猪木自身にもインタビューを敢行!舌出し失神、1・4事変、UWF、新日本身売り……プロレス界「最大の謎」を猪木本人に問う!!


★new! 11月14日発売!ロングインタビュー井上尚弥「勝利とKO本能と」 特別インタビューノニト・ドネア「一発必中に賭けていた」


★new! 10月10日発売!プロレスラー・柴田勝頼のデビュー20周年記念DVD。NEVER無差別級王者など、輝かしい軌跡を誇る柴田勝頼が自ら選んだ名勝負のほか、“LA DOJO”でヘッドコーチとして手腕を振るう彼に迫ったドキュメンタリーを収録( ⇒ 収録の詳細について


★new! 11月1日発売!単行本「証言UWF」シリーズ3冊に登場した28人の証言に加え、伝説の「10・9」を語る髙田延彦と武藤敬司の初対談を特別収録。大ボリュームのシリーズ完全版!


★new! 2月26日発売!中野巽耀(当時は龍雄)がレスラー人生を総括する初の本格的自叙伝。自身のキャリアを振り返るだけでなく、伝説化しているスーパータイガー(佐山聡)vs前田日明の不穏試合、前田日明vsアンドレ・ザ・ジャイアントのセメントマッチ、前田日明が長州力の眼窩底を骨折させた顔面蹴撃事件、新生UWFの3派分裂劇、UWFインターナショナルと新日本プロレスの全面戦争など歴史に残る騒動について当事者の立場から「真実」を激白!


★new! 10月18日発売!プロレスラー「団体離脱」の真相 藤波辰爾、鈴木みのる、馳浩、ザ・グレート・サスケ、松永光弘、アレクサンダー大塚、田村潔司、西村修、安田忠夫、大谷晋二郎、吉田豊、田中ケロ、田山正雄


★new! 12月31日発売!小林邦昭&越中詩郎と空手・誠心会館の抗争に端を発し、『反選手会同盟』結成、天龍源一郎率いるWARとの対抗戦、そして『平成維新軍』に改名して独立興行を開催するまでに至る流れを各メンバーがそれぞれの視点から回想。1999年の解散宣言から20年…7人の男たちがあの熱い時代を本音で振り返る!


★new! 9月25日発売!今年(2019年)で10年目を迎えた『麺ジャラスK』の店主であるプロレスラーの川田利明が、現役時代に購入したベンツを売り払ってわかった〝俺だけの教訓〟を余すことなく披露。成功のための「してはいけない」逆説ビジネス学を辛口で伝える!


★new! 12月17日発売!新日本プロレスリング株式会社社長兼CEO。日本語と英語とオランダ語など6ヶ国語を自在にあやつり、海外でのビジネス経験も豊富なプロ経営者、ハロルド・ジョージ・メイ。外国人でありながら日本人の感覚も持ち合わせる国際人メイが、キャリアを築くベースになったマーケティングのこと、経営や組織のこと、英語学習のことやグローバル社会のこと、社長としての思いやプロレス愛などについて綴った初の著書


★new! 11月27日発売!1994年11月20日、この日、東京ドームで史上初の興行が開催された。当時、『週刊プロレス』の担当記者として女子プロレスを追っていた小島和宏がロッシー小川(元・全日本女子プロレス広報企画部長)、山本雅俊(元・JWP代表)、風間ルミ(元LLPW代表)、工藤めぐみ(元・FMW)、シャーク土屋(元・FMW)ら団体対抗戦のキーマンを直撃。25年の時を経て、真実の憧夢超女大戦の姿が浮かび上がる!
 
管理者用 編集記事編集mail編集amazon

AD