1. HOME
  2. プロレス
  3. スターダム
  4. 上谷沙弥「まだやり残したこと」 林下詩美との至高5分まさにAphroditE
スターダム

上谷沙弥「まだやり残したこと」 林下詩美との至高5分まさにAphroditE

スターダム

303

 12日、スターダムが『STARDOM in KORAKUEN 2024 Apr.』後楽園ホール大会を開催した。コメント言い回しは公式に合わせるか、動画公開箇所内としています。

バクステでコズエン問答再び…中野「ところで…そろそろ言わなきゃ」

<第1試合/6人タッグマッチ>
〇中野たむ&安納サオリ&なつぽい(COSMIC ANGELS)
 10分18秒、バイオレットスクリュードライバー→片エビ固め
●水森由菜(COSMIC ANGELS)&さくらあや&玖麗さやか(-)

トロピカル審査の最終試験として、この一戦に、さくらあや&玖麗さやかのコズエン正規メンバー入りがかかった。

中野らは連係攻撃でも容赦せず。2人の根性を試しているようにも感じる。

技を繰り出せないでいる2人だったが、連係などで立て直し、逆に仕掛けられるようになってきた。

さくらあや&玖麗さやかのダブルドロップキック。

もう一丁。頼もしい攻撃に水森から笑みが溢れる。

玖麗・水森・さくらがエプロンから場外へ揃って跳ぶ。

2人を鍛えてきたトロピカル審査員の水森が連係攻撃と中野のフィニッシュを食らって敗戦。

(リング上)
中野「さくら、玖麗、ゆなもん。全員まだまだだね。コズエンに必要なもの、かわいさでも愛嬌でもダンスのうまさでもない。プロレスラーにとって一番大事なこと何かわかる? もっと自分をさらけ出すこと! 今日、いや、トロピカル審査? 3人とも…合格です! 泣いてるう。
(メンバー紹介へ)宇宙一かわいいたむちゃん。妖精なつぽい、そしてサオリちゃん。そして、トロピカル審査委員長うゆなもん! そして今日から正式メンバーの玖麗!そしてさくら! 私たちもアナタたちもデリシャース、ウ~~ンマ!」

(バックステージコメント)
中野たむ「トロピカル審査、3人とも合格です!! 本当の気持ちを肌で感じた。玖麗は天才的なアイドル性を持ってる。さくらはなんかちょっとたむに似てるとこがあるよね。ゆなもんは審査する側になって本当に変わった。強くなった。3人とも本当にいいものを持っているから、それを本物にできるかどうかは全部これから自分次第だから、必ずコズエンで本物になって!」

なつぽい「これで新生COSMIC ANGELS」

みんなで「よろしくお願いします」

中野「全員揃ったところで。そろそろ言わなきゃな。」

安納サオリ「ずっと言おうとしてたやつ?」

中野「そう。皆揃ったら言うって言ってたよね」

なつぽい「何?」

中野「ちょっと言いにくいんだけど、私から提案があって…なんかおなか痛い!! ちょっとごめん、お願い(と走り去る)」

安納「いつものことや」

なつぽい「ばいぽーい」

水森由菜「トロピカル審査、信じてついてきてくれてありがとう」

玖麗さやか「私はこの2か月間、がんばってきたことが今日全部出せたかどうかはわからないんですけど、この2か月で私のプロレス人生が大きく決まった気がします。これからCOSMIC ANGELSとしてがんばっていきますのでよろしくお願いします」

さくらあや「復帰してからちょうど1か月。コズエン入りを宣言してから1か月で、2023年デビュー組の中ではいちばん早くデビューしたのに、ユニットも何もかもみんなより出遅れてしまって、悔しい思いをしたんですけど、こうやってCOSMIC ANGELSの正式メンバーになれたので、これから追い越していきたいと思います。よろしくお願いします」

水森「この3人でいっぱいいっぱい練習して、もっともっと強くなります。見ててください」

 他のルーキーから出遅れを感じつつも、土壇場で立ち上がったところが既にコズエンらしくもある。晴れてさくらあや、玖麗さやかの2人がコズエン正規メンバーに。試合としても、考えてきた作戦を総投入できたと感じられた。

 コズエンがそもそも、相手にダメージを与えるために「自身の全体重を利用する」「相手の体重を利用する」などで攻撃を組み立てていくチームだ。その闘い方を愚直に全力で展開、気持ちを折ることなくやり切ったところが、中野の判断ポイントとなったのではかかろうか。ただ中野も「本物にできるかどうかは全部これから自分次第」と、上を目指すよう檄を飛ばした。

 コズエン問答のつづきは「ちょっと言いにくいんだけど」との言い回しが気になる。安納はもう結論を聞くことを半分あきらめている感じではあるが、はたしてその中身は?
 

ジュリア「絶対また闘いたい」 叶わなかった岩谷麻優との王座戦予約

<第6試合/スペシャルタッグマッチ>
岩谷麻優&△羽南(STARS)
 20分00秒、時間切れ引き分け
△ジュリア(-)&朱里(God’s Eye)

ジュリアのスターダムラストマッチは、朱里と組んでのアリカバで出陣。

何度も見てきた連係エルボー攻撃がビシッと決まる。

2人で岩谷のタケコプターを食らう場面も。

ジュリアが岩谷、羽南との闘いを惜しむように全力だ。

20分フルタイムで決着つかず。

(リング上)
羽南「ジュリア、ジュリアと闘えてよかった。私とジュリアはさあ、同期じゃん。同期なんだよね。今日はドローで決着つけられなかったけど、私はスターダムで成長して、オマエからスリー(カウント)取ってやるよ!」
ジュリア「後楽園ホールにお越しの諸君、ごきげんよう! そう、私と羽南ちゃんは、なんと同期、です。まあ、私はこないだ30歳になったけど、キミはいま何歳だ? 19歳? OK、OK。若いはいいねえ、同じ同期だけど10個以上(離れている)? 私が言いたいこと、羽南ちゃん、キミと初めて会ったときは、まだ私も20代だったけど、キミはまだ高校生だったよね。それがさ、ホーントにマジすごくなったねえ! ビックリした! まだまだ未来が、たくさん広がってるじゃん。だからこのスターダム、キミがいれば大丈夫だよなあ、なあ! だから、羽南ちゃん、こんど白いベルト闘うんでしょ。チャンピオンになるの楽しみにしてるから頑張ってくれたまえ!羽南ちゃん。そして、岩谷麻優! 岩谷麻優、私は、岩谷麻優といつかベルト懸けてシングルマッチがしたかったんだけど、それは叶うことができなかった。けど、私はもっともっとでっかくなったときに、岩谷麻優、オマエと、絶対また闘いたいと思ってる。だから岩谷麻優、スターダムの女子プロレスのアイコンとして、ポンコツもほどほどに、よろしくな。ありがとうございました! もう一回、必ず。アリベデルチ!」

(岩谷が退場)
ジュリア「そして朱里!朱里!朱里! 朱里、朱里にも一言。出会ってくれてありがとう!」
(ジュリアと朱里がハグ)
ジュリア「そして、スターダム、4年前ヘンな移籍の仕方で来てしまった私を、いまこうやって、あったかく応援してくれてる諸君、本当にありがとう! ここでの、ここでの経験は私の一生の宝だから。スターダムにいることしっかり誇りに思って、もっともっと上を目指していくんで、これからも諸君よろしくなー! それではアリベデルチ、また会おうぜ!」

(バックステージコメント)
ジュリア「ここにきてたくさんの仲間と出会って、たくさんの経験して、ちょっとは大人になれたのかな。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。でもこれで終わりなんて思ってねーからな。誰だかわかってんだろうな。ジュリアだぞ」
朱里「またリングで会いたい。ジュリアがいたから今の私がある。本当に出会ってくれてありがとう」

 ジュリアが「絶対また闘いたい」と、叶わなかった岩谷麻優とのシングル王座戦を予約だ。さらには「スターダムを誇りに思って、もっともっと上を目指していく」と前を向いた。特に海外報道が出ているWWE入りが正式に決まれば、日本団体選手勢との試合は難しくなる。とはいえ物事に絶対はなく、そのリアルな時の流れを追い続けられるところがプロレスを見る者としての喜びでもある。

 あらためてジュリアは「4年前ヘンな移籍の仕方で来てしまった私」とも。いやいや、とんでもない。闘いで魅了して評価を一変させたのはジュリア本人の実力と努力そのものだ。今後の舞台の正式発表を、しっかりと待ちたい。

蹴る飛ぶ投げる…メイン後なのに観客釘付けで“詩美がいたスターダム”完結

<第7試合/スペシャルタッグマッチ>
舞華(E neXus V)&〇飯田沙耶(STARS)
 19分09秒、達者でな!→片エビ固め
●林下詩美(-)&上谷沙弥(Queen’s Quest)

AphroditEの2人の腕がピタリと揃って観客をグルリと指していく。

村山大値レフェリーも「ムムッ」!? 上谷も攻撃する側に入ってドロップキック。

もちろんAphroditEとしての連係もしっかり決まる。

飯田が「達者でな!!」と叫んでから、同名の技で林下を仕留めた。

(リング上)
詩美「……。いた、痛すぎるかな、ちょっと。これは鮮烈だ、ちっと、やりすぎだわ…。この黄金世代のある時代にプロレスラーになれて、ホントに幸せだわ。黄金世代でひめかみたいなかわいいヤツと出会って、プロレスすげえ楽しいと思ったし、舞華、オマエみたいなライバルがいてくれたから私のプロレス人生がさらに輝いた、ありがとう。飯田、たった2人の私たち2人だけのスターダム10期生、オマエは本当の同期で、飯田の背中が私の幸せだから、これから楽しみにしてるよ。そして上谷、ずっととなりにいてくれて、パートナーでいてくれて、毎日がすごく楽しかった、ありがとう。黄金世代で試合ができて、もう思い残すことはないです、みなさんありがとうございました」
上谷「詩美さんとこうやってタッグが組めて本当に幸せだったし、アフロディーテ最高だなって。でも、私まだ一つやり残したことがあるんですよ。(詩美との)シングルマッチ。見たいですよねえ! シングルマッチ、いまここでやりたいんですけど」
岡田社長「いまここで、5分やりましょう!」
上谷「ということで、5分1本勝負シングルマッチ決定だ!」

<5分1本勝負>
△林下詩美
 5分00秒、時間切れ引き分け
△上谷沙弥

飛ぶ。

蹴る。

投げる(投げっぱなし式)。

投げる(ホールド式)。

上谷のエルボー振り下ろしとなった際にタイムアップ。林下は上谷を抱きしめた。

舞華「おい上谷、もう悔いはないか? もう悔いはないか? 飯田は、もう悔いないか? ないって。我々黄金世代は、すごく自由で、個性豊かな集まりだとホントに心の底から思うよ。リングが変わっても我々は崩れない。黄金世代第2章だ! そうだよな、飯田」
飯田「あったりめえだろ! 我々黄金世代はリング上がる限り、咲き続けて散ることなく、こうやってアナタ方の目の前で弾けまくるぜ! 黄金世代は、終わらねえ! 詩美、最後にオマエに言いたいことがあるんだけどさあ。みんなで最後送り出そうぜ。ここはあれしかねえよ。アッシが詩美と言ったら、みなさんで『達者でな!』(と叫べ)わかったか。任せろ。詩美、達者でな!」

(バックステージコメント)
林下詩美「この4人と同じ黄金世代で幸せだよ私は。本当に楽しい最後のスターダム、ありがとうございました。幸せです」

上谷沙弥「今まで当たり前のように隣にいた詩美さんが次からもういなくなるって考えると本当に寂しいけれど、最後シングルマッチをしてしっかりと送り出せたので悔いはない」

舞華「スターダム私がいるから任しておけよ。好きなだけ暴れてこい。悔いのないように」

飯田沙耶「今度はシングルでお前の前に立ってまたスリーとって、ちゃんと”10期生同期”そうライバルとして見られる飯田になるよ」

このポーズもスターダムでは見納め。

 スターダムラスト試合となる林下に、10期生同期の飯田がトドメを刺した。舞華とのライバル攻防といい、十分すぎるほどのエール交換で観客は満足していた。そのとき上谷が「まだやり残したこと」と口にする。

 19分の試合の後なのだ。林下は体力消耗しているためズッコケる。気持ちをぶつけ合うことでせいいっぱいと思えたが…いやいやどうして。メイン後なのに至高5分、まさにAphroditE。2人の女神が蹴る飛ぶ投げる…その攻防のクオリティに観客は釘付けとなる。

 “詩美がいたスターダム”が完結した。来週からスターダム内外で「黄金世代第2章」が始まっていく。

(大会結果)スターダム STARDOM in KORAKUEN 2024 Apr. 4月12日(金)後楽園ホール

■スターダム STARDOM in KORAKUEN 2024 Apr.
日時:4月12日(金)18:30
会場:東京・後楽園ホール 観衆1390人(満員/主催者発表)

<第1試合/6人タッグマッチ>
〇中野たむ&安納サオリ&なつぽい(COSMIC ANGELS)
 10分18秒、バイオレットスクリュードライバー→片エビ固め
●水森由菜(COSMIC ANGELS)&さくらあや&玖麗さやか(-)

<第2試合/タッグマッチ>
●月山和香&HANAKO(E neXus V)
 9分29秒、黒虎脚殺
〇スターライト・キッド&琉悪夏(大江戸隊)

<第3試合/3WAYタッグマッチ>
鹿島沙希&●八神蘭奈(God’s Eye)
vs.
レディ・C&天咲光由(Queen’s Quest)
vs.
〇コグマ&向後桃(STARS)
※5分53秒、120%スクールボーイ

<第4試合/6人タッグマッチ>
鈴季すず&星来芽依&●梨杏(-)
 11分42秒、ダイビングダブルニードロップ→片エビ固め
刀羅ナツコ&〇吏南&フキゲンです★(大江戸隊)

<第5試合/4WAYバトル>
葉月(STARS)
vs.
●壮麗亜美(God’s Eye)
vs.
ジーナ(E neXus V)
vs.
〇渡辺桃(大江戸隊)
※8分04秒、ピーチサンライズ

<第6試合/スペシャルタッグマッチ>
岩谷麻優&△羽南(STARS)
 20分00秒、時間切れ引き分け
△ジュリア(-)&朱里(God’s Eye)

<第7試合/スペシャルタッグマッチ>
舞華(E neXus V)&〇飯田沙耶(STARS)
 19分09秒、達者でな!→片エビ固め
●林下詩美(-)&上谷沙弥(Queen’s Quest)


記事が役立ったらポチッと応援を。1日1クリック有効。


[主要な大会▶格闘スケジュール
主要外部リンク
[ブシロード▶新日📺]/スターダム📺]]
[サイバーF▶ノアDDT系📺]]
[有力団体別▶全日📺]/GLEATMARIGOLD
[総合格闘技▶RIZIN

総合格闘技ジムCAVE 入会キャンペーン 墨田区押上のパーソナルトレーニング スペラサン 初回半額体験実施中

カテゴリー

バックナンバー

団体リンク

プロレス団体リンク
新日本プロレスニュース大会日程新日本プロレスワールドYouTubeワールドYouTube)/全日本プロレス全日本プロレスTV)/NOAHDDTWRESTLE UNIVERSE)/GLEAT大日本プロレスZERO1DRAGON GATEみちのくプロレス大阪プロレス2AWDRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムスターダムワールドYouTube)/ディアナマーベラス


格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSK-1RISE(ライズ)DEEPPANCRASEQUINTET巌流島


YouTube
📳アントニオ猪木📳長州力📳前田日明📳船木誠勝📳田村潔司📳蝶野正洋📳獣神サンダー・ライガー📳朝倉海📳朝倉未来📳永島勝司


ファイター等
蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)高山善廣田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト


最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスNoguaranteemagazineBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル大川昇アメブロ金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社彩図社チームフルスイング書泉グループのイベント闘道館大阪カウント2.99


新着&注目アイテム
プロレスDVDサーチプロレス本サーチ


さぬきうどん全店制覇攻略本2024-25年版 ムック – 2024/4/24 タウン情報かがわ (編集)


アントニオ猪木とUWF 単行本 – 2024/5/31 前田 日明 (著), 藤原 喜明 (著)


KAMINOGE150 単行本 – 2024/6/5 ペールワンズ (編集)


真・プロレスラーは観客に何を見せているのか 30年やってわかったこと (徳間文庫) 文庫 – 2024/3/8 TAJIRI (著)


前田日明デビュー45周年記念Blu-ray BOX [Blu-ray] – 2024/6/12 前田日明 (出演)


猪木のためなら死ねる! 最も信頼された弟子が告白するアントニオ猪木の真実 単行本 – 2024/1/26 藤原 喜明 (著), 佐山 聡 (著), 前田 日明 (著)


2024プロレスラー全身写真名鑑[雑誌]: 週刊プロレス別冊新春号 雑誌 – 2023/12/27 週刊プロレス編集部 (編集)


プロレス熱写時代~プロレスカメラマンが撮った日本プロレス黄金期~ 単行本 – 2023/9/27 大川 昇 (著)


白の聖典 単行本 – 2022/1/17 中野 たむ (著)


引きこもりでポンコツだった私が女子プロレスのアイコンになるまで 単行本(ソフトカバー) – 2020/8/27 岩谷 麻優 (著)


俺のダチ。 単行本(ソフトカバー) – 2023/6/23 鈴木 みのる (著)

レポートbyカクトウログ

> 佐藤光留 表立った異常者は僕だけ
> 鈴木みのる お前らとやってることは違う
> 新団体マリーゴールド旗揚げ戦レポート
> 株式会社レック永守貴樹社長が退任
> デイビーボーイ・スミスJr.完全復活宣言
> 高木三四郎「横一線に」DDTがAT初参加
> スターダム5選手退団…運営に何が起きた
> スターダムさくらあや 新空手ガール告白
> ハンセンと対談 前田ラリアット被弾常連
> オカダ・カズチカ来歴 新契約先はAEW
> 佐藤光留「それこそ血筋」YMZ前夜祭
> 米山香織「みんなの笑顔が大好物」対談
> 中野たむ「問題なければ進化はないッ」
> オカダ・カズチカ「所属はおしまい」
> オカダ・カズチカ「立つ鳥跡を濁さず」
> ウナギ・サヤカ 等身大のギャン期1周年
> 白川未奈 2023年の躍進一番星が告白
> 岩谷麻優「表舞台に立ってこそ」両国復帰
> 鈴木みのる「プロレスはライブの時代だ」
> 7割「妥当」 東スポプロレス大賞総括
> 金沢克彦氏が恒例毒舌生解説2023年総括
> 小川EPが外で活動、ジュリアが合流する?
> プロレス熱写時代(大川昇著)レビュー
> ふり返りながら待つ。コズエン3周年
> ジュリア告白スターダムを取り戻すために
> 安納サオリ絶対不屈彼女からのラブレター
> アントニオ猪木をさがして 映画レビュー
> アントニオ猪木墓参 横浜市鶴見区総持寺
> 闘魂語り継ぐ一周忌 前田日明らトーク
> 白川未奈&月山和香タッグリーグ作戦会議
> 中野たむ&白川未奈 復活DREAM☆H本音
> カクトウログ19周年 & 毎日更新16年
> スターダム過去最高益 新日本黒字転換
> なつぽい 『最強』を掲げ始めた理由
> 高貴に桜井まい 貴婦人初インタビュー
> 涙の数だけ強くなれ 月山和香が初勝利
> 言葉までが美しき狂気 ジュリア激白
> 試合力と物語力の相思相愛 彩羽とウナギ
> 全員王者の新コズエン 安納サオリ特写
> 頂点で会えた 聖典での約束は聖地で叶う
> 髪切りとジュリアを超えてゆけ 中野たむ
> 長与「鍛え直したい」ウナギ最後の弟子に
> 月山和香が勝った日 負けない気持ちこそ
> 鈴木みのる ストロングスタイル設立真意
> 武藤引退が奏でた橋本・三沢・蝶野コール
> ウナギ・サヤカに聞くコズエンとギャン期
> 東スポプロレス大賞検証 世紀の大誤審
> 金沢克彦トークレポ 2022年を大総括
> 乗り越えて夢へ コズエン2周年座談会
> 新日本武藤招聘の裏でムタvs.中邑実現
> 猪木ベストバウトは1988年の藤波辰巳戦
> 猪木が新日本50周年イヤーに天国へ
> アントニオ猪木 24時間テレビ全発言
> カクトウログ18周年 & 毎日更新15年
> 観客数がコロナ前比56%まで回復
> 5年ぶりプロレス総選挙で何が起きた!?
> 紙テープに包まれたウナギ・サヤカ
> UDONプロレス 今夜はキングオブシコク
> コシの強いUDONプロレス 名古屋に来た
> 高木三四郎サイフェス直前インタビュー
> プロレス総選挙をテレ朝が5年ぶり実施
> 飯伏「真実からかけはなれています」
> さあパンデミック明け 新日本への期待
> 兄・裕一郎さん涙 大谷晋二郎応援募金
> 藤田和之 前田日明の前でも野獣!?
> ツヨカワ天咲光由 ミラノ先生が指導
> 田中正悟さん亡くなる 前田日明と親交
> 白の聖典(中野たむ著)ブックレビュー
> いざ愛知大会へ コズエン秘密の作戦会議
> サイン会で決起 秘密のコズエン反省会!?
> 不満消えた 東スポプロレス大賞2021総括
> 大阪超女大戦前 コズエン秘密の作戦会議
> UDONプロレス初の「読む記者会見」
> 前田日明の来歴をまとめて振り返る
> 前田日明と再会で舌好調 新間寿トーク
> 中野たむ 大阪城で天下取りの誓い
> UDONプロレス コシの強さと一体感
> 新日本プロレスがリアタイ報道を解禁
> 嫌われ者からブレイク コズエン1周年
> ノアが公式以外媒体リアタイ報道を解禁
> 西武D2連戦総括 木谷氏「反省しないと」
> カクトウログは開設17周年
> GLEAT旗揚げハラハラ感 時代に抗うUWF
> 猪木vs.アリから45年 真実を巡る旅続く
> さよならムーンサルト回収 武藤敬司飛ぶ
> 震災10年仙台大会に地震 神対応の舞台裏
> 中野たむを信じて明日に輝け 武道館詳報
> 前田日明が新日と交渉 第1次UWFの記憶
> 武藤敬司の「夢」ノア武道館を飲み込む
> AEW・新日連携への米国ファンの期待とは
> ジェイ戦列復帰 新日本というミステリー
> コズエンはあきらめない 高田馬場写真集
> 2020年プロレス大賞 3アワード比較
> 金沢克彦氏が18年半ワープロ解説に終止符
> ダブルドーム2021年ベストバウト結果
> 柴田勝頼 2022年“復帰”目指して始動
> 星を包み込む宇宙であれ コズエンが独立
> コズミックエンジェルズ初戴冠の日に密着
> プロレス大賞こうだったんじゃないか劇場
> 大会ベストバウト投票 年間総括2020
> プロレス大賞でノアは!? 武田氏と立ち話
> 新日本コロナイヤーを金沢克彦氏が生解説
> 内藤か潮崎か 2020年プロレス大賞展望
> あるのか前高山 山ちゃんがやっちゃった
> 宇宙旅行をアテンド中野たむ 棚橋弘至説
> 絶叫できない熱狂とコロナ副産物 G1総括
> GLEATプレ旗揚げ 田村&長州のプロレス観
> 鈴木みのる 天を指してゴッチ式の理由
> ベストバウト&大会総括 21年ぶり神宮球場
> 武藤敬司vs.前田日明トークレポート
> 丸藤正道vs.前田日明トークレポート
> 猪木酒場新宿店が7月閉店 かつて全国7店
> 金8以降世代のNJC4強こそ新日本の主張
> 『記憶の懸け橋』トークイベント観覧メモ
> 「社会的責任」ひとつの答え 新日本再開
> 小久保隆さん TJシンテーマ曲秘話
> 柴田勝頼ついに2017年4月9日を初激白
> 柴田勝頼の新日本帰還はなぜ実現した?
> 大阪カウント2.99に鈴木みのるがエール
> オカダ戦から3年 柴田勝頼の奇跡と軌跡
> コロナ禍でノア無観客試合 潮崎vs.藤田
> コロナ禍でスターダム無観客試合
> 文庫版『1984年のUWF』にカクトウログ
> 前田「ずっと猪木さんに教えてもらった」
> 船木誠勝が明かす! 柴田勝頼“秘話”
> 映画アイアン・シークで前田トーク!
> 藤田和之トーク 半生を激語り!
> シークレット結婚式!? オカダ&三森さん
> ジャイアント馬場バルに行ってきた!
> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> 2019年の顔は!? プロレス大賞まとめ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼