1. HOME
  2. プロレス
  3. NOAH
  4. ノア8・10横浜文体ベストバウトは潮崎vs.拳王 大会満足度★は驚異的4.2
NOAH

ノア8・10横浜文体ベストバウトは潮崎vs.拳王 大会満足度★は驚異的4.2

NOAH

 ノア8・10横浜文体投票アンケートへの多くのご参加をいただきありがとうございます(2020/08/10 ~ 2020/08/12)。結果の発表となります。

ノア8・10横浜文体 ベストバウトは?

 116人のご参加に感謝。業界No.1目指すノア、有観客後大会での投票アンケート参加者数において新日本の愛知大会を超えたことも勢いを感じさせる。

新日7・12大阪 212人
新日7・25愛知 106人
ノア8・10横浜 116人←今回

ノア8・10横浜文体 ベストバウトは – 投票/アンケート

 メインの「潮崎豪vs.拳王」が圧倒的1位。

 選出者の一部コメント。

最後の横浜文体のラストマッチにふさわしい試合でした!60分間フルで観ました!両者譲らずドロー。熱い試合でした!!
20歳代男性広島

熱い!
20歳代男性岐阜

ノアの歴史であるGHCの闘い。歴代のベストバウトをも凌駕する壮絶な、まさに命懸けの闘いだったと思う。お互いのプライドと意地を懸けてあそこまでプロレスの凄さを見せつけた潮崎vs拳王は文句無しの一戦。
40歳代女性千葉

60分間が短く感じるくらい釘付けで見入ってしまった!どっちも頑張れ頑張れって見てたのに途中から無事を祈るように見てた?とにかくお二人とも大丈夫そうで良かった。
10歳代女性東京

2000年代のノアが帰ってきた!と感じるメインだった最高!
40歳代男性神奈川

賛否生んだ二冠戦と向き合い、ファンの為に戦った姿は素晴らしい。
40歳代男性神奈川

この試合が今年のベストバウト
20歳代男性沖縄

2人とも素晴らしかったです。
30歳代男性長野

コメント通りこれぞノア!というエッセンスが詰まった試合でした
30歳代男性埼玉

潮崎は記憶に鮮明に残る選手になりそう!受けの強さは受け継がれてきたものを感じた!拳王の「命懸け」はほんとに感じました!
40歳代男性高知

NOAHの試合らしい死力を尽くした闘いだった
40歳代男性東京

ラスト二試合につきる。素晴らしかった!
50歳代男性神奈川

セミのドラゴンスクリューを軸にした闘いも素晴らしかったが、やはり今日はなんといってもメインかと。
40歳代男性新潟

8月の横浜文体での60分ドロー!!
30歳代男性神奈川

セミを始め他の試合も良かったけど、今日はメインに尽きますね。全盛期のNOAHが蘇ったような名勝負でした。三沢vs小橋や小橋vs秋山、丸藤vsKENTA などのNOAHの歴史を超える可能性を感じました。
40歳代男性宮崎

今大会だけじゃなく今年のベストバウト!!
40歳代男性埼玉

この2人は人間じゃないだろう、何か違うものが入っているだろう・・・というくらいタフすぎた。
30歳代女性岡山

拳王のストーリーが未だ完結せずまだまだ続く。潮崎の受けも凄い。ほぼ満員と言っていいのでは?
40歳代男性東京

やはり、ノアは客を裏切らない。見てよかったという感動をのこして終わってくれるのは、ノアが1番だと思います。ありがとうございました。
50歳代女性大分

実は初めてノアを本気で見ました。メイン、良かった かっこいい!
50歳代女性岡山

 絶賛の嵐。究極の攻防が60分間続いたメインは「このあとのノアはどうなっちゃうの!?」と思えるような試合だった。

 昨年秋に設立されたばかりのGHCナショナル王座含むダブルタイトル戦。価値観を形成する過程にある中での、突然のGHCヘビーとの両王座をかけての試合決定には賛否があった。両王者は賛否をひっくり返す意気込みだったが、間違いなくその通りの試合があった。

AD

 当サイトとしても振り返り記事を出しているので参照を。

 新型コロナウイルス自粛期間にも積極的な無観客配信マッチで「強くなった」ノア。2大王者でノアNo.1を決めるには、60分では足りなかった。それでいて横浜文体32年前の藤波vs.猪木フルタイム彷彿、かつての四天王プロレス想起となる死闘は業界No.1回帰への踏み出しを感じさせるに十分だった。

 タイムラインでも散見されたが、有観客再開後の新日本プロレスでの2冠戦がことごとく反則・介入絡みとなっていることへのカウンターともなった。頂点を争う2冠戦は「闘い」があってこそ・・・潮崎vs.拳王60分フルタイムはノアからの強烈メッセージともなったのだ。言い換えると、「ファンを裏切らない団体」という意味ではこっちは業界No.1だぞと、そんな意地さえ垣間見せた。

 旧全日本プロレスからの流れを汲むノアという場所で、真っ向勝負かつリング内外での究極技攻防が続いて、ロングマッチに熱くなる。これが多くのファンから「四天王プロレス」という言葉が出てきた点かと思うが、発言するファンも「四天王プロレス」に込める意味合いはバラバラかと。

 なお、Wikipediaでの言葉を借りると、「相手を立ち上がれない状態に追い込むために脳天から垂直に落下させる技や高角度でリングから場外に落とす技を多く繰り出した」四天王プロレスには「多くの団体が試合において危険な技を応酬させるようになったともいわれ功罪がある」との課題があった。

 新日本なら、棚橋弘至や中邑真輔をはじめとする主力が切り返し攻防ラリーの説得力で新スタイル確立へとこぎつけた。ノアについてはより打撃技にウエートが置かれている感があるし、今回メインでのあえての“断崖式ドラゴン未遂”にひとつの主張を感じずにはいられなかった。ここには「四天王プロレスかどうか」議論を超えた興味深さがあり、次世代ノアの闘いの構築への意欲を大いに感じたのが8・10横浜文体だった。

ノア8・10横浜文体 満足度は?

 69人のご参加に感謝。

ノア8・10横浜文体 満足度は – 投票/アンケート

 大会満足度を★いくつかで集計すると驚異的4.2。

 視点は変わるが、WITHコロナでの長時間興行には賛否もあるだろう。それでもノアは取材陣も含めて厳密な規制と取り組みを行いつつ、せいいっぱいの安全を確保しながらの4時間弱興行をやり切った。フルタイムメインを含めて生観戦・生中継のリアルタイム組は記憶に刻まれる体験をしたに違いない。

ここまでの2020年大会振り返り投票アンケート一覧

 当サイトでの2020年大会振り返り投票アンケートの一覧。

 現在のところ後楽園以外でのIWGPヘビー、GHCヘビー実施大会で実施しました。今後ともおつきあいをよろしくお願いいたします。




バナーのクリック▲で順位と更新意欲がアップします。記事が役立ちましたらご支援を。1日1回有効。


[ブシロード▶新日スターダム
[サイバー▶ノアDDT系
[団体別▶全日GLEATWWE
[選手▶写真名鑑
[格闘技▶RIZIN



プロ格ファンも便利▲ABEMAプレミアムの無料体験!!

カテゴリー

バックナンバー

団体リンク

プロレス団体リンク
新日本プロレスニュース大会日程新日本プロレスワールドYouTube)/全日本プロレス全日本プロレスTV)/NOAHDDTWRESTLE UNIVERSE)/GLEAT大日本プロレスZERO1DRAGON GATEみちのくプロレス大阪プロレス2AWDRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムYouTube)/ディアナ


格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSDEEPPANCRASEQUINTET


YouTube
📳アントニオ猪木📳長州力📳前田日明📳船木誠勝📳田村潔司📳蝶野正洋📳獣神サンダー・ライガー📳朝倉海📳朝倉未来📳永島勝司


ファイター等
日本プロレス殿堂会蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)高山善廣田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト


最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社チームフルスイング書泉グループのイベント闘道館大阪カウント2.99


新着&注目アイテム
プロレスDVDサーチプロレス本サーチ


[2021年9月1日発売! 表紙は、中邑真輔! 国際プロレス解散40周年対談・玉袋筋太郎×タブレット純、いま最もGLEATな男カズ・ハヤシ インタビュー、鈴木みのるのふたり言、斎藤文彦×プチ鹿島「プロレス社会学のススメ」ほか]



[2021年9月15日発売! 橋本・武藤・蝶野の闘魂三銃士各選手のテーマ曲や、グレート・ムタの入場曲の作曲者として、プロレステーマ曲のレジェンドとして知られる鈴木修の集大成とも言える2枚組アルバムが遂に完成]



[2021年11月15日発売! 英語がわかるとプロレスがもっと面白くなる! 新日本プロレス、プロレス通訳、英語教材制作、それぞれのプロフェッショナルが集結しました。新日本プロレスとアルクがタッグを組んだオリジナルコンテンツ満載の「プロレス英語本」です]



[2021年9月29日発売! 迷わず買えよ! 買えばわかるさ! ! アントニオ猪木自ら厳選した激闘26試合、更には猪木語録名場面集を収録した燃える闘魂 初の高画質Blu-ray BOX]



[2021年6月18日発売! ビッグバン・ベイダー最初で最後の自伝『VADER TIME ベイダータイム 皇帝戦士の真実』 たけしプロレス軍団からの刺客として参戦の裏事情、目玉が飛び出たハンセン戦の真相など]

レポートbyカクトウログ

> ノアが公式以外媒体リアタイ報道を解禁
> 西武D2連戦総括 木谷氏「反省しないと」
> カクトウログは開設17周年
> GLEAT旗揚げハラハラ感 時代に抗うUWF
> 猪木vs.アリから45年 真実を巡る旅続く
> さよならムーンサルト回収 武藤敬司飛ぶ
> 震災10年仙台大会に地震 神対応の舞台裏
> 中野たむを信じて明日に輝け 武道館詳報
> 前田日明が新日と交渉 第1次UWFの記憶
> 武藤敬司の「夢」ノア武道館を飲み込む
> AEW・新日連携への米国ファンの期待とは
> ジェイ戦列復帰 新日本というミステリー
> コズエンはあきらめない 高田馬場写真集
> 2020年プロレス大賞 3アワード比較
> 金沢克彦氏が18年半ワープロ解説に終止符
> ダブルドーム2021年ベストバウト投票結果
> 柴田勝頼 2022年“復帰”目指して始動
> 星を包み込む宇宙であれ コズエンが独立
> コズミックエンジェルズ初戴冠の日に密着
> プロレス大賞こうだったんじゃないか劇場
> 大会ベストバウト投票 年間総括2020
> プロレス大賞でノアは!? 武田氏と立ち話
> 新日本コロナイヤーを金沢克彦氏が生解説
> 内藤か潮崎か 2020年プロレス大賞展望
> あるのか前高山 山ちゃんがやっちゃった
> 宇宙旅行をアテンド中野たむ 棚橋弘至説
> 絶叫できない熱狂とコロナ副産物 G1総括
> GLEATプレ旗揚げ 田村&長州のプロレス観
> 鈴木みのる 天を指してゴッチ式の理由
> ベストバウト&大会総括 21年ぶり神宮球場
> 武藤敬司vs.前田日明トークレポート
> 丸藤正道vs.前田日明トークレポート
> 猪木酒場新宿店が7月閉店 かつて全国7店
> 金8以降世代のNJC4強こそ新日本の主張
> 『記憶の懸け橋』トークイベント観覧メモ
> 「社会的責任」ひとつの答え 新日本再開
> 小久保隆さん TJシンテーマ曲秘話
> 柴田勝頼ついに2017年4月9日を初激白
> 柴田勝頼の新日本帰還はなぜ実現した?
> 大阪カウント2.99に鈴木みのるがエール
> オカダ戦から3年 柴田勝頼の奇跡と軌跡
> コロナ禍でノア無観客試合 潮崎vs.藤田
> コロナ禍でスターダム無観客試合
> 文庫版『1984年のUWF』にカクトウログ
> 前田「ずっと猪木さんに教えてもらった」
> 船木誠勝が明かす! 柴田勝頼“秘話”
> 映画アイアン・シークで前田トーク!
> 藤田和之トーク 半生を激語り!
> シークレット結婚式!? オカダ&三森さん
> ジャイアント馬場バルに行ってきた!
> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> 2019年の顔は!? プロレス大賞まとめ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年を大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFのテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼