1. HOME
  2. プロレス
  3. 新日本プロレス新社長は「マネくま」生みの親! ハロルド・ジョージ・メイ氏「私には言葉にも文化にも壁がない」戦略表明まとめ
プロレス

新日本プロレス新社長は「マネくま」生みの親! ハロルド・ジョージ・メイ氏「私には言葉にも文化にも壁がない」戦略表明まとめ

pick up ▼ニュース WWE大阪公演「WWE Live Osaka」8・31エディオンアリーナ大阪大会決定!ロンダ・ラウジーが来日へ【新日本】石森太二が衝撃の“リボーン”! いきなり“王者”オスプレイを撃破 5.18後楽園LINEアカウント『SUPER Jr.』“優勝予想”のトップ5PS4版『ファイプロ ワールド』の発売日が2018年8月9日に決定棚橋弘至がヤングライオンに?! 「ファイヤープロレスリング ワールド」第二弾トレイラー【ノア】丸藤 全日との懸け橋になる【POWER HALL】長州 後輩・秋山準と初対決「久しぶりに高揚してますね」【DDT】5月20日後楽園大会直前情報 石井が入江の持つKO-D無差別級王座に挑戦【HEAT-UP】藤波辰爾のタッグ王座挑戦が決定「プロレス総選挙2018」最終中間速報。バラエティ豊かなTOP50 ▼情報&コラム 7月4日(水)19:00文藝春秋西館地下ホール『文春トークライブ 第25回』棚橋弘至×ユリオカ超特Q×水道橋博士6月3日(日)熊本市中央区・花畑広場『熊本プロレス祭り』藤原喜明&前田日明がトークショーに参加6月24日(日)15時30分~『沖縄からうた開き!うたの日コンサート2018 in 嘉手納』獣神サンダー・ライガーが出演「空王」オスプレイは必見、企画外空中技の原点は…6月29日(金)18:30有楽町マリオン・オルタナティブシアター「キン肉マン Muscle Summer Festival 2018」絶対に逃げられない!?北斗晶を苦しめる「呪い」とは週刊ファイト’18年05月24日号浜田文子逮捕 新日社長Lion’sGate SEAdLINNNG 新日キック ラウェイ ▼格闘技 青木真也、“日本格闘技史上最高の選手”堀口恭司や那須川天心を語る

 報道されているように、6月より新日本プロレスの新社長をハロルド・ジョージ・メイ氏が務める。「コカコーラゼロ」のヒット、「リカちゃん」人形テコ入れで知られ、2017年末の前職タカラトミー社長退任時には同社の株価が急落したという。売上1677億円の上場企業プロ経営者を、売上46億円の新日本がサプライズ起用となった。


写真は東スポより

 取材に対応しているメイ氏の記事から、これからの戦略を考察したい。

・ 新日本プロレス、メイ次期社長「海外、動画配信で勝負」 日本経済新聞

――なぜ社長を引き受けたのですか。

「基準は自分がやりたい事業かどうかと、ポテンシャルがあるかどうかの2つでした。5、6年前からプロレスにハマっていました。モノからコトへの消費シフトが進む中で、大きな可能性も感じていました」

――なぜ可能性を感じたのですか。

「タカラトミーでも『商品』『知名度』、買いやすさや通いやすさの『アクセシビリティ』の3点を重視しました。新日本プロレスの品質は世界最大のプロレス団体『WWE』を上回ります。技の習熟度は高く、ドラマ性もあり、選手はイケメンぞろい。強さへの憧れや筋肉フェチなど様々な性別や年齢層に刺さる多くの魅力を備えています。つまり、商品はある。一方、コト消費を喚起する知名度やアクセシビリティはまだ不十分です」

「2018年7月期の売上高は過去最高の約46億円の見込みですが、WWEはその20倍です。20年前は2倍でしたが、放映権や動画配信の収入で差がつきました。放映権収入では180倍の差があります。このままシェア8割の日本でそこそこの事業を続けるか、海外で勝負して伸ばすかの分岐点にあるのです」

――どうやって海外市場を取り込みますか。

「すでに年150回の興行で約40万人を動員しています。チケット収入は売上高の5割を占めますが、選手数や会場の都合を考えれば上積みには限界があります。やはり放映権や動画配信、広告などライセンスの収入が重要です。月額制の動画配信『新日本プロレスワールド』の会員は約10万人ですが、WWEの動画配信は世界で150万人の会員がいます」

「まずは訪日外国人を『大使』にしたいと考えています。富士山、寿司(すし)、歌舞伎に並んで、日本を語るために不可欠な存在にしたい。試合を見ればその良さは必ず伝わり、帰国後は彼らがプロレスを広めてくれます」

「海外興行にも挑戦します。今年3月の米ロサンゼルス興行では、4500枚のチケットが10分で売り切れました。7月にはサンフランシスコで1万人規模の興行を予定しています。また、広告などのスポンサーも探します。グローバルで通用させたい製品やブランドがぴったりです。将来は動画配信などで世界中の視聴者がスポンサーのロゴを目にします。今がお得ですよ(笑)」

――日本のプロレスは複雑なストーリーが魅力の一つですが、海外進出にあたってローカライズ(現地化)は必要ですか。

「格闘技は万国共通のコンテンツです。現在の新日本プロレスの試合がそのまま海外でもそのまま受け入れられると考えています」

――目標は。

「最低でも3年で売上高100億円です。相撲協会の経常収益が約120億円ですから国内市場だけでも達成できる水準ですし、これくらいできないと失敗です。長期目標はWWE超え。新日本プロレスの品質を考えれば十分可能です」

「日本経済は世界のだいたい1割です。9割を取り込めないで、良い商品を眠らせているのが日本企業です。言葉や文化、ビジネススタイルの壁があるからです。契約社会の外国では、日本の義理人情は通用しません。対等に交渉できず、企業買収でも失敗が多いでしょう。私には言葉にも文化にも壁がありません。海外のやり方でビジネスができます。私がスポーツマーケティングのお手本になろうと思います」

・ 【新日プロ】外国人社長が激白した「プロレス愛」と「海外戦略」(東スポWeb) – Yahoo!ニュース

 そんな経済界の大物は実は大のプロレスファン。新日プロとタカラトミー社のコラボ商品「マネくま」(熊のぬいぐるみ)も、メイ氏が直接団体に出向いて提案し実現したもの。経営能力のみならずプロレス愛まで兼ね備えたメイ氏が17年12月末にタカラトミー社社長を退任したことを機に、木谷オーナーが新日プロの社長就任を打診した。23日の株主総会で正式に承認される見込みで、6月1日付で就任する。 

(中略)

 木谷オーナーは「メイさんが得意なのはブランディングやマーケティング。次のステージに行くために必要なところが非常にお強い。6か国語をしゃべれますし、アメリカのマーケットを本気で開拓したかったら、今のままじゃ無理ですよ」と、今回の人事により世界ナンバーワン団体を目指す本気度をうかがわせた。

(中略)

 木谷オーナーは「もうひとつは国内でもさらなるマーケットの拡大、ブランディングですよね。テレビの放送時間もいつまでも深夜2時ではいけないですよね」と、新社長の手腕に期待を寄せた。

 12年のブシロード体制発足後、新日プロはメディア戦略を活用して業績をV字回復させた。メイ氏はその復活劇の第2章を担うことが自身の使命だと力説する。「東京ドームに何万人という数字よりも、大きなことをやろうとしている。選手、組織、市場。その3つがトライアングルで成り立たないといけない。日本のスポーツ界は組織と市場が自動でついてくるものだという甘えがある。それを意識的につくっていく会社こそが、ものすごく大きくなれるんじゃないかな。スポーツマーケティングのお手本をつくりたい」(メイ氏)。

 就任報道からは経営手腕にスポットが当たり、多くのファンからは「プロレスがどう理解されているんだろう?」との思いもあった。しかし、後追いで出た「マネくま」生みの親との情報で一転。既存の殻を破るアイディアを可能にする感覚の持ち主であり、好感度や期待度は急上昇。

 経験と実績に裏打ちされたメイ新社長のこちらの言葉には、大きな説得力がある。「日本経済は世界のだいたい1割です。9割を取り込めないで、良い商品を眠らせているのが日本企業です。言葉や文化、ビジネススタイルの壁があるからです。契約社会の外国では、日本の義理人情は通用しません。対等に交渉できず、企業買収でも失敗が多いでしょう。私には言葉にも文化にも壁がありません。海外のやり方でビジネスができます」。

 つまりは、国境を越えたビジネススタイルを展開できるのみならず、「マネくま」を一例にするような国境越えのブランディングができる人。「海外、動画配信で勝負」という言葉だけなら、ここ数年ずっと聞いてきた新日本の戦略と変わらない。されど、本格的に担えるリーダーが今回やってきたという感があり、改めて新日本は「最低でも3年で売上高100億円」へと舵を切ろうとしている。

 当然のように実行されていくであろうと思われるが、思うことをいくつか。

 まずは英語圏からのアクセシビリティの改善が望まれる。海外ファンからみたときのWEBサイトや映像配信の過不足と利便性の見直し(ワールドで十分なのかどうかの検証も含めて)。ここをストレスのないように仕立てていくこと。見たいファンがしっかり見れるということ。

 並行して、海外ファンがしっくりくる興行サイクルを仕上げながら市場に浸透させること。春祭典から4月両国へのシリーズ、5月ジュニアの祭典、関西最大の6月大阪城ホール大会、夏祭典から年明け東京ドーム大会までの物語完結。これを磨くのか、複線化するのか。単一ブランドで行くのか、複数ブランドを立ち上げるのか。

 アクセシビリティとブランディングの両方により、デジタルコンテンツの拡大を仕掛ける算段となろう。

AD

 「マニアやコア層」以外のライト層をどう取り込むかは、国内から実績をつくっていくことになるでしょう。新日本は本興行以外にライオンズゲートを実施しているが、こちらはコア層&若手応援層向けといった感じでしょうか。こういった興行バリエーションをライト層向けにつくっていきたいのと、本興行オフシーズンでの「トップ選手トークイベント+数試合」といったイベント展開も考えたい。WWEとの比較でいうと、女子プロレスとの連携というのも視野になる。

 また、想定以上の反響があった観戦マナー問題だが、こうした環境改善(せっかく向けた足を遠ざけない)も国内では意外と大事ではないかとも思います。

「俺は嫌われていい」場外乱闘から観客を守り、マナー違反客に注意する岡倫之! プロレス会場でいったい何が起きているのか

 世界最大団体WWEの“一党独裁”に風穴を開けるのは難関に違いない。だけれども、、、

 ずっと観ているオールドファン、最近加わった新規ファン、いずれにとっても、そこに挑んでいく新日本と一緒に闘っていくことほど面白いことはない!

 メイ新社長の手腕に期待しつつ、ボクらも盛り立てていこうではないですか。

 

ポチッと応援(↓)お願いします
>> 各種SNSも更新中 Twitter/Facebook/YouTubeチャンネル
>> NEW JAPAN PRO-WRESTLING
>> 新日本プロレス公式


▼new! 証言UWF 最終章 3派分裂後の真実 5月23日発売!1991年1月7日、前田日明の「解散宣言」で約2年半の活動に終止符を打った第二次UWFは3派に分裂する。表面上はプロレスを敵視し続けてきた男たちの「格闘技への理想」が明確な形となったわけだが、そのリング上は「ガチンコだったのか、アングルだったのか」。第二次UWF、分裂直前の人間関係も含め当事者、関係者たちの証言によって詳らかにする


▼new! KAMINOGE 77 5月1日発売![特集]ニューオーリンズ・プロレス取材記 中邑真輔/フィン・ベイラー/ヒデオ・イタミ/ローマン・レインズ/ザ・グレート・サスケ/飯伏幸太 『鈴木みのるのふたり言・USA番外編』「俺はWWEとかレッスルマニアを目指そうとは思わない。目指すは松田聖子だよ!」 TAJIRI アメリカでレスリングライフを送るということ、そのスポットライトの当たらない部分に迫る


▼new! 闘魂三銃士×全日本四天王 DVD-BOX 7月11日発売!製作著作は日本テレビとテレビ朝日!90年代の新日本プロレス、全日本プロレスの2大団体を牽引した7選手(武藤敬司、蝶野正洋、橋本真也、三沢光晴、川田利明、田上 明、小橋建太)の名勝負集。三銃士、四天王と呼ばれ始めた時代から、交流戦で激突した試合等、厳選してDVD6枚に収録。史上初めて各メンバーが集結し、対談を収録。今だからこそ話せる貴重なエピソード満載


▼new! 逆説のプロレス(11) (双葉社スーパームック) 4月25日発売!逆説のプロレスvol.11は、前田日明完全読本スペシャル! 創刊以来、前田日明に問いを投げかけ、言葉を求めてきた本誌が贈るまるごと1冊アキラ特集号。これまで取りためてきた珠玉のインタビュー10本に加え、永遠のアキラウォッチャー・水道橋博士とのスペシャル対談、マンガ「前田日明物語」、さらに「前田日明国内全試合全戦績完全ファイル」を再収録


▼new! 俺たちのプロレス(9) (双葉社スーパームック) 4月18日発売!長州力×天龍源一郎『アントニオ猪木、ジャイアント馬場、新日本、全日本、そしてMMA、現在のプロレスまで』 ザ・グレート・カブキ×越中詩郎『「昭和の全日本」と「平成維震軍」そして「全日と新日の違い」とは!?』 ブル中野×神取忍『闘狂女伝説』 武藤敬司『プロレスを変えた「武藤イズム」』 ヴォルク・ハン『私はもうマエダの兵隊ではなくて……』


▼new! Gスピリッツ Vol.47 (タツミムック) 4月6日発売![特集]ジャパンプロレス [証言]谷津嘉章 竹田勝司×大塚直樹 小林邦昭 栗栖正伸 保永昇男 馳浩 [マスコミ座談会]宮本久夫×小佐野景浩 [特別企画]『全日本プロレス中継』ゴールデンタイム復帰への道【前編】実は「成功」だった夕方5時半への移行


▼new! 巨星を継ぐもの 3月28日発売!NOAH移籍、全日本への復帰、社長就任から現在に至るまでのすべてを語り尽くした。社長就任までの実態、赤字経営脱却までの紆余曲折、四天王との交錯、ジャイアント馬場の教え、新・四天王への期待……。ファン必読、初顔合わせとなるW-1武藤敬司との新旧社長対談も収録


▼new! TORU YANO <ギリギリ>15TH ANNIVERSARY Y・T・R V・T・R Ⅵ ~そして伝説へ?~ [DVD] 3月30日発売!新日本プロレス・矢野通プロデュースDVD最新作!敏腕プロデューサーのY・T・R V・T・R 第6弾にして デビュー(ギリギリ)15周年記念!!今度はCHAOSがサンリオピューロランドをぶらり!矢野通 オカダ・カズチカ 石井智宏 後藤洋央紀 YOSHI-HASHI SHO YOH 邪道 外道


▼new! 新日本プロレスリング NJPWグレイテストミュージックVI 3月7日発売!プロレス界のトップを走る 新日本プロレスの最新テーマ曲集! ! 01.オカダ・カズチカのテーマ RAINMAKER -WK12 ver.- 02.ROPPONGI 3Kのテーマ ROPPONGI 3K Theme 03.棚橋弘至のテーマ LOVE & ENERGY -Winner ver.- 04.ジェイ・ホワイトのテーマ Switch Blade 05.ザック・セイバーJr.のテーマ リアルボーンマスター -remix- ほか

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


プロレスは初心者もオールドファンも楽しめるジャンル。ファンの立場から、リング内外のカクトウ(格闘)をログ(記録)します。

AD

カテゴリー

バックナンバー

レポートbyカクトウログ

> 映画アイアン・シークで前田トーク!
> 藤田和之トーク 半生を激語り!
> シークレット結婚式!? オカダ&三森さん
> ジャイアント馬場バルに行ってきた!
> 聖火リレーに谷津 オカダ 桜庭 高田 武藤
> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> 2019年の顔は!? プロレス大賞まとめ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> ダブルドーム ベストバウト投票結果
> 橋本真也、小橋建太との幻の復帰戦計画
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年を大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFのテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> 杉浦vs.エルガンがノア両国ベストバウト
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> カクトウログは開設15周年
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> オカダvs.飯伏IWGP戦はドーム2連戦初日
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> NJCでオカダと柴田勝頼が感動的な再会
> ドン・フライと高山善廣が運命的な再会
> 飯塚高史引退! 引退試合でもヒール貫徹
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 独占! 長州力がDスミスJr.と盃を交わす
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼

団体リンク

プロレス団体リンク
新日本プロレスニュース大会日程ワールド動画配信YouTube公式動画選手ブログ集)/全日本プロレスNOAHWRESTLE-1大日本プロレスDDTZERO1DRAGON GATE東方英雄伝みちのくプロレス大阪プロレス2AWDRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムREINAワールド女子プロレス・ディアナ


格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSDEEPPANCRASEQUINTET


ファイター等
蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト


最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社チームフルスイング大阪カウント2.99


新着&注目アイテム
プロレスDVDサーチプロレス本サーチ



★new! 2月5日発売!長州力のSNS革命 ツイッターの次はYouTube進攻へ!? 怖い人ほど大衆を癒やす



★new! 12月28日発売!新しい敵に向かっているから俺はずっとギラギラしていられる。そして、そういう闘いの中にいられることが、俺にとっての幸せなんだよ。強くあるために何ができるか、いま何をすべきか。リング内外で見せる強烈な存在感の源泉がわかる、プロレス王・鈴木みのる、刮目の最新刊!



★new! 2月13日発売!カリスマプロレスラー・蝶野正洋が56年間の人生を綴る初の自伝本が登場。生い立ちから始まり、プロレス界に身を投じ、トップを極めるまで、そしてレスラー休業中の現在の心境まで、過去・現在・未来の全てを語りつくしたファン待望の一冊



★new! 2月25日発売!タイガー服部が新旧の名外国人選手から交流の深い日本人選手まで、古今東西のプロレスラーたちの知られざる素顔、リング内外の仰天エピソードを明かす



★new! シュートマッチ プロレス「因縁」対談 10番勝負 2月28日発売!アントニオ猪木×石井和義 藤波辰爾×長州力 天龍源一郎×川田利明 大仁田厚×武藤敬司 安生洋二×坂田亘 越中詩郎×谷津嘉章 安田忠夫×草間政一 大谷晋二郎×橋本大地 藤原喜明×キラーカン 前田日明×ジョージ高野



★new! 2000年の桜庭和志 柳澤 健 (著) 2月27日発売!UFCの殿堂入りをした総合格闘技界のレジェンド桜庭和志。二〇〇〇年のホイス戦をクライマックスに彼の存在意義を炙り出す



★new! 12月23日発売! 今年も収録人数1000人超え!ファン必携の一冊!! この「2020プロレスラー全身写真名鑑」は、週刊プロレス本誌「2020プロレスラーカラー写真名鑑」に掲載された選手をもとに、デビューした選手、掲載できなかった選手を加えた1028人の選手を掲載しています



★new! 12月19日発売!/スペシャルインタビュー アントニオ猪木 「ズバリ言えば、大仁田はかなりゲテモノ」/藤波辰爾インタビュー 「1・4の長州VS橋本戦がケンカまがいの殴り合うだけの泥仕合になってしまって、あの空間が耐えられなかった……」/武藤敬司インタビュー 「1・4橋本VS小川戦のあとはメチャクチャになった現場を俺の試合で“大掃除”しなきゃいけなかった」



★new! 12月19日発売!世界最高峰のリングWWEからインディー団体まで、日米マット界の「光」と「陰」を知る著者がはじめて明かす熱狂を生み出す「サイコロジー」のすべて。自身の圧倒的な経験値をもとに綴る、目からウロコのプロレス論!



★new! 12月11日発売!内藤哲也[新日本プロレス]のホンネ録 『週刊プロレス』人気連載、待望の単行本化! 本書でしか読めない新規エピソードを収録。巻末には「週刊プロレス2000号突破祈念」のイベントトークを採録



★new! 2月26日発売!中野巽耀(当時は龍雄)がレスラー人生を総括する初の本格的自叙伝。自身のキャリアを振り返るだけでなく、伝説化しているスーパータイガー(佐山聡)vs前田日明の不穏試合、前田日明vsアンドレ・ザ・ジャイアントのセメントマッチ、前田日明が長州力の眼窩底を骨折させた顔面蹴撃事件、新生UWFの3派分裂劇、UWFインターナショナルと新日本プロレスの全面戦争など歴史に残る騒動について当事者の立場から「真実」を激白!



★new! 1月23日発売!小林邦昭&越中詩郎と空手・誠心会館の抗争に端を発し、『反選手会同盟』結成、天龍源一郎率いるWARとの対抗戦、そして『平成維新軍』に改名して独立興行を開催するまでに至る流れを各メンバーがそれぞれの視点から回想。1999年の解散宣言から20年…7人の男たちがあの熱い時代を本音で振り返る!



★new! 12月17日発売!新日本プロレスリング株式会社社長兼CEO。日本語と英語とオランダ語など6ヶ国語を自在にあやつり、海外でのビジネス経験も豊富なプロ経営者、ハロルド・ジョージ・メイ。外国人でありながら日本人の感覚も持ち合わせる国際人メイが、キャリアを築くベースになったマーケティングのこと、経営や組織のこと、英語学習のことやグローバル社会のこと、社長としての思いやプロレス愛などについて綴った初の著書



★new! 10月10日発売!プロレスラー・柴田勝頼のデビュー20周年記念DVD。NEVER無差別級王者など、輝かしい軌跡を誇る柴田勝頼が自ら選んだ名勝負のほか、“LA DOJO”でヘッドコーチとして手腕を振るう彼に迫ったドキュメンタリーを収録( ⇒ 収録の詳細について


管理者用 編集記事編集mail編集amazon

AD