棚橋とオカダが合体攻撃&握手、真意は? 里村がMYC決勝進出ならずも、凄み見せつける!/新日本&WWE公式無料動画集

 公式無料動画をピックアップ。

 新日本プロレスでは、試合後のオカダ・カズチカのピンチに棚橋弘至が駆けつける。ここ最近にもあった展開だが、“その先”として合体攻撃、握手までが展開された。

【新日本プロレス】歴史が動いた!オカダと棚橋の“握手”に場内騒然!【10.27後楽園】 – YouTube

 飯伏幸太も気になる予告をしている。第3・4試合のバックステージコメントから。
・ 九州三国志 presents Road to POWER STRUGGLE ~SUPER Jr. TAG LEAGUE 2018~ 10月27日(土)18:30 東京・後楽園ホール

【第3試合後バックステージ】
飯伏「(裕二郎とチェーズが引き上げたあとに登場して)今日もチェーズが勝つことができて嬉しいです。良いサポートができたのかなと。まあ、それよりも棚橋さんですよね。まず、このシリーズ、ケニーが来てない。それは僕はわからない。そしてなぜ全カードに棚橋さんとの絡みが入っているのか? それはそのう、ケニーと同じチームだから、僕はタッグパートナーだし。だから、代わりに出ているのか? それはわからない。まあ、4回このシリーズで当たってますけど、不思議な行動を起こしているんじゃないかと。それは僕もなんとなく、なんとなくはわかってますよ。何が言いたいのかわかってますけど、まああと1回、11月3日ですね。大阪で。ケニーの前哨戦かもしれないですけど、僕にも何か起きるかもしれないです。多分、多分、多分、僕は………(長い沈黙のあと)ここまで……。今日はここまで」

【第4試合後バックステージ】
※チャッキーとバレッタが控室に入ったあと棚橋が登場
棚橋「自分でもどうなるかは分かんないけど、プロレスはさぁ、裏切りだけじゃないから」

※棚橋が控室へ入ったあと、オカダが登場
オカダ「まぁあの握手の意味は、“友達”。棚橋さんに初めて友達ができたんじゃないかなと思います。でもね、別にこれで、タッグを組むわけではない。今回、助けてもらったことに関しては、ありがとうございます。友達として言ってやるよ。ただなぁ、俺は向かってるところがある。棚橋さんだってそうでしょう。ケニーを倒そうとしてるんでしょ? 俺もね、今、かわいい後輩を一人、かわいがってやらなきゃいけないから、うん。……生意気だね。まぁ、何があるか分かんないよ、プロレスは」

 棚橋・オカダは両者とも今後は「分かんない」としつつ、戦況によっては共同戦線? 丸2年連続ベルト防衛したオカダが6月陥落後、新章に踏み出せそうで踏み出せないでいる。ここに投入されたベビー・ヒール越えの変化球。さすがに絵になるが、結末への展開を楽しませてほしいところ。

 ほか来年頭のファンタスティカマニア、出場選手が発表に。

NJPW PRESENTS CMLL FANTASTICA MANIA 2019 coming soon!! – YouTube

・ 【『FANTASTICA MANIA 2019 』出場メンバーが決定!】総勢20名!“初代・神の子”カリスティコが降臨! アトランティスの息子がデビュー戦!

* * *

AD

 WWEの女子トーナメント「メイ・ヤング・クラシック2018」は準決勝、ここに里村明衣子と紫雷イオが進出。ダイジェスト動画。

Toni Storm vs. Meiko Satomura – Semifinal Match Mae Young Classic, Oct. 24, 2018 – YouTube

Io Shirai vs. Rhea Ripley – Semifinal Match Mae Young Classic, Oct. 24, 2018 – YouTube

 決勝はイオvs.トニー・ストームの一戦に。
・ 【WWE】メイ・ヤングC決勝で紫雷イオVSトニー・ストーム“スターダム黄金カード”実現(東スポWeb) – Yahoo!ニュース

 里村の試合はフル映像を見た。まず試合スタイルが、グラウンド重視の濃厚なもの。ストームも日本参戦経験があるが、しっかりとしたプロレスを見せる意欲にあふれたものだった。両者のフィニッシャーが決まらない究極戦、制したのはストーム。

 それにしても、里村がいい! 技の凄みとキレ、テレビ映えする存在感と表情。仙女・DDT・WWEと団体の壁を越えて大活躍中。里村が試合をすると“本格的なプロレス”になり、試合後には感動に包まれる。会場の反応も里村へのリスペクトが感じられ、敗れてもなお光った里村はストームを持ち上げもした。

 リングというのは面白い場所。里村もふだんはそんな“鬼”みたいな感じではないのですよ(笑)。

 UFCからロンダ・ラウジーを迎え入れたこともそうだが、女子プロレスのブレンドはWWEの大きな戦略。ASUKA、カイリ、イオと立て続けに日本から選手を持っていかれている。プロレスの素晴らしさは男女を越えて存在するものであって、こうなる前に新日本が女子を上げるやり方もなかったのかなと少し考えてしまうなぁ。

 

ポチッと応援(↓)お願いします
>> 各種SNSも更新中 Twitter/Facebook/YouTubeチャンネル

>> 新日本プロレス公式
>> WWE日本公式サイト|スポーティングニュース・ジャパン

 


▼16dコレクション 新日本プロレス 内藤哲也 ノンスケール ソフトビニール製 塗装済完成品フィギュア


▼16dコレクション 新日本プロレス ケニー・オメガ シルバーVer. ノンスケール ソフトビニール製 塗装済完成品フィギュア


▼プロ格ヒーローズF(Figure) 新日本プロレス オカダ・カズチカ 1/11スケール PVC製 塗装済み完成品フィギュア


▼new! 証言UWF 完全崩壊の真実 10月24日発売!証言UWFシリーズの最終作についに髙田延彦が登場。第一次UWFへの移籍から、UWFインターナショナルの崩壊まで、プロレスと格闘技の間で漂流し続けた男の葛藤と苦悩とは――。高田延彦(著),船木誠勝(著),坂田亘(著),ミノワマン(著),大仁田厚(著)ほか


▼new! KAMINOGE 82 10月1日発売![病室独占インタビュー 運命にさえも従えない無法者]髙山善廣 いつかかならず立ってみせる。帝王はずっとそこに向かって闘い続けているーー。「最初は死んじゃったほうがよかったと思ったけど、その考えはすぐにあらためた。だって俺たちプロレスラーは馬鹿だから。馬鹿だけど地獄のような経験をしてきた人間の持つ強さっていうものがあるはずなんだよね」


▼new! 知らなきゃよかった プロレス界の残念な伝説 10月24日発売!ミスター高橋(著)昭和のプロレス黄金時代に誕生した数々のファンタジー。大酒、怪力、身長、ガチランキング、トンパチ、不仲、そして夜の逸話まで……いまなお根強く信じられている「男たちの伝説」100の真贋について、ミスター高橋氏が証拠とともに「最終判決」を下す。読めば必ず誰かに話したくなる、プロレス雑学の決定版


▼new! The Legend of 2nd U.W.F. vol.1 [DVD] 11月20日発売!第2次UWF全試合をノーカットで収録した永久保存版DVDを、熱い期待に応えて復刻。「STARTING OVER Vol.1」(1988.5.12後楽園ホール)「STARTING OVER Vol.2」(1988.6.11札幌中島体育センター)


▼new! The Legend of 2nd U.W.F. vol.2 [DVD] 11月20日発売!第2次UWF全試合をノーカットで収録した永久保存版DVDを、熱い期待に応えて復刻。「真夏の格闘技戦」(1988.8.13有明コロシアム)「FIGHTING NETWORK 第1弾」(1988.9.24博多スターレーン)


▼new! Gスピリッツ Vol.49 (タツミムック) 9月26日発売! [追悼特集]“獄門鬼”マサ斎藤 [対談]ザ・グレート・カブキ×タイガー服部 [コラム1]受け継がれた「Go For Broke」“神風親分”キンジ渋谷との師弟関係 [コラム2] YMCAのジムでシュート対決が実現!? ミル・マスカラスとのライバル物語 [2つのメモリアルマッチの裏側]“獄門鬼”の過激なプロレス『巌流島』と『復帰戦』 証言=上井文彦


▼new! 逆説のプロレス(12) (双葉社スーパームック) 8月29日発売!UWF「リアルファイト」衝撃の告白 船木誠勝「完全“真剣勝負”への苦悩」 長井満也「プロレス、総合の二本立てだったリングス」 ターザン山本×安西伸一対談「桜庭のグレイシー狩りを認めなかった男」ほか


▼new! 昭和40年男 増刊号「昭和プロレス大全」 8月23日発売!スペシャルトークバトル(藤波辰爾 vs. 初代タイガーマスク)/第一章 馬場・猪木 両巨頭の時代 1972-1975/第二章 猪木全盛期 異種格闘技の時代 1976-1980/第三章 プロレスブーム絶頂時代 1981-1984/第四章 昭和プロレス終焉時代 1985-1988/外国人レスラー列伝


▼new! 方舟の継承者 9月7日発売!2018年9月にデビュー20年周年を迎える丸藤正道の初めての自伝。「方舟の天才」が「方舟の継承者」になるまでの軌跡を赤裸々に綴る


▼もちねこ ぬいぐるみ ハチワレ (L) 高橋ヒロムのパレハである愛猫の“高橋ダリル”。一緒に観戦しながら復帰願いを


AD


▼new! ノベライズ パパはわるものチャンピオン 6月16日発売!大好きなパパは、わるものレスラーだった!? 2018年9月全国公開の棚橋弘至主演映画『パパはわるものチャンピオン』のノベライズ。働く大人たちに捧げる!


▼new! ありがとう(通常盤) 9月19日発売!シンガーソングライター高橋優の新曲(20thシングル)「ありがとう」は2018年9月21日(金)全国ロードショー 映画『パパはわるものチャンピオン』の主題歌

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あわせて読みたい