1. HOME
  2. プロレス
  3. スターダム
  4. ひめか「DDMがどれだけの人に愛されてたか」 初期メンバー4人が壮絶惜別
スターダム

ひめか「DDMがどれだけの人に愛されてたか」 初期メンバー4人が壮絶惜別

スターダム

2075

 改めて14日(後楽園)・15日(代々木)のスターダム大会を振り返ります。コメント言い回しは公式サイトに合わせました。

壮麗・桜井・月山は“第0試合からのシンデレラ”ならず…MIRAI2連覇

<15日/第1試合/トーナメント準決勝>
〇桜井まい(5分52秒、ローリング・ギロチン→片エビ固め)月山和香●
※マイクコールが叫ばれる中、桜井は「庶民のおポンコツレスラーの爆上がり物語も今日でお終い」

<15日/第2試合/トーナメント準決勝>
MIRAI(11分12秒、ジャンピング・ラリアット→エビ固め)壮麗亜美

<15日/第7試合/トーナメント決勝>
〇MIRAI(13分12秒、ダイビング・ボディアタック→エビ固め)桜井まい●
※MIRAIが2年連続のシンデレラ・トーナメント優勝

MIRAI「ゴッズアイ新格闘プリンセス、そして2023年シンデレラのMIRAIです。2連覇したぞー! 今日準決勝の相手が同門対決、壮麗亜美でうれしかった。そして、決勝の相手が桜井まいで、とてもとてもうれしかったです。桜井まい、会えたね。お互いあのときよりも強くなった。だけど、自分はまだまだ負けないよ。お互いもっともっと、もっと強くなって、また。さあ、さてさて、シンデレラ優勝しましたが、自分はシングルのベルト取りたいと思っています。ただ、来週もビッグマッチがあって、23日横浜アリーナ、自分と壮麗亜美はゴッデスの挑戦があります。なので、その後に自分はどのベルトに挑戦するか、伝えたいなと思うのでみなさんそれまで自分がどのベルトに挑戦するのか、赤いベルトなのか、白いベルトなのか、IWGP(女子)なのか、どのベルトに挑戦するか、みなさんよく想像して楽しんでみてください。スターダム素晴らしい選手ばかりですが埋もれるつもりはない、高みへ行く。そして、時代を動かす。これからのスターダムすべて、魂込めて!このシンデレラのMIRAIに任せてください! 本日はみなさんありがとうございました!」

 約1年前の『CINDERELLA TOURNAMENT 2022 優勝決定戦』4月29日(金祝)大田区総合体育館大会。事前のサムライTVでも話題だったが、あのとき第0試合に出場したのが壮麗亜美・桜井まい・月山和香であり(勝者は壮麗)、メインで制覇したのがMIRAIだった。壮麗・桜井・月山は“第0試合からのシンデレラ”なるかという局面ではあったが、MIRAIが2連覇により阻んだ。

 初制覇時には白ベルト挑戦となったが、上谷沙弥を破ることはできなかった。それでいて、以降にタッグ王座戦線、橋本千紘戦も含めて経験値を爆上げさせてきている。パワーとテクニックに裏打ちされた爆発力をもってさらなる高みに踏み込めるかが注目される。

 代々木大会としては“DDMvs.コズエン”による第1試合ともなり、両陣営がセコンドにつく。月山は“キャリア初勝利”からの快進撃がいったんストップした。中野たむからは「月山初勝利という目標でコズエンがひとつになった」との言葉も以前にあったが、代々木メイン後に繰り広げられる波乱に月山の節目が影響した可能性もある。

白川「上谷はいい子…こういうの欲しかった」 白ベルト戦は独立初試合に

<14日/第5試合/8人タッグマッチ 20分1本勝負>
○ジェシー ジーナ マライア・メイ 白川未奈
 11分36秒 ジョイライド→片エビ固め
天咲光由 ●レディ・C 上谷沙弥 林下詩美

白川は獣神サンダー・ライガーや武藤敬司のような痛みが伝わるプロレス。上谷は飯伏幸太のような感情を解き放つプロレス。お互いの目指すプロレスがスリリングに交わる。

感情がリングをはみ出してエンドレス場外戦。

試合は他の選手間での決着となり、クラブヴィーナスが制した。

その直後。

上谷「今日の毒霧はこの前のお返しってことで。まあね、今日はものすごく足を攻められてしまったけど、タイトルマッチ当日は私の隅から隅まですべてを味わうといい。まあ私にはトラウマがあるけれども、その折れかけた翼をしっかりと戻して、タイトルマッチ当日、ゴールデンフェニックス大復活。みなさん、見届けにきてください」
白川「アハハハハハハ…! 上谷、これだよ。上谷はいつもいい子ぶるでしょ。こういうのがね、私は欲しかったんだよ、痛いよ、しみるよ。フフフ…。上谷、いいじゃん。でもさあ、私と同じようなことやってどうする? なんかもっとおもしろいこと考えてきなよ。私がやった同じことを仕返ししただけでしょ。まあでも、上谷のドス黒い、ドス緑か。このヘドロみたいな感情が心にあるってことだよね。まあお互いそれを出し合って、横浜、ぶっ潰すのみですね。この間の広島で最後、上谷にこのベルトは絶望だった?希望だった?って聞かれました。今度は横浜アリーナで同じことを上谷に私が聞いてみます。私が上谷から必ず白いベルトをはがす」

<15日/第8試合/コズミック・エンジェルスvs DDM 8人タッグマッチ>
ジュリア&舞華&ひめか&テクラ(2-1)中野たむ&なつぽい&白川未奈&SAKI
①ジュリア(7分12秒、ノーザンライト・ボム→片エビ固め)たむ
②たむ(2分54秒、トワイライト・ドリーム)ジュリア
③舞華(4分37秒、みちのくドライバーII→片エビ固め)なつぽい

 試合後に、白川未奈が「今日でコズエン(COSMIC ANGELS)をやめます。仲間ができました。クラブ・ヴィーナスはコズエンから独立します」とすると、月山和香も「コズエン大好きです。たむさんが大好き。今までありがとうございました」と追随する。コズエンが2派に分かれる衝撃が走った

白川「クラブビーナスがコズエンから独立します。たむがいなければ、私もスターダムのこの人生はなかったですし、たむが白のチャンピオンだったから私はすごく白いベルトが欲しくなりました。たむが私にすべてを教えてくれました。だけど、プロレス人生、すべて甘えられるところは捨てて、戻れるところもなくして、勝負をさせてください! 必ず白いベルトのチャンピオンになって、クラブビーナスをもっとデカくして、そしてスターダムを世界に私が広めます。コズエン、たむ、なつぽい、ウナギ、COLOR‘Sのみんな。ありがとうございました」
月山「たむさん、いままでありがとうございました! 私はスターダムにきて、スターダムのこともプロレスも何もわからなくて、コズミックエンジェルズに入って、たむさんにたくさんのことを教えてもらって、たくさんの、たくさんのたくさんの愛情をもらいました。私はたむさんにもらった愛をクラブビーナスの、海外から参戦してくれてる選手に伝えたいと思っています。私は英語が喋れる、数少ないスターダムのひとりなので。私ができることは、いまはそれがミッションだと思ってます。たむさん、大好きです。ホントにありがとうございました」

 カクトウログで記事化することが多いコズエンが2派に分裂する衝撃展開となった。オリジナルコズエンが中野、白川、ウナギ・サヤカであることを思えば(ウナギはギャン期で他団体行脚中)、出発点からいるのが中野だけとなってしまった。それでいて、ウナギが自ら輝けるステップを模索中であるように、白川もまた明確に踏み出したのだ。複雑なファンも多いだろうがポジティブな卒業でもある。変な裏切り攻撃ではなく、実に気持ちがあらわれた分裂決着であったようにも思う。

 こうして白川の横浜アリーナでの王座戦は“独立初試合”に。上谷とのやりとりで白川は「上谷はいい子…こういうの欲しかった」と振り返った。レスラー人生をかけたリベンジでもあり、ユニット出発としても負けられない一大勝負が1週間後にやって来る。

聖地で「ラスト舞ひめvs.一夜復活アリカバ」 ゴッズアイも緊急トレイン乱入

<14日/第8試合/ひめか引退ロード ラスト舞ひめ 30分1本勝負>
朱里 ○ジュリア
 15分54秒 ノーザンライトボム→体固め
●ひめか 舞華

ドンナデルモンド初期メンバー4人が舞ひめ「ラスト」vs.アリカバ「一夜復活」という構図でゴング。

初期メンバーだけでは完結させないとばかりに、他メンバーそしてDDMから枝分かれしたゴッズアイ(小波含む)もトレイン乱入。ん、村山大値レフェリーも!?

合体技も壮絶だ。連係によってより高く叩きつける!!

リングサイドにゴツンという音が響いた。

見ている側まで息がつまりそうになる強烈打撃。

一夜復活のアリカバが仕上げにいく。

ノーザンライトボムを放ったジュリアは、まるでピリオドを打つがごとくカウントを数えた。

ジュリア「アリカバ、一夜復活、そしてラスト舞ひめ、いかがだったでしょうか? やっぱ、舞ひめってめちゃくちゃ強いよね。そんで、私は今日、このカードひめかが提案してくれて、かなった、朱里と久しぶりにアリカバをみなさまにお見せすることができて、ホントに感謝してる。最後の舞ひめタッグに選んでくれて、ホントにありがとう」
朱里「えっと、なんか、ひめかが引退するって聞いて、なんか全然なんか実感が…ごめんなさい(泣)。実感が湧かなかったんだけど、今日試合をして、終えて、ああ、ホントにひめかは引退しちゃうんだなって。なんか、寂しくなって、なんかちょっともうなにも言えないんだけど、ホントこのカードができてホントにありがとうひめか!」

舞華「ラスト舞ひめ、みなさん、いかがだったでしょうか!? ホントに、ホントに、こんなかけがえのないパートナーとずっと、タッグを組むことができて本当にうれしく思います。ただ、横浜アリーナ、舞ひめ対決あるので、最後まで後悔なくひめか、やり合いましょう」
ひめか「まず、舞華、ジュリア、朱里、出会ってくれてありがとう。そして、DDMがどれだけの人に愛されてたか、今日心から実感できました。引退まで、残り少ないですけど、ケガなく、私らしく突っ走りたいと思います。そしてみなさんも一緒に走っていってください。あしたの代々木…(客席からの「大好き!」の声に)ありがと。大好き(笑)。あしたの代々木、そして23日横浜アリーナ、28日新宿FACE、あと3試合。でも1カ月後、またここ(後楽園)で会いましょう。でかいは強い、でかいは正義、そして、でかいは、かわいー!」

ジュリア「アリーヴェデルチ! せーの」
全員「ありがとー!」

<15日/第8試合/コズミック・エンジェルスvs DDM 8人タッグマッチ>
ジュリア&舞華&ひめか&テクラ(2-1)中野たむ&なつぽい&白川未奈&SAKI
①ジュリア(7分12秒、ノーザンライト・ボム→片エビ固め)たむ
②たむ(2分54秒、トワイライト・ドリーム)ジュリア
③舞華(4分37秒、みちのくドライバーII→片エビ固め)なつぽい

ジュリア「お疲れさんです!」
ひめか「ラストDDM、あっという間過ぎるし、なんかもうこうやって並んで試合することがないんだなって。まだ実感できてないけど、ここ代々木のビッグマッチでDDMメインで勝つことができて。なんかホントに日が経つごとにDDMでよかったなって思うし、DDMメンバーと出会えてよかったなって思います。残すはあと横浜アリーナ、引退試合。舞華とシングル。こうして素敵な仲間と出会えたことっていうのは自分の人生のなかでもすごい大きな出来事になったので。なんかまだ実感ない」
ジュリア「私はもう昨日のアリカバでけっこうさみしくなっちゃったんだけど、ホント今日はひめかがいるDDM、このメンバーで最後のタッグっていうことで3本勝負、なんとか我々が勝利したと。我々は笑顔で終われたし、あとは横アリ。横アリはまぁまぁまぁ、ああいうコズエンのお涙頂戴、いつもやってますけど、そんなの私たちにはききませんから。たむは一生お涙頂戴やって、絶望がぴったり似合う女でいればいいんですよ。私がしっかり、きちっとどん底に沈めてあげる。そこでたむとは当分いい。最後。この大会、DDMが笑顔で最後締めたいと思います。また来週、お会いしましょう。アリベデルチ、またな!」

 おりしも後楽園が行われた14日は都内で女子プロレスが3興行。観客の奪い合いもあっただろうが、スターダムとしても大きなインパクトを放ってみせた。

 ストレートな言い方にはなるが、“世界の女たち”は「ここまで人の身体を痛めつけるのがプロレス」と主張した。そのために個々人の攻防も合体攻撃もとことん繰り広げられた。ひめかが「DDMがどれだけの人に愛されてたか」とユニット派生前のグレード込みで振り返ったが、スターダム人気を押し上げたDDMの存在感は明らか。初期メンバー4人による惜別は壮絶を極めた。

 さすがに1週間後に20年ぶり横浜アリーナ大会を控えていることもあり、4・14後楽園&15代々木は満員とはならなかった(代々木はPPVあり)。それでいてファンは2日間ともにあった闘いとドラマに「観戦してよかった」という思いだろう。両日メインとなったDDM、リーダー中野の頂点挑戦を前に2派分裂のコズエン。4月23日にいよいよクライマックスを迎える。

(大会結果)スターダム 後楽園大会 4月14日(金)後楽園ホール

■ スターダム 後楽園大会
日時:4月14日(金)18:30
会場:東京・後楽園ホール 観衆1013人(主催者発表)

<第1試合/3WAYバトル 15分1本勝負>
〇妃南
 7分39秒 外道クラッチ
●さくらあや
※もう一人はHANAKO

<第2試合/タッグマッチ 15分1本勝負>
壮麗亜美 ○MIRAI
 10分38秒 ジャンピングラリアット→エビ固め
ラム会長 ●水森由菜

<第3試合/タッグマッチ 15分1本勝負>
○なつぽい 中野たむ
 10分6秒 エビ固め
桜井まい ●テクラ

<第4試合/シングルマッチ 15分1本勝負>
△小波
 4分52秒 両者リングアウト
△月山和香

<第5試合/8人タッグマッチ 20分1本勝負>
○ジェシー ジーナ マライア・メイ 白川未奈
 11分36秒 ジョイライド→片エビ固め
天咲光由 ●レディ・C 上谷沙弥 林下詩美

<第6試合/STARS vs.大江戸隊 イリミネーションマッチ 30分>
渡辺桃 ○スターライト・キッド フキゲンです★ 琉悪夏 刀羅ナツコ
 16分20秒 黒虎天罰→片エビ固め
●向後桃 葉月 コグマ 羽南 吏南 飯田沙耶 岩谷麻優
※大江戸隊の一人残り、以下退場順
(1)〇フキゲン(7分46秒、エビ固め)コグマ●
(2)〇フキゲン&〇葉月(9分27秒、OTR)吏南●&羽南●
(3)●フキゲン(9分48秒、垂直落下式ブレーンバスター→片エビ固め)葉月〇
(4)●琉悪夏(11分10秒、飯田橋)飯田〇
(5)〇桃(12分32秒、ひとでなしドライバー→エビ固め)飯田●
(6)〇岩谷&〇桃(13分50秒、OTR)ナツコ●&葉月●
(7)(14分4秒、OTR)岩谷●&葉月●

<第7試合/ハイスピード選手権試合 30分1本勝負>
〇[第22代王者]AZM
 4分28秒 あずみ寿司
●[挑戦者]鹿島沙希
※AZMが11度目の防衛に成功

<第8試合/ひめか引退ロード ラスト舞ひめ 30分1本勝負>
朱里 ○ジュリア
 15分54秒 ノーザンライトボム→体固め
●ひめか 舞華

(大会結果)スターダム 後楽園大会 4月15日(土)代々木第二体育館

■ スターダム REALIVE360 presents CINDERELLA TOURNAMENT 2023~優勝決定戦~
日時:4月15日(土)16:00
会場:東京・国立代々木競技場第二体育館 観衆1049人(主催者発表)

<第0試合/シングルマッチ>
△HANAKO(5分時間切れ引き分け)さくらあや△

<第1試合/トーナメント準決勝>
〇桜井まい(5分52秒、ローリング・ギロチン→片エビ固め)月山和香●
※マイクコールが叫ばれる中、桜井は「庶民のおポンコツレスラーの爆上がり物語も今日でお終い」

<15日/第2試合/トーナメント準決勝>
MIRAI(11分12秒、ジャンピング・ラリアット→エビ固め)壮麗亜美

<第3試合/STARS vs クラブ・ヴィーナス 6人タッグマッチ>
マライア・メイ&○ジェシー&ジーナ(9分54秒、ジョイライド→体固め)葉月&コグマ&向後桃●
※マライアが「しょっぱい!」と叫び向後は英語で反論

<第4試合/クイーンズ・クエスト vs 大江戸隊 12人タッグ>
刀羅ナツコ&渡辺桃&スターライト・キッド&鹿島沙希&琉悪夏&○吏南(10分47秒、Pink♡Devil)林下詩美&上谷沙弥&AZM&レディ・C&妃南&天咲光由●

<第5試合/STARS vs 7Upp 6人タッグマッチ>
○高橋奈七永&優宇&水森由菜(11分46秒、クロス・フェースロック)岩谷麻優&羽南&飯田沙耶●
※試合後いきなりメルセデス・モネが岩谷麻優を急襲!

<第6試合/シングルマッチ>
〇朱里(10分2秒、顔面蹴り→片エビ固め)小波●
※壮絶な蹴り合いの末、朱里が蹴り勝った

<第7試合/トーナメント決勝>
〇MIRAI(13分12秒、ダイビング・ボディアタック→エビ固め)桜井まい●
※MIRAIが2年連続のシンデレラ・トーナメント優勝

<第8試合/コズミック・エンジェルスvs DDM 8人タッグマッチ>
ジュリア&舞華&ひめか&テクラ(2-1)中野たむ&なつぽい&白川未奈&SAKI
①ジュリア(7分12秒、ノーザンライト・ボム→片エビ固め)たむ
②たむ(2分54秒、トワイライト・ドリーム)ジュリア
③舞華(4分37秒、みちのくドライバーII→片エビ固め)なつぽい


記事が役立ったらポチッと応援を。1日1クリック有効。


[主要な大会▶格闘スケジュール
主要外部リンク
[ブシロード▶新日📺]/スターダム📺]]
[サイバーF▶ノアDDT系📺]]
[有力団体別▶全日📺]/GLEATMARIGOLD
[総合格闘技▶RIZIN


5月19日(水)24時まで受付


5月19日(水)24時まで受付

総合格闘技ジムCAVE 入会キャンペーン 墨田区押上のパーソナルトレーニング スペラサン 初回半額体験実施中

カテゴリー

バックナンバー

団体リンク

プロレス団体リンク
新日本プロレスニュース大会日程新日本プロレスワールドYouTubeワールドYouTube)/全日本プロレス全日本プロレスTV)/NOAHDDTWRESTLE UNIVERSE)/GLEAT大日本プロレスZERO1DRAGON GATEみちのくプロレス大阪プロレス2AWDRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムスターダムワールドYouTube)/ディアナマーベラス


格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSK-1RISE(ライズ)DEEPPANCRASEQUINTET巌流島


YouTube
📳アントニオ猪木📳長州力📳前田日明📳船木誠勝📳田村潔司📳蝶野正洋📳獣神サンダー・ライガー📳朝倉海📳朝倉未来📳永島勝司


ファイター等
蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)高山善廣田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト


最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスNoguaranteemagazineBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル大川昇アメブロ金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社彩図社チームフルスイング書泉グループのイベント闘道館大阪カウント2.99


新着&注目アイテム
プロレスDVDサーチプロレス本サーチ


アントニオ猪木とUWF 単行本 – 2024/5/31 前田 日明 (著), 藤原 喜明 (著)


KAMINOGE150 単行本 – 2024/6/5 ペールワンズ (編集)


力道山未亡人 単行本 – 2024/5/31 細田 昌志 (著)


拳王のクソヤローどもオレについて来い!!①反骨の書 単行本(ソフトカバー) – 2024/7/23 週刊プロレス (編集)


拳王のクソヤローどもオレについて来い!!②金剛の書 単行本(ソフトカバー) – 2024/7/23 週刊プロレス (編集)


伝えるための準備学(ひろのぶと株式会社) 単行本(ソフトカバー) – 2024/7/22 古舘 伊知郎 (著)


さぬきうどん全店制覇攻略本2024-25年版 ムック – 2024/4/24 タウン情報かがわ (編集)


真・プロレスラーは観客に何を見せているのか 30年やってわかったこと (徳間文庫) 文庫 – 2024/3/8 TAJIRI (著)


前田日明デビュー45周年記念Blu-ray BOX [Blu-ray] – 2024/6/12 前田日明 (出演)


猪木のためなら死ねる! 最も信頼された弟子が告白するアントニオ猪木の真実 単行本 – 2024/1/26 藤原 喜明 (著), 佐山 聡 (著), 前田 日明 (著)


2024プロレスラー全身写真名鑑[雑誌]: 週刊プロレス別冊新春号 雑誌 – 2023/12/27 週刊プロレス編集部 (編集)


プロレス熱写時代~プロレスカメラマンが撮った日本プロレス黄金期~ 単行本 – 2023/9/27 大川 昇 (著)


白の聖典 単行本 – 2022/1/17 中野 たむ (著)


引きこもりでポンコツだった私が女子プロレスのアイコンになるまで 単行本(ソフトカバー) – 2020/8/27 岩谷 麻優 (著)


俺のダチ。 単行本(ソフトカバー) – 2023/6/23 鈴木 みのる (著)

レポートbyカクトウログ

> 藤田あかね 離れ離れにはなってないから
> 佐藤光留 表立った異常者は僕だけ
> 鈴木みのる お前らとやってることは違う
> 新団体マリーゴールド旗揚げ戦レポート
> 株式会社レック永守貴樹社長が退任
> デイビーボーイ・スミスJr.完全復活宣言
> 高木三四郎「横一線に」DDTがAT初参加
> スターダム5選手退団…運営に何が起きた
> スターダムさくらあや 新空手ガール告白
> ハンセンと対談 前田ラリアット被弾常連
> オカダ・カズチカ来歴 新契約先はAEW
> 佐藤光留「それこそ血筋」YMZ前夜祭
> 米山香織「みんなの笑顔が大好物」対談
> 中野たむ「問題なければ進化はないッ」
> オカダ・カズチカ「所属はおしまい」
> オカダ・カズチカ「立つ鳥跡を濁さず」
> ウナギ・サヤカ 等身大のギャン期1周年
> 白川未奈 2023年の躍進一番星が告白
> 岩谷麻優「表舞台に立ってこそ」両国復帰
> 鈴木みのる「プロレスはライブの時代だ」
> 7割「妥当」 東スポプロレス大賞総括
> 金沢克彦氏が恒例毒舌生解説2023年総括
> 小川EPが外で活動、ジュリアが合流する?
> プロレス熱写時代(大川昇著)レビュー
> ふり返りながら待つ。コズエン3周年
> ジュリア告白スターダムを取り戻すために
> 安納サオリ絶対不屈彼女からのラブレター
> アントニオ猪木をさがして 映画レビュー
> アントニオ猪木墓参 横浜市鶴見区総持寺
> 闘魂語り継ぐ一周忌 前田日明らトーク
> 白川未奈&月山和香タッグリーグ作戦会議
> 中野たむ&白川未奈 復活DREAM☆H本音
> カクトウログ19周年 & 毎日更新16年
> スターダム過去最高益 新日本黒字転換
> なつぽい 『最強』を掲げ始めた理由
> 高貴に桜井まい 貴婦人初インタビュー
> 涙の数だけ強くなれ 月山和香が初勝利
> 言葉までが美しき狂気 ジュリア激白
> 試合力と物語力の相思相愛 彩羽とウナギ
> 全員王者の新コズエン 安納サオリ特写
> 頂点で会えた 聖典での約束は聖地で叶う
> 髪切りとジュリアを超えてゆけ 中野たむ
> 長与「鍛え直したい」ウナギ最後の弟子に
> 月山和香が勝った日 負けない気持ちこそ
> 鈴木みのる ストロングスタイル設立真意
> 武藤引退が奏でた橋本・三沢・蝶野コール
> ウナギ・サヤカに聞くコズエンとギャン期
> 東スポプロレス大賞検証 世紀の大誤審
> 金沢克彦トークレポ 2022年を大総括
> 乗り越えて夢へ コズエン2周年座談会
> 新日本武藤招聘の裏でムタvs.中邑実現
> 猪木ベストバウトは1988年の藤波辰巳戦
> 猪木が新日本50周年イヤーに天国へ
> アントニオ猪木 24時間テレビ全発言
> カクトウログ18周年 & 毎日更新15年
> 観客数がコロナ前比56%まで回復
> 5年ぶりプロレス総選挙で何が起きた!?
> 紙テープに包まれたウナギ・サヤカ
> UDONプロレス 今夜はキングオブシコク
> コシの強いUDONプロレス 名古屋に来た
> 高木三四郎サイフェス直前インタビュー
> プロレス総選挙をテレ朝が5年ぶり実施
> 飯伏「真実からかけはなれています」
> さあパンデミック明け 新日本への期待
> 兄・裕一郎さん涙 大谷晋二郎応援募金
> 藤田和之 前田日明の前でも野獣!?
> ツヨカワ天咲光由 ミラノ先生が指導
> 田中正悟さん亡くなる 前田日明と親交
> 白の聖典(中野たむ著)ブックレビュー
> いざ愛知大会へ コズエン秘密の作戦会議
> サイン会で決起 秘密のコズエン反省会!?
> 不満消えた 東スポプロレス大賞2021総括
> 大阪超女大戦前 コズエン秘密の作戦会議
> UDONプロレス初の「読む記者会見」
> 前田日明の来歴をまとめて振り返る
> 前田日明と再会で舌好調 新間寿トーク
> 中野たむ 大阪城で天下取りの誓い
> UDONプロレス コシの強さと一体感
> 新日本プロレスがリアタイ報道を解禁
> 嫌われ者からブレイク コズエン1周年
> ノアが公式以外媒体リアタイ報道を解禁
> 西武D2連戦総括 木谷氏「反省しないと」
> カクトウログは開設17周年
> GLEAT旗揚げハラハラ感 時代に抗うUWF
> 猪木vs.アリから45年 真実を巡る旅続く
> さよならムーンサルト回収 武藤敬司飛ぶ
> 震災10年仙台大会に地震 神対応の舞台裏
> 中野たむを信じて明日に輝け 武道館詳報
> 前田日明が新日と交渉 第1次UWFの記憶
> 武藤敬司の「夢」ノア武道館を飲み込む
> AEW・新日連携への米国ファンの期待とは
> ジェイ戦列復帰 新日本というミステリー
> コズエンはあきらめない 高田馬場写真集
> 2020年プロレス大賞 3アワード比較
> 金沢克彦氏が18年半ワープロ解説に終止符
> ダブルドーム2021年ベストバウト結果
> 柴田勝頼 2022年“復帰”目指して始動
> 星を包み込む宇宙であれ コズエンが独立
> コズミックエンジェルズ初戴冠の日に密着
> プロレス大賞こうだったんじゃないか劇場
> 大会ベストバウト投票 年間総括2020
> プロレス大賞でノアは!? 武田氏と立ち話
> 新日本コロナイヤーを金沢克彦氏が生解説
> 内藤か潮崎か 2020年プロレス大賞展望
> あるのか前高山 山ちゃんがやっちゃった
> 宇宙旅行をアテンド中野たむ 棚橋弘至説
> 絶叫できない熱狂とコロナ副産物 G1総括
> GLEATプレ旗揚げ 田村&長州のプロレス観
> 鈴木みのる 天を指してゴッチ式の理由
> ベストバウト&大会総括 21年ぶり神宮球場
> 武藤敬司vs.前田日明トークレポート
> 丸藤正道vs.前田日明トークレポート
> 猪木酒場新宿店が7月閉店 かつて全国7店
> 金8以降世代のNJC4強こそ新日本の主張
> 『記憶の懸け橋』トークイベント観覧メモ
> 「社会的責任」ひとつの答え 新日本再開
> 小久保隆さん TJシンテーマ曲秘話
> 柴田勝頼ついに2017年4月9日を初激白
> 柴田勝頼の新日本帰還はなぜ実現した?
> 大阪カウント2.99に鈴木みのるがエール
> オカダ戦から3年 柴田勝頼の奇跡と軌跡
> コロナ禍でノア無観客試合 潮崎vs.藤田
> コロナ禍でスターダム無観客試合
> 文庫版『1984年のUWF』にカクトウログ
> 前田「ずっと猪木さんに教えてもらった」
> 船木誠勝が明かす! 柴田勝頼“秘話”
> 映画アイアン・シークで前田トーク!
> 藤田和之トーク 半生を激語り!
> シークレット結婚式!? オカダ&三森さん
> ジャイアント馬場バルに行ってきた!
> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> 2019年の顔は!? プロレス大賞まとめ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼