1. HOME
  2. プロレス
  3. DDT
  4. 壊れかけたパンダ! 全部脱いだディーノ! 放送事故級連発のDDT10・21両国決戦 全席無料の来年7・15大田区大会も発表に
DDT

壊れかけたパンダ! 全部脱いだディーノ! 放送事故級連発のDDT10・21両国決戦 全席無料の来年7・15大田区大会も発表に

DDT, プロレス

pick up ▼ニュース 【全日本】3冠奪還の宮原健斗 川田の持つ最多防衛記録10回更新を宣言3冠奪還の宮原健斗「カリスマ王者」へ自己変革に着手 ファッションでもアピール負傷明けの諏訪魔、石川組が世界タッグ王座V3渕正信「悲しいよ」スレーターさん追悼10カウント路上で熱狂! 葛西純が白昼の新宿三丁目にパールハーバースプラッシュCody、前王者アルディスに敗れNWA王座陥落【WWE】レインズが白血病治療専念のため、ユニバーサル王座返上へ ▼情報&コラム 内藤哲也ユニット、米開催で8人タッグ戦に参戦へ新日本不穏ゴシップ!? メルツァー発言まとめ襲撃されても耐え忍ぶ実況アナ「それでも新日本プロレスが好き」蝶野正洋が振り返る平成プロレス G1の成功とヒール転向キン肉マンとラグビー日本代表が初コラボ 会場限定グッズも販売へ ▼格闘技 那須川天心VS堀口恭司、“世紀の一戦”再び!今度の舞台は「釣り対決」

 主催者発表は「6259人(超満員札止め)」。ソールドアウトではなかったが、新日本プロレスが9800人台で満員マークをつける両国国技館で、この数字が実数なら大したもの。演出のため向正面をビジョンと花道でほぼ潰していたこともあり、会場全体になかなかの入ってる感はありました!

 会場観戦したDDT10・21両国大会「両国ピーターパン2018~秋のプロレス文化祭~」。

 まず、15:00開始で20:00過ぎ終了。5時間超で、もしも14:00アンダーマッチから観ていたら6時間超。長くなることを予想してたんでボクは15:00本戦から観戦。会場に着くと売店はガラーンとしてました。みんなちゃんとアンダーマッチから観てる、エライ! なんで長時間にしてプロレスへの敷居を高くするんだろうと思う一方で、クオリティに自信をもってやり切るというのも団体の判断ではある。今後にDDTビッグマッチ観戦を検討する方は、映画2本分みるくらいの覚悟で!

 プロレス文化祭と銘打たれた大会。この大会の中に、プロレス寄りもあるし、文化祭寄りもある。その点、どっち寄りにも感じさせる試合でリングへの視線を釘付けにしたディーノはさすがにDDTのアイコンだなぁと感じさせた。

 プロレス寄りでは「里村明衣子&カサンドラ宮城 vs 赤井沙希&伊藤麻希」をベストバウトに挙げたい。ブログで何度も書いたように、ボクは里村エースのGAEAジャパンが過去に解散となったことで女子プロ当時の限界を感じたファン。里村がいる団体は天下が取れていいはず、くらいの意識で見てた時期があるし、この秋にDDTの後楽園&両国へ足を運んだのも里村きっかけが大きい。

 そして里村は両国の観客を感嘆させまくった。鬼の表情と蹴りの威力。なんだこれ、つなぎ技である側転ギロチンでさえ、そのスピードと正確さに歓声が起きる! 伊藤がどこまで立ち向かえるかに注目が集まるはずだった試合だが、ただただ里村が凄い。一方的に叩き潰す側の試合でも、ここまで興奮させるのか。この見事な世界観の現出に思わず涙が出た。

 文化祭寄りで「アンドレザ・ジャイアントパンダ vs スーパー・ササダンゴ・マシン」をベストバウトに挙げたい。ササダンゴによるパワポのプレゼンテーションからジャイアント・ササダンゴ登場、そして“スローモーション”までやり切り。笑わせてもらいました。

 AbemaTVとサムライで生中継されたが、放送事故級を連発しつつ新抗争も随所に盛り込んだDDT。ここにきて“らしさ”を増した格好で、まだまだ新ファンを獲得する意欲を十分感じさせた大会だった。なお、“投資”として全席無料の来年7・15大田区大会も発表となった。

* * *

 大会を写真で振り返ります。

 全試合結果はこちらを参照のこと。
・ 両国ピーターパン2018~秋のプロレス文化祭~ DDTプロレスリング公式サイト

【第3試合】里村明衣子&カサンドラ宮城 vs 赤井沙希&伊藤麻希

里村に対して握手を求めると見せておいての指立て。伊藤が対抗心をカタチにする。

しかし、伊藤は防戦一方。強烈な蹴りが胸板に。

そして、顔面にまで。

文字通り腰から崩れ落ちる伊藤。

なんとか逆エビで反撃する伊藤。

里村の側転式ギロチンに大歓声。トップレスラーは“つなぎ技”でも観客を魅了できるのだ!

里村にSTFで仕留められた伊藤、それでも試合後に向かっていく。2人に物語の続きはあるのか。

【第6試合】アンドレザ・ジャイアントパンダ vs スーパー・ササダンゴ・マシン

アンドレザ・ジャイアントパンダが両国初登場!

圧力をかけると、まるで空気が抜けたかのように縮む。えっ、みんなジャイアントパンダの生態に興味津々。徐々に膨らんで元の姿に戻る。まるでお尻にファンでも付いていて空気が注入されているかのようだ!?

なすすべなく踏みつけフォールされかけたササダンゴだったが、、、

ジャイアント・ササダンゴマシンが救出に登場。

なんだ、この絵は!

ジャイアントササダンゴがピンチになると、スローモーションモードに移行。ササダンゴも加勢し、罠を顔面に刺すとジャイアントパンダが“流血”という凄惨シーン。

しかし、ジャイアントパンダのプレスがジャイアントササダンゴ&ササダンゴをまとめて圧殺。

お父さんは立派だった! 勝者をファミリーで祝福。

【第7試合】MAO vs 高木三四郎

AD

MAO公認ウェポンとして中邑珍輔が登場。両国で『The Rising Sun』に乗せての合唱、「イヤァオ!」合唱。

高木公認ウェポンとしてベッド・インのかおりさんが登場。

パンダが壊れる!? スペシャルウェポンとしてアンドレザ・ジャイアントパンダがまたも登場。MAOをヘッドバットで蹴散らすが、頭の空気が抜けかけるなど、安定しない。

高木にもヘッドバット。

何か起きたのか、急ぐように引き揚げようとするジャイアントパンダ。花道では首が座らない緊急事態。急いで下着三四郎らセコンドも駆けつける。セコンドは空気の漏れを塞ぐかのように手を伸ばす。

壊れかけるほど限界まで闘い切ったジャイアントパンダに高木が敬礼!

ウェポンの破片をリングいっぱいにぶちまけた両者。生放送で「キ〇ガイ」を連呼!

【第8試合】入江茂弘&石井慧介 vs HARASHIMA&坂口征夫

入江の壮行試合。入場時には一瞬のチームドリフ復活。

【セミファイナル】CIMA vs 竹下幸之介

セコンド介入や凶器使用もあったが、終盤はCIMAが攻めまくりで竹下を撃破。スリリング部門はこの2人が中心にしばらく担当か?

【メインイベント】<王者>男色ディーノ vs 佐々木大輔<挑戦者>

両国で王座挑戦するのは佐々木大輔。

戦前に「私は全力で生き残ろうとする。アンタは殺しにきなさい」としていたディーノ。棺桶で登場、、、

と思いきや、棺桶を開けると佐々木の顔写真。

ディーノは観客席から! 男性客の唇をいつものように奪いながらリングへ。

紙テープでリングが埋まる! ビッグマッチではネタ部門を引き受けてきたことが多いディーノだったが、アイコンとして堂々の両国メイン。

唇を奪いにかかるわ、股間をまさぐるわ、男色殺法が序盤から炸裂。

長机を使ったハードコアな攻めまで重ねたディーノ。

リップロック誤爆でレフェリーがダウン。ディーノ、1枚目脱いだ! リングパンツを宙に舞わせると、、、

シャイニングあてがい。

2枚目、アンダーパンツを脱ぐ。

佐々木を三角絞めにとると、ディーノが不穏な動き。技をかけたまま…3枚目(最後の1枚)を脱いでる!

フ〇チンのディーノ100%状態! 戦前に「アルティメット男色殺法」も予告していたディーノ殺法の究極型。試合後には記者「全裸三角絞めのダメージは?」佐々木「お前、チ〇コこの辺(顔)に当たったことあるか?」とのやりとり。

ギブアップならず。レフェリーから渡されたパンツでイチモツを隠しながら立ち上がったディーノ。(注)股間から見えてる影はパンツです。

パンツで包むようにして股間を隠し、、、

ほうら、見えないでしょう!? (注)股間付近に黒く出ているのはパンツの締め紐です。

パンツを放り投げて再び全裸!

アルティメット男色ドライバーが、、、

炸裂!

見てるだけでオエッとくる押さえ込み。

手をクルクルと回すディーノ。おいおい、それはやめろ!

股間を押さえつつコーナーに登ると、、、

パンツを挟んだまま奇跡のムーンサルト!

反対から見ると全裸状態、いいのかこれ放送して(笑)。しかし、佐々木がかわして自爆。

勝利したのは佐々木。ディーノと心が通い合ったと思いきや、、、

襲撃に逢い、棺桶に入れられるディーノ。

棺桶に閉じ込められたディーノは、リングが解体され観客出しが終わるまでこの状態。

 一夜明け会見。
・ 【記者会見】新王者の佐々木は席上で飲酒も「厳粛に覚悟を持って闘っていきます」/#STRONGHEARTSが10・28後楽園でKO-D6人タッグ挑戦!「気になる選手がいる」と言う高尾に島谷が「誰や思うとんねん! BIMAやぞ!」/伊藤がSKE48・荒井に食ってかかって10・28後楽園のアイアンマンバトルロイヤルに参戦!/ディーノが音信不通に…10・28後楽園欠場

・ 10月28日後楽園大会追加カード決定/#STRONGHEARTSがKO-D6人タッグ挑戦! 島谷とリンダマンの抗争が勃発! SKE48・荒井の持つアイアンマン王座に赤井、伊藤、チェリー、さくら、瑞希、上福が挑戦! HARASHIMAvs青木のEXTREME戦はプロレスルールに! 中継ゲストは岸明日香さん!

 大会中の発表事項。
・ 2019年2月17日両国国技館大会に“女子プロ界のレジェンド”長与千種参戦!

・ D王GP2019出場選手決定/潮﨑、青木、“猛獣”プーマ・キングが参戦!

 関連。
・ DDT両国国技館大会。 センダイガールズプロレスリング公式サイト

・ 来年夏のビッグマッチは7月15日、初進出の大田区総合体育館! なんと全席無料!

 

ポチッと応援(↓)お願いします
>> 各種SNSも更新中 Twitter/Facebook/YouTubeチャンネル

>> DDTプロレスリング公式サイトWeb



応援ありがとうございます☆彡

プロレスは初心者もオールドファンも楽しめるジャンル。ファンの立場から、リング内外のカクトウ(格闘)をログ(記録)します。

カテゴリー

バックナンバー

レポートbyカクトウログ

> 鈴木みのる ゴッチ式の前に天を指した理由
> ベストバウト&大会総括 21年ぶり神宮球場
> カクトウログは開設16周年
> 武藤敬司vs.前田日明トークレポート
> 丸藤正道vs.前田日明トークレポート
> 猪木酒場新宿店が7月閉店 かつて全国7店
> 金8以降世代のNJC4強こそ新日本の主張
> 『記憶の懸け橋』トークイベント観覧メモ
> 「社会的責任」ひとつの答え 新日本再開
> 小久保隆さん TJシンテーマ曲秘話
> 柴田勝頼ついに2017年4月9日を初激白
> 「プロレス大好き芸人」プレゼン大賞
> 柴田勝頼の新日本帰還はなぜ実現した?
> 大阪カウント2.99に鈴木みのるがエール
> オカダ戦から3年 柴田勝頼の奇跡と軌跡
> コロナ禍でノア無観客試合 潮崎vs.藤田
> コロナ禍でスターダム無観客試合
> 文庫版『1984年のUWF』にカクトウログ
> 前田「ずっと猪木さんに教えてもらった」
> 船木誠勝が明かす! 柴田勝頼“秘話”
> 映画アイアン・シークで前田トーク!
> 藤田和之トーク 半生を激語り!
> シークレット結婚式!? オカダ&三森さん
> ジャイアント馬場バルに行ってきた!
> 聖火リレーに谷津 オカダ 桜庭 高田 武藤
> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> 2019年の顔は!? プロレス大賞まとめ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> ダブルドーム ベストバウト投票結果
> 橋本真也、小橋建太との幻の復帰戦計画
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年を大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFのテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> 杉浦vs.エルガンがノア両国ベストバウト
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> オカダvs.飯伏IWGP戦はドーム2連戦初日
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> NJCでオカダと柴田勝頼が感動的な再会
> ドン・フライと高山善廣が運命的な再会
> 飯塚高史引退! 引退試合でもヒール貫徹
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 独占! 長州力がDスミスJr.と盃を交わす
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼

団体リンク

プロレス団体リンク早見
新日本プロレスニュース大会日程新日本プロレスワールドYouTube)/全日本プロレス全日本プロレスTV)/NOAHWRESTLE UNIVERSE)/大日本プロレスDDTZERO1DRAGON GATEみちのくプロレス大阪プロレス2AWDRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムYouTube)/ディアナ


格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSDEEPPANCRASEQUINTET


YouTube
📳アントニオ猪木📳長州力📳前田日明📳船木誠勝📳田村潔司📳蝶野正洋📳獣神サンダー・ライガー📳朝倉海📳朝倉未来📳永島勝司


ファイター等
日本プロレス殿堂会蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)高山善廣田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト


最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社チームフルスイング書泉グループのイベント闘道館大阪カウント2.99


新着&注目アイテム
プロレスDVDサーチプロレス本サーチ



2020年10月4日発売! 中村獅童 ザ・グレート・歌舞伎!! 長州力×五木田智央 山本康一郎×堀鉄平 鈴木みのるのふたり言 斎藤文彦×プチ鹿島 西村知美 田村潔司 安藤達也 玉袋筋太郎「新倉史祐」変態座談会 中邑真輔



2020年10月10日発売!「証言UWF」シリーズのスピンオフ企画。プロレスラーたちが見た総合格闘技の全舞台裏。髙田延彦、田村潔司らが語る総合のリングの虚と実のすべて!



2020年8月26日発売!ターザン 山本 (著)、福留 崇広 (著) 力道山、ジャイアント馬場、藤波辰爾、高山善廣、葛西純、剛竜馬の夫人たちです。妻だけが知るプロレスラーの苦悩と栄光。男女のディープ・ストーリーを描きながら、謎に包まれたプロレスの真実をすべて明かす、新しいノンフィクション



2020年9月24日発売!マット界の黒船と騒がれた「企業プロレスの始祖・SWS」 12名が克明に語った「企業プロレス」の舞台裏



2020年9月24日発売!NWA―ナショナル・レスリング・アライアンス―



2020年9月26日発売!プロレスデビュー60周年と喜寿を記念し、アントニオ猪木が一切の虚飾を排してプロレスと人生を見つめ、全てを語る。好敵手、名勝負、生と死、愛した女達。燃える哲学の尽きぬ力を見よ!



2020年9月30日発売!本書は世界を戦場(リング)に繰り広げられた猪木氏のこれまでの死闘の記録を1冊の書籍にまとめたもので、“withコロナ”を生き抜く日本人へ向けた、アントニオ猪木流のラストメッセージである。



2020年8月27日発売!スターダムのエース、岩谷麻優初の著書!2年にもわたる絶望的な引きこもり生活、プロ入り後に直面した勝てない日々……。ポンコツと呼ばれた少女は、なぜ世界に通用する女子プロレスラーになれたのか?スターダムのアイコンから、女子プロレスのアイコンに。岩谷麻優の9年の記録!



2020年2月28日発売!その現実から目を背けるな。「やれるか」じゃない、やるんだよ。鈴木みのるの言葉はなぜ俺たちの心に刺さるのか。プロレス界の今、ここを生き抜いてきた唯一無二の思考、貪欲に幸福を求める方法



2019年12月28日発売!新しい敵に向かっているから俺はずっとギラギラしていられる。そして、そういう闘いの中にいられることが、俺にとっての幸せなんだよ。強くあるために何ができるか、いま何をすべきか。リング内外で見せる強烈な存在感の源泉がわかる、プロレス王・鈴木みのる、刮目の最新刊!



2019年12月19日発売!世界最高峰のリングWWEからインディー団体まで、日米マット界の「光」と「陰」を知る著者がはじめて明かす熱狂を生み出す「サイコロジー」のすべて。自身の圧倒的な経験値をもとに綴る、目からウロコのプロレス論!



2020年5月27日発売!新日本プロレス“100年に一人の逸材”にして“エース”の棚橋弘至デビュー20周年DVD!プロレスを黄金時代に導いた男の軌跡に迫る!棚橋弘至の2014~2019年までのヒストリー(ゲスト:柴田勝頼)とミスター平成ライダー・高岩成二とのスペシャル対談を収録



2019年10月10日発売!プロレスラー・柴田勝頼のデビュー20周年記念DVD。NEVER無差別級王者など、輝かしい軌跡を誇る柴田勝頼が自ら選んだ名勝負のほか、“LA DOJO”でヘッドコーチとして手腕を振るう彼に迫ったドキュメンタリーを収録( ⇒ 収録の詳細について