1. HOME
  2. 新型コロナ
  3. 6月下旬に「2メートル間隔×1000人」イベント 東京都ロードマップ詳細
新型コロナ

6月下旬に「2メートル間隔×1000人」イベント 東京都ロードマップ詳細

新型コロナ

(注:当記事エントリー後に政府方針アップロードがありました。こちらもご参照ください「プロスポーツは6/19より無観客、7/10より半数収容5000人以下で再開」)

 東京都は22日、新型コロナウイルス対策における休業要請緩和の「ロードマップ」詳細を公表した。骨格は15日に示されていた。

イベントはステップ1で50人まで、2で100人まで、3で1000人までと段階的に

(第382報)新型コロナウイルス感染症を乗り越えるためのロードマップ~「新しい日常」が定着した社会の構築に向けて~の策定について|東京都防災ホームページ

東京都は22日、新型コロナウイルス対策の休業要請を段階的に緩和する行程表「ロードマップ」を公表し、首都の経済活動再開の道筋を示した。早期の営業再開を望む事業者の声は強いが、緩和のステップは原則2週間単位で進めるとした。感染の「第2波」への警戒も強くにじんでいる。

都は現在、飲食店に対して午後8時までの営業時間短縮を要請しており、緩和のステップ1ではこれを午後10時までに延ばす。ステップ3では午前0時までとする。

都関係者によると、当初、飲食店の緩和はステップ2とする想定だったが、早期緩和を求める店側の声が強く、ステップ1に前倒ししたという。

ステップ1での緩和は美術館や体育館、学校といった施設にとどまるが、ステップ2では生活必需品以外を扱う店舗や学習塾も再開可能となり、日常生活の回復が実感できるようになるとみられる。ステップ3ではネットカフェやパチンコ店も緩和対象に入ってくる。

イベントについてはステップ1で50人まで、2で100人まで、3で1000人までと段階的に開催が認められる。

都は「新規感染者が1日20人未満」「感染経路不明者が50%未満」など7つの指標を常時監視し、2週間程度大きな変化がなければステップ1から2、ステップ2から3へと移行する。

小池百合子都知事は22日の記者会見で「2週間『ガチっと』という考えではない」と述べ、総合判断で2週間を待たずに次のステップに移る可能性もあると示唆した。

(日本経済新聞)

 小池都知事からは「25日に宣言解除なら26日午前0時に休業緩和」とのコメントも出している。「緩和のステップは原則2週間単位」と合わせると、日程ベースではこの図のような進捗が見込まれる(あくまで見込みです)。

 なお、事業者向け「東京都感染拡大防止ガイドライン」には「人と人との間隔確保(できるだけ2m)」とある。この遵守が求められる限り、関西でシミュレーションされた“事実上は15%の収容”は避けられない。

リアル(大会)での一体感が減退し、デジタル(配信)が主体に

 当サイトでは再掲となるが、前後左右に2メートル間隔を確保した関西でのシミュレーション。

 リアル(大会)での生命線である一体感が減退せざるを得ない。

AD

 関係者のツイート。

日本よりもデジタル化が進む中国の実態を紹介した書籍『アフターデジタル』で、デジタル化の本質は、デジタルを「付加価値」として活用するのではなく、「リアルとデジタルの主従関係が逆転した世界」と説明されています。どういうことでしょうか?

これまでの「ビフォアデジタル」社会は、リアル(店や人)でいつも会っている顧客が、たまにデジタルにも来てくれるというものでした。しかし、これからの「アフターデジタル」社会は、デジタルで絶えず接点があり、たまにリアルにも来てくれるというものにシフトしていくという考えです。しかも、そのような状況が、すでに中国でどんどん進んでいるのです。

(「何度も買いたい」をつくり出すマーケティング手法とは | ZUU online)

 付加価値だったデジタル(配信)が主体となっていく。配信プラットフォームの整備は進んでいるジャンルだと思うが、いっそうの加速なくしては業界が成り立たない。

各団体に求められるライブビューイングなどのトライアル

 このような状況だからこそ、コンテンツのワンソースマルチユース化が求められるのではないだろうか。

 ビッグマッチがあったとする。当日の「会場観戦」と「リアルタイム配信」はこれまで通り。加えて「ライブビューイング」や「一夜明けビューイング」があってもいい。“一夜明け”というのは、タイトルマッチ勝者が会見を開くタイミング。この会見を公開にして、追っかけ観戦とセットにしたイベントにするというのはどうだろう。一夜明けでなくとも、追っかけビューイングと対戦カード発表会見をセットにしたイベントも考えられる。

 そんなうまくは・・・と思うだろうが、コロナ禍においては“過去コンテンツ”に光を当てたものも多くあった。今月の『ワールドプロレスリング』では2017年のオカダ・カズチカvs.柴田勝頼を柴田がテレワーク解説した。これも、ノーカット上映+オカダ&柴田トークなどに仕立てれば、イベント化は可能だ(こういう選手組み合わせのプレミア感という観点も面白い)。

 今こそプロレスの可能性をあきらめてはいけない。プロレスの楽しみ方そのものを、団体側は開発し、ファン側も試していく心意気を持ちたい。

 配信大会においても、ファンの参加度を高めるアイディアがほしい。東京女子プロレスの例。

 紙テープの代理投げ込みができるなら、手元のスマホ操作で選手へのコールを送れるとか考えられないだろうか。こうしたオンライン観戦が主体となる大会に、一部の客席を開放するという組み合わせ検討もあるだろう。

 各団体のトライアルと、いくつかのビジネスモデルの開花を期待したい。



応援ありがとうございます☆彡

プロレスは初心者もオールドファンも楽しめるジャンル。ファンの立場から、リング内外のカクトウ(格闘)をログ(記録)します。

カテゴリー

バックナンバー

レポートbyカクトウログ

> 鈴木みのる ゴッチ式の前に天を指した理由
> ベストバウト&大会総括 21年ぶり神宮球場
> カクトウログは開設16周年
> 武藤敬司vs.前田日明トークレポート
> 丸藤正道vs.前田日明トークレポート
> 猪木酒場新宿店が7月閉店 かつて全国7店
> 金8以降世代のNJC4強こそ新日本の主張
> 『記憶の懸け橋』トークイベント観覧メモ
> 「社会的責任」ひとつの答え 新日本再開
> 小久保隆さん TJシンテーマ曲秘話
> 柴田勝頼ついに2017年4月9日を初激白
> 「プロレス大好き芸人」プレゼン大賞
> 柴田勝頼の新日本帰還はなぜ実現した?
> 大阪カウント2.99に鈴木みのるがエール
> オカダ戦から3年 柴田勝頼の奇跡と軌跡
> コロナ禍でノア無観客試合 潮崎vs.藤田
> コロナ禍でスターダム無観客試合
> 文庫版『1984年のUWF』にカクトウログ
> 前田「ずっと猪木さんに教えてもらった」
> 船木誠勝が明かす! 柴田勝頼“秘話”
> 映画アイアン・シークで前田トーク!
> 藤田和之トーク 半生を激語り!
> シークレット結婚式!? オカダ&三森さん
> ジャイアント馬場バルに行ってきた!
> 聖火リレーに谷津 オカダ 桜庭 高田 武藤
> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> 2019年の顔は!? プロレス大賞まとめ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> ダブルドーム ベストバウト投票結果
> 橋本真也、小橋建太との幻の復帰戦計画
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年を大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFのテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> 杉浦vs.エルガンがノア両国ベストバウト
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> オカダvs.飯伏IWGP戦はドーム2連戦初日
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> NJCでオカダと柴田勝頼が感動的な再会
> ドン・フライと高山善廣が運命的な再会
> 飯塚高史引退! 引退試合でもヒール貫徹
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 独占! 長州力がDスミスJr.と盃を交わす
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼

団体リンク

プロレス団体リンク早見
新日本プロレスニュース大会日程新日本プロレスワールドYouTube)/全日本プロレス全日本プロレスTV)/NOAHWRESTLE UNIVERSE)/大日本プロレスDDTZERO1DRAGON GATEみちのくプロレス大阪プロレス2AWDRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムYouTube)/ディアナ


格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSDEEPPANCRASEQUINTET


YouTube
📳アントニオ猪木📳長州力📳前田日明📳船木誠勝📳田村潔司📳蝶野正洋📳獣神サンダー・ライガー📳朝倉海📳朝倉未来📳永島勝司


ファイター等
日本プロレス殿堂会蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)高山善廣田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト


最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社チームフルスイング書泉グループのイベント闘道館大阪カウント2.99


新着&注目アイテム
プロレスDVDサーチプロレス本サーチ



2020年10月4日発売! 中村獅童 ザ・グレート・歌舞伎!! 長州力×五木田智央 山本康一郎×堀鉄平 鈴木みのるのふたり言 斎藤文彦×プチ鹿島 西村知美 田村潔司 安藤達也 玉袋筋太郎「新倉史祐」変態座談会 中邑真輔



2020年10月10日発売!「証言UWF」シリーズのスピンオフ企画。プロレスラーたちが見た総合格闘技の全舞台裏。髙田延彦、田村潔司らが語る総合のリングの虚と実のすべて!



2020年8月26日発売!ターザン 山本 (著)、福留 崇広 (著) 力道山、ジャイアント馬場、藤波辰爾、高山善廣、葛西純、剛竜馬の夫人たちです。妻だけが知るプロレスラーの苦悩と栄光。男女のディープ・ストーリーを描きながら、謎に包まれたプロレスの真実をすべて明かす、新しいノンフィクション



2020年9月24日発売!マット界の黒船と騒がれた「企業プロレスの始祖・SWS」 12名が克明に語った「企業プロレス」の舞台裏



2020年9月24日発売!NWA―ナショナル・レスリング・アライアンス―



2020年9月26日発売!プロレスデビュー60周年と喜寿を記念し、アントニオ猪木が一切の虚飾を排してプロレスと人生を見つめ、全てを語る。好敵手、名勝負、生と死、愛した女達。燃える哲学の尽きぬ力を見よ!



2020年9月30日発売!本書は世界を戦場(リング)に繰り広げられた猪木氏のこれまでの死闘の記録を1冊の書籍にまとめたもので、“withコロナ”を生き抜く日本人へ向けた、アントニオ猪木流のラストメッセージである。



2020年8月27日発売!スターダムのエース、岩谷麻優初の著書!2年にもわたる絶望的な引きこもり生活、プロ入り後に直面した勝てない日々……。ポンコツと呼ばれた少女は、なぜ世界に通用する女子プロレスラーになれたのか?スターダムのアイコンから、女子プロレスのアイコンに。岩谷麻優の9年の記録!



2020年2月28日発売!その現実から目を背けるな。「やれるか」じゃない、やるんだよ。鈴木みのるの言葉はなぜ俺たちの心に刺さるのか。プロレス界の今、ここを生き抜いてきた唯一無二の思考、貪欲に幸福を求める方法



2019年12月28日発売!新しい敵に向かっているから俺はずっとギラギラしていられる。そして、そういう闘いの中にいられることが、俺にとっての幸せなんだよ。強くあるために何ができるか、いま何をすべきか。リング内外で見せる強烈な存在感の源泉がわかる、プロレス王・鈴木みのる、刮目の最新刊!



2019年12月19日発売!世界最高峰のリングWWEからインディー団体まで、日米マット界の「光」と「陰」を知る著者がはじめて明かす熱狂を生み出す「サイコロジー」のすべて。自身の圧倒的な経験値をもとに綴る、目からウロコのプロレス論!



2020年5月27日発売!新日本プロレス“100年に一人の逸材”にして“エース”の棚橋弘至デビュー20周年DVD!プロレスを黄金時代に導いた男の軌跡に迫る!棚橋弘至の2014~2019年までのヒストリー(ゲスト:柴田勝頼)とミスター平成ライダー・高岩成二とのスペシャル対談を収録



2019年10月10日発売!プロレスラー・柴田勝頼のデビュー20周年記念DVD。NEVER無差別級王者など、輝かしい軌跡を誇る柴田勝頼が自ら選んだ名勝負のほか、“LA DOJO”でヘッドコーチとして手腕を振るう彼に迫ったドキュメンタリーを収録( ⇒ 収録の詳細について