1. HOME
  2. プロレス
  3. WWE
  4. ライガーWWE殿堂入りが正式発表に! 猪木、藤波に次ぐ日本人3人目
WWE

ライガーWWE殿堂入りが正式発表に! 猪木、藤波に次ぐ日本人3人目

WWE, 新日本プロレス

 1月に現役を引退した獣神サンダー・ライガーのWWE殿堂入りが、16日に正式発表となった。

・ Jushin “Thunder” Liger to be inducted into WWE Hall of Fame Class of 2020 WWE
・ なんと獣神サンダー・ライガーの“WWE殿堂入り”が決定!「感動してますし、緊張してます」受賞コメントも到着! | 新日本プロレスリング

日本時間・3月16日、WWEの公式サイトにて、今年の1.4&1.5東京ドーム大会で引退した獣神サンダー・ライガーさんのWWE殿堂入り(「ホール・オブ・フェーム)が発表された。

日本人レスラーとしては、アントニオ猪木、藤波辰爾選手に次ぐ、3人目の快挙であり、日本人のジュニア選手としては初の受賞となる。(※レガシー部門では力道山、ヒロ・マツダ、新間寿氏が受賞している)。

なお、殿堂入りのセレモニー『WWEホール・オブ・フェーム2020』は現地時間・4月2日(日本時間・4月3日)にて、フロリダ州タンパのアマリー・アリーナで行われる予定。
 
■獣神サンダー・ライガーさんの受賞コメント
「(今回の“WWE殿堂入り”の発表を聞いて)いや~、ビックリしましたね! もう正直に。『何でボクなんでしょうか?』っていう気持ちです。他に偉大なレスラーって言われる方はいっぱいいらっしゃるし……。日本からの過去の受賞者は、(アントニオ)猪木さんと藤波(辰爾)さんだけじゃないですか。そのお二人に続いて、3人目ということなんで『何で? 本当にボクでいいの?』と感じで。もう驚きしかなかったです。

本当に実感がなくて、これはべつに謙遜をしているわけでも、いいカッコしてるわけでもなくて。ボクはプロレスに関しては『こうしたら楽しいだろう、おもしろいだろう』っていう思いでやっていただけなんです。プロレスが好きっていう絶対的な根底はあるわけですけど。みんながそこに賛同して協力してくれたことで、いろんなことが実現できた。そういう部分も考えると『なんでボクが?』みたいな気持ちはありますよね。

この殿堂入りの表彰式、こういう状況ではありますけど、いまは現地に行く予定です。現地に行けばKUSHIDAくんとか、(中邑)真輔選手とかにも会えると思うし。以前、日本に来ていた外国人選手たちにも会えると思うしね。あとレジェンドのレスラーはボクと同じような年代の方も多いと思うんで、そういった方々に会えるのは凄い楽しみですね。

本当に、もったいないような大きな賞を頂いて感動してますし、緊張してますし。そういう名に恥じないよう、これからもレスラーとしての獣神サンダー・ライガーという名前は付いてまわってますので、キチッとしていきたいなと思います。襟を正すっていう形でね。

あと不安なのはスピ―チですかね。コレどうするんですかね? 英語なんですか? 日本語なんですか? どっちがいいんですか?(苦笑)。 藤波さんは自分の書いた文章を英語に直してもらって、その英語を何回も練習して喋ったようですけど。ボクも自分の息子が英語がペラペラなんで、ちょっとお願いして英語でスピーチしようかなって。でも、土壇場でやっぱり日本語になっちゃうかもしれないね!(笑)」

 ライガーのTwitter。

 WWEのTwitter。

 決まったようだという報道は2月中旬からあったが、1か月に渡って“寝かせて”からの正式発表となった。自然体のコメントが、なんともライガーらしい。

 わざわざ東スポに出させたうえで“東スポがスクープにあった通り”といったニュアンスで報告したことが話題に。日本のプロレス界では大きなニュースは東スポによるスクープが通例だが、日本版WWE(NXTジャパン)創設に向けたマスコミとの連動をやってみた感じ!?

AD

 米国でも新型コロナ感染拡大によるイベント中止のお達しがある中で、現地時間・4月2日(日本時間・4月3日)にセレモニー実施も伝えられている。武藤敬司の4月米遠征もキャンセルとなったばかり。実施は難しいと思われるが、どうなるか? 東スポ記事内では『関係者によると、現段階で「レッスルマニア36」、及び殿堂入り式典は開催予定』となっていた。

 受賞は文句なく素晴らしい! 日本人としては猪木・藤波に並ぶ貢献者として認定されたということ。猪木・藤波が昭和プロレスなら、ライガーは平成プロレスという時代を担ったともいえる。デビュー当時は“いかに初代タイガーマスクの存在を越えるか”に苦心したわけだが、ついには初代タイガーにはない受賞を果たしたことになる。

 ライガーさん、おめでとうございます!! スタイルや階級を越えた激闘、長きに渡る活躍がファンを熱狂させ、世界中のレスラーに影響を与えた。われわれもライガーの闘いを語り継いでいきましょう。

 
<10:00追記 レッスルマニア関連イベントが中止に>

 上の記事をアップしたばかりだが、『レッスルマニア36』は会場変更のうえライブ配信、その他のレッスルマニア関連イベントは中止となることが発表された。

・ レッスルマニア36ウィークに関する重要なお知らせ WWE日本公式サイト

政府およびフロリダ州タンパ市と協議の結果、レッスルマニアはフロリダ州オーランドにあるWWEのトレーニング施設に会場を変え、予定通り米国東部時間4月5日(日)午後7時(日本時間4月6日(月)朝8時)よりWWEネットワークでライブ配信いたします。このライブ配信は必須要員のみで実施されることになります。その他のレッスルマニア関連イベントは中止されることになりました

 この報道に沿うと、イベントとしての殿堂入りセレモニーも中止となる。

 ライガーは一夜明けで改めて感謝。



応援ありがとうございます☆彡

プロレスは初心者もオールドファンも楽しめるジャンル。ファンの立場から、リング内外のカクトウ(格闘)をログ(記録)します。


サイト早見[ブシロード系▶新日スターダム][サイバー系▶ノアDDT][他団体▶全日WWERIZIN][選手▶写真名鑑][ブログ▶人気ランキング

カテゴリー

バックナンバー

団体リンク

プロレス団体リンク
新日本プロレスニュース大会日程新日本プロレスワールドYouTube)/全日本プロレス全日本プロレスTV)/NOAHDDTWRESTLE UNIVERSE)/GLEAT大日本プロレスZERO1DRAGON GATEみちのくプロレス大阪プロレス2AWDRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムYouTube)/ディアナ


格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSDEEPPANCRASEQUINTET


YouTube
📳アントニオ猪木📳長州力📳前田日明📳船木誠勝📳田村潔司📳蝶野正洋📳獣神サンダー・ライガー📳朝倉海📳朝倉未来📳永島勝司


ファイター等
日本プロレス殿堂会蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)高山善廣田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト


最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社チームフルスイング書泉グループのイベント闘道館大阪カウント2.99


新着&注目アイテム
プロレスDVDサーチプロレス本サーチ



[2021年4月7日発売! 表紙および巻頭ロングインタビューはプロレス実況の最強の語り部、フリーアナウンサーの古舘伊知郎。アントニオ猪木と共に生きてきたプロレスに対する思いを熱く語る。 プロレス界のレジェンド武藤敬司×秋山準対談]



[2021年3月24日発売! 【初来日50周年記念特集】ミル・マスカラス [ロングインタビュー]“仮面貴族”ミル・マスカラス “飛鳥仮面”ドス・カラス [考証]マスカラスが巻いた主要4大王座■アメリカス・ヘビー級王座■IWA世界ヘビー級王座■ALLLヘビー級王座■ナショナル・ライトヘビー級王座]



[2021年3月2日発売! プロレスのキホンから人気プロレスラーゆかりのスポット紹介まで、新日本プロレス観戦をもっと楽しむための公式ガイドブック]



[2021年1月5日発売! 週刊プロレス本誌「2021プロレスラー選手名鑑」に掲載された選手をもとに1024人の選手を掲載]



[2021年1月29日発売! 極悪同盟を率いて、クラッシュギャルズとの抗争を繰り広げたダンプ松本。今だから話せる当時の裏話や、本人が抱えてきた心の葛藤や父親への思い。現在からは想像もつかない程の過酷な状況下で、彼女が何を思って過ごしてきたのか]



[2021年3月2日発売! メキシコ、日本、WCW、WWE…世界中を飛び回る究極龍はなぜ、オファーが絶えないのか? セルフプロデュース術からサイコロジーまで、プロレスビジネスのリアルに迫る]



[2020年10月24日発売! 常識という名の同調圧力と争うことで、唯一無二の自分の居場所を作り続ける考え方とはなにか。「プロレスを自分のためにやるのは難しい」と語る著者のプロレス論と人生論]

レポートbyカクトウログ

> 震災10年仙台大会に地震 神対応の舞台裏
> 中野たむを信じて明日に輝け 武道館詳報
> 前田日明が新日と交渉 第1次UWFの記憶
> 武藤敬司の「夢」ノア武道館を飲み込む
> AEW・新日連携への米国ファンの期待とは
> ジェイ戦列復帰 新日本というミステリー
> コズエンはあきらめない 高田馬場写真集
> 2020年プロレス大賞 3アワード比較
> 金沢克彦氏が18年半ワープロ解説に終止符
> ダブルドーム2021年ベストバウト投票結果
> 柴田勝頼 2022年“復帰”目指して始動
> 星を包み込む宇宙であれ コズエンが独立
> コズミックエンジェルズ初戴冠の日に密着
> プロレス大賞こうだったんじゃないか劇場
> 大会ベストバウト投票 年間総括2020
> プロレス大賞でノアは!? 武田氏と立ち話
> 新日本コロナイヤーを金沢克彦氏が生解説
> 内藤か潮崎か 2020年プロレス大賞展望
> あるのか前高山 山ちゃんがやっちゃった
> 宇宙旅行をアテンド中野たむ 棚橋弘至説
> 絶叫できない熱狂とコロナ副産物 G1総括
> GLEATプレ旗揚げ 田村&長州のプロレス観
> 鈴木みのる 天を指してゴッチ式の理由
> ベストバウト&大会総括 21年ぶり神宮球場
> カクトウログは開設16周年
> 武藤敬司vs.前田日明トークレポート
> 丸藤正道vs.前田日明トークレポート
> 猪木酒場新宿店が7月閉店 かつて全国7店
> 金8以降世代のNJC4強こそ新日本の主張
> 『記憶の懸け橋』トークイベント観覧メモ
> 「社会的責任」ひとつの答え 新日本再開
> 小久保隆さん TJシンテーマ曲秘話
> 柴田勝頼ついに2017年4月9日を初激白
> 「プロレス大好き芸人」プレゼン大賞
> 柴田勝頼の新日本帰還はなぜ実現した?
> 大阪カウント2.99に鈴木みのるがエール
> オカダ戦から3年 柴田勝頼の奇跡と軌跡
> コロナ禍でノア無観客試合 潮崎vs.藤田
> コロナ禍でスターダム無観客試合
> 文庫版『1984年のUWF』にカクトウログ
> 前田「ずっと猪木さんに教えてもらった」
> 船木誠勝が明かす! 柴田勝頼“秘話”
> 映画アイアン・シークで前田トーク!
> 藤田和之トーク 半生を激語り!
> シークレット結婚式!? オカダ&三森さん
> ジャイアント馬場バルに行ってきた!
> 聖火リレーに谷津 オカダ 桜庭 高田 武藤
> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> 2019年の顔は!? プロレス大賞まとめ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> ダブルドーム ベストバウト投票結果
> 橋本真也、小橋建太との幻の復帰戦計画
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年を大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFのテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> 杉浦vs.エルガンがノア両国ベストバウト
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> オカダvs.飯伏IWGP戦はドーム2連戦初日
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> NJCでオカダと柴田勝頼が感動的な再会
> ドン・フライと高山善廣が運命的な再会
> 飯塚高史引退! 引退試合でもヒール貫徹
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 独占! 長州力がDスミスJr.と盃を交わす
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼