1. HOME
  2. プロレス
  3. スターダム
  4. 両国バックスージ公開 舞華&ひめか、安納サオリ&なつぽい、中野たむ
スターダム

両国バックスージ公開 舞華&ひめか、安納サオリ&なつぽい、中野たむ

スターダム

1018

 29日、スターダムが『STARDOM DREAM QUEENDOM 2023』両国国技館大会を開催した。バックステージのやりとりを中心にピックアップする。言い回し、公開箇所は公式に合わせてあります。

大会結果はこちら。

舞華「なんで私より泣いてんだよ、おめーがよ(笑)」 ひめか「やっと報われて(涙)」

 舞華がついにワールド・オブ・スターダムを初戴冠。バックステージでの出来事ではあったが、舞ひめの抱擁にジーンとしたファンは多いだろう。ともに歯を食いしばってきた2人は抱き合い、そして言葉をかわし、手をつないで控室へと帰っていった。

<第8試合/ワールド・オブ・スターダム王座決定戦>
●《5★STAR GP優勝&挑戦権利証保持者》鈴季すず(ー)
 20分39秒 みちのくドライバーⅡ→片エビ固め
〇《王座決定戦進出者決定トーナメント勝者》舞華(Donna del Mondo)
※舞華が第17代王者となる

(リング上でのコメント)

舞華「4度目の挑戦で、やっと、やっと赤いベルト取ったぞー! 鈴季すず、オマエの顔なんてもう二度と見たくないと思ったし、殺意も抱いてきたけどさ、これじゃ終われねえよなあ! これで1勝1敗だろ? オマエは強いよ、それは認める。だから、また闘おうぜ、バカヤロー」

すずはジュリアに肩を借りて退場。

舞華「赤いベルト巻いたということで、2024年、私がスターダムを引っ張っていきます! 来年は中野たむ、林下詩美、上谷沙弥、そしてジュリア…いや、スターダムにはまだまだおもしれえヤツがたくさんいるから、一人ひとり、残らず私がぶっ倒していくぞー! そして、今この大みそかから女帝時代が始まり、そしてそしてもっともっと、私の時代にしていこうと思います。みんな、ホントにありがとう。ホントにありがとう。みんなで、笑って年越ししようぜ! それでは、さらばだ!」

(バックステージ)

舞華「やっと、やっとスターダム最高峰のベルトを取ることができました。本当に実感が…今年、本当に自分にとっては山あり谷あり、本当にドン底に落ちて心も折れて、それでもみんなが支えてくれたから、本当にみんなが私の生ける活力であり、歯を食いしばって頑張れる原動力でした。でも、今度は私がみんなの生きる活力になる。死にたいとかドン底に落ちてる人たちの、私が頑張れる源になる。そういうチャンピオンでありたいと思ってる。これからたぶんこのベルトを持って困難なことに立ち向かうことが増えるし、またドン底に落ちるかもしれないけど、その弱さもしっかりと、これからもしっかりと受け止めた上で私は生きていく。2024年、女帝時代の始まりだ。みんなそこお楽しみに、安心してスターダムを見守ってください。私からは以上です。本当にありがとうございました」

ひめか「おめでとう(涙)」

舞華「ちょっと待って(笑)。ありがとう。取ったよ!取ったぜ(笑)」

ひめか「自分のことのように…」

舞華「なんで私より泣いてんだよ、おめーがよ(笑)」

ひめか「やっと報われて(涙)」

舞華「誰のせいでこうなったと思ってんだ!(笑)でも、これは私だけじゃないから。はい(と、ひめかの肩にベルトをかけようとする)」

ひめか「そんなおこがましい(苦笑)。(ベルトを戻して)似合ってるよ」

舞華「ありがとう」

ひめか「おめでとう」

舞華「夢、叶えたよ」

ひめか「これからも頑張って、見守ってます。ありがとう」

舞華「ありがとう」

舞華とひめかが引き揚げた後にすずがブースに現れる。

すず「ああ、クソ!クソ…、クソーッ。届かなかったか(涙)。赤いベルト、取れなかったか、赤いベルト。負けたか、舞華に。ジュリアの目の前で5★STAR GP優勝して、ジュリアの目の前で赤いベルトを巻きたかった。プロレス界の顔はまだ遠いか…。でもな、鈴季すずはここからだよ。鈴季すずがへこたれると思うか!鈴季すずはここからだ。プロレス界の顔になるまで、おまえら全員乞うご期待!以上!」

ジュリア「泣いてんじゃねえか!」

鈴季「泣くよ!悔しいだろ!」

ジュリア「そうだよな。話があって。今日の試合見てだよ、すごく感じたことがいっぱいあった。いっぱいあったからちょっと一個提案したいなと思って。1・4のカード、すず&メーガン対ジュリア&舞華だったんだけど、ちょっと変えていいかなって。カード変更を要求させてもらいます。舞華と闘いたい。で、私、すずと組みたい。だからまた1・4で会おう」

ジュリアが立ち去る。

鈴季「突然…ちょっと頭が混乱してるんだけど。何、組みたい?わかった!ジュリアと組むよ。クソー!アー!」

安納サオリ「このベルトとともに輝く行動をしていく。さらに輝くため、ここスターダムに来ました」

 MIRAIへの連続挑戦(前回はフルタイムドロー)の末に、安納サオリが悲願のワンダー・オブ・スターダムを初戴冠だ。スピードが落ちない攻防に、だんだんと会場の熱が高まり、ファンが声を出す。試合後に安納は「このベルトとともに輝く行動をしていく」としたが、何より「両国で両者が輝いていた」と伝えたい。

<第7試合/ワンダー・オブ・スターダム選手権試合>
〇《王者》MIRAI(God’s Eye)
 24分43秒 ジャパニーズ・オーシャン・スープレックス
●《挑戦者》安納サオリ(COSMIC ANGELS)
※MIRAIが4度目の防衛に失敗、安納が新王者となる

(リング上でのコメント)

安納「MIRAI、アンタはやっぱメッチャ強いわ。今日は私が勝った。今日、悔しさを感じたMIRAIはまた強くなるんやろうな。また闘おうよ。そんときはさ、今日を超えた闘いしようぜ」

安納からの握手に応じないMIRAIに安納は拍手をする。観客も拍手。声援を受けるMIRAIが花道を引き揚げ終わるまで、安納はマイクの続きを待った。

安納「私は、今年さらに輝くことができたかな? まだいくよ。もっともっといくよ。このベルトとともに、来年、もっとさらに高みを目指していく! 私がワンダー・オブ・スターダムチャンピオン、安納サオリです!」

リングを降りる際になつぽいと指切り。リング下では中野とやりとり。

(バックステージ)

安納「私がワンダー・オブ・スターダムチャンピオン、安納サオリです。私は、もしかしたら時代や伝説を作るタイプじゃないかもしれへん。でも、私は輝く。さらに、これからももっと。それが女子プロレス、プロレス界のためになればいいと思ってる。そのために、このベルトとともに輝く行動をしていく。もう一度、言わせてください。私、安納サオリ、さらに輝くため、ここスターダムのリングに来ました」

なつぽいが現れる。

安納「ずっととなりやったやん。闘ってることもあったけど、久々になつみを見れてうれしかった」

なつぽい「メッチャうれしい。ウフフ」

安納「ありがとう」

なつぽい「よかった」

安納「でも思った。巻いた瞬間に思った、なつみと(タイトルマッチを)やりたいなって。ホンマに思った。こんどはさ、(ストラップとか)何もない状態でやろうよ。こんどはこれ(ベルト)かけてやろうよ」

なつぽい「(ストラップとか)こんなの要らないよ」

安納「こんなん要らないよ。これかけて。だから待ってるから、なつみの帰りを。さみしいからな、ちょっとな。ありがとう、今日は」

MIRAI「さすが安納サオリ。安納サオリはホンモノの絶対不屈彼女でした。2023年下半期、安納サオリといっぱい、いっぱい闘ってきました。でも、1回も直接勝てなかった。今日も負けてしまった。いまは本当に、正直に、悔しいの気持ちがすごくすごく大きいです。でも、この気持ちというか、また成長する部分をくれた部分に関しては、安納サオリにとても感謝してます。白いベルトともっとずっと一緒にいたかったし、もっと一緒に成長していくつもりだったので、悔しいのが大きいけど、この気持ちを糧に2024年、またみなさんに新しい景色を見せれるように、突き進んでいきます。もっともっと努力していきます」

中野たむ「2か月半ぶりに出ること正直怖かったんですが、とても温かく迎えてくださって…」

 10月の試合で左膝を負傷、欠場を続けていた中野たむ。来場が予告されていたが、登場タイミングは第1試合後。入場時の神妙な表情は「どんなすごいヤジが飛ぶか、どれだけ生卵投げられるかなって心配だった」との思いからくるものだった。

(リング上でのコメント)

たむ「宇宙のみなさん、そして両国国技館のみなさん、こんにちは。宇宙一かわいいアイドルレスラーの中野たむです。今日は、私からファンのみなさんとスターダムの仲間たちに伝えたいことがあって、この時間を作っていただきました。少しだけお付き合いください。ありがとうございます。2カ月半前、私は赤いベルトのチャンピオンのままこのリングを離れました。チャンピオンとしての責務をまっとうできないまま、姿を消してしまったこと、ファンのみなさんにご迷惑、ご心配、おかけしてしまったこと、本当に申し訳ありませんでした。欠場中、いろんなことを考えました。プロレスをやめようと思っていました。でも、そんなどん底の私を救ってくれたのは、ずっと応援してくれた…(涙)。泣いてないです、ハイ。本当に、私を救ってくれたのは、応援し続けてくれたファンのみなさんの愛と、そして、スターダムの仲間たちの愛でした。本当にありがとうございました。欠場中の私に、もう一つうれしいことがありました。先日、東京スポーツ社制定2023年度プロレス大賞、女子プロレス大賞を受賞させていただきました。この賞をいまの私がいただいてもいいのか、何度も自問自答しました。でも、これは、私だけがいただいた賞ではなく、ファンのみなさん、そしてスターダムの仲間と一緒にいただいた賞なのだと思ってます。本当にありがとうございました。本当に、いつも私を救ってくれてありがとうございます。今度は私の番です。約束します。私がみなさんにそして、スターダムの仲間たちに愛を届けます。そのために必ずこのリングに戻ってくることを約束します! 私はいまの中野たむは5等星、いや、6等星かもしれません。でも、必ず中野たむは一番星に返り咲きます! そして、大切なスターダムを、大切なみなさんと仲間たちと一緒に世界一の団体にしたい。だからこれからも私たちのことを信じてついて来てください。よろしくお願いします! 今日は2023年最後のスターダムの興行です。選手たちは最っ高の試合をみなさんにお届けします。皆さん、最後まで最高にスターダムしてください! ありがとうございました!」

(バックステージ)

「2カ月半ぶりに皆様の前に出ること、とっても正直怖かったんですが、とても温かく拍手と声援で迎えてくださって、すごく勇気をいただきました。絶対泣かないって決めてたんですけど…泣いてないですね、汗ですね、これは(笑)。本当にたくさんご心配とご迷惑をおかけしてしまったんですが、いまは前向きに復帰に向けて準備してます。必ずスターダムはこれからもっともっと、もっとすごい団体になっていきます。だから私たちのことを信じてついてきてくれるとうれしいです。来年の1・8安城大会にもごあいさつにうかがわせていただきたいと思っています。スターダムのファンのみなさん、そして私はスターダムが大好きです。必ず、必ずみなさんにこの愛をお返しできるよう、このリングに戻ってきますので、あと少しだけ待っててください。ありがとうございました」

――左ヒザはどんな状況でどんな治療をしているか。

「いま日常生活は問題ない状況で、ちょっとずつリングでの練習も再開しております。治療はよく食べ、よく寝、よくおひさまの光を浴びることです(笑)」

――手術はしていない?

「手術はしてないです」

――復帰時期について。

「そうですね…ここがいいなと考えているところはあります。桜が満開になる前には、私は満開になりたいなと思ってます(笑)」

――どこで故障した?

「10・7刀羅ナツコ戦のフィニッシュです。スクリュードライバーがちょっとヒザに乗ってしまった瞬間に」

――ファンに対して何を感じた?

「正直、どんなすごいヤジが飛ぶか、どれだけ生卵投げられるかなって心配だったんですけど、本当に温かく迎えてくださって。たむ、たむ、たむって。名前を呼んでくださる言葉もすごく勇気になって、私は本当に、この場所が私の生きる場所なんだ、帰る場所なんだなって思いました」

――タイトル戦が流れた鈴季すずに直接言葉をかけたか。

「直接というのはまだないんですけど。はい、本当に(申し訳ない気持ち)」


記事が役立ったらポチッと応援を。1日1クリック有効。


早見👀
新日G1公式戦日程ノア7・13日本武道館全カードマリゴ7・13両国決定分カード


[主要な大会▶格闘スケジュール
主要外部リンク
[ブシロード▶新日📺]/スターダム📺]]
[サイバーF▶ノアDDT系📺]]
[有力団体別▶全日📺]/GLEATマリゴ
[総合格闘技▶RIZIN


5月19日(水)24時まで受付


5月19日(水)24時まで受付

総合格闘技ジムCAVE 入会キャンペーン 墨田区押上のパーソナルトレーニング スペラサン 初回半額体験実施中

カテゴリー

バックナンバー

団体リンク

プロレス団体リンク
新日本プロレスニュース大会日程新日本プロレスワールドYouTubeワールドYouTube)/全日本プロレス全日本プロレスTV)/NOAHDDTWRESTLE UNIVERSE)/GLEAT大日本プロレスZERO1DRAGON GATEみちのくプロレス大阪プロレス2AWDRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムスターダムワールドYouTube)/ディアナマーベラス


格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSK-1RISE(ライズ)DEEPPANCRASEQUINTET巌流島


YouTube
📳アントニオ猪木📳長州力📳前田日明📳船木誠勝📳田村潔司📳蝶野正洋📳獣神サンダー・ライガー📳朝倉海📳朝倉未来📳永島勝司


ファイター等
蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)高山善廣田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト


最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスNoguaranteemagazineBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル大川昇アメブロ金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社彩図社チームフルスイング書泉グループのイベント闘道館大阪カウント2.99


新着&注目アイテム
プロレスDVDサーチプロレス本サーチ


アントニオ猪木とUWF 単行本 – 2024/5/31 前田 日明 (著), 藤原 喜明 (著)


KAMINOGE150 単行本 – 2024/6/5 ペールワンズ (編集)


力道山未亡人 単行本 – 2024/5/31 細田 昌志 (著)


拳王のクソヤローどもオレについて来い!!①反骨の書 単行本(ソフトカバー) – 2024/7/23 週刊プロレス (編集)


拳王のクソヤローどもオレについて来い!!②金剛の書 単行本(ソフトカバー) – 2024/7/23 週刊プロレス (編集)


伝えるための準備学(ひろのぶと株式会社) 単行本(ソフトカバー) – 2024/7/22 古舘 伊知郎 (著)


さぬきうどん全店制覇攻略本2024-25年版 ムック – 2024/4/24 タウン情報かがわ (編集)


真・プロレスラーは観客に何を見せているのか 30年やってわかったこと (徳間文庫) 文庫 – 2024/3/8 TAJIRI (著)


前田日明デビュー45周年記念Blu-ray BOX [Blu-ray] – 2024/6/12 前田日明 (出演)


猪木のためなら死ねる! 最も信頼された弟子が告白するアントニオ猪木の真実 単行本 – 2024/1/26 藤原 喜明 (著), 佐山 聡 (著), 前田 日明 (著)


2024プロレスラー全身写真名鑑[雑誌]: 週刊プロレス別冊新春号 雑誌 – 2023/12/27 週刊プロレス編集部 (編集)


プロレス熱写時代~プロレスカメラマンが撮った日本プロレス黄金期~ 単行本 – 2023/9/27 大川 昇 (著)


白の聖典 単行本 – 2022/1/17 中野 たむ (著)


引きこもりでポンコツだった私が女子プロレスのアイコンになるまで 単行本(ソフトカバー) – 2020/8/27 岩谷 麻優 (著)


俺のダチ。 単行本(ソフトカバー) – 2023/6/23 鈴木 みのる (著)

レポートbyカクトウログ

> 藤田あかね 離れ離れにはなってないから
> 佐藤光留 表立った異常者は僕だけ
> 鈴木みのる お前らとやってることは違う
> 新団体マリーゴールド旗揚げ戦レポート
> 株式会社レック永守貴樹社長が退任
> デイビーボーイ・スミスJr.完全復活宣言
> 高木三四郎「横一線に」DDTがAT初参加
> スターダム5選手退団…運営に何が起きた
> スターダムさくらあや 新空手ガール告白
> ハンセンと対談 前田ラリアット被弾常連
> オカダ・カズチカ来歴 新契約先はAEW
> 佐藤光留「それこそ血筋」YMZ前夜祭
> 米山香織「みんなの笑顔が大好物」対談
> 中野たむ「問題なければ進化はないッ」
> オカダ・カズチカ「所属はおしまい」
> オカダ・カズチカ「立つ鳥跡を濁さず」
> ウナギ・サヤカ 等身大のギャン期1周年
> 白川未奈 2023年の躍進一番星が告白
> 岩谷麻優「表舞台に立ってこそ」両国復帰
> 鈴木みのる「プロレスはライブの時代だ」
> 7割「妥当」 東スポプロレス大賞総括
> 金沢克彦氏が恒例毒舌生解説2023年総括
> 小川EPが外で活動、ジュリアが合流する?
> プロレス熱写時代(大川昇著)レビュー
> ふり返りながら待つ。コズエン3周年
> ジュリア告白スターダムを取り戻すために
> 安納サオリ絶対不屈彼女からのラブレター
> アントニオ猪木をさがして 映画レビュー
> アントニオ猪木墓参 横浜市鶴見区総持寺
> 闘魂語り継ぐ一周忌 前田日明らトーク
> 白川未奈&月山和香タッグリーグ作戦会議
> 中野たむ&白川未奈 復活DREAM☆H本音
> カクトウログ19周年 & 毎日更新16年
> スターダム過去最高益 新日本黒字転換
> なつぽい 『最強』を掲げ始めた理由
> 高貴に桜井まい 貴婦人初インタビュー
> 涙の数だけ強くなれ 月山和香が初勝利
> 言葉までが美しき狂気 ジュリア激白
> 試合力と物語力の相思相愛 彩羽とウナギ
> 全員王者の新コズエン 安納サオリ特写
> 頂点で会えた 聖典での約束は聖地で叶う
> 髪切りとジュリアを超えてゆけ 中野たむ
> 長与「鍛え直したい」ウナギ最後の弟子に
> 月山和香が勝った日 負けない気持ちこそ
> 鈴木みのる ストロングスタイル設立真意
> 武藤引退が奏でた橋本・三沢・蝶野コール
> ウナギ・サヤカに聞くコズエンとギャン期
> 東スポプロレス大賞検証 世紀の大誤審
> 金沢克彦トークレポ 2022年を大総括
> 乗り越えて夢へ コズエン2周年座談会
> 新日本武藤招聘の裏でムタvs.中邑実現
> 猪木ベストバウトは1988年の藤波辰巳戦
> 猪木が新日本50周年イヤーに天国へ
> アントニオ猪木 24時間テレビ全発言
> カクトウログ18周年 & 毎日更新15年
> 観客数がコロナ前比56%まで回復
> 5年ぶりプロレス総選挙で何が起きた!?
> 紙テープに包まれたウナギ・サヤカ
> UDONプロレス 今夜はキングオブシコク
> コシの強いUDONプロレス 名古屋に来た
> 高木三四郎サイフェス直前インタビュー
> プロレス総選挙をテレ朝が5年ぶり実施
> 飯伏「真実からかけはなれています」
> さあパンデミック明け 新日本への期待
> 兄・裕一郎さん涙 大谷晋二郎応援募金
> 藤田和之 前田日明の前でも野獣!?
> ツヨカワ天咲光由 ミラノ先生が指導
> 田中正悟さん亡くなる 前田日明と親交
> 白の聖典(中野たむ著)ブックレビュー
> いざ愛知大会へ コズエン秘密の作戦会議
> サイン会で決起 秘密のコズエン反省会!?
> 不満消えた 東スポプロレス大賞2021総括
> 大阪超女大戦前 コズエン秘密の作戦会議
> UDONプロレス初の「読む記者会見」
> 前田日明の来歴をまとめて振り返る
> 前田日明と再会で舌好調 新間寿トーク
> 中野たむ 大阪城で天下取りの誓い
> UDONプロレス コシの強さと一体感
> 新日本プロレスがリアタイ報道を解禁
> 嫌われ者からブレイク コズエン1周年
> ノアが公式以外媒体リアタイ報道を解禁
> 西武D2連戦総括 木谷氏「反省しないと」
> カクトウログは開設17周年
> GLEAT旗揚げハラハラ感 時代に抗うUWF
> 猪木vs.アリから45年 真実を巡る旅続く
> さよならムーンサルト回収 武藤敬司飛ぶ
> 震災10年仙台大会に地震 神対応の舞台裏
> 中野たむを信じて明日に輝け 武道館詳報
> 前田日明が新日と交渉 第1次UWFの記憶
> 武藤敬司の「夢」ノア武道館を飲み込む
> AEW・新日連携への米国ファンの期待とは
> ジェイ戦列復帰 新日本というミステリー
> コズエンはあきらめない 高田馬場写真集
> 2020年プロレス大賞 3アワード比較
> 金沢克彦氏が18年半ワープロ解説に終止符
> ダブルドーム2021年ベストバウト結果
> 柴田勝頼 2022年“復帰”目指して始動
> 星を包み込む宇宙であれ コズエンが独立
> コズミックエンジェルズ初戴冠の日に密着
> プロレス大賞こうだったんじゃないか劇場
> 大会ベストバウト投票 年間総括2020
> プロレス大賞でノアは!? 武田氏と立ち話
> 新日本コロナイヤーを金沢克彦氏が生解説
> 内藤か潮崎か 2020年プロレス大賞展望
> あるのか前高山 山ちゃんがやっちゃった
> 宇宙旅行をアテンド中野たむ 棚橋弘至説
> 絶叫できない熱狂とコロナ副産物 G1総括
> GLEATプレ旗揚げ 田村&長州のプロレス観
> 鈴木みのる 天を指してゴッチ式の理由
> ベストバウト&大会総括 21年ぶり神宮球場
> 武藤敬司vs.前田日明トークレポート
> 丸藤正道vs.前田日明トークレポート
> 猪木酒場新宿店が7月閉店 かつて全国7店
> 金8以降世代のNJC4強こそ新日本の主張
> 『記憶の懸け橋』トークイベント観覧メモ
> 「社会的責任」ひとつの答え 新日本再開
> 小久保隆さん TJシンテーマ曲秘話
> 柴田勝頼ついに2017年4月9日を初激白
> 柴田勝頼の新日本帰還はなぜ実現した?
> 大阪カウント2.99に鈴木みのるがエール
> オカダ戦から3年 柴田勝頼の奇跡と軌跡
> コロナ禍でノア無観客試合 潮崎vs.藤田
> コロナ禍でスターダム無観客試合
> 文庫版『1984年のUWF』にカクトウログ
> 前田「ずっと猪木さんに教えてもらった」
> 船木誠勝が明かす! 柴田勝頼“秘話”
> 映画アイアン・シークで前田トーク!
> 藤田和之トーク 半生を激語り!
> シークレット結婚式!? オカダ&三森さん
> ジャイアント馬場バルに行ってきた!
> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> 2019年の顔は!? プロレス大賞まとめ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼