1. HOME
  2. プロレス
  3. スターダム
  4. ケンカ買ったスターダム 岩谷vs.世志琥、渡辺桃vs.奈七永3・3武道館
スターダム

ケンカ買ったスターダム 岩谷vs.世志琥、渡辺桃vs.奈七永3・3武道館

スターダム

 ケンカを買ったスターダム。22日、シードリング新木場大会オープニングにスターダムの岩谷麻優、渡辺桃、飯田沙耶が来場した。

岩谷「3月3日、スターダム、日本武道館。最高の舞台を用意するんで」

 両陣営のマイクやりとり。

1・22、シードリングの新木場大会に岩谷麻優&渡辺桃&飯田沙耶が乱入。2020年12月26日の後楽園ホールに世志琥と高橋奈七永が乱入してきた。そして2021年1月17日の後楽園ホールの試合前にスクリーンに世志琥が映し出され1週間以内に返事よこせと言ってきた。その返答に出向いた三選手。

岩谷「新木場の皆さんこんばんは。というわけで世志琥、一週間以内に返事をっていうことだったので来ました。でもこの前リングでも言ったように桃と飯田が名乗りを上げてくれたのでまずは二人と闘ったらいいんじゃないでしょうか」

世志琥「お前笑わせるんじゃねぇよコラ。10周年で同期でうちはお前しか眼中にねぇって言ったよな。なのにこの二人相手にしろってお前ふざけてんの。笑わせんじゃねぇよ。うちは岩谷麻優、お前としかやらない。お前との一騎打ちしか興味ないんで。そこんとこよろしく」

岩谷「10周年ね。明日で10周年ですよ。皆さん大きな拍手をお願いします。世志琥ちゃん10周年おめでとうございます。うん自分も。みなさんおめでとうございます。ありがとうございます。というわけでシングルしか興味がない…。正直…やりたい。だから3月3日、スターダム、日本武道館。最高の舞台を用意するんで、そこでシングルマッチやりましょう」

世志琥「お前、吐いた唾飲み込むんじゃねぇぞ。3月3日、日本武道館、世志琥vs岩谷麻優、決定ということでそこんとこよろしく」

桃「スターダムの渡辺桃です。今日は高橋奈七永。高橋奈七永に話があってきました。スターダムはあなたたちがいなくなっていい意味で大きく変わりました。だからそれを証明するために試合。渡辺桃vs高橋奈七永。3月3日、武道館でお願いしますよ」

奈七永「日本武道館で渡辺桃vs高橋奈七永ですか。ずいぶん面白いこと言うなこの子。面白いと思うよ。だったらあなたの言う変わったスターダムというのを見せてもらいましょうか。ただその顔はどうなっても知らねぇからな」

中島「もういいかな。ひとんちのリングに勝手に上がってきといてベラベラベラベラ自分たちの都合ばっかりしゃべってさ、それで済むと思ってんの。これで終われると思ってんの。このリングに上がったんだったらきっちりこのリングで落とし前付けてくれよ」

岩谷「桃…任せます」

桃「なんでもいいから次の大会に私たち、試合組んでくださいよ」

奈七永「OK。わかった。こっちも今日タイトルマッチで忙しいんで。追って連絡します。今日はありがとうございました、わざわざ。ご足労ありがとうございました。スターダムの皆さんでした。早く帰れ。帰れ、帰れ」

(スターダム公式)

 シードリングでの前哨戦を経て武道館対決となりそう。

2015年にスターダムを去った世志琥と奈七永 両団体の交流は禁断

 不穏試合をきっかけに世志琥(当時は世IV虎)はスターダムを去り、同時期に高橋奈七永(当時は高橋奈苗)がシードリングを旗揚げしている。

AD

▼2015年
2月22日、メインのワールド・オブ・スターダム選手権試合、世IV虎対安川惡斗で世IV虎が相手の顔面を執拗に攻撃し流血させる。この事態を受けて会社は世IV虎に厳罰を検討することになった。
2月25日、前述の試合裁定を世IV虎のTKO勝利から無効試合に変更。世IV虎に対してタイトル剥奪及び無期限出場停止、ロッシー小川社長、風香GM、高橋奈苗に対しても3ヶ月間30%減給処分とするとともに、再発防止策を発表。安川の診断結果は、頬骨、鼻骨、左眼窩底骨折、両目の網膜振盪症と発表された。
3月29日、後楽園大会開催。世IV虎のタイトル返上により空位となったワールド・オブ・スターダム王座争奪トーナメントが行われ、宝城カイリが第5代王者となる。
5月13日、3月より足の手術で欠場していた高橋奈苗が退団。
5月31日、2月22日より無期限出場停止が続いていた世IV虎の引退を発表。
6月14日、後楽園大会で、世IV虎の引退式が行われるが、紫雷イオ、岩谷麻優らの引き留めにより、テンカウントゴングを鳴らさずにリングを去る。
12月23日、安川惡斗が引退。
(スターダム – Wikipedia)

▼2015年
6月、SEAdLINNNG設立。
6月23日、高橋奈苗がリングネームを高橋奈七永に改名。
8月26日、後楽園ホールで旗揚げ戦を開催。
▼2016年
2月1日、2015年5月に引退した世IV虎改め世志琥が、同日付でSEAdLINNNGに入団。
3月7日、世志琥が高橋奈七永とのシングルマッチで約1年ぶりに現役復帰。

(SEAdLINNNG – Wikipedia)

 このような経緯から、両団体の交流は禁断と見られていた。ただ、世志琥の引退式に「紫雷イオ、岩谷麻優らの引き留めにより」という記述もあるように、選手同士の絆はある。

 そもそも抗争を仕掛けたモチベーションはどこにあった?

 一触即発の空気感の中でスターダムvsSEAdLINNNGが開戦し、世志琥が「スターダムは正直本物の女子プロレスだと思ってないんで。SEAdLINNNGが1番熱いし刺激的だし。スターダムのお客さんはプロレス感覚がなまってるので目を覚まさせてあげますよ。女子プロレスに革命を起こします」と宣言。

(2020/12/26 世志琥と高橋奈七永が「女子プロレス背負って喧嘩売りに来ました」と約5年ぶりにスターダムに乱入!ジュリアが「女子プロレス大賞を取りそこねた世志琥さんじゃないですか!」と笑顔!(バトル・ニュース) – Yahoo!ニュース)

 禁断というよりも、本物の女子プロレスを巡るイデオロギー闘争が焦点となるか。岩谷に関しては「桃と飯田が名乗りを上げてくれたのでまずは二人と闘ったらいいんじゃないでしょうか」としながらも「シングルしか興味がない…。正直…やりたい」と翻意したところが興味深い。同期対決としてもプロレス界を背負うという意味でも前向きに違いない。

“オールタイム”オールスター大会の打ちだし強まる いざスターダム3・3武道館へ

 武道館の大会コンセプトについて、12月にロッシー小川プロデューサー。

 ロッシー小川プロデューサーには、3・3日本武道館大会がオールスターを冠している(ALLSTAR DREAM CINDERELLA)ことについて質問させていただいた。

小川「今回のオールスターは過去と現在のスターダムのオールスターです」。

 他団体との連携でアッセンブル(Women’s Pro-Wrestling Assemble)の動きがあるが、連携がスターダムのリングで繰り広げられることもありそうですか?

小川「アッセンブルは別の流れですね。別の動きとして決まっていくものです」。

 質問はもちろんシードリング勢との対決可能性を探ったものだったが、“アッセンブルとは別の流れ”で“オールタイムオールスター大会”としてのラインナップがイッキに明らかとなった。

■ レックPresents スターダム10周年記念~ひな祭り ALLSTAR DREAM CINDERELLA~
日時:3月3日(水)18:00
開場:東京・日本武道館

<浮上カード>

岩谷麻優 vs.世志琥

渡辺桃 vs.高橋奈七永

林下詩美 vs.上谷沙弥 赤ベルト戦

AZM vs.なつぽい ハイスピード戦

<発表済み>

オールスターランブル(愛川ゆず季が限定復帰)

 カード発表第1弾は1月30日(土)ベルサール高田馬場での『STARDOM AWARD~日本武道館大前夜祭(イベント18:00)~』にて行われる。



応援ありがとうございます☆彡

プロレスは初心者もオールドファンも楽しめるジャンル。ファンの立場から、リング内外のカクトウ(格闘)をログ(記録)します。


サイト早見[ブシロード系▶新日スターダム][サイバー系▶ノアDDT][他団体▶全日WWERIZIN][選手▶写真名鑑][ブログ▶人気ランキング


3月3日(水)24時まで受付


カテゴリー

バックナンバー

団体リンク

プロレス団体リンク
新日本プロレスニュース大会日程新日本プロレスワールドYouTube)/全日本プロレス全日本プロレスTV)/NOAHWRESTLE UNIVERSE)/大日本プロレスDDTZERO1DRAGON GATEみちのくプロレス大阪プロレス2AWDRADITIONWWEWWE Network)/PURE-JLLPW-XOZアカデミーセンダイガールズWAVEアイスリボンスターダムYouTube)/ディアナ


格闘技団体リンク
UFCRIZINRINGSDEEPPANCRASEQUINTET


YouTube
📳アントニオ猪木📳長州力📳前田日明📳船木誠勝📳田村潔司📳蝶野正洋📳獣神サンダー・ライガー📳朝倉海📳朝倉未来📳永島勝司


ファイター等
日本プロレス殿堂会蝶野正洋(ARISTRIST)長州力(リキプロ)天龍源一郎(天龍プロジェクト)高山善廣田村潔司桜庭和志鈴木みのる鈴木みのる公式写真佐々木健介オフィス小橋建太 Fortune KKゆでたまご公式サイト


最新ニュース・コラム・視聴

スポナビ東スポ日刊デイリーバトルニュース週刊ファイトDropkickぼくらのプロレスプロ格DX週刊プロレスBoutRevieweFightゴング格闘技ニコニコプロレスチャンネルサムライTVCSテレ朝チャンネル金沢克彦アメブロ井上崇宏インスタ宝島社チームフルスイング書泉グループのイベント闘道館大阪カウント2.99


新着&注目アイテム
プロレスDVDサーチプロレス本サーチ



[2021年2月5日発売! 平本蓮 浜崎朱加×山本美憂  斎藤文彦×プチ鹿島 鈴木みのるのふたり言 玉袋筋太郎「マッハ文朱」変態座談会 武藤敬司×小橋建太 所英男 西村知美]



[2021年3月2日発売! プロレスのキホンから人気プロレスラーゆかりのスポット紹介まで、新日本プロレス観戦をもっと楽しむための公式ガイドブック]



[2021年1月5日発売! 週刊プロレス本誌「2021プロレスラー選手名鑑」に掲載された選手をもとに1024人の選手を掲載]



[2021年1月29日発売! 極悪同盟を率いて、クラッシュギャルズとの抗争を繰り広げたダンプ松本。今だから話せる当時の裏話や、本人が抱えてきた心の葛藤や父親への思い。現在からは想像もつかない程の過酷な状況下で、彼女が何を思って過ごしてきたのか]



[2021年3月2日発売! メキシコ、日本、WCW、WWE…世界中を飛び回る究極龍はなぜ、オファーが絶えないのか? セルフプロデュース術からサイコロジーまで、プロレスビジネスのリアルに迫る]



[2020年10月24日発売! 常識という名の同調圧力と争うことで、唯一無二の自分の居場所を作り続ける考え方とはなにか。「プロレスを自分のためにやるのは難しい」と語る著者のプロレス論と人生論]

レポートbyカクトウログ

> 前田日明が新日と交渉 第1次UWFの記憶
> 武藤敬司の「夢」ノア武道館を飲み込む
> AEW・新日連携への米国ファンの期待とは
> ジェイ戦列復帰 新日本というミステリー
> コズエンはあきらめない 高田馬場写真集
> 2020年プロレス大賞 3アワード比較
> 金沢克彦氏が18年半ワープロ解説に終止符
> ダブルドーム2021年ベストバウト投票結果
> 柴田勝頼 2022年“復帰”目指して始動
> 星を包み込む宇宙であれ コズエンが独立
> コズミックエンジェルズ初戴冠の日に密着
> プロレス大賞こうだったんじゃないか劇場
> 大会ベストバウト投票 年間総括2020
> プロレス大賞でノアは!? 武田氏と立ち話
> 新日本コロナイヤーを金沢克彦氏が生解説
> 内藤か潮崎か 2020年プロレス大賞展望
> あるのか前高山 山ちゃんがやっちゃった
> 宇宙旅行をアテンド中野たむ 棚橋弘至説
> 絶叫できない熱狂とコロナ副産物 G1総括
> GLEATプレ旗揚げ 田村&長州のプロレス観
> 鈴木みのる 天を指してゴッチ式の理由
> ベストバウト&大会総括 21年ぶり神宮球場
> カクトウログは開設16周年
> 武藤敬司vs.前田日明トークレポート
> 丸藤正道vs.前田日明トークレポート
> 猪木酒場新宿店が7月閉店 かつて全国7店
> 金8以降世代のNJC4強こそ新日本の主張
> 『記憶の懸け橋』トークイベント観覧メモ
> 「社会的責任」ひとつの答え 新日本再開
> 小久保隆さん TJシンテーマ曲秘話
> 柴田勝頼ついに2017年4月9日を初激白
> 「プロレス大好き芸人」プレゼン大賞
> 柴田勝頼の新日本帰還はなぜ実現した?
> 大阪カウント2.99に鈴木みのるがエール
> オカダ戦から3年 柴田勝頼の奇跡と軌跡
> コロナ禍でノア無観客試合 潮崎vs.藤田
> コロナ禍でスターダム無観客試合
> 文庫版『1984年のUWF』にカクトウログ
> 前田「ずっと猪木さんに教えてもらった」
> 船木誠勝が明かす! 柴田勝頼“秘話”
> 映画アイアン・シークで前田トーク!
> 藤田和之トーク 半生を激語り!
> シークレット結婚式!? オカダ&三森さん
> ジャイアント馬場バルに行ってきた!
> 聖火リレーに谷津 オカダ 桜庭 高田 武藤
> ファン集結! 前田日明61歳バースデー
> 2019年の顔は!? プロレス大賞まとめ
> 乱入でテーマ曲? 原宿で鈴木みのると
> ダブルドーム ベストバウト投票結果
> 橋本真也、小橋建太との幻の復帰戦計画
> 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年を大総括
> 2000年の田村潔司 武道館にUWFのテーマ
> 四十にして惑わず ザ・レスラー柴田勝頼
> 杉浦vs.エルガンがノア両国ベストバウト
> アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活!
> 新日への質問も!ブシロード株主総会
> 台風19号で新日本プロレス道場が浸水
> 闘魂SHOP“旧店舗”メモリアル写真集
> 台風被災の長野でオカダがボランティア
> ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味
> 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!?
> 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック”
> 新日本プロレスが年商54億円 過去最高
> 劇場上映会ゲストでライガー激語り
> 五輪イヤー30回目「G1」は秋開催
> 柴田20周年DVDのジャケ写公開
> 俺たちの鈴木みのる&オカダ!
> TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結
> 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク
> オカダvs.飯伏IWGP戦はドーム2連戦初日
> 柴田勝頼が2年4か月ぶりリング躍動!
> 柴田「今まさにつくってる」20周年DVD
> 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮!
> 新日親会社ブシロードが東証マザーズ上場
> 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙
> 平成を代表する日本人プロレスラー発表
> 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結
> 平成最後の猪木リングイン! 藤波と対峙
> 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真
> NJCでオカダと柴田勝頼が感動的な再会
> ドン・フライと高山善廣が運命的な再会
> 飯塚高史引退! 引退試合でもヒール貫徹
> 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行
> マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙
> 独占! 長州力がDスミスJr.と盃を交わす
> 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク
> ナイキTシャツ! 柴田勝頼サイン会
> 橋本真也のお墓参りに行ってきました
> G1決勝直前! 柴田勝頼との会話
> ラスベガスファイトショップ店員と立ち話

> 高山善廣を応援 TAKAYAMANIA
> 週刊 前田日明
> 週刊 柴田勝頼